2016年03月07日

コナー・マクレガー「次はUFC 200でフェザー級王座防衛戦をすると思う」「ジョゼ・アルドは負け犬だ」


ジョゼ・アルド「コナー・マクレガーの幻想は終わった。UFC 200で会おう」(2016年03月06日)

 こちらの続報。

Conor McGregor Plans to Defend UFC Featherweight Title Next, Eyes Spot on UFC 200(Sherdog)

Conor McGregor plans move back to featherweight, undecided on first opponent(MMAJunkie)

 『UFC 196: McGregor vs. Diaz』でネイト・ディアスに2Rリアネイキッドチョークで敗れたコナー・マクレガーが試合後会見で以下のコメント

「この結果を喜んでいるフェザー級ファイターが大勢いることは分かってる。向こうの勝利を祝っている人たちが大勢いる。関係ない連中まで喜んでいるのは理解できないけどな。結局俺はフェザー級チャンピオンなわけだから、そっちに戻って俺がやってきたことをもう一度思い知らせてやるのが正しいのだと思う」

「彼(ジョゼ・アルド)はここに来るチャンスがあったのにそうしなかった。ネイトが座っている場所に座るチャンスもあった。彼は最初の選択肢だった。彼はいつでもどこでもやると言ってたくせに、いつでもどこでもやりはしない。そして他の男が俺に勝ったことを喜んでいる。それは負け犬や二番手がやる行為だ。チャンピオンの態度じゃない。どうなるかは分からないが、アルドにもう一度チャンスをやるのは難しいな。10年間無敗だったとはいえ、休んでばかりで出て来ないしな。フランキー(フランク・エドガー)なら少なくとも出て来るだろうが、結局どうなるかは俺には分からん。まずはファンの声を聞きたい。だがその後はライト級のベルトも諦めちゃいないよ」

「ずっと止まらず闘い続けてきたが、ここ2年間はクレイジーだった。本当に楽しませてもらってるよ。まだ疲れちゃいない」

「次はフェザー級王座の防衛戦になると思うし、今でもUFC 200は俺のための大会だと思ってる。そこに出るつもりだが、ガッカリもしている。そんなところだ。ここから立ち直るし、朝になれば気分も変わってるだろう」

「145ポンドの減量は厳しいが毎回作っている。次は145ポンドだろうしベルトを防衛する。ネイトはハファエル・ドス・アンジョスと対戦するんじゃないかと思ってる。俺は自分のベルトを防衛した後にもう一度ライト級のベルトを狙うつもりだが、そこでネイトと再戦する可能性もあると思う」

posted by ジーニアス at 10:53
"コナー・マクレガー「次はUFC 200でフェザー級王座防衛戦をすると思う」「ジョゼ・アルドは負け犬だ」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索