2019年01月30日

2.23『UFC Fight Night 145』でダミール・イスマグロフとジョエル・アルバレスが対戦

Damir Ismagulov to Fight Against Octagon Newcomer Joel Alvarez at UFC Prague(Sherdog)

Joel Alvarez(Sherdog)

 2月23日にチェコ共和国プラハで開催する『UFC Fight Night 145: Błachowicz vs. Santos』でダミール・イスマグロフ vs. ジョエル・アルバレスのライト級マッチが行われることをMMA DNAが確認したとのこと。

 イスマグロフは『UFC Fight Night 142: dos Santos vs. Tuivasa』でアレックス・ゴージースに判定勝ちして以来の試合。アルバレスは現在25歳のスペイン人で戦績15勝1敗。今回がUFCデビュー戦。



posted by ジーニアス at 03:38| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 229』乱闘事件、ハビブ・ヌルマゴメドフは9ヶ月間の出場停止&罰金50万ドル、コナー・マクレガーは6ヶ月間の出場停止&罰金5万ドル



 2018年10月6日にラスベガスで開催された『UFC 229: Khabib vs. McGregor』乱闘事件の処分を決定するヒアリングが行われ、ハビブ・ヌルマゴメドフに9ヶ月間の出場停止と50万ドルの罰金が科せられることが確定したとのこと。ただし、反イジメの公共広告に参加すれば出場停止期間が3ヶ月短縮され、早ければ4月6日以降に復帰できる可能性があります。




 コナー・マクレガーには6ヶ月間の出場停止と5万ドルの罰金が科せられることが確定したとのこと。4月6日以降に復帰可能となります。




 ハビブ・ヌルマゴメドフ陣営で乱闘に参加したズベイラ・ツフゴフとアブバカル・ヌルマゴメドフは1年間の出場停止と2万5000ドルの罰金が科せられることが確定したとのこと。10月6日以降に復帰可能となります。

posted by ジーニアス at 03:19| Comment(6) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

コナー・マクレガー&ハビブ・ヌルマゴメドフ、『UFC 229』乱闘事件のヒアリングは欠席も和解の合意書を提出予定



 1月29日に開かれるネバダ州アスレチックコミッションのヒアリングで『UFC 229: Khabib vs. McGregor』乱闘事件に関わった選手の処分が検討される予定ですが、コナー・マクレガーとハビブ・ヌルマゴメドフは出席せずに和解の合意書を提出することをLas Vegas Review-Journalが確認したとのこと。和解の条件は不明。ヌルマゴメドフのチームメイト、アブバカル・ヌルマゴメドフ、ズベイラ・ツフゴフとも和解に達したことから彼らも欠席するそうです。彼らは仮処分中ですが、和解に達したからといって何の処分も科せられないということではありません。

 また、同日にはジョン・ジョーンズのライセンス発行のヒアリングも行われる予定ですが、ジョーンズは出席予定とのこと。



posted by ジーニアス at 21:17| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

エメリヤーエンコ・ヒョードル「私は元気です」「全ての人たちに感謝します」



 『Bellator 214: Fedor vs. Bader』でライアン・ベイダーに1R KO負けしたエメリヤーエンコ・ヒョードルがインスタグラムで以下のコメント。

「私は元気です。目の上の傷は深くありません。昨日数針縫いました。数週間あれば回復すると思います。試合の準備を手伝ってくれた全ての人たち、試合に来てくれた人たち、試合を見るために早起きしてくれれた人たちに感謝したいです。ご支援と祈りをありがとうございました。全ては神の意志です」




posted by ジーニアス at 14:16| Comment(8) | UFC | 更新情報をチェックする

3.2『UFC 235』でチャールズ・バードとエドマン・シャバジアンが対戦



 UFCが3月2日にラスベガスで開催する『UFC 235』でチャールズ・バード vs. エドマン・シャバジアンのミドル級マッチが行われることをLas Vegas Review-Journalが確認したとのこと。

 バードは『UFC 228: Woodley vs. Till』でダレン・スチュワートに2R TKO負けして以来、シャバジアンは『TUF 28 Finale』でダレン・スチュワートに判定負けして以来の試合。



posted by ジーニアス at 00:06| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

『UFC Fight Night 143』ドナルド・セラーニ vs. アレクサンダー・ヘルナンデスを見たファイター・関係者の反応



Twitter reacts to 'Cowboy' Cerrone's crushing TKO of Alexander Hernandez at UFC on ESPN+ 1(MMAJunkie)

