2015年10月31日

ジョン・ジョーンズのマネージャー「ダニエル・コーミエはジョーンズに条件を言える立場じゃない」

グレートカンパニー――優れた経営者が数字よりも大切にしている5つの条件
グレートカンパニー――優れた経営者が数字よりも大切にしている5つの条件

ダニエル・コーミエ「自分が勝った中でも最悪の試合だった」「ジョン・ジョーンズとはニューヨークで闘いたくない」(2015年10月05日)

 こちらの続報。『UFC 192: Cormier vs. Gustafsson』試合後会見でダニエル・コーミエがジョン・ジョーンズについて「ニューヨークはジョーンズのホームなのでやりたくないな。彼の一番居心地の良い場所では闘いたくない。彼が居心地の悪い場所が良いね」とコメントしましたが、

Malki Kawa: Daniel Cormier will not dictate terms of rematch with Jon Jones(MMAFighting)

 この件についてジョン・ジョーンズのマネージャー、マルキ・カワが以下のコメント

「正直言ってDCに選択肢があるとは思えないけどね。真のチャンピオンが誰なのかはみんなも分かってるからな。彼は素晴らしいファイターだとは思うよ。しかしジョン・ジョーンズには勝っていない。誰もジョンからベルトを獲っていない。結局彼が『俺が真のチャンピオンだ』とパレードしたところで無理がある。あくまでも私の考えだよ。これはDCにとって重要な試合になるはずだ。だからジョンがいつ闘いたいと言ってもDCはそこに出て来るべきなんだ」

「みんな忘れてるかもしれないが、ジョンはダニエル・コーミエに勝ってる上に接戦ですらなかった。だから彼は条件を言える立場じゃない。ジョンの楽勝だったんだ。彼はテイクダウンを100回仕掛けたら100回成功させるとか言ってたんだぞ。しかしジョンは自分の闘い方で勝った。自分のやるべきことをやって接戦じゃなかった。だからジョンのやりたいタイミングでやるべきだ。ジョンがベルトを取り返したいと思った時がそのタイミングだし、それはジョンの頭の中にある。ダニエル・コーミエは何の条件も言える立場じゃない」

posted by ジーニアス at 15:22
"ジョン・ジョーンズのマネージャー「ダニエル・コーミエはジョーンズに条件を言える立場じゃない」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索