2015年12月25日

エメリヤーエンコ・ヒョードル「私がUFCで闘うかどうかは時が経てば分かるでしょう」

エメリヤーエンコ・ヒョードル「UFCから提供された条件の下で闘う準備ができませんでした」(2015年12月20日)

 こちらの続報。

Fedor on potentially fighting in the UFC: ‘Time will tell’(BloodyElbow)

 エメリヤーエンコ・ヒョードルが以下のコメント。

「私がUFCで仕事する機会があるか、他団体で仕事をすることになるかは時が経てば分かるでしょう」

「デイナ・ホワイトがモスクワに来た時、交渉はUFCこそがベストな格闘技団体で、より良いプロモーションをするという事実から始まりました。私はプロモーションは必要としていません。注目を浴びて引退する必要はありません。何かをするには意味がないといけません」

人生なんて無意味だ
人生なんて無意味だ
posted by ジーニアス at 22:20
"エメリヤーエンコ・ヒョードル「私がUFCで闘うかどうかは時が経てば分かるでしょう」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索