2008年12月18日

中西学が一時期“格闘技路線”に走った理由/泰葉がハッスル出場をドタキャン!?

中西学 P-4M [DVD]

 今日は紹介する国内情報が多すぎるので、ここではプロレスネタのみ紹介。

5年前のG1で未遂に終わった野人再生計画! 秋山準は忘れ物を探しに1.4ドームへ出陣する(金沢“GK”克彦の『プロレス村役場ドットコム』)
思い起こせば……当時の中西は心身のバランスを完全に崩していた。03年5月のアルティメット・クラッシュ(5.2東京ドーム)で藤田和之と初のMMA マッチに出陣し惜敗、さらに『K-1 BEAST II 2003』(6.29さいたまスーパーアリーナ)でK-1ルールの闘いに挑んだものの、無名のTOAに惨敗を喫した。中西が突然“格闘技路線”に目覚めたのも、当時の新日本の某幹部から「早急なIWGP王座挑戦&近い将来の中西路線」をチラつかされたからなのだが、結果的にその約束(?)が守られることはなかった。

ともかく、ただでさえ不器用な男が長くプロレスのリングを離れ、G1という大舞台で緊急復帰。コロコロと様変わりする会社の路線に翻弄された中西は、心身ともに不健康な状態だった。試合前、G1に特別参戦していたジョシュ・バーネットと打撃の練習をする中西に対し、周囲の選手が冷たい視線を送っていたのを覚えている。そんな状況を把握していた秋山は、「先輩に対して言うのは何だけど、僕なら中西さんを再生できるかと。だいたい京都弁まる出しの人が、無理して標準語でしゃべっていることじたい気持ち悪い」と言った。

 本来TOAは完全な噛ませ犬で、中西はこの試合で勝ってボブ・サップとK-1ルールで対戦するのが既定路線だったはず…。約束を破った「当時の新日本の某幹部」というのはU氏でしょうね(苦笑)。


M軍の度重なる侮辱行為に、泰葉サイドが大激怒! まさかの公開練習中止で、泰葉のマニア出場は白紙撤回か!?(ハッスル)
アンから侮辱されて、「高田モンスター軍! 私をバカにするのもいい加減にしろ!」と怒りをあらわにする泰葉。ところが、泰葉以上の怒りをアンにぶつけてきたのは、なんと泰葉のマネージャーだ!「ちょっといい加減にしてくださいよ! 話が全然違いますよ!! こんな状態だったら、泰葉を『ハッスル・マニア』に出場させません!!」と、アンに猛抗議をするマネージャーに対し、すかさず「は? いいデスカ! ここに並んでいるのは、すべて過去の自分デスヨ。その過去の自分にしっかりと向き合えないで、何が生まれ変わりたいデスカ! そんな奴はリングの上で絶対に歌わせないからな!!」と、一喝するアン。

公開練習中止という、まったく予期せぬ事態に、「都合が悪くなったら、すぐに逃げ出す。これが、あの女のやり方デスヨ!」と、呆れ果てるアン。さらに、公開練習の模様を生中継で全国のお茶の間に伝えようとしていた芸能レポーターたちも、「これは一体、どうなってるんだ!?」とざわめくなど、一転して道場が殺伐とした雰囲気となる。するとここで、泰葉のマネージャーがふたたび登場し、報道陣に対して事情説明を行なった。
「前日、ハッスルさんからいただきました対戦相手に関するリリースについて、ハッスルさんとの信用関係を元に成り立ってたこの試合なんですが、リリースの内容自体が事務所側としては誠に遺憾であります。そもそも、歌を歌うという体裁で、今回の出場を決意させていただいたんですけど、歌うんぬんよりも、ハッスルさん側からのこういった態度を受けた以上は、事務所側としても出場辞退を検討させていただければと考えています

泰葉が名誉毀損報道で会見…暴言認める(デイリー)
 タレントで歌手の泰葉(47)が、京都の呉服店から名誉棄損で訴えられたという一部週刊誌で報道されたことを受け、18日、都内で会見した。

 暴言を吐いたとされる記事については「大変申し訳ありませんでした。大変汚い言葉を吐きました。書いてあるようなことを言ったことは間違いありません」と事実関係を認めた。今月4日に訴えたとされる3人に弁護士を通じて謝罪文を送ったことを明かした。

