2019年04月10日

コディ・ガーブラント、1年前からT.J.ディラショーのEPO使用について言及していた

USADAがT.J.ディラショーに2年間の出場停止処分/禁止薬物の詳細も判明(2019年04月10日)

 こちらの続報。T.J.ディラショーから陽性反応が出た禁止薬物はエリスロポエチン(EPO)だったことが判明していますが、



 2018年4月18日の時点でコディ・ガーブラントはツイッターでT.J.ディラショーに対し「3月に再戦する話があったのに、その後お前はケガをしたと言ってきた。EPOのことが念頭にあったに違いない! 無難なキャンプをしてくれ、8月に会おう!」とコメントしています。

 両者は2017年11月の『UFC 217: Bisping vs. St-Pierre』で対戦しており、当時チャンピオンだったガーブラントが2R TKO負けして王座陥落。その後2018年8月の『UFC 227: Dillashaw vs. Garbrandt 2』で再戦しており、ここでもディラショーが1R TKO勝ちして返り討ちされています。

 なお、エリスロポエチンは注射以外で注入することが難しいことから偶然混入していたと言い訳しづらい禁止薬物のひとつです。



posted by ジーニアス at 23:09| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

ジャスティン・ゲイジー「俺はハビブ・ヌルマゴメドフにとって最大の脅威になると思う」

Justin Gaethje: I'm among biggest threats to Khabib Nurmagomedov's title reign(MMAJunkie)

 『UFC on ESPN 2: Barboza vs. Gaethje』でエジソン・バルボーザに1R KO勝ちしたジャスティン・ゲイジーが以下のコメント。

「次の対戦相手が誰かというのは俺にとっては大した問題じゃない。彼らは俺に大金をくれるからここにいる。世界チャンピオンになりたい。ハビブ・ヌルマゴメドフと対戦したい。俺は彼にとって最大の脅威の一人になると思うし、それが俺の目標だ。そのためなら誰とでもやるよ」

「俺にはテイクダウンを止める能力がある。俺は(NCAAの)ディビジョン1のレスラーだ。オールアメリカンに選出されている。俺のようなスクランブル能力やテイクダウンさせない能力を持った相手とは彼も対戦したことがないはずだ。そしてパワーだ。彼はパワーのある相手とは対戦してるが、さらにテイクダウンディフェンスとスクランブル能力もある相手とは対戦していない」

「俺はタイトルに挑戦したいが、そのために何をすればいいかは知らない。1試合ごとに自分のエネルギーを注ぎ込む準備をしていくだけだよ」




posted by ジーニアス at 22:41| Comment(14) | UFC | 更新情報をチェックする

6.8『UFC 238』でカロリーナ・コバケビッチとアレクサ・グラッソが対戦



 UFCが6月8日にイリノイ州シカゴで開催する『UFC 238: Cejudo vs. Moraes』でカロリーナ・コバケビッチ vs. アレクサ・グラッソの女子ストロー級マッチを行うことを発表。

 コバケビッチは『UFC on ESPN 2: Barboza vs. Gaethje』でミシェル・ウォーターソンに判定負けして以来の試合で現在2連敗中。グラッソは『UFC Fight Night 129: Maia vs. Usman』でタティアナ・スアレスに1Rリアネイキッドチョークで敗れて以来1年1ヶ月ぶりの試合。『UFC Fight Night 144: Assuncao vs. Moraes 2』でマリーナ・ロドリゲスと対戦予定でしたがロドリゲスが負傷欠場、『UFC on ESPN 2: Barboza vs. Gaethje』で改めてロドリゲス戦が組まれましたが、今度はグラッソが負傷欠場し代わりにジェシカ・アギラーがロドリゲスと対戦しています。



posted by ジーニアス at 05:16| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

USADAがT.J.ディラショーに2年間の出場停止処分/禁止薬物の詳細も判明

T.J.ディラショーが禁止薬物の陽性反応により1年間の出場停止、バンタム級王座も返上(2019年03月21日)

