2019年05月19日

『UFC Fight Night 152: dos Anjos vs. Lee』パフォーマンスボーナス/観衆・ゲート収入



 UFCが『UFC Fight Night 152: dos Anjos vs. Lee』のパフォーマンスボーナスを発表。

▼ファイト・オブ・ザ・ナイト
・アスペン・ラッド vs. シジャラー・ユーバンクス

▼パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト
・グラント・ドーソン、ミシェウ・ペレイラ

 4選手には各5万ドルのボーナス。




 ニューヨーク州ロチェスターのブルークロス・アリーナで開催された同大会の観衆・ゲート収入は主催者発表で8132人・64万3000ドルとのこと。



posted by ジーニアス at 13:50| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

ラシャド・エヴァンスがUFCホール・オブ・フェーム入り(動画)



 UFCがラシャド・エヴァンスのホール・オブ・フェーム入りを発表しています。表彰式は7月に行われます。



posted by ジーニアス at 10:14| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

ジェシカ・アンドラジ「ローズ・ナマユナスとは即再戦してもいい」「彼女が引退するのだとしたら残念ね」

UFC champ Jessica Andrade on scary KO, possibilities of rematch and Rose Namajunas retiring(MMAJunkie)

 『UFC 237: Namajunas vs. Andrade』でローズ・ナマユナスに2R KO勝ちし女子ストロー級新チャンピオンになったジェシカ・アンドラジが以下のコメント。

「ローズ・ナマユナスが大丈夫かとても心配したわ。私たちは良い試合をするために練習しているし、できればまたお互い無事で次の試合に出られることを願っている。どうなったかは一瞬分からなかった。倒れている彼女を見て2発パウンドを入れたけどレフェリーが割って入った。だけど、どれだけ効いていたのか実感がなかった。だけど彼女はすぐに起きてきたから安心したわ。全てが上手く行って嬉しかったし、殺人犯にならなくて良かったわ」

「こうなるなんて予想外だったわ。彼女が手首を取ったまま一本を極めようとしたからパイルドライバーの状態になったと思う。だけどこちらもああやってテイクダウンするしかなかったし、そしたら頭から落ちてノックアウトしていた」

「UFCは再戦させたいと思ってるのは間違いないと思うし、その時は受けて立つわ。私の勝ちだということを証明するには2回同じことをしなきゃいけないと思うし。もっと入念な準備をするし、もっと動けるようにしないとね。彼女のパンチは速かったけど、第1ラウンドで疲れさせる計画だったし、第2ラウンドは避けられるようになっていた。キックも当たるようになっていた」

「(ナマユナスが引退の可能性を示唆したことを聞いて)動揺してるわ。彼女は素晴らしいファイターだし、あらゆる面で進化していた。ヨアンナ・イェンジェチック戦を見ても分かるわ。才能あふれる人が引退したがってるのだとしたら残念だけど、潮時は人それぞれにある。できる限り続けたいという人もいれば新しいことを始めたいという人もいる。私としては再戦したいので、彼女がしない方を選ぶのだとしたら動揺するわね」

「(ナマユナス以外だたら)一番危険な相手になるのはタティアナ・スアレスになると思う。彼女のグラウンドゲームは素晴らしいから注意しないといけない。こっちは上手くテイクダウンしないといけない」

「私をノックアウトするのは大変よ。私のアゴは丈夫だし、オクタゴンを出る時はかなり殴られてても全ては上手く行くわ」




posted by ジーニアス at 03:48| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

無念! 6.29『UFC on ESPN 3』タイロン・ウッドリーが右手の負傷によりロビー・ローラー戦を欠場

Sources: Woodley hand injury KO's Lawler fight(ESPN.com)

 UFCが6月29日にミネソタ州ミネアポリスで開催する『UFC on ESPN 3』のメインイベントでロビー・ローラーと約3年ぶりに対戦予定だったタイロン・ウッドリーが拳の負傷により欠場することをESPNのブレット・オカモト記者が確認したとのこと。ローラーが代わりに誰と対戦するかは未定です。


Tyron Woodley details decision to drop out of Robbie Lawler rematch(MMAJunkie)

