2009年09月01日

谷川EPがK-1 WGP 2009 開幕戦の見どころを解説(動画)/山田トレーナー処分続報etc.

K-1 WORLD GP 2008 COMPLETE BOUTS ~激闘完全版~ [DVD]

 国内外のプロ格情報を25本紹介

9・26WGP開幕戦の豪華8カードが決定!!(K-1)
バダ・ハリvsザビット・サメドフ
ルスラン・カラエフvs京太郎
セーム・シュルトvsダニエル・ギタ
エヴェルトン・テイシェイラvsシング“心”ジャディブ
ピーター・アーツvsアリスター・オーフレイム
レミー・ボンヤスキーvsメルヴィン・マヌーフ
エロール・ジマーマンvsグラウベ・フェイトーザ
ジェロム・レ・バンナvs武蔵

 以上8試合が開幕戦のカード。武蔵が入ったのは「やっぱりなぁ」といったところ。先日の会見はネタ振りだったんですね。それよりも驚いたのがアリスター・オーフレイム出場。アーツに勝ったらちゃんと決勝大会に出るのか? その間に10月or11月のStrikeforceにも出るのか? しかも大晦日にも出たりして…。

 谷川EPが「ファン投票を参考にして優先したい」と話していたように、1位のアリスター、2位のマヌーフは文句なしの当選。だがミルコは、すでにUFC と契約しているため、除外に。そして4位のグラウベが入り、これで3名。残り一つの枠は、「ファン投票の結果は、5位がカタリン・モロサヌ選手、8093 票。武蔵選手は第6位、8084票。ひじょうに僅差となりました。主催者で検討した結果、票数はそれほど変わりないということで、過去の実績、本人の決意を汲んで、賛否両論あると思いますが、武蔵選手に決定した次第です」と谷川EP。僅差であること、武蔵最後のWGP挑戦、過去の実績を考慮しての選出となった。

 一応こういう説明。ツッコミ所はありますが、今さらどうこうつもりもないです(笑)。


最後まで燃え尽きる? 引退を表明した武蔵(福井新聞)

K-1・武蔵が9・26バンナ戦、負けたら引退(デイリー)

 武蔵は負けたら即引退っぽい。




 こちらが動画。出場選手のコメントもあり。右下にある「△」マークから「キャプション機能をオンにする」を選択すれば字幕が出るので何を言ってるか分かりやすいです。


オープン!!(秋山成勲オフィシャルブログ)

ジム取材!(秋山成勲オフィシャルブログ)

 広尾にあるジムがオープン。


山田武士トレーナー セコンド資格停止処分3か月(スポーツ報知)

 結局処分期間は3ヶ月に。


【格闘技 裏通信】世界ランキングって何?(ZAKZAK)
(前略)
 興毅のくら替えが決まったことで、WBCは近く興毅を上位にランクさせ、改めて挑戦を認可するものとみられる。だが、ある日本のジム会長は「挑戦が決まってから後付けでランキングに入れるというのは本末転倒だ」と指摘する。

 「内藤の防衛戦は、過去にも試合が内定してからWBCがランク入りさせたようにみえたものがある。人気選手であれば、交渉次第でいくらでもランキングを操作してもらえるとなれば、誰も真面目に上位ランカーを倒してランクアップを目指すなんてことをしなくなる」(同会長)

(中略)

 ファンが望むものを提供するというビジネスの観点から言えば、内藤と興毅のビッグマッチ決定はウエルカムといえる。とはいえ、競技として正当な手順を踏まず、ルールを捻じ曲げて世界戦を実現することは、まじめに手順を踏む選手や関係者のやる気をそぎ、王座の価値も下げかねない。

 実際、別のジム会長は、「ぜひ内藤や亀田の政治手法をまねしたいね。15位以内にいなくても交渉次第で引き上げられて挑戦でき、もしベルトを獲れたら、格下選手相手に長く防衛もできるのだから」と、“抜け道”を称賛している。(以下略)

 プロボクシングも結構こういう部分があるってことですよ。


鈴木みのるの口を封じる(?)船木誠勝(kamipro.com)

