2015年04月16日

石井慧、川村龍夫会長の説得を受けて現役続行を決断

石井慧が現役続行決断、引退から一転会長説得応じる(日刊スポーツ)
 北京五輪柔道金メダルの総合格闘家・石井慧(28)が15日、現役続行を決断した。

 IGF3大会出場のためオランダから帰国した8日に、成田空港で「勝っても負けてもこれが最後」と、引退をほのめかす発言をしていた。この日午後3時から、東京・渋谷のケイダッシュ事務所で川村龍夫会長(74)と会談した石井は、同会長の熱い説得を受け、総合格闘家続行の道を選んだ。

 会談後の石井は、晴れ晴れとした表情で「また頑張っていこうと思った」と話した。川村会長からは「柔道で世界一になったんだから、格闘技でも世界一を目指せ。勝負事に絶対ということはない」と説得された。

 本気で引退するつもりだったのかも今となっては怪しいところですが、今後は安易に引退を口にしない方がいいでしょう。

posted by ジーニアス at 08:46
"石井慧、川村龍夫会長の説得を受けて現役続行を決断"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索