 『UFC Fight Night 143: Cejudo vs. Dillashaw』ドナルド・セラーニ vs. アレクサンダー・ヘルナンデスを見たファイター・関係者のツイッターでの反応続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 00:05| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

『UFC Fight Night 143』グレッグ・ハーディー vs. アレン・クラウダーを見たファイター・関係者の反応

オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線


Twitter reacts to Greg Hardy getting disqualified for illegal knee at UFC on ESPN+ 1(MMAJunkie)

 『UFC Fight Night 143: Cejudo vs. Dillashaw』グレッグ・ハーディー vs. アレン・クラウダーを見たファイター・関係者のツイッターでの反応続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 22:38| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC Fight Night 143』ヘンリー・セフード vs. T.J.ディラショーを見たファイター・関係者の反応



Twitter reacts to Henry Cejudo's quick TKO of T.J. Dillashaw at UFC on ESPN+ 1(MMAJunkie)

 『UFC Fight Night 143: Cejudo vs. Dillashaw』ヘンリー・セフード vs. T.J.ディラショーを見たファイター・関係者のツイッターでの反応続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 17:31| Comment(8) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 230: Cormier vs. Lewis』ダニエル・コーミエのファイトマネーは400万ドルだった

ダニエル・コーミエ「デリック・ルイス戦を含めてもあと2試合で引退する」「最後の相手はジョン・ジョーンズかブロック・レスナーになると思う」(2018年10月13日)

ダニエル・コーミエ「デリック・ルイス戦当日に背中を負傷して欠場寸前だった」(2018年11月07日)

 こちらの続報。

Report: Daniel Cormier got $4 million to save UFC 230(BloodyElbow)

 11月3日にニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで開催された『UFC 230: Cormier vs. Lewis』でデリック・ルイスに2Rリアネイキッドチョークで勝利しヘビー級王座を防衛したダニエル・コーミエのファイトマネーは400万ドルだったことをWrestling Observerのデイブ・メルツァーが確認したとのこと。てっきりPPVボーナスを含めた金額のことかと思いきや純粋にファイトマネーのみだそうです。ニューヨーク州はネバダ州等と違いファイトマネーの公表はしていません。

 同大会はメインイベントがなかなか決まらず難航していました。ショートノーティスだったコーミエも「この大会で試合をするなんて思ってもいなかった。だが契約内容が良かった。正直ノーとは言えなかった」とコメントしていました。しかも大会で当日の朝にくしゃみをしたはずみで背中を負傷して欠場寸前だったことも明かしていますが、結局出場しています。

 なお、『UFC 226: Miocic vs. Cormier』でスティペ・ミオシッチと対戦した時のファイトマネーは50万ドルでした。

 公表されているUFCのファイトマネーの最高金額は『UFC 229: Khabib vs. McGregor』のコナー・マクレガーで300万ドルです。

posted by ジーニアス at 02:57| Comment(13) | UFC | 更新情報をチェックする

FOXスポーツ&エンターテイメントが『UFC Fight Night 143: Cejudo vs. Dillashaw』を放送/TUFシーズン28も一挙放送

UFC FIGHT NIGHT(FOXスポーツ&エンターテイメント)
2019/02/23(土)22:00 セフード vs ディラショー

 アメリカではFOXの契約が終了しESPNに移行したことから、てっきり日本のFOXスポーツ&エンターテイメントも放送を終了するかと思っていましたが、約1ヶ月遅れで『UFC Fight Night 143: Cejudo vs. Dillashaw』を放送します。


UFC ナンバーシリーズ(FOXスポーツ&エンターテイメント)
2019/02/02(土)22:00 ジョーンズ vs グスタフソン 2

 2月2日には『UFC 232: Jones vs. Gustafsson 2』も放送されます。


The Ultimate Fighter シーズン28(FOXスポーツ&エンターテイメント)
2月12日(火) 22:00~ 第1話
2月12日(火) 23:00~ 第2話
2月12日(火) 24:00~ 第3話
2月13日(水) 22:00~ 第4話
2月13日(水) 23:00~ 第5話
2月13日(水) 24:00~ 第6話
2月14日(木) 22:00~ 第7話
2月14日(木) 23:00~ 第8話
2月14日(木) 24:00~ 第9話
2月15日(金) 22:00~ 第10話
2月15日(金) 23:00~ 第11話
2月15日(金) 24:00~ 第12話
2月16日(土) 22:00~ フィナーレ

 そして2月12日からはTUFシーズン28が一挙放送されます。



posted by ジーニアス at 00:17| Comment(5) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

