ホルヘ・マスヴィダル「俺とベン・アスクレンはリーグが違う。何度やっても結果は同じだ」

Jorge Masvidal on Ben Askren: ‘We’re not in the same league by any means necessary’ (MMAFighting)

 『UFC 239: Jones vs. Santos』でベン・アスクレンに僅か5秒でKO勝ちしたホルヘ・マスヴィダルが以下のコメント。

「俺はUFCに『楽な相手を用意してくれたのは嬉しいが、これで一歩後退というわけにはいかない。もっと強い相手を用意してくれるわけにはいかないのか?』と言っていた。だが彼らは『いや、ベンは本物だ』と言うから俺は『OK、俺たちの意見は違うようだが、いずれにしても結果は近いうちに分かるさ』と言っていた。俺はそのことを証明したし、彼とは同じリーグにいる必要もない」

「彼は俺と何回やっても距離を詰めようとするだろう。そして結果は何度やっても大差はない。毎回フライングニーで仕留めるわけじゃない。俺だって違う武器を持っている。殴られるのを覚悟してテイクダウンを狙えばいい。だがそうはならない。彼はもう少し腕を磨かないといけない」

「俺は世界中のベストファイターと対戦して稼ぎたいだけだ。俺は16年掛けてこのポジションにいるからな」




posted by ジーニアス at 04:31| Comment(2) | UFC | 更新情報をチェックする

9.21『UFC Fight Night 159』でシジャラー・ユーバンクスとベチ・コヘイアが対戦



 UFCが9月21日にメキシコシティで開催する『UFC Fight Night 159』でシジャラー・ユーバンクス vs. ベチ・コヘイアの女子バンタム級マッチが行われることをCombateが確認したとのこと。

 ユーバンクスは『UFC Fight Night 152: dos Anjos vs. Lee』でアスペン・ラッドに判定負けして以来、コヘイアは『UFC 237: Namajunas vs. Andrade』でアイリーン・アルダナに3Rアームバーで敗れて以来の試合で現在2連敗中。



posted by ジーニアス at 02:15| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

『UFC on ESPN 4: dos Anjos vs. Edwards』前日計量動画

UFC on ESPN 4 weigh-in results: All 13 fights official; Hardy, Adams max out at combined 532 pounds(MMAJunkie)
MAIN CARD (ESPN, 9 p.m. ET)

・Rafael dos Anjos (171) vs. Leon Edwards (171)
・Walt Harris (256) vs. Aleksei Oleinik (236)
・Juan Adams (266) vs. Greg Hardy (266)
・Dan Hooker (155) vs. James Vick (156)
・Alexander Hernandez (155) vs. Francisco Trinaldo (156)
・Andrei Arlovski (246) vs. Ben Rothwell (265)

PRELIMINARY CARD (ESPN, 6 p.m. ET)

・Alex Caceres (146) vs. Steven Peterson (145)
・Irene Aldana (135) vs. Raquel Pennington (136)
・Klidson Abreu (205) vs. Sam Alvey (205)
・Jennifer Maia (129) vs. Roxanne Modafferi (125)
・Ray Borg (136) vs. Gabriel Silva (134)
・Mario Bautista (136) vs. Jin Soo Son (136)
・Felipe Colares (136) vs. Domingo Pilarte (136)

 『UFC on ESPN 4: dos Anjos vs. Edwards』前日計量結果。ロクサン・モダフェリと対戦するジェニファー・マイアが129ポンドと3ポンドオーバー。出場給の30%をモダフェリに譲渡し試合は行われます。その他の選手はパスしています。






 前日計量&フェイスオフ動画。


UFC on ESPN 4 predictions: Will Rafael dos Anjos stay on track vs. Leon Edwards?(MMAJunkie)

