2016年02月25日

『UFC Fight Night 83: Cowboy vs. Cowboy』の結果を受けてUFC公式サイトがランキングを更新

UFC Fighter Rankings(UFC.com)

 『UFC Fight Night 83: Cowboy vs. Cowboy』の結果を受けてUFC公式サイトがメディア投票ランキングを更新。

 フェザー級は川尻達也が1ランクダウンし13位に。

 ライト級は今回ウェルター級で試合をしたドナルド・セラーニが4ランクダウンし9位に。

 ウェルター級は『UFC Fight Night 85: Hunt vs. Mir』のニール・マグニー戦で1年2ヶ月ぶりに復帰するヘクター・ロンバートが14位に復帰。これによりグンナー・ネルソンがランク外に落ちています。

 女子バンタム級はローレン・マーフィーがランク外から14位にランクイン。これによりジェシカ・アンドラジがランク外に落ちています。また、アシュリー・エヴァンススミスに敗れたマリオン・ルノーは3ランクダウンし15位に。

住んで得する街ランキング 首都圏版 (エイムック 3298)
住んで得する街ランキング 首都圏版 (エイムック 3298)
posted by ジーニアス at 23:42
"『UFC Fight Night 83: Cowboy vs. Cowboy』の結果を受けてUFC公式サイトがランキングを更新"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索