2016年03月04日

コナー・マクレガー「145ポンドに戻るのは問題ないが魅力を感じない相手ばかりだ」

あなたの魅力を爆発させる方法
あなたの魅力を爆発させる方法

Conor McGregor will return to featherweight only to fight a real contender(FOX Sports)

 『UFC 196: McGregor vs. Diaz』でネイト・ディアスと対戦するコナー・マクレガーが今後のフェザー級王座防衛戦の可能性について以下のコメント

「145ポンドまで落としてもみんなはビルドアップされた試合しか見ない。みんなは試合後までは見ない。一生懸命減量した後に体を戻すのはプロセスだ。今は168ポンドぐらいだし、すでにリミット以下なので試合後に自分の体を回復するプロセスは必要ない。普段の俺だ。145ポンドに戻るのは問題ない」

「とは言え145ポンドに誰がいるんだ? ロクデナシ連中が必死こいて闘ってガタガタ言っている様子を見させて欲しい。吠えたり、文句を言ったり、物乞いをしたり、そんなのばっかだ。まるで魅力を感じない。彼らはもっと自分を鍛え上げる必要がある」

「俺はここで座ってるよ。彼らは闘って、実績を作って、騒いで、俺を立ち上がらせて『分かった、やろう』と言わせる必要がある」

「今現在は誰もいない。吠えたり泣き言言ってる大勢の連中が『俺はお前とやっていない、俺は待ってる』とか言ってるが、俺は待ったことがない。今だってそうだ。ダスティン・ポイエー戦の後も待たないでデニス・シヴァー戦をした。チャンピオンならそうするし、それにより興味をもたらす。俺はハングリーだし、他の連中のやり方は気にならない。ただ文句や泣き言を言ってるガキどもが見えるだけだ」

posted by ジーニアス at 21:52
"コナー・マクレガー「145ポンドに戻るのは問題ないが魅力を感じない相手ばかりだ」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索