2012年03月27日

大宅賞候補にプロ格関連が2作品も入る

第43回大宅壮一ノンフィクション賞候補作品決定!(平成24年度)(文藝春秋)
第43回大宅壮一ノンフィクション賞の候補作が決定しました。選考委員会は、きたる4月10日(火)午後5時より、「帝国ホテル」にて開催いたします。
公益財団法人 日本文学振興会

増田俊也(ますだ・としなり) 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(新潮社刊)

三山 喬(みやま・たかし) 『ホームレス歌人のいた冬』(東海教育研究所刊)

森 健(もり・けん) 『「つなみ」の子どもたち―作文に書かれなかった物語』(文藝春秋刊)

柳澤 健(やなぎさわ・たけし) 『1985年のクラッシュ・ギャルズ』(文藝春秋刊)

 歴代受賞作の中には1991年に井田真木子『プロレス少女伝説』というのもありました。複数の作品が受賞することも珍しくないので是非とも受賞して欲しいところです。
posted by ジーニアス at 16:15
"大宅賞候補にプロ格関連が2作品も入る"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索