2015年11月07日

レイ・セフォー「もう一度闘いたいと思ってる」

もう一度学ぶ日本語
もう一度学ぶ日本語

World Series of Fighting President Ray Sefo: ‘I Would Love to Fight One More Time’(Sherdog)

 World Series of Fighting代表のレイ・セフォーが以下のコメント

「もう一度闘いたいと思ってるが、タイミングと意味のある試合であることが問題だ。正直言って時間もあまりないと思ってる。そんなに先ではない。年末とかがいいね。もう少し先でもいいが、今言った以上はそうさせたい。あとは良いチャンスがあるかだが、全てが上手く行けば俺の復帰戦が見られるだろう」

「キックボクシングもMMAも両方好きだからどちらでも受け入れるよ。ジムには毎日通っているし、週に2~3回スパーリングしているし、朝は激しい練習をしている。これまでとはレベルも上がっている。エンジョイしなきゃいけない。練習するのは、もう若くないけど衰えた姿は見せたくないからだ」

「ファイターから背広組に転身するのはそんなに大変じゃなかった。世界のベストファイターと闘った後なら何をするにしても大変じゃないよ。俺の人生に格闘技は大きな部分を占めてるし、WSOFで働くこともエンジョイしている。非常に良い転身だった。WSOFで有名ファイターだけでなく若くて勢いのあるファイターにチャンスを与えるのは名誉なことだ」

posted by ジーニアス at 01:42
"レイ・セフォー「もう一度闘いたいと思ってる」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索