2015年12月21日

ヒョードルの代理人「RIZINはランディ・クートゥアを含め複数のファイターにオファーしましたが上手く行きませんでした」

12.31 RIZIN エメリヤーエンコ・ヒョードル vs. シング・心・ジャディブが決定(2015年12月18日)

 こちらの続報。

RIZIN FF reportedly looked to book Emelianenko vs. Couture following initial fan-reaction to Singh(MMASucka)

https://www.facebook.com/FedorFanPage/posts/10153244341251643

 エメリヤーエンコ・ヒョードルの代理人がFacebookで12.31『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015』IZAの舞の対戦相手がシング・心・ジャディブになった経緯について以下のコメント。

「10月にシング戦の噂が出た時のファンの最初の反応を見てRIZINは相応しい代わりの相手を見つけるためにあらゆる手を尽くしました。ランディ・クートゥアもどれだけ動けるか試すために練習を再開したほどです。しかし、残念ながらシングが唯一の選択肢になってしまいました」

「Bellatorヘビー級チャンピオンのヴィタリー・ミナコフはヒョードルの練習を手伝っていた上に先週に試合もあったので候補からは外れていました。その他のファイターも契約上の問題で実現しませんでした。契約上問題のないファイターが一人いましたが、非常に高額な条件を提示されたので実現しませんでした。交渉はファンの方々が思っているほど単純なものではありません」

posted by ジーニアス at 00:44
"ヒョードルの代理人「RIZINはランディ・クートゥアを含め複数のファイターにオファーしましたが上手く行きませんでした」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索