2015年12月10日

ロンダ・ラウジー「序盤で判断が鈍ってしまった」「コーチを変える気はない」

Ronda Rousey made 'dumbed-down' decisions in loss, will stay with coach Tarverdyan(MMAJunkie)

 『UFC 193: Rousey vs. Holm』でホーリー・ホルムに2R KO負けし女子バンタム級王座から陥落したロンダ・ラウジーがESPN The Magazineで以下のコメント。

「私は第1ラウンドで殴られた。唇を切ったし歯が何本かぐらついたわ。のっけからピンチになってしまった。ちゃんと考えられなくなっていた。口をザックリ切ってインターバル中に血を吐いた。彼らがバケツを持って来た時に『なんで私はバケツに吐かなかったんだろ』って思った。これまでマットに何かを吐くことはなかった。幻想を見ているかのように判断が鈍っていた。私は立て直そうとして心の中で『私は大丈夫、闘い続ける』と念じていた。あんな試合をしてとてもバツが悪いわ」

「もちろんコーチのエドモンド・タルヴェディアンとはこれからもやっていくわ。コーチ批判は私じゃなくて母親の意見よ」

025ロンダ・ラウジー セクシーUFCチャンピオン14X25ポスター
025ロンダラウジーセクシーUFCチャンピオン14X25ポスター [並行輸入品]
posted by ジーニアス at 13:54
"ロンダ・ラウジー「序盤で判断が鈍ってしまった」「コーチを変える気はない」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索