船木が全日本入団!みのると9・26一騎打ち(デイリー)
 武藤社長と会見した船木は「このまま終わりたくない。どっぷりプロレスにつかって、もう一度トップにはい上がりたい」と継続参戦を表明。DREAMを運営するFEGと選手契約は残っているが「(総合格闘技と)一緒にはできない」とプロレス専念を誓った。

 20年ぶり巡業の先には鈴木が待ち構える。「今は鈴木選手が上。そう言った方が向こうが喜ぶでしょ。鈴木の顔は、ちゅうちょなくたたけます」と不敵に挑発した。

 まぁそれでいいんじゃないでしょうか。


押尾被告 保釈後雲がくれ(リアルスポーツ)

押尾被告 芸能界復帰は絶望…“追放”へ(デイリー)

 格闘技界の黒幕が暗躍している説もあるから大晦日に…ないか。ところで内外タイムスがリアルスポーツになりました。


選挙:衆院選 競技団体幹部ら落選 運営への影響なし(毎日新聞)
 自民党では、日本ソフトテニス連盟会長の海部俊樹・元首相や日本ソフトボール協会会長の山崎拓・前党副総裁、全日本空手道連盟会長の笹川尭・党総務会長、日本ライフル射撃協会の坂本剛二会長が落選。日本バドミントン協会会長の綿貫民輔・国民新党代表も議席を得られなかった。

 日本ソフトボール協会が山崎氏について「個人的にソフトボール界に貢献していただいており、(会長職と落選は)切り離して考えている」と説明するように、現段階では団体運営などに大きな影響は出ない見通し。

 また、空手が五輪競技入りを目指していることを踏まえ、全日本空手道連盟の栗原茂夫専務理事は「これからも指導していただきたい。フリーハンドで海外の連盟と話ができるため、逆に、五輪競技への推進力になるとも考えられる」と話している。

 どのみち空手の五輪競技化への道は険しいですけどね。


松本人志監督・主演第2作『しんぼる』 閉塞状況の中で踊り続ける男の悲喜劇(日刊サイゾー)
男は部屋からの脱出を試みるが、出口は見当たらない。だが、壁に触れてみると、壁から"あるもの"が現れる。一方、メキシコのとある町。父親が覆面レスラーであることを除けば、ごく普通の家庭が登場する。子どもを学校に送り出す、平凡で幸福な日常生活。だが、レスラーと妻はその朝、なぜか奇妙な胸騒ぎを感じていた。その胸騒ぎの原因は......、というもの。松本人志自身が演じるパジャマ男のいる白い部屋と荒涼とした背景のメキシコで起きるドラマが並行して描かれる。出演は松本人志を除いて、無名の外国人たちというキャスティングだ。

 面白いんですかねぇ。一応観るつもりですが。


【Fight&Lifeコラム】Who do u think r top welter wt in japan now?/高島学

9月から携帯サイト『kamipro Move』に移行した週刊ワオ木真也の一部を公開(青木真也『週刊ワオ木真也』)

第59回 青木・笹原問題とは何か!? もはや準レギュラー!? 笹原DREAMイベントプロデューサーが激語り(mimipro)

【J-NETWORK】10・4HIROYAと対戦した“八王子バトルキング”西川が参戦!野地も登場(GBR)

白鵬、プロレス場外乱闘“参戦”問題なし(サンスポ)

猪木 日本定住を決意(リアルスポーツ)

おんな残酷物語(リアルスポーツ)

「NEW JAPAN GENERATION」特別参戦選手決定! 9/27神戸に棚橋が来場!(新日本プロレス)

9/12東金、9/13後楽園、全対戦カード決定!(新日本プロレス)

真・夏男決定戦で見せつけられた現実……崔領二は真壁刀義の生き様に完敗を喫した!(金沢“GK”克彦の『プロレス村役場ドットコム』)

映画『レスラー』の脚本家が語る、新聞社編集長から脚本家までの道のり(シネマトゥデイ)

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 23:03
"谷川EPがK-1 WGP 2009 開幕戦の見どころを解説(動画)/山田トレーナー処分続報etc."へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索