2005年05月08日

えべ太郎さん、訴えられないようにがんばってね

 ディファカップ初日が終わりました。詳細はスポナビ速報を見ていただくとして、気になった試合をひとつだけ。
第5試合 特別試合30分1本勝負

えべ太郎(えべっさんの新リングネーム)●
11分29秒
Jスプラッシュ
→片エビ固め
○サンジェイ・ダット

 元えべっさんが新キャラクターで登場です。もっとも新キャラといってもこの写真見る限りだと変わらないような・・・。

 試合後のインタビューを読むと

――コスチュームの変更点を説明してもらえますか?

えべ太郎 まず作務衣のように斜めにラインが入っていることが第一で、(えべっさんに)あまり似すぎていてもいけないので、細かいパーツはかなり変えてあります。「えべ」という名前はボクの誇りなので、下に「太郎」と付けて名前としました。今日がスタートなので、これから進化していきますが、そこで一番評判のよかったものに落ち着いていくことになると思います。

 ブログを見ても
似てますけど実は全然似てません・・・すべてのパーツが微妙~に違う。

 とのこと。ストレッチプラムと冬木スペシャルの違いみたいなもんなのかなぁ(苦笑)。

 ここでちょこっと週刊ファイトの記事を引用。
 さて、すでにブログのタイトルも『元えべっさん』に変え、さらに引っ越しを予定するなど、極力、トラブルを避けようとしている元えべ。独特のお笑いプロレスのスタイルこそ変えないが、今後は別のキャラクターで各団体に参戦する。
 ところが、4・24デルフィンアリーナで、「類似キャラでリングに上がったら訴える」と大阪プロ側からクギを刺されたそうだ。商標登録しているとはいえ、全く同じでない限り、問題には発展しないはずだが……。現に大阪プロでは、『くいだおれ』の看板キャラである『くいだおれ人形』の類似キャラであるくいしんぼう仮面を、先方の承諾なしにリングに上げ、大目に見てもらった経緯もある。

 これで大阪プロレスがえべ太郎を訴えたとしたら、他人に厳しく自分に甘い団体と言われても仕方がないでしょう。正直そういう醜い争いはやめてほしいものです。ただでさえ、星川が事故った時にデルフィン社長が不謹慎