『UFC Fight Night 143: Cejudo vs. Dillashaw』の結果を受けて公式サイトがランキングを更新

UFC Fighter Rankings(UFC.com)

Jennifer Maia draws six-month suspension for contaminated supplement(MMAJunkie)

 『UFC Fight Night 143: Cejudo vs. Dillashaw』の結果を受けてUFC公式サイトがメディア投票ランキングを更新。

・フライ級はT.J.ディラショーが15位にランクイン。これにより15位にいたマット・シュネルがランク外に落ちています。

・ライト級はドナルド・セラーニがランク外から6位にランクイン。セラーニに敗れたアレクサンダー・ヘルナンデスは2ランクダウンして13位。グレゴール・ギレスピーが4ランクアップし11位。14位にいたポール・フェルダーがランク外に落ちています。

・ウェルター級はジェフ・ニールがランク外から14位にランクイン。13位にいたドナルド・セラーニはライト級復帰によりランクから外れています。

・ミドル級は『UFC 234: Whittaker vs. Gastelum』で1年ぶりの復帰戦を控えるアンデウソン・シウバがランク外から15位にランクイン。これにより15位にいたチアゴ・サントスがランク外に落ちています。

・ライトヘビー級はグローヴァー・テイシェイラが1ランクアップし11位。

・女子フライ級はヨアン・カルダーウッドが3ランクアップし7位。ペイジ・ヴァンザントがランク外から15位にランクイン。11位にいたジェニファー・マイアが最近USADAのランダムの薬物検査で使用していたサプリメントから禁止薬物の陽性反応が出て6ヶ月間の出場停止処分を受けたことからランキングから外れています。

・パウンド・フォー・パウンドはヘンリー・セフードが6ランクアップし5位。セフードに敗れたT.J.ディラショーは4ランクダウンし9位。



posted by ジーニアス at 05:55| Comment(5) | UFC | 更新情報をチェックする

2.23『UFC Fight Night 145』でダミア・ハゾヴィッチとマルコ・ポーロ・レイエスが対戦



 UFCが2月23日にチェコ共和国プラハで開催する『UFC Fight Night 145: Błachowicz vs. Santos』でダミア・ハゾヴィッチ vs. マルコ・ポーロ・レイエスのライト級マッチを行うことを発表。

 ハゾヴィッチは『UFC Fight Night 134: Shogun vs. Smith』でニック・ハインに判定勝ちして以来の試合。レイエスは『UFC Fight Night 124: Stephens vs. Choi』でマット・フレヴォラに1R KO勝ちして以来の試合。昨年3月にUSADAのランダムの薬物検査でオスタリンの陽性反応が出たことから6ヶ月の出場停止処分を受けていました。



posted by ジーニアス at 02:42| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2.2『UFC Fight Night 144』でジェラルド・デ・フレイタスとフェリペ・コラレスが対戦



Geraldo de Freitas Jr.(Sherdog)

Felipe Dias Colares(Sherdog)

 2月2日にブラジル・フォルタレザで開催する『UFC Fight Night 144: Assuncao vs. Moraes 2』でジェラルド・デ・フレイタス vs. フェリペ・コラレスのバンタム級マッチが行われることをCombateが確認したとのこと。

 ジェラルド・デ・フレイタスは現在27歳のブラジル人で戦績11勝4敗。今回がUFCデビュー戦。フェリペ・コラレスは現在24歳のブラジル人で戦績8勝0敗。今回がUFCデビュー戦。



posted by ジーニアス at 02:30| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

3.2『UFC 235』でアレハンドロ・ペレスとソン・ヤードンが対戦



 UFCが3月2日にラスベガスで開催する『UFC 235』でアレハンドロ・ペレス vs. ソン・ヤードンのバンタム級マッチを行うことを発表。

 ペレスは『UFC Fight Night 133: dos Santos vs. Ivanov』でエディ・ワインランドに判定勝ちして以来、ソンは『UFC Fight Night 141: Blaydes vs. Ngannou 2』でヴィンス・モラレスに判定勝ちして以来の試合。



posted by ジーニアス at 02:10| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

デメトリアス・ジョンソンが『UFC Fight Night 143』ヘンリー・セフード vs. T.J.ディラショーについてコメント

Johnson happy for Cejudo, flyweights, focused on new chapter(ESPN.com)

 デメトリアス・ジョンソンが『UFC Fight Night 143: Cejudo vs. Dillashaw』でヘンリー・セフードがT.J.ディラショーに1R TKO勝ちしフライ級王座を防衛した件について以下のコメント。なお、当日ジョンソンはすでに日本にいて試合後に結果を奥さんから聞いたそうでライブでは視聴してないそうです。

