2015年10月30日

『TUF 21 Finale』カイオ・マガリャエスに6ヶ月間の出場停止処分

Caio Magalhaes: Six-month suspension, plus community service for spitting incident(MMAJunkie)

 7月12日にラスベガスで開催された『TUF 21 Finale』でカイオ・マガリャエスがジョシュ・サマンに1Rリアネイキッドチョークで敗れた直後にサマンとレフェリーにツバを吐きかけた件に関してネバダ州アスレチックコミッションがヒアリングを開き、6ヶ月間の出場停止と40時間のボランティア活動が科せられたとのこと。罰金は科せられませんでした。マガリャエスは「バカな行為をしたし正当化するつもりもない。謝罪するだけです」とコメントしています。

バカなのにできるやつ、賢いのにできないやつ
バカなのにできるやつ、賢いのにできないやつ
posted by ジーニアス at 14:12
"『TUF 21 Finale』カイオ・マガリャエスに6ヶ月間の出場停止処分"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索