2012年04月06日

ヴァンダレイ・シウバ「引退試合は日本でしたい」

私は日本のここが好き! 特別版 親愛なる日本の友へ
私は日本のここが好き! 特別版 親愛なる日本の友へ

Wanderlei Silva Reflective of Career, Ready for ‘Fight of His Dreams’(MMAFighting)

 UFC 147でビクトー・ベウフォートと対戦するヴァンダレイ・シウバがコメント

・「この試合は人生を懸けた闘いだ。全キャリアを通してこの再戦を待ち望んでいた。14年間待ち続けた。彼は引退する前にどうしても闘いたかった相手の一人だ。夢の闘いだ」

・「俺のキャリアはとてもハッピーなものだ。13歳から闘い始めて21年間闘ってきた。だけど今でも元気だしモチベーションもある」

・「デイナ・ホワイトは素晴らしいビジネスマンだ。UFCで本当に良い仕事をしている。かつて多くの人たちはMMAに悪いイメージを持っていたが今は違う。ファイターは社会的にもリスペクトされている。大会数も増えている。良い日程が組まれてるしとても良くなった」

・「身体には気を使わないといけない。もう22や23歳のころとは違う。35歳だ。見えないかもしれないが35歳だ(笑)。まだまだ老け込んではいないが若いわけでもない」

・「多分最後の試合は日本ですることになるだろう。まだ分からないけどね。だけど次の日本大会が決まりそうになったらボスに確認するつもりだ。引退試合は日本でしたい」
posted by ジーニアス at 14:41
"ヴァンダレイ・シウバ「引退試合は日本でしたい」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索