2014年10月28日

UFC 179の結果を受けてUFC公式サイトがランキングを更新

UFC Fighter Rankings(UFC.com)

 『UFC 179: Aldo vs. Mendes 2』の結果を受けてUFC公式サイトがメディア投票ランキングを更新。

 フライ級はスコット・ヨルゲンセンが15位からランク外に、そのヨルゲンセンに勝利したウィルソン・ヘイスがランク外から15位に。

 バンタム級の試合は無かったもののエディ・ワインランドが1ランクアップし6位、水垣偉弥が1ランクダウンし7位に。

 ライトヘビー級はフィル・デイビスが1ランクアップし5位、そのデイビスに敗れたグローヴァー・テイシェイラが2ランクダウンし6位に。DV容疑で現在無期限出場停止中のアンソニー・ジョンソンがUFC 172でデイビスに勝利していることが評価され2ランクアップし3位に。ハンス・ストリンガーに勝利したファビオ・マルドナドが1ランクアップし14位に。

 ヘビー級はここ最近試合をしてないにも関わらずアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとマット・ミトリオンが激しい15位争いを繰り広げていますが、今回またもノゲイラが15位からランク外に落ちてミトリオンが15位にランクインしています。

posted by ジーニアス at 12:43
"UFC 179の結果を受けてUFC公式サイトがランキングを更新"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索