 こちらの続報。ニューヨーク州アスレチックコミッションがT.J.ディラショーに1年間の出場停止と1万ドルの罰金を科すことを発表しましたが、禁止薬物の詳細については発表されていませんでした。





 USADAがT.J.ディラショーに2年間の出場停止処分を科すことを発表。ディラショーは裁定を不服として提訴する意向はないそうです。出場停止期間は『UFC Fight Night 143: Cejudo vs. Dillashaw』のヘンリー・セフード戦からカウントされるので復帰できるのは2021年1月以降になります。

 また、陽性反応が出た禁止薬物はエリスロポエチン(通称:EPO)だったとのこと。

エリスロポエチン - Wikipedia
ドーピング

 エリスロポエチン(EPO)は赤血球の増加効果を持つことから、筋肉への酸素供給量を高め持久力を向上させる目的で、長距離系スポーツ(自転車ロードレース、クロスカントリースキーなど)のドーピングに使用されている。2009年には複数の自転車競技選手からEPOが検出された。また2013年1月には、ツール・ド・フランスで7回優勝したランス・アームストロングがオプラ・ウィンフリーとのインタビューで、かつてEPOを使ったドーピングを行なっていたことを認めた。

 元来体内に存在する自然物質でその使用の判別が難しいため、ヘマトクリット(血液中に占める血球の容積率)、ヘモグロビン、網状赤血球数などを用いてドーピングのスクリーニングを行っている場合が多い。スクリーニング検査による疑い例は、尿を検体として電気泳動法によって遺伝子組換えEPOを検出している。

 なお、UFCがUSADAと提携して以降でエリスロポエチンの陽性反応が出た選手はグレイソン・チバウに続いて2人目。チバウも2年間の出場停止処分を受けていました。



posted by ジーニアス at 04:31| Comment(25) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

6.22『UFC Fight Night 153』でアンドレア・リーとモンタナ・デラロサが対戦



 UFCが6月22日にサウスカロライナ州グリーンビルで開催する『UFC Fight Night 153』でアンドレア・リー vs. モンタナ・デラロサの女子フライ級マッチが行われることをMMAJunkieが確認したとのこと。

 リーは『UFC on ESPN 1: Ngannou vs. Velasquez』でアシュリー・エヴァンス・スミスに判定勝ちして以来、デラロサは『UFC 234: Adesanya vs. Silva』でナディア・カッセムに2Rアームバーで勝利して以来の試合。



posted by ジーニアス at 12:35| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

ロス・ピアソンがMMA引退を発表

View this post on Instagram

After some long hard talks, and careful consideration with my family, friends and team, I’ve decided it's time to retire as an MMA fighter. As hard as that is to say, it’s not the end of my career as a competitor. I’ve always been a fighter, and right now I am keeping my mind open as to what's next for me. I'd like take this time to thank everyone at the @UFC for having me for the past 10 years @danawhite for seeing something in me and believing in me for all these years ago. To my family, my teammates, and my friends, your support has been endless and I appreciate all of you - with a special shout out to all the north east training partners & coaches who where there for me in the beginning @grapplefit to @alliancemma for taking me in as part of the family, my wife @kristiejpearson for following my dream with me and all the guys at @centralcoastmma @coach_jamie_pittman_ @centralcoastbarbell And to all my fans , thanks for all the love & support ! Ross “The Real Deal” Pearson

rosstherealdealさん(@rosstherealdeal)がシェアした投稿 -



 ロス・ピアソンがインスタグラムで「家族、友人、チームと話し合いMMAファイターとして引退する時だと決断した」とコメント。ただし「コンペティターとしての終わりじゃない」とのこと。

Ross Pearson(Sherdog)

 ロス・ピアソンは現在34歳のイギリス人でMMA戦績20勝16敗1無効試合(UFC戦績12勝13敗1無効試合)。最近7試合の戦績は1勝6敗でした。The Ultimate Fighterシーズン9優勝者。主にライト級で活躍しましたが、フェザー級、ウェルター級でも試合をしたことがあります。



posted by ジーニアス at 12:09| Comment(6) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