 タイロン・ウッドリーがインスタグラムでコメント。それによると、ロビー・ローラー戦の日程が変更されるのかローラーに代わりの選手が用意されるかは分からないとのこと。また、自分の最大の武器である右手が万全な状態じゃないと試合はできないともコメントしています。



posted by ジーニアス at 02:45| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

『UFC 237』ジェシカ・アンドラジ vs. ローズ・ナマユナスを見たファイター・関係者の反応



Twitter reacts to Jessica Andrade's slam KO of Rose Namajunas to win title at UFC 237(MMAJunkie)

 『UFC 237: Namajunas vs. Andrade』ジェシカ・アンドラジ vs. ローズ・ナマユナスを見たファイター・関係者のツイッターでの反応続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:40| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC Fight Night 152: dos Anjos vs. Lee』前日計量動画

UFC on ESPN+ 10 weigh-in results: Rafael Dos Anjos, Kevin Lee official for main event(MMAJunkie)
MAIN CARD (ESPN+, 8 p.m. ET)

・Rafael dos Anjos (170.4) vs. Kevin Lee (170.2)
・Ian Heinisch (185.6) vs. Antonio Carlos Junior (185.6)
・Megan Anderson (145.8) vs. Felicia Spencer (145.6)
・Derrick Krantz (170.2) vs. Vicente Luque (170)
・Nik Lentz (155.6) vs. Charles Oliveira (154.2)
・Austin Hubbard (155.4) vs. Davi Ramos (156)

PRELIMINARY CARD (ESPN+, 5 p.m. ET)

・Sijara Eubanks (134.8) vs. Aspen Ladd (135.4)
・Desmond Green (155.2) vs. Charles Jourdain (153.6)
・Michel Pereira (170.6) vs. Danny Roberts (170.6)
・Grant Dawson (145.8) vs. Mike Trizano (145.6)
・Patrick Cummins (205.2) vs. Ed Herman (206)
・Zak Cummings (185.8) vs. Trevin Giles (185)
・Julio Arce (145.6) vs. Julian Erosa (146)

 『UFC Fight Night 152: dos Anjos vs. Lee』前日計量結果。全員パスしています。






 前日計量動画。


UFC on ESPN+ 10 predictions: Who are our two unanimous picks in Rochester?(MMAJunkie)

 MMAJunkieスタッフによるメインカード勝敗予想。

・ハファエル・ドス・アンジョス vs. ケビン・リーはドス・アンジョス支持3人、リー支持11人。

・アントニオ・カルロス・ジュニオール vs. イアン・ハイニッッシュはカルロス支持13人、ハイニッシュ支持1人。

・ミーガン・アンダーソン vs. フェリシア・スペンサーはアンダーソン支持11人、スペンサー支持3人。

・ヴィセンテ・ルケ vs. デリック・クランツは14人全員ルケ支持。

・チャールズ・オリヴェイラ vs. ニック・レンツは14人全員オリヴェイラ支持。

・ダヴィ・ハモス vs. オースティン・ハバードはハモス支持12人、ハバード支持2人。



posted by ジーニアス at 14:39| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

5.18『UFC Fight Night 152』ニール・マグニー欠場によりデリック・クランツがヴィセンテ・ルケと対戦

ニール・マグニー「USADAの薬物検査に引っ掛かったので『UFC Fight Night 152』を欠場することになった」(2019年05月15日)

 こちらの続報。

Derrick Krantz pakt short notice gevecht tegen Vicente Luque tijdens UFC Rochester(MMA DNA)

 5月18日にニューヨーク州ロチェスターで開催する『UFC Fight Night 152: dos Anjos vs. Lee』でヴィセンテ・ルケと対戦予定だったニール・マグニーがUSADAの薬物検査で禁止薬物の陽性反応が出たことから欠場することを受けて、代わりにデリック・クランツがルケと対戦することをMMA DNAが確認したとのこと。

Derrick Krantz(Tapology)

