2015年11月27日

GSP「UFCへの不信感がなければ早く復帰していた」

不信のとき [DVD]
不信のとき [DVD]

フレディ・ローチ「GSPは去就を決めるために6週間のトレーニングキャンプをする」(2015年11月05日)

デイナ・ホワイト「GSPが復帰するかは大いに疑わしい」(2015年11月21日)

 こちらの続報。

Georges St-Pierre says tense moments with Dana White after UFC 167 have kept him from returning(MMAmania)

 ジョルジュ・サンピエールがチェール・ソネンのポッドキャストで『UFC 167: St-Pierre vs. Hendricks』のジョニー・ヘンドリックス戦以降2年以上試合をしてない件について以下のコメント

「真相を言おう。試合後にこれらのことが無かったらもう復帰してただろうしジョニー・ヘンドリックスとも再戦してたと思う。UFC 167の試合後会見に行こうとしたら止められたんだ。『なぜだ?』と尋ねても『行ってはダメだ』と言われた。何か怪しいぞと思ったね。そしたらデイナ・ホワイトは僕は病院に直行してるし重傷だと言ってたことが分かった。『何でそんなことを言うんだ?』と思ったし訳が分からなかった。デイナは僕がベルトを持ったまま休もうとしたのが気に入らなかったのだと思う。それは別にいいけど、もっと良いやり方があったんじゃないかな?」

「(ジョニー・ヘンドリックス戦は接戦だったけど)どんな試合も採点のことは考えていない。試合中はサバイバルモードだからそんな時間はないし、どうなってるかはほとんど分からない」

「フレディ・ローチの言う6週間のトレーニングキャンプはしていない。僕は好きでトレーニングしているし生まれながらのコンペティターだ。ジムでベストガイを選んで練習するのも自分の実力を試すためだし自分がベストになるためだ。今はタイトル防衛戦のストレスが無いから楽しく練習できてるけど、復帰したらどうなるかは僕にも分からない」

posted by ジーニアス at 17:24
"GSP「UFCへの不信感がなければ早く復帰していた」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索