4.27『UFC on ESPN 3』ホナウド・ジャカレイの対戦相手がヨエル・ロメロからジャック・ハーマンソンに変更

無念! ヨエル・ロメロが肺炎で4.27『UFC on ESPN 3』ホナウド・ジャカレイ戦を欠場(2019年04月04日)

 こちらの続報。



 4月27日にフロリダ州サンライズで開催する『UFC on ESPN 3』のメインイベントでホナウド・ジャカレイと3年4ヶ月ぶりの再戦する予定だったヨエル・ロメロが肺炎により欠場することを受けて、代わりにジャック・ハーマンソンがジャカレイとの対戦に同意したことをESPNのブレット・オカモト記者が確認したとのこと。

 ハーマンソンは『UFC on ESPN 2: Barboza vs. Gaethje』でデヴィッド・ブランチに1Rギロチンチョークで勝利したばかり。

 また、ジャカレイはこの試合に勝てばミドル級王座挑戦が約束されているとのことですが、一方で4月13日にジョージア州アトランタで開催する『UFC 236: Holloway vs. Poirier 2』でケルヴィン・ガステラム vs. イスラエル・アデサニャのミドル級暫定王座決定戦が行われるので、ロバート・ウィテカーとの王座統一戦が終わるまで待つ必要があります。



posted by ジーニアス at 18:12| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

7.6『UFC 239』でマイケル・キエサとディエゴ・サンチェスが対戦か



 UFCが7月6日にネバダ州ラスベガスで開催する『UFC 239: Jones vs. Santos』でマイケル・キエサ vs. ディエゴ・サンチェスのウェルター級マッチが検討されていることをESPNのアリエル・ヘルワニ記者が確認したとのこと。まだ契約にサインはしていませんが、互いに対戦する方向だそうです。

 キエサは『UFC 232: Jones vs. Gustafsson 2』でカーロス・コンディットに2Rキムラロックで勝利して以来の試合で。サンチェスは『UFC 235: Jones vs. Smith』でミッキー・ガルに2R TKO勝ちして以来の試合で現在2連勝中。





 
posted by ジーニアス at 19:38| Comment(2) | UFC | 更新情報をチェックする

6.8『UFC 238』でジミー・リベラとピョートル・ヤンが対戦



 UFCが6月8日にイリノイ州シカゴで開催する『UFC 238: Cejudo vs. Moraes』でジミー・リベラ vs. ピョートル・ヤンのバンタム級マッチが行われることをESPNのアリエル・ヘルワニ記者が確認したとのこと。

 リベラは『UFC on ESPN 1: Ngannou vs. Velasquez』でアルジャメイン・スターリングに判定負けして以来の試合。ヤンは『UFC Fight Night 145: Błachowicz vs. Santos』でジョン・ドッドソンに判定勝ちして以来の試合で現在7連勝中(UFC 4連勝中)。



posted by ジーニアス at 15:02| Comment(4) | UFC | 更新情報をチェックする

6.8『UFC 238』でリカルド・ラマスとカルヴィン・ケイターが対戦



 UFCが6月8日のイリノイ州シカゴで開催する『UFC 238: Cejudo vs. Moraes』でリカルド・ラマス vs. カルヴィン・ケイターのフェザー級マッチが行われることをESPNのブレット・オカモト記者が確認したとのこと。

 ラマスは『UFC Fight Night 140: Magny vs. Ponzinibbio』でダレン・エルキンスに3R TKO勝ちして以来、ケイターは『UFC Fight Night 138: Volkan vs. Smith』でクリス・フィッシュゴールドに1R TKO勝ちして以来の試合。



posted by ジーニアス at 14:45| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

6.8『UFC 238』でペドロ・ムニョスとアルジャメイン・スターリングが対戦か



 UFCが6月8日にイリノイ州シカゴで開催する『UFC 238: Cejudo vs. Moraes』でペドロ・ムニョス vs. アルジャメイン・スターリングのバンタム級マッチが検討されていることをESPNのアリエル・ヘルワニ記者が確認したとのこと。

