2015年11月29日

川尻達也、対戦をアピールされたチェ・ドゥホに「一生関わりたくない」

『TUF 22 Finale』川尻達也と対戦予定だったミルサド・ベクティクが負傷欠場(2015年11月28日)

 こちらの続報。

Doo Ho Choi Targets Bout with Tatsuya Kawajiri After KO Win at UFC Fight Night(Sherdog)

 『UFC Fight Night 79: Henderson vs. Masvidal』でサム・シシリアに1R KO勝ちしたチェ・ドゥホが試合後のマイクで以下のコメント。

「UFCと契約してしばらく経つしこれで2試合した。もっと試合がしたいし川尻と闘ってトップ10に入りたい」

「危ない瞬間は本当になかった。あったかもしれないけど、観客の声援のおかげで吹き飛んだ」

「僕は世界一だと思ってるし打撃も一番だと思ってる」


 これに対し川尻はツイッターで以下のコメント。




【DEEP】白井祐矢が因縁対決を制して王座防衛!韓国の超新星ドゥホが石田光洋を撃破(イーファイト・2011/12/16)

 川尻は『DEEP 56 IMPACT』で行われたこの試合について言及しています。この時チェ・ドゥホは契約体重を900グラムオーバーしたため、イエローカード2枚から試合開始。試合後に「実は練習中に怪我をしていて、試合が出来る状態ではなかったのですが、こういった結果が出せてうれしいです」とコメントしていました。

「あまり人とかかわりたくない」人のための心理学
「あまり人とかかわりたくない」人のための心理学
posted by ジーニアス at 12:15
"川尻達也、対戦をアピールされたチェ・ドゥホに「一生関わりたくない」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索