2015年11月16日

ホーリー・ホルム「思い描いていた通りのハイキックが入った」

GIANT KILLING(37) (モーニング KC)
ツジトモ
講談社 (2015-11-20)
売り上げランキング: 111

Holly Holm: ‘I Can’t Tell You How Many Times I Cried in the Gym’ Before UFC 193(Sherdog)

 『UFC 193: Rousey vs. Holm』でロンダ・ラウジーに2R TKO勝ち女子バンタム級新チャンピオンになったホーリー・ホルムが試合後会見で以下のコメント

「私にとってこの試合はメンタリティーの闘いだった。この試合に向けて何度ジムで泣いたか分からない。こういう試合は負けた時のダメージが大きいけど勝った時は最高よ。大変なこともあるけど私はチャンスをモノにしたかったし、自分のことを信じていた。(タイトル挑戦が)時期尚早だと思われてたことも知っている。私もこんなに早くオファーが来るとは思わなかった。だけど目の前にあるチャンスをみすみす逃すわけにはいかないでしょう? 私はすぐに『最高ね。やるわ』と返事したわ」

「思い描いていた通りのハイキックが入った。だけど無理に狙うつもりも固執するつもりもなかったわ。彼女は片足を上げて真っ直ぐ向かってくるからバランスを崩せると思ったし、そこに付け込んだ。それが上手く行ったわね。作戦はそれだけじゃないわよ。彼女はアームバーが得意なのでクリンチの時はいろいろ考えたし、一瞬たりとも気を抜かずに集中していた」

「自分のことを知ってないと試合の準備はできないと思ってる。彼女は一番の強豪だった。ジムで良いパフォーマンスができずに車の中で泣いて『このままじゃ勝てないし、もっと強くならなきゃいけない』と思っ日もあった。自分のことを疑うこともあるし練習で上手く行かないこともある。試合ではそういうことが起きないように祈ってるわ」

posted by ジーニアス at 15:23
"ホーリー・ホルム「思い描いていた通りのハイキックが入った」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索