 MMAJunkieスタッフによるメインカード勝敗予想。

・ハファエル・ドス・アンジョス vs. レオン・エドワーズはドス・アンジョス支持12人、エドワーズ支持2人。

・アレクセイ・オレイニク vs. ウォルト・ハリスはオレイニク支持6人、ハリス支持8人。

・グレッグ・ハーディー vs. フアン・アダムスはハーディー支持9人、アダムス支持5人。

・ジェームス・ヴィック vs. ダニエル・フッカーはヴィック支持5人、フッカー支持9人。

・アレキサンダー・ヘルナンデス vs. フランシスコ・トリナルドはヘルナンデス支持13人、トリナルド支持1人。

・アンドレイ・アルロフスキー vs. ベン・ロズウェルはアルロフスキー支持4人、ロズウェル支持10人。



posted by ジーニアス at 10:42| Comment(2) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC Fight Night 155』ユライア・フェイバー vs. リッキー・シモンを見たファイター・関係者の反応



Twitter reacts to Urijah Faber's KO of Ricky Simon, callout of Henry Cejudo at UFC on ESPN+ 13(MMAJunkie)

 『UFC Fight Night 155: de Randamie vs. Ladd』ユライア・フェイバー vs. リッキー・シモンを見たファイター・関係者のツイッターでの反応続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 08:14| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

チアゴ・サントスが両膝を手術「もっと強くなって戻って来るよ!」



 『UFC 239: Jones vs. Santos』でジョン・ジョーンズのライトヘビー級王座に挑戦し判定負けしたチアゴ・サントスが両膝を手術したとのこと。サントスによると完治するそうで「もっと良く、もっと強くなって戻って来るよ!」とのこと。



posted by ジーニアス at 14:01| Comment(5) | UFC | 更新情報をチェックする

マックス・ホロウェイ「ライト級王座はまだ諦めていない」



 7月27日にカナダ・エドモントンで開催する『UFC 240: Holloway vs. Edgar』でフランク・エドガー相手にフェザー級王座防衛戦を行うマックス・ホロウェイが『UFC 236: Holloway vs. Poirier 2』で行われたライト級暫定王座決定戦でダスティン・ポイエーに判定負けした件について以下のコメント。

「それは俺の歴史だ。みんな(メディア)は俺の試合を毎回見ているが振り返ってみて欲しい。俺は毎回違うファイターだし、7月27日もこれまでとは違うファイターになるだろう。4月の時の彼が今俺の目の前に現れたら俺が勝つよ。このスポーツや人生は山あり谷ありの連続だ。より大きな山を登るために谷を降りなきゃいけないこともある」

「155ポンドはそれほど大きな違いはない。たったの10ポンド差だ。その時が来れば再挑戦する。遅かれ早かれそうなるだろうし、どうなるかはいずれ分かる。再挑戦したければ10連勝しろと言われればそうする。俺が仕事を恐れてはいないことはみんなも分かってるだろう」




posted by ジーニアス at 13:34| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

ヴォルカン・オズデミア vs. イリル・ラティフィが8.3『UFC on ESPN 5』から8.10『UFC Fight Night 156』に変更

『UFC Fight Night 153: Gustafsson vs. Smith』イリル・ラティフィ負傷によりヴォルカン・オズデミア戦が急遽中止に(2019年05月31日)

8.3『UFC on ESPN 5』でヴォルカン・オズデミアとイリル・ラティフィが仕切り直しマッチ(2019年06月26日)

 こちらの続報。



 8月3日にニュージャージー州ニューアークで開催する『UFC on ESPN 5: Covington vs. Lawler』で予定されていたヴォルカン・オズデミア vs. イリル・ラティフィのライトヘビー級マッチが8月10日にウルグアイ・モンテビデオで開催する『UFC Fight Night 156: Shevchenko vs. Carmouche』に変更されることをESPNのブレット・オカモト記者が確認したとのこと。ビザ問題による変更だそうです。



posted by ジーニアス at 09:40| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

『UFC Fight Night 155』の結果を受けて公式サイトがランキングを更新/フライ級が再び15位まで埋まる

Athlete Rankings(UFC.com)

