2008年07月31日

今年の大みそかは内藤 vs.亀田、Dynamite!!、『やれんのか!』の3部構成!?

The champion (DAISUKE NAITO Produce)
The champion (DAISUKE NAITO Produce)

 昨日の試合の続報ですが、まぁいろいろ言われてますね。

坂田V4!次戦・興毅戦も視野(デイリー)

内藤大逆転KO!大みそか興毅戦も(デイリー)
 両陣営の正式交渉は開始されていないが、当人同士が大筋で“合意”。興毅は「大みそかにやれば盛り上がる」とぶちあげ、内藤は「俺が兄弟2人を斬る」と“亀田狩り”に意気込んだ。昨年10月に日本中の関心を集めた内藤-大毅戦。大みそか決戦が実現すれば「敵討ち」VS「返り討ち」となる。国民的ヒーロー内藤と、リベンジに燃える亀田家の因縁の第二幕が上がろうとしている。

 えっ!? 大みそかって・・・。

“やらせじゃないか!”TBSに抗議続々(スポニチ)
 内藤の防衛後、亀田興がリングに上がったことをめぐり、中継したTBSには視聴者から電話などで抗議や問い合わせが寄せられた。TBSによると「どうして亀田(選手)がリングに上がるのか」「TBSが上げたのか」などの内容。同局広報部は「ハプニングで、最初から設定していたわけではない」と“やらせ疑惑”を否定した。

 ハプニングなら警備の人が止めないと(苦笑)。

金平会長、元弟子バッサリ「不愉快」(スポニチ)
試合直後、内藤に挑戦を申し出た興毅に対し、「プロレスじゃないんだから。ボクシングの常道じゃない。不愉快です」。5月に契約を解除した“元弟子”をバッサリ。

 んなこと言われてもプロレス流でのし上がってきた一家だし、あなたもそれに加担してた時期もあったでしょうに。

なべやかん、亀田興毅のリングインに「会場は盛り上がらなかった」 (オリコン)

 テレビで見ている限りではブーイングがかなり起きてたように聞こえたんですけど、そんなもんですか。なお、W世界戦の平均視聴率は18.3%で、瞬間最高は31.7%。

やっぱりTBS公認・・・亀田興毅“乱入”の舞台ウラ(ZAKZAK)
 しかし、TBSのスタッフに囲まれていた興毅がリングに上がった後、報道陣を控室に呼び込み、「後でまたしかられるかもしれんけど、ボクシング界を盛り上げるためにはルールばかりではなぁ」「大みそかはどうや、TBSさん」と独演会を開いたことでも、乱入が局公認だったことは明らかだ。

 宮田ジムの宮田博行会長は夕刊フジの取材に「(事前に)知ってましたよ。あの子(興毅)はやっぱりスターですねぇ。ただ、うちが(演出を)やっているわけではないですが」とテレビ局の主導をあっさりと認めた。内藤本人も「知名度がある選手がああいうパフォーマンスをやるのは大賛成」と理解を示し、対戦にも前向きな姿勢を見せた。

 さすが、TBSです(苦笑)。

亀田興毅リング乱入問題 JBCが経緯を調査(J-CASTニュース)
日本ボクシングコミッション(JBC)では、J-CASTニュースの取材に対し、興毅選手に対し処分が必要なのか検討していることを明らかにした。
「抗議の電話が一般から来ています。大毅選手と違って、興毅選手はライセンスも停止されていませんし、リングで激励したということですので、今すぐ大きな処分は考えていません。しかし、現在は、どういう経緯で上がったか検証しています」

 検証も何もこれはもう確実でしょう。もっともプロレスを見慣れている私としては、こういう演出は全然アリだと思います。報道番組等のやらせとは分けて考える必要がある。TBSの場合、そっち方面が酷いせいで叩かれる傾向があるのは自業自得なんだけど。

 格闘技絡みの不祥事では昨年こんなのもありましたが。

“2ちゃんねるそっくり”掲示板放映 TBS「担当者が作成」(ITmedia News 2007年3月13日)
 映像は、12日に放送した「HERO'S 2007 開幕戦」で桜庭和志選手を紹介する際に流れた。昨年大晦日の試合が相手選手の反則で無効になった問題に絡み、「(桜庭選手が)ファンとともに築き上げてきた戦いの歴史に泥を塗られた」というナレーションとともに、掲示板サイトの書き込みを映した。

 掲示板は2chにそっくりなデザインで、「昔は桜庭に夢中だったのにな。もう一度、夢を見させてほしいな」「秋山もひどいけど、そろそろ桜庭も試合がつまらなくなったね」「桜庭さん、がっかりです……メイン失格」といった書き込みがあった。

 こういうことやってるからダメなんだよなぁ・・・。

内藤陣営は挑戦者のひとり 挑戦表明した亀田興に(スポーツナビ)

内藤、「面白い試合」を反省=坂田は亀田興戦を希望-ボクシング(スポーツナビ)

 今回の件で損をしてるのは坂田だろうなぁ。世界王者なのにカヤの外になってる感が(笑)。実際に内藤大助 vs.亀田興毅を大みそかにやるとなると、Dynamite!!と『やれんのか!』の3部構成になるでしょうね、おそらく。曙vs.サップ以来の瞬間紅白超えもあるかもしれませんね。


【その他気になったニュース】
メディア批判曲が話題 窪塚洋介が語る歌手と俳優の両立 (オリコン)
 KIDについては語ってないですけどね。

【WEC】世界3大王者コンディットにチャレンジ、世界のミウラへ(MMA PLANET)
もう一人、日本から参戦予定だった高谷裕之は対戦予定だったカブ・スワンソンが負傷で欠場。代役としてIFLで世界フェザー級王座に挑戦したこともあるLC・デイヴィスが代役に白羽の矢が立ったが、この一戦は正式発表されることなく、高谷は試合自体が消滅する可能性が高い。

 残念です。

kamipro特別コラム更新! 「TK&郷野の解説論(チョロ)」(kamipro.com)

マサ斉藤とダニー・ホッジ(kamipro.com)

三冠&IWGPの2大王座戦、8.31両国で開催=全日本プロレス(スポーツナビ)

ファッキン・ガッデム! 8.31全日本両国でのIWGP戦決定に蝶野が憤り!!(kamipro.com)

ユークスの谷口社長が世界三大カーレースに参戦!! 新日本勢もバックアップ!!(kamipro.com)
新日本プロレスの親会社で知られるユークスの谷口社長は、ユークスの経営を行なうかたわら、なんとレーシングドライバーとしても活躍中。2005年にはスーパー耐久ST3のシリーズチャンピオンを獲得、2007年には全日本スポーツカー耐久選手権に参戦し、優勝1回、シリーズランキング2位の成績を残すなど、日本カーレース界の実力派ドライバーとしてその名を轟かせる存在というから驚き!

 金持ちの道楽かと思いきや、なかなかの腕前のようで。

越中詩郎の『ハッスル』参戦は是か非か=kamipro発“越中文学”の第一人者・せき詩郎が語ってるって!(スポーツナビ)

高田総統が川田総統代行のプランを却下! 8・23大阪大会で『ハッスルGP2008』2回戦全試合を敢行!!(ハッスル)

 結局同じじゃないか。
posted by ジーニアス at 22:57
"今年の大みそかは内藤 vs.亀田、Dynamite!!、『やれんのか!』の3部構成!?"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索