 デリック・クランツは現在31歳のアメリカ人で戦績24勝10敗。近年はLFAを主戦場にしていました。今回がUFCデビュー戦。



posted by ジーニアス at 15:47| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 237: Namajunas vs. Andrade』の結果を受けて公式サイトがランキングを更新/アンデウソン・シウバがランク外に落ちる

Athlete Rankings(UFC.com)

 『UFC 237: Namajunas vs. Andrade』の結果を受けてUFC公式サイトがメディア投票ランキングを更新。

・フライ級は8位にいたマゴメド・ビブラトフのリリースにより9位以下の選手が全員1ランクずつアップ。これによりジョセフ・モラエスがランク外から15位にランクインしています。

・フェザー級はアレキサンダー・ヴォルカノフスキーが3ランクアップし1位。ヴォルカノフスキーに敗れたジョゼ・アルドは2ランクダウンし3位。

・ミドル級は14位にいたアンデウソン・シウバがランク外にダウン。これによりデイヴィッド・ブランチがランク外から15位にランクインしています。アンデウソンに勝利したジャレッド・キャノニアは変わらず10位。

・ヘビー級は12位にいたジャスティン・ウィリスがランキングから外されており、13位以下の選手が1ランクずつアップ。これによりウォルト・ハリスがランク外から15位にランクインしています。

・女子バンタム級はアイリーン・アルダナが2ランクアップし9位。アルダナに敗れたベチ・コヘイアが1ランクダウンし14位。15位にいたタリタ・ベルナルドがランク外にダウンし、シジャラー・ユーバンクスとジーナ・マザニーが共に15位タイでランクインしています。

・パウンド・フォー・パウンドは14位にいたローズ・ナマユナス、15位にいたクリス・サイボーグがランク外に落ち、代わりにヴァレンティーナ・シェフチェンコが14位、ジェシカ・アンドラジが15位にランクインしています。



posted by ジーニアス at 14:39| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

UFCがマゴメド・ビブラトフをリリース

Report: UFC releases flyweight Bibulatov as division continues to dwindle(BloodyElbow)

Magomed Bibulatov(Sherdog)

 マゴメド・ビブラトフがUFCをリリースされACA(Absolute Championship Akhmat)と契約したとのこと。ACAはACBとWFCAが統合してできた団体です。

 マゴメド・ビブラトフは現在30歳のロシア人でMMA戦績14勝2敗(UFC戦績1勝2敗)。元ACBバンタム級GPチャンピオン、元WSOFバンタム級チャンピオン、元WCFAフライ級チャンピオンということで鳴り物入りでUFCデビューしていました。UFC戦績こそ1勝2敗でしたが、『UFC Fight Night 144: Assuncao vs. Moraes 2』のホジェリオ・ボントリン戦はスプリットデシジョンによるもので、UFCフライ級ランキングでも8位にいました。



posted by ジーニアス at 13:07| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 237: Namajunas vs. Andrade』前座の平均視聴者数は低迷

Ratings report: UFC 237 does lowest pay-per-view prelim numbers of ESPN era(MMAFighting)

 東部時間5月11日午後8時から10時までESPNが生中継した『UFC 237: Namajunas vs. Andrade』の前座の平均視聴者数は81万3000人だったとのこと。今年からESPNでUFCナンバーシリーズの前座を生中継するようになってからはワースト記録になります。『UFC 236: Holloway vs. Poirier 2』の前座は89万3000人でした。

 今大会の前座はB.J.ペンやアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラらが出場しており比較的豪華だっただけに期待外れと言われています。



posted by ジーニアス at 12:32| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

7.20『UFC on ESPN 4』でリズ・カモーシェとロクサン・モダフェリが対戦



 UFCが7月20日にテキサス州サンアントニオで開催する『UFC on ESPN 4』でリズ・カモーシェ vs. ロクサン・モダフェリの女子フライ級マッチが行われることをESPNのブレット・オカモト記者が確認したとのこと。

