2008年07月28日

ハッスル・ツアー2008 7.27 in YOKOHAMA感想/新団体は試合中にリング回転!?

080727_160342.jpg

 国内のプロ格情報を9本紹介

『ハッスル・ツアー2008~7.27 in YOKOHAMA~』
全試合リアルタイム速報!(ハッスル)


 観戦してきました。速報はしませんでしたけど。面白かったのは越中詩郎 vs.ザ・モンスター℃。観客が「シーッ!」とやるハッスル独特の空間にも対応したエッチューさんは偉い。しかも自分も℃ポーズしたし(笑)。高田総統と越中&ケンコバの絡みも最高で後半戦は大丈夫か心配になった位。

 しかし、「スーパーHG」には参りましたね(笑)。改造手術でパワーアップなんて手法はDDTでもやってるネタだけど、試合途中で怒りが頂点に達すると変身するってのは斬新。スーパーサイヤ人かよ!

 今回傑作だったのはこの2つ。あとはちょっとアラが目立った。

080727_200403_ed.jpg

 まずボノちゃん部屋三人衆が後楽園に続いて「羞恥心」を歌うという“使い回し”はいただけない。以前のハッスルでは考えられなかったこと。同じ羞恥心でも2曲目の方を歌うことはできなかったのか。

 こ・り・た・んvs.小路もゼウスの乱入はガッカリ。こ・り・た・んが負けたことによりこりん星がどうなるかという説明もなし。こりん星の爆発はプロレス界だけの問題ではないだけに(苦笑)、ないがしろにして欲しくなかった。ひょっとしたら今年のマニアはこりん星爆発の危機がテーマになるのかな、とすら思っていただけにあの結果は残念。

 メインハッスルは、ああいうのもアリといえばアリなのだが、試合が長引けば長引くほどTAJIRIと坂田の差が浮き彫りになってしまうし、試合後のネタもイマイチ。

 最近のハッスルには、かつての猪木のように「世間に風穴を開ける」という意気込みがあまり感じられないのが残念。今のファンを喜ばせているだけでは未来は明るくない。とにかくマニアではとんでもないことをやってくれることに期待。個人的には高田総統 vs.越中詩郎を願っています(笑)。


【その他気になったニュース】
新団体XWFコマ劇プロレス、リング回転(日刊スポーツ)
 興行はコマ劇場の特徴をフルに使った演出を考えている。6メートル四方のリングは円形舞台の直径8・8メートルの中盆に設置。試合中に中盆がコマのように回りながら上方にせり上がる仕組みとなる。これにより観客は全方位から観戦できる。笹原代表は「そこからレスラーが落下しても大丈夫」という。コマ劇場の梅田秀実支配人も「通常は会場の中央にリングがあるプロレスは、前方に舞台があるここでは無理だと思った。でも回転させれば結構面白いかも」と前向きだ。

 10月7日に開催。しかも火も使用する予定だとか(笑)。

サンドマン逮捕で来日キャンセル=8.6XWF(スポーツナビ)
 しかし、旗揚げ戦は早くも残念なニュースが・・・。

【DEEP】池本誠知が長谷川秀彦を破り、悲願のタイトル奪取!正道会館との対抗戦はDEEP勝利(GBR)
 おめでとうございます。

【ZST】8・24DEEPからの刺客は杉内勇、和田竜光! 全対戦カードが決定(GBR)

“ビンスの右腕”シェーン・マクマホン来日 WWE日本戦略のカギを握る男の狙いとは?(スポーツナビ)

プロレス:静岡のスタンガン高村さん、焼津で来月2日に自主興行 /静岡(毎日.jp)

あのケンドー・カシンが8.15両国国技館に参戦=IGF(スポーツナビ)

ZERO1-MAX「熱-1GP 火祭り‘08 -勇王邁進-」(スポーツナビ)
posted by ジーニアス at 01:36
"ハッスル・ツアー2008 7.27 in YOKOHAMA感想/新団体は試合中にリング回転!?"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索