2016年03月08日

『UFC 196: McGregor vs. Diaz』メディカルサスペンション/ネイト・ディアスは軽傷

UFC 196 medical suspensions: Nate Diaz out after McGregor fight, but only until 4/20(MMAJunkie)

 ネバダ州アスレチックコミッションが『UFC 196: McGregor vs. Diaz』のメディカルサスペンションを公表。

 イリル・ラティフィが左つま先のレントゲン検査が義務付けられ骨折していた場合は医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

 シアー・バハドゥルザダがアゴの検査をクリアするまで最大180日間の出場停止。

 ブランドン・ザッチが左足のレントゲン検査が義務付けられ骨折していた場合は医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

 ノーディン・タレブが左ヒザのレントゲン or MRI検査が義務付けられ骨折していた場合は医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

 マルセロ・ギマラエスが左ヒザのレントゲン or MRI検査が義務付けられ骨折していた場合は医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

 その他の選手は45日間以内。ネイト・ディアスは45日間の出場停止、コナー・マクレガー、ミーシャ・テイト、ホーリー・ホルムに至ってはリストに名前も載っていません。石原夜叉坊も載っていませんでした。

【第3類医薬品】マキロンsジェット&スプレー 80mL
【第3類医薬品】マキロンsジェット&スプレー 80mL
posted by ジーニアス at 10:52
"『UFC 196: McGregor vs. Diaz』メディカルサスペンション/ネイト・ディアスは軽傷"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索