2015年09月15日

UFC 183 ニック・ディアスに5年間の出場停止&16万5000ドルの罰金処分

UFC 183 アンデウソン・シウバ、ニック・ディアスの両者に禁止薬物の陽性反応(2015年02月04日)

UFC 183、ニック・ディアスから規定の倍のマリファナが検出されていた(2015年02月06日)

UFC 183 アンデウソン・シウバに1年間の出場停止&罰金処分(2015年08月14日)

 こちらの続報。



 ネバダ州アスレチックコミッションが1月31日にラスベガスで開催された『UFC 183: Silva vs. Diaz』で試合後の薬物検査でニック・ディアスからマリファナの陽性反応が出た処分を決めるヒアリングが開かれ、5年間の出場停止と出場給(50万ドル)の33%に相当する16万5000ドルの罰金処分を科すことが満場一致で決定したとのこと。

 マリファナの陽性反応が出たのがPRIDE.33の五味隆典戦、UFC 143のカーロス・コンディット戦に次いで3度目あることや、2010年にストライクフォースで乱闘騒ぎを起こしていること等が問題視されたようです。ディアスが現在32歳。処分が明けるのは2020年1月31日となります。ディアス陣営が処分を不服とした場合は法廷闘争になりますが、そこで敗訴すれば裁判費用でさらに大金が掛かることとなります。

posted by ジーニアス at 07:15
"UFC 183 ニック・ディアスに5年間の出場停止&16万5000ドルの罰金処分"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索