 『UFC Fight Night 155: de Randamie vs. Ladd』の結果を受けてUFC公式サイトがメディア投票ランキングを更新。

・フライ級は今大会は試合がありませんでしたが、ランク外からセルジオ・ペティスが6位、ブランドン・モレノが10位、マーク・デ・ラ・ロサが15位にランクイン。これによりランキングが再び15位まで埋まりました。

・バンタム級はユライア・フェイバーがランク外から14位にランクイン。フェイバーに敗れたリッキー・シモンは15位からランク外に落ちています。

・フェザー級はジョシュ・エメットが1ランクアップし9位。エメットに敗れたミルサド・ベクティクが3ランクダウンし15位。ライアン・ホールがランク外から14位にランクイン。これにより15位にいたリカルド・ラマスがランク外に落ちています。

・女子フライ級はストロー級と共に4位にランクインしていたヨアンナ・イェンジェチックがランキングから外れたことから5位以下の選手がアップ。これによりアントニーナ・シェフチェンコがランク外から15位にランクインしています。

・女子バンタム級はジュリアナ・ペーニャがランク外から4位にランクイン・13位にいたトーニャ・エヴィンガー、15位にいたベチ・コヘイアがランク外に落ち、ヴィヴィアン・アラウージョが15位にランクインしています。



posted by ジーニアス at 23:40| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

9.21『UFC Fight Night 159』でブランドン・モレノとアスカル・アスカロフが対戦

UFC Brings Back Brandon Moreno, To Fight Newly Signed Askar Askarov(MMANews)

Brandon Moreno(Sherdog)

Askar Askarov(Sherdog)

 UFCが9月21日にメキシコシティで開催する『UFC Fight Night 159』でブランドン・モレノ vs. アスカル・アスカロフのフライ級マッチが行われることをESPNのマーク・レイモンディ記者が確認したとのこと。

 ブランドン・モレノは『UFC Fight Night 129: Maia vs. Usman』でアレハンドリ・パントージャに判定負けした後にUFCをリリースされていましたが、その後6月の『LFA 69: Perez vs. Moreno』でマイケル・ペレスに4R TKO勝ちしています。地元メキシコ人ということもあり1試合挟んだのみでのUFC復帰となります。

 アスカル・アスカロフは現在26歳のロシア人で戦績10勝0敗。今回がUFCデビュー戦。

 デイナ・ホワイトはフライ級廃止を否定していたもののファイターは減る一方でしたが、ようやく増えたことになります。



posted by ジーニアス at 23:17| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

9.14『UFC Fight Night 158』のメインイベントはドナルド・セラーニ vs. ジャスティン・ゲイジー





 デイナ・ホワイトが9月14日にカナダ・バンクーバーのロジャース・アリーナで開催する『UFC Fight Night 158』のメインイベントがドナルド・セラーニ vs. ジャスティン・ゲイジーのライト級マッチになることを発表。

 セラーニは『UFC 238: Cejudo vs. Moraes』でトニー・ファーガソンに2R TKO負けして以来、ゲイジーは『UFC on ESPN 2: Barboza vs. Gaethje』でエジソン・バルボーザに1R KO勝ちして以来の試合。



posted by ジーニアス at 17:01| Comment(10) | UFC | 更新情報をチェックする

デイナ・ホワイト「ヘンリー・セフードの次戦はフライ級王座の防衛戦になる。ユライア・フェイバー戦じゃない」

Morning Report: Dana White says Henry Cejudo needs to defend his flyweight title next(MMAFighting)

 デイナ・ホワイトがヘンリー・セフードについて尋ねられ以下のコメント。

「ジョセフ・ベナビデスを見てみろ。135ポンドがどうなるかは分からないが、次は125ポンドのタイトルを防衛しないといけないし、その先は我々がどうするか決めることだ。彼が2階級のタイトルを保持し続ける限りは両方で闘っていかなくてはいけない」

「ユライア・フェイバーは良かった。結果だけでなく内容も良かったし、ホームタウンだったのでより素晴らしかった。私は試合前に年寄り呼ばわりしていたせいで悪態をつかれた。彼は良かったが今後については分からない。ヘンリー・セフードはケガで休んでいるので、私はどうするべきか考えないといけない。誰であろうと健康を取り戻すまではどうなるかは分からない」

