2006年12月29日

ネット・プロレス大賞 2006に投票してみる

ネット・プロレス大賞 2006(ブラックアイ2)

 プロ格ブロガー界で話題沸騰(?)のネット・プロレス大賞。最終的に40件以上は参加しそうなムード。ウチのような毒舌ブログがやっても10件も参加しないだろうな(苦笑)。

 大晦日までの試合が対象でK-1やPRIDEなども「プロレス」だと思うなら投票して構わないとのことですが、K-1やPRIDEに投票してる人少なそうだし無駄な抵抗だと思うのでプロレス団体のみから選考することにしました。ということで発表。

(1)最優秀選手賞(MVP)
ザ・エスペランサー・・・7点 馳浩・・・3点


 まぁエスペランサーは“最強”だから仕方ないっす(笑)。馳浩は引退試合が素晴らしかったのと政界というプロレス以上に過酷なリングで戦っているということで。

(2)年間最高試合賞(ベストバウト)
ザ・グレート・サスケ、野橋真実 vs 佐藤秀、佐藤恵(12.17 後楽園ホール)・・・6点
坂田亘、崔領二 with RG vs ババ・レイ、ディーボン(11.15 後楽園ホール)・・・4点


 どっちも後楽園になってしまった。近くで見てるからというのもあるかもしれないな。でもサスケの「身体痛めつけ芸」とRGの「リアクション芸」には心底笑わせてもらったし興奮しましたよ。

(3)新人賞
RG・・・6点 鶴見亜門・・・3点 KUSHIDA・・・1点


 「デビュー3年目ぐらいまでの選手が望ましい」とのことですが、今さら中嶋や諏訪魔やHGを推してもしゃーないんでこうしました。鶴見亜門はこの前試合したので立派なレスラーです。

(4)最優秀興行
マッスル11追加公演(9.30 新木場1stリング)・・・5点
ハッスル・エイド2006(6.17 さいたまSA)・・・4点
全日本プロレス「プロレスLOVE in両国」(8.27 両国国技館)・・・1点


 3つに共通しているのは意外性。マッスルは前日とほぼ同じ内容の試合をやってしまうという史上初の試みに驚いた。後で週プロmobileで内容確認したら微妙に違ってたりしているのも素晴らしい。ハッスル・エイドは“フジテレビショック”直後に降臨したエスペランサーに驚き。全日両国はイスを持った森喜朗元首相に驚き(笑)。

(5)最優秀団体
マッスル・・・5点 ハッスル・・・5点


 この2つ以外の団体はどうもイマイチだった。ていうかもうこういう方向性のプロレスじゃないと楽しめない体質になってるんだろうなぁ。

 その他個人的なベストバウトを挙げてみた。

格闘技のベストバウト・・・高阪剛vsマーク・ハント(5.5 大阪ドーム)
スポーツ界のベストバウト・・・WBC準決勝 日本vs韓国(3.18 アメリカ)
“場外戦”ベストバウト・・・大仁田厚vsセッド・ジニアス(法廷)

 ま、こんなもんか・・・。

BLOG名:悲しきアイアンマン
URL:http://sadironman.seesaa.net/
ハンドルネーム:ジーニアス

みなさんも投票してみてはいかがでしょう。/人気blogランキング
posted by ジーニアス at 21:57
"ネット・プロレス大賞 2006に投票してみる"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索