「良かったとは思うけど、もう僕の階級じゃない。UFCの階級の話だ。僕はより大きく、より良いところに移籍したと思ってる。でもヘンリー・セフード、T.J.ディラショー、フライ級にとって良かったと思ってるよ」

「僕はもうONE Championshipの一員になったし、そこに焦点を合わせている。だけど彼らがこういう機会を得られたことを嬉しく思ってるし、彼らにはその価値があると思ってる」

「ここではドラマを作ろうとか考える必要はない。UFCでは常にスターのパワーでどれだけPPVが売れるかが求められていると思う。デイナ・ホワイトは『君の階級を何とかしたいと思ってる』と言ってたけど、9度目のタイトル防衛戦の時にそんなことを言われても不可解だ。ここではそういうことは気にしないでいい。PPVのことを気にしないで試合に集中できるのは誰にとってもハッピーだ」

「結局のところ、今後についてはどうなるかは分からない。だけど僕が北米に戻ることだけは無いよ。だからヘンリー・セフードとの3度目の対戦があるとしたら、それは彼がここに来た時だけだ。全てはUFC次第だね。可能性が無いわけじゃない」

posted by ジーニアス at 22:28| Comment(17) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 232』ジョン・ジョーンズがVADAの薬物検査でまたもトゥリナボール代謝物質の痕跡が見つかるもカリフォルニア州は処分せず

ジョン・ジョーンズがVADAの登録選手になる/USADAと同時に登録される初のMMAファイターになる(2018年12月25日)

『UFC 232: Jones vs. Gustafsson 2』ジョン・ジョーンズの薬物検査の結果は陰性だった(2019年01月11日)

 こちらの続報。



 『UFC 232: Jones vs. Gustafsson 2』前日の12月28日にVADA(ボランティア・アンチ・ドーピング機構)がジョン・ジョーンズから採取した尿サンプルから33ピコグラムのトゥリナボール代謝物質が見つかったとのこと。これはジョーンズが1年3ヶ月の出場停止処分を受けた時と同じもので、これがきっかけで『UFC 232』の会場が土壇場でネバダ州からカリフォルニア州に変更されました。

 カリフォルニア州アスレチックコミッションのアンディ・フォスターは前回同様、科学者とも話し合った結果『UFC 214: Cormier vs. Jones 2』でダニエル・コーミエに3R KO勝ち(後にノーコンテストに変更)した後の薬物検査で陽性反応が出た時の痕跡であり新たに摂取したものではないとの見解を示しジョーンズを処分する予定はないとのこと。

 UFCのアスリート・ヘルス&パフォーマンス部長もジェフ・ノヴィツキーも新たに使用してなくとも減量中に微量のトゥリナボール代謝物質が発見されることがあるとの見解を示しています。

 来週ネバダ州アスレチックコミッションがジョーンズにライセンス発行のヒアリングを行いますが、この結果が影響を及ぼすかもしれません。



posted by ジーニアス at 14:53| Comment(21) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC Fight Night 143: Cejudo vs. Dillashaw』メディカルサスペンション

UFC Brooklyn medical suspensions: Alexander Hernandez out 60 days after bloody Donald Cerrone loss(MMAFighting)

 ニューヨーク州アスレチックコミッションが『UFC Fight Night 143: Cejudo vs. Dillashaw』のメディカルサスペンションを公表。

 カール・ロバーソン、アレクサンダー・ヘルナンデス、べラル・ムハマドが60日間の出場停止。ヴィニシウス・モレイラが45日間の出場停止。その他の選手はTKO負けしたT.J.ディラショーやグレッグ・ハーディーに反則の膝蹴りを浴びたアレン・クラウダーらも含めて30日間でした。



posted by ジーニアス at 13:32| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC Fight Night 143: Cejudo vs. Dillashaw』前座の平均視聴者数が最高記録を達成

『UFC Fight Night 143: Cejudo vs. Dillashaw』当日にESPN+の加入者が52万5000人も増えたことが判明(2019年01月21日)

 こちらの続報。



 東部時間1月19日午後8時からESPNが生中継した『UFC Fight Night 143: Cejudo vs. Dillashaw』の前座の平均視聴者数は208万人、瞬間最高は230万人だったとのこと。これはUFC前座の平均視聴者数としては最高記録。

 なお、昨年1月14日の『UFC Fight Night 124: Stephens vs. Choi』前座の平均視聴者数は107万9000人でした。



posted by ジーニアス at 03:41| Comment(3) | UFC | 更新情報をチェックする
記事検索