2013年11月28日

NSACキース・カイザーがオープン・スコアリング・システムの可能性についてコメント

GONG(ゴング)格闘技 2014年1月号
GONG(ゴング)格闘技 2014年1月号

On second thought, open scoring is probably a terrible idea(MMAJunkie.com)

 ネバダ州アスレチックコミッションのエグゼクティブディレクター、キース・カイザーが最近MMAでオープン・スコアリング・システムの導入を検討したものの、いくつかの懸念材料があるとし以下のコメント。

「まず第一に(ラウンドごとに採点を発表する度に)ビール瓶やいろんなモノが飛んでくる可能性が出て来る。第二にビール瓶などが飛ばなかったとしても…これは何人かと話し合ったのだが、ジャッジは怯えている。次のラウンドが始まるまで注目されるわけだし、気が散る可能性がある。他のジャッジの採点に影響される懸念もある。自分が1~4ラウンドまで一方のファイターにフルマークを付けているのに他のジャッジが接戦にしていた場合、5ラウンドの採点をもう一方のファイターに付けるべきかというプレッシャーが掛かってしまうかもしれない」

「(リードしているファイターが最終ラウンドで安全策を取る可能性があるが)それがどうしたというんだ? フットボールでもそういうことはあるし、それはスポーツの一部だ」

「ウィンブルドンやマスターズでリードしてても、つまづいて足首を折ったらお終いだ。MMAはそこまで単純じゃない。例えばチャンピオンが1~3ラウンドまで圧倒的にリードしてるとしよう。だが4ラウンドでガス欠を起こし猛反撃を受けたものの辛うじてサヴァイヴできたとする。最終ラウンド前の採点は39-37と発表される。そこで5ラウンドの序盤に偶発的なバッティングやサミングがあってチャンピオンがこれ以上試合を続行できないと言ったらどうなるか? それでチャンピオンがテクニカル・デシジョンで勝利してもファンはどう思うか? それが本当であったとしても信じてくれないだろうし、嘘をついてても採点でリードしていることを知ってるのでベルトを防衛できてしまう」
posted by ジーニアス at 09:11
"NSACキース・カイザーがオープン・スコアリング・システムの可能性についてコメント"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索