 ムニョスは『UFC 235: Jones vs. Smith』でコディ・ガーブラントに1R KO勝ちして以来、スターリングは『UFC on ESPN 1: Ngannou vs. Velasquez』でジミー・リベラに判定勝ちして以来の試合。



posted by ジーニアス at 12:46| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

コナー・マクレガーが引退を撤回「今すぐオクタゴンで会おう」

コナー・マクレガー「MMAを引退することにした」(2019年03月26日)

デイナ・ホワイトがコナー・マクレガー引退宣言についてコメント「私も同じ立場なら引退してるだろう」(2019年03月26日)

 こちらの続報。



 コナー・マクレガーがツイッターで以下のコメント。

「俺は全ての信仰とバックグラウンドを持つファンと共に前進して行きたい。全ての信仰は俺たちにベストな自分を求めている。それは一つの世界であり全てのためのものだ。今すぐオクタゴンで会おう」

posted by ジーニアス at 12:27| Comment(20) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

無念! ヨエル・ロメロが肺炎で4.27『UFC on ESPN 3』ホナウド・ジャカレイ戦を欠場

4.27『UFC on ESPN 3』のメインイベントはヨエル・ロメロ vs. ホナウド・ジャカレイ2(2019年03月08日)

 こちらの続報。



 4月27日にフロリダ州サンライズで開催する『UFC on ESPN 3』のメインイベントでホナウド・ジャカレイと3年4ヶ月ぶりの再戦する予定だったヨエル・ロメロが肺炎により欠場することをMMAJunkieが確認したとのこと。UFCが現在代わりの選手を探していますが、当初同大会でロメロと対戦すると見られていたパウロ・コスタが代わりにジャカレイと対戦すると見られているそうです。

Virna Jandiroba(Sherdog)

 他にも同大会はカーラ・エスパーザと対戦予定だったリヴィア・ヘナタ・ソウザが欠場し、代わりにヴィルナ・ジャンジローバがエスパーザと対戦することをCombateが確認したとのこと。ジャンジローバは現在30歳のブラジル人で戦績14勝0敗。Invicta FCストロー級チャンピオンで今回がUFCデビュー戦。



posted by ジーニアス at 23:38| Comment(9) | UFC | 更新情報をチェックする

6.1『UFC Fight Night 152』でレオ・サントスとスティーヴィー・レイが対戦



 UFCが6月1日にスウェーデン・ストックホルムで開催する『UFC Fight Night 152: Gustafsson vs. Smith』でレオ・サントス vs. スティーヴィー・レイのライト級マッチを行うことを発表。

 サントスは『UFC 204: Bisping vs. Henderson 2』でアドリアーノ・マーティンスに判定勝ちして以来2年8ヶ月ぶりの試合。『UFC 212: Aldo vs. Holloway』でオリヴィエ・オウビンメルシエと、『UFC Fight Night 131: Rivera vs. Moraes』ではニック・レンツと対戦予定でしたが、いずれも負傷欠場していました。

 レイは『UFC Fight Night 138: Volkan vs. Smith』でジェシン・アヤリに判定勝ちして以来の試合。



posted by ジーニアス at 19:27| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC on ESPN 2: Barboza vs. Gaethje』メディカルサスペンション

UFC Philadelphia medical suspensions: Two fighters receive potential indefinite suspensions(MMAFighting)

 ペンシルベニア州アスレチックコミッションが『UFC on ESPN 2: Barboza vs. Gaethje』のメディカルサスペンションを公表。

・ポール・クレイグとジェシカ・アギラーが医師の検査をクリアするまで無期限出場停止。

・エジソン・バルボーザが90日間出場停止。

・マイケル・ジョンソンが60日間出場停止。

 その他の選手は45日間以内です。



posted by ジーニアス at 16:11| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC on ESPN 2: Barboza vs. Gaethje』の結果を受けてUFC公式サイトがランキングを更新