「ユライアは本物の相手を倒したし年寄りじゃないことを証明した。今後についてはいずれ分かるだろう」




posted by ジーニアス at 08:50| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

『Dana White's Contender Series 20』試合結果



Dana White's Contender Series 20 results: Four more fighters added to UFC roster(MMAJunkie)
・Antonio Arroyo def. Stephen Regman via submission (arm-triangle choke) – Round 2, 3:31
・Ode Osbourne def. Armando Villarreal via verbal submission (armbar) – Round 1, 4:39
・Don’Tale Mayes def. Ricardo Prasel via TKO (punches) – Round 1, 4:59
・Kevin Syler def. Lance Lawrence via unanimous decision (30-27, 30-26, 30-26)
・Brendan Allen def. Aaron Jeffery via submission (rear-naked choke) – Round 1, 3:23



 7月16日にラスベガスのUFC APEXで開催された『Dana White's Contender Series 20』の試合結果。ブレンダン・アレン、ドンテイル・メイズ、オデ・オズボーン、アントニオ・アロヨがUFCとの契約を勝ち取っています。



posted by ジーニアス at 17:32| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

9.28『UFC Fight Night 160』でピーター・ソボタとアレッシオ・デ・キリコが対戦

Peter Sobotta podejmie Alessio di Chirico na gali UFC w Kopenhadze! (NaszeMMA)

 9月28日にデンマーク・コペンハーゲンで開催する『UFC Fight Night 160』でピーター・ソボタ vs. アレッシオ・デ・キリコのミドル級マッチが行われることをポーランドの格闘技サイトNaszeMMAが確認したとのこと。

 ソボタは『UFC Fight Night 127: Werdum vs. Volkov』でレオン・エドワーズに3R TKO負けして以来1年6ヶ月ぶりの試合。デ・キリコは『UFC Fight Night 154: Moicano vs. Korean Zombie』でケビン・ホランドに判定負けして以来の試合。



posted by ジーニアス at 06:27| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

9.28『UFC Fight Night 160』でアレン・アメドフスキーとジョン・フィリップスが対戦



 UFCが9月28日にデンマーク・コペンハーゲンで開催する『UFC Fight Night 160』でアレン・アメドフスキー vs. ジョン・フィリップスのミドル級マッチを行うことを発表。

 アメドフスキーは『UFC Fight Night 149: Overeem vs. Oleinik』でクリストフ・ジョッコに判定負けして以来の試合。フィリップスは『UFC Fight Night 147: Till vs. Masvidal』でジャック・マーシュマンに判定負けして以来の試合で現在3連敗中。



posted by ジーニアス at 00:57| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

『UFC Fight Night 155: de Randamie vs. Ladd』メディカルサスペンション

UFC Sacramento medical suspensions: 5 fighters face possible six-month suspensions(MMAFighting)

 カリフォルニア州アスレチックコミッションが『UFC Fight Night 155: de Randamie vs. Ladd』のメディカルサスペンションを公表。

・マーヴィン・ヴェットリが右手の指、胸骨、右膝の負傷により医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

・セザ-・フェレイラが左足と鼻の負傷により医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

・マイク・ロドリゲスが眼窩底骨折の疑いにより医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

・シェイモン・モラエスが左足と鼻の負傷により医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

・ジョナサン・マルティネスが右肩と左足の負傷により医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

 その他の選手は60日間以内です。



posted by ジーニアス at 08:09| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC Fight Night 155: de Randamie vs. Ladd』ファイトマネー

「お金の不安」からいますぐ抜け出す方法


Urjiah Faber leads all salaries in return from retirement at UFC Sacramento(MMAFighting)

 カリフォルニア州アスレチックコミッションが『UFC Fight Night 155: de Randamie vs. Ladd』のファイトマネーを公表続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 06:32| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする
記事検索