 カモーシェは『UFC Fight Night 145: Błachowicz vs. Santos』でルーシー・パディロヴァに判定勝ちして以来、モダフェリは『UFC Fight Night 149: Overeem vs. Oleinik』でアントニーナ・シェフチェンコに判定勝ちして以来の試合。



posted by ジーニアス at 16:33| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

7.13『UFC Fight Night 155』でライアン・ホールとダレン・エルキンスが対戦

7.13『UFC Fight Night 155』でシンシア・カルヴィーロとリヴィア・ヘナタ・ソウザが対戦か(2019年05月15日)

 こちらの続報。



 UFCが7月13日にカリフォルニア州サクラメントで開催する『UFC Fight Night 155』でライアン・ホール vs. ダレン・エルキンスのフェザー級マッチが行われることを発表。また、シンシア・カルヴィーロ vs. リヴィア・ヘナタ・ソウザの女子ストロー級マッチも正式発表されています。

 ホールは『UFC 232: Jones vs. Gustafsson 2』でB.J.ペンに1Rヒールフックで勝利して以来の試合で現在7連勝中(UFC3連勝中)。エルキンスは『UFC Fight Night 140: Magny vs. Ponzinibbio』でリカルド・ラマスに3R TKO負けして以来の試合で現在2連敗中。



posted by ジーニアス at 18:32| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

ニール・マグニー「USADAの薬物検査に引っ掛かったので『UFC Fight Night 152』を欠場することになった」

Neil Magny: Failed USADA test scratched me from UFC on ESPN+ 10(MMAJunkie)

View this post on Instagram

As many of you know, I had to withdraw from my sceduled bout against Vicente Luque on Saturday, May 18th. I want to apologize to him, as I know how difficult it is to lose an opponent days out from a fight. Throughout my MMA career I have been very transparent. I am not afraid to admit when I am in the wrong. On Saturday, May 11, 2019, I recieved an email from USADA stating that I have failed an "out of competition drug test" due to the banned substance "Di-Hydroxy-LGD-4033". I am fully cooperating with USADA to determine how this substance was found in the sample I provided them on May 5, 2019. I have always been an advocate for the strict drug testing in the UFC, even to the extent of opting for my collected samples to be used for research purposes by USADA. I know without a doubt that I have done everything according to the standards set by USADA. I have faith in USADA that this situation will resolved in a timely manner and that I will be cleared of any wrong doing. To all of my fans and supporters, thank you. I assure you that I have not let you down.

Neil Magnyさん(@neil_magny170)がシェアした投稿 -



 5月18日にニューヨーク州ロチェスターで開催する『UFC Fight Night 152: dos Anjos vs. Lee』でヴィセンテ・ルケと対戦予定だったニール・マグニーがインスタグラムでUSADAの薬物検査で禁止薬物の陽性反応が出たことから欠場することになったとコメント。5月5日にランダムの薬物検査が行われ、5月11日に禁止薬物の「Di-Hydroxy-LGD-4033」の陽性反応が出たことをUSADAからのメールで知ったそうです。

 マグニーはルケに謝罪すると共に自身はキャリアを通じてクリーンであることと、真相究明のためにUSADAに全面的に協力するとコメントしています。



posted by ジーニアス at 09:46| Comment(4) | UFC | 更新情報をチェックする

8.17『UFC 241: Cormier vs. Miocic 2』にクロン・グレイシーが参戦か



 8月17日にカリフォルニア州アナハイムで開催する『UFC 241: Cormier vs. Miocic 2』でクロン・グレイシーのUFCデビュー2戦目が検討されていることをESPNのブレット・オカモト記者が確認したとのこと。数人の候補が挙がっているもののまだ決まってないそうです。クロンはアナハイムから程近いロサンゼルス在住であり、同大会にはチームメイトのネイト・ディアスがアンソニー・ペティスと対戦予定なので理に適っていると思われます。

 出場すれば『UFC on ESPN 1: Ngannou vs. Velasquez』でアレックス・カセレスに1Rリアネイキッドチョークで勝利して以来半年ぶりの試合になります。



posted by ジーニアス at 04:56| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

7.13『UFC Fight Night 155』でシンシア・カルヴィーロとリヴィア・ヘナタ・ソウザが対戦か



 UFCが7月13日にカリフォルニア州サクラメントで開催する『UFC Fight Night 155』でシンシア・カルヴィーロ vs. リヴィア・ヘナタ・ソウザの女子ストロー級マッチが検討されていることをESPNのブレット・オカモト記者が確認したとのこと。