UFC Fighter Rankings(UFC.com)

 『UFC on ESPN 2: Barboza vs. Gaethje』の結果を受けてUFC公式サイトがメディア投票ランキングを更新。

・フライ級は3位にいたレイ・ボーグ、7位にいたアレックス・ペレスのバンタム級転向により多くの選手がアップ。9位にいたT.J.ディラショーも外れたことからルイス・スモルカが13位、ローリアン・パイヴァが14位、ジェイミー・アルバレスが15位にランクインしています。

・フェザー級はジョシュ・エメットが2ランクアップし8位。

・ライト級はジャスティン・ゲイジーが3ランクアップし5位。ゲイジーに敗れたエジソン・バルボーザは2ランクダウンし8位。

・ミドル級はジャック・ハーマンソンがランク外から10位にランクイン。ハーマンソンに敗れたデヴィッド・ブランチは11位からランク外に落ちています。

・女子ストロー級はミシェル・ウォーターソンが2ランクアップし7位。ウォーターソンに敗れたカロリーナ・コバケビッチは3ランクダウンし9位。



posted by ジーニアス at 15:49| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC on ESPN 2』ケビン・ホランド vs. ジェラルド・マーシャートのジャッジの採点/主要サイトの採点

Kevin Holland defeats Gerald Meerschaert(MMA Decisions)

 『UFC on ESPN 2: Barboza vs. Gaethje』ケビン・ホランド vs. ジェラルド・マーシャートのジャッジの採点。Greg Monskieが1,2Rホランド、3Rマーシャートで29-28ホランド勝利。Dave Tirelliが1Rホランド、2,3Rマーシャートで29-28マーシャート勝利。Cardo Ursoがフルマークでホランドで30-27ホランド勝利でした。

 主要サイトの採点は29-28ホランド支持3人、29-28マーシャート支持13人、30-28マーシャート支持1人でした。



posted by ジーニアス at 15:13| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC on ESPN 2: Barboza vs. Gaethje』の平均視聴者数は低迷

NCAA basketball competition leads to UFC’s lowest marks on ESPN(MMAFighting)

 東部時間3月30日午後7時からESPNが生中継した『UFC on ESPN 2: Barboza vs. Gaethje』の平均視聴者数は82万8000人だったとのこと。『UFC on ESPN 1: Ngannou vs. Velasquez』の146万3000人に比べると大幅減です。これは裏番組でTBS(※もちろんアメリカの方のテレビ局です)がNCAA男子バスケットボールトーナメントを生中継した影響で、午後8時45分からの試合で1048万6000人、その前の試合でも772万2000人だったそうです。

 『UFC on ESPN 2: Barboza vs. Gaethje』のピーク時の視聴者数はジャスティン・ゲイジー vs. エジソン・バルボーザの試合時で140万人とのこと。試合が2分30秒で終わってなければ平均を押し上げたと思われます。

 東部時間午後5時から7時まで同じくESPNが生中継した前座の平均視聴者数は48万人とのこと。



posted by ジーニアス at 03:30| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

6.1『UFC Fight Night 152』でトーニャ・エヴィンガーとリナ・ランスバーグが対戦



 UFCが6月1日にスウェーデン・ストックホルムで開催する『UFC Fight Night 152: Gustafsson vs. Smith』でトーニャ・エヴィンガー vs. リナ・ランスバーグの女子バンタム級マッチを行うことを発表。

 エヴィンガーは『UFC 229: Khabib vs. McGregor』でアスペン・ラッドに1R TKO負けして以来、ランスバーグは『UFC 229: Khabib vs. McGregor』でヤナ・クニツカヤに判定負けして以来の試合。



posted by ジーニアス at 03:04| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする
記事検索