 ただ、名誉毀損については「裁判所からの訴状が届いていませんので」と言及しなかった。また、2000万円とされる特注で作ったとされる4点の呉服代の支払い要求については「裁判所からの和解勧告が12月5日に出ました」と説明した。

 出場辞退宣言をしたのも名誉毀損報道の会見をやったのも同じハッスル道場。ネタとリアルが完全にシンクロしてる(笑)。


丸山和也氏に懲罰動議(デイリー)
 民主党は十八日、参院厚生労働委員会で野党提出の雇用対策四法案を採決した際、委員長席のマイクを壊したとして、自民党の丸山和也参院議員に対する懲罰動議を参院に提出した。

 丸山氏は厚労委に所属していないが、民主党主導の採決に抗議するため、女子プロレスラーでもある自民党の神取忍議員らとともに議場に詰め掛け、岩本司委員長(民主党)を取り囲んで抗議していた。

 神取の方は大丈夫なんですか? 丸山氏は神取を乱闘要員のつもりで同行させたのでしょうか?


映画「スリーカウント」特別上映会のご案内(ValuePress!)
【映画スリーカウント】http://3count.ne07.jp/

2008年春映画のオーディションに応募してきた女優に開場で告げられた課題・・・
それは、「プロレスラーとしてデビューできた方だけが映画に出演できる。」

100名あまりの応募者は次々に脱落、文字通り血のにじむ努力の中、無事にデビューできたのはわずか8人。総定数ギリギリのキャスティングとなりました。
彼女たちに加え、現役のTOPレスラーを交え、ノンストップ収録の迫真のプロレスシーンを注目!
ハリウッドでも活躍す菅田俊が団体の代表として、こちらもぶっつけ本番のレフリングを公開!!

新人女優たちのプロレスラーデビュー、その後のプロレスラーとしての活躍は、テレ玉にて番組「MuscleVenus」毎週月曜日25時に放送中です。
http://muscle-venus.ne07.jp/

 最近の女子プロレス事情には疎いので全然知りませんでした。


『マッスル牧場CLASSIC・DVD発売記念インストアライブin HMV』開催!!(DDT)

 HMV渋谷店で買ってなくても人が集まらなかったら参加できるんですかね。


昭和プロレス 第2弾興行(スポーツナビ)

 藤原組長と初代タイガーが! 第一次UWFですよおお。


KDDI、「キットカット」にちなんだ受験生応援キャンペーンを実施(ITpro)
 両社は、ネスレコンフェクショナリーの「キット、サクラサクよ。」をテーマにした活動に賛同し、受験生を応援していく。応援サイトで、アントニオ猪木さんの着ボイス、オリジナル壁紙、デコレーションメールといったオリジナルコンテンツを提供するほか、キットカットのイメージキャラクターである北乃きいさんや人気芸人などからの応援メッセージを送る。KDDI(au)携帯電話向けとして、書道家の武田双龍さんの作品が入ったポストカードを友人に有料(1通当たり157円)で送るサービスも用意する。

 auの方は是非。


kamipro books『新日本プロレス学習帳』12月27日(土)全国書店で緊急発売!(kamipro.com)

12・19 横浜文化体育館大会 全対戦カード(大日本プロレス)

12・30『ハッスル・マニア2008』開催記念企画! ハッスラーに聞く“親子愛”とは? 【TAJIRI編】(ハッスル)

2月シリーズ『2009エキサイトシリーズ』 興行日程発表!(全日本プロレス)

世界ジュニア・ヘビー級選手権に関して(全日本プロレス)

棚橋vs中邑が実現!? 新宿ロフトプラスワンでも熱戦と名勝負が!?/「新日本プロレス・2008大感謝祭!!」開催報告(新日本プロレス)

棚橋選手、年末年始メディア出演情報!(新日本プロレス)

金本&大谷&高岩の“トンガリコーンズ”が、ZERO1マットで一夜限りの復活!(新日本プロレス)

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 22:45
"中西学が一時期“格闘技路線”に走った理由/泰葉がハッスル出場をドタキャン!?"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索