2015年10月15日

ドゥエイン・ラドウィック「ユライア・フェイバーは僕に八つ当たりしているだけだ」

どうしようもない怒りをどうにかする本1(増補版): 八つ当たりの科学
どうしようもない怒りをどうにかする本1(増補版): 八つ当たりの科学

ユライア・フェイバー「ドゥエイン・ラドウィックは金に煩いし差別主義者だった」(2015年10月14日)

ユライア・フェイバー「T.J.ディラショーは僕たち家族を捨てた」(2015年10月13日)

 こちらの続報。

Duane Ludwig: Urijah Faber upset because Conor McGregor 'punked' him on The Ultimate Fighter(MMAFighting)

 ドゥエイン・ラドウィックが以下のコメント

「言わせておけばいいし、彼の中のドラマに溺れていればいいよ。彼は(TUF 22で)コナー・マクレガーにコケにされているからドラマモードに突入してるんだろう。コナーが彼を本気で怒らせてしまったせいで僕に八つ当たりして歯止めが効かなくなった。いい加減にして欲しいし、誰もこんなことは望んじゃいない」

「フェイバーがT.J.を追放したのは凄く残念だよ。サポートも友人関係も終わりってことだと思う。僕らは格闘家として一緒にやっていくべきだと思う。誰かには門戸を閉ざすというのはフェアじゃない。倫理的じゃないよ。彼のしたことはT.J.やみんなにとってもベストじゃない。僕らは一緒にやっていくべきだった」

「僕とT.J.は一緒に練習した最初の日からずっと一緒にやってきた。だけど僕はチーム・アルファメールを離脱しろか移籍しろかそういうことは言ってないよ。これがベストな決断だったと思うけど、チーム・アルファメールとも上手くやって行きたかった」

「アスリートはトレーニングキャンプで多くのモノを得るし、そこにストレスなどがあってはいけない。T.J.は前回の試合(『UFC on FOX 16』のヘナン・バラオン戦)はあのパフォーマンスで(コロラドとカリフォルニアを)行ったり来たりしていた。ここに定着したからにはこれまで以上に強くなる一方だろう」

「チーム・アルファメールと仕事ができたことには100%満足してるし、僕はフェイバーが言ったようなことは言っていない。彼らと仕事をするのは好きだった。だけどフェイバーはズルいし自分に都合のいいストーリーを作っているね。僕を悪者にしようとしている。僕はそんな人間じゃないよ。僕はみんなを手伝うためにここにいる。こんなことになったのは残念だしクレイジーだ。僕らは違う物語を聞かされている」

posted by ジーニアス at 13:26
"ドゥエイン・ラドウィック「ユライア・フェイバーは僕に八つ当たりしているだけだ」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索