 カルヴィーロは『UFC on ESPN 1: Ngannou vs. Velasquez』でコートニー・ケイシーに判定勝ちして以来、ソウザは『UFC Fight Night 144: Assuncao vs. Moraes 2』でサラ・フロタに判定勝ちして以来の試合。



posted by ジーニアス at 04:08| Comment(2) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

7.27『UFC 240』でマックス・ホロウェイ vs. フランク・エドガーのフェザー級タイトルマッチが合意



 UFCが7月27日にカナダ・アルバータ州エドモントンのロジャース・プレイスで開催する『UFC 240』でマックス・ホロウェイ vs. フランク・エドガーのフェザー級タイトルマッチが行われることをESPNのブレット・オカモト記者が確認したとのこと。まだ契約にサインはしてないものの口頭で同意しているそうです。

 ホロウェイは『UFC 236: Holloway vs. Poirier 2』でダスティン・ポイエーとライト級暫定王座決定戦を行い判定負けして以来の試合。フェザー級王座防衛戦は『UFC 231: Holloway vs. Ortega』でブライアン・オルテガに4R TKO勝ちして以来。エドガーは『UFC Fight Night 128: Barboza vs. Lee』でカブ・スワンソンに判定勝ちして以来1年3ヶ月ぶりの試合。『UFC Fight Night 139』でジョン・チャンソンと対戦予定でしたが負傷欠場していました。



 ブレット・オカモト記者は、これはアレキサンダー・ヴォルカノフスキーがタイトル戦線から外されたわけではなく、マックス・ホロウェイが早く防衛戦をしたかったからではと推測。ここで防衛すればその後ヴォルカノフスキーと対戦するだろうと予想しています。



posted by ジーニアス at 11:31| Comment(19) | UFC | 更新情報をチェックする

アンデウソン・シウバが引退を否定「俺はまだ死んでいない」「最後まで闘いたい」

マイケル・ビスピン「アンデウソン・シウバは引退するべきだ」(2019年05月14日)

 こちらの続報。

View this post on Instagram

Fala meu povo. ATE O LIMITE... A dor é sua amiga ... Ela mostra que vc não esta morto ainda. Dizem por aí que grandes símbolos tornam-se grandes alvos, talvez... mas a coisa mais importante é não se vitimizar se caiu levante, se quebrou conserte, nada de desistir ou achar que não consegue porque perdeu uma batalha. O ditado e um só, eu vou até o fim e quanto mais me pressionarem mas eu vou querer ir até o fim, não existe nada selvagem que sinta pena de si mesmo, um leão velho rodeado de hienas famintas loucas para devora-lo e ele mesmo assim luta até a morte sem nunca ter sentido pena de si mesmo, e não será diferente comigo!!!! Foça e Honra!!!

Anderson "The Spider" Silvaさん(@spiderandersonsilva)がシェアした投稿 -



 『UFC 237: Namajunas vs. Andrade』でジャレッド・キャノニアの右インローで右ヒザを負傷し1R TKO負けしたアンデウソン・シウバがインスタグラムで以下のコメント。

「限界までやる。痛みは友達だ。それはまだ死んでいないことを示している。それらはおそらく大きなシンボルが大きな目標になると言っている。しかし最も重要なことは自分自身を苦痛を与えないことだ。倒れたら起きなきゃいけない。壊れたら直さなきゃいけない。闘いに敗れたからといって諦めたり出来ないと思うことはない。ひとつ言えることは、俺は最後までやり切るし、(辞めろという)プレッシャーを掛けられるほど最後までやり切りたい。このことでガッカリして荒れることもない。老いぼれのライオンが空腹のハイエナたちに狙われて取り囲まれたとしても、ライオンは自分を残念だと思うことなく最後まで闘うことだろう。そしてそれは俺と何ら変わることはない。強さと名誉だ」




posted by ジーニアス at 08:49| Comment(16) | UFC | 更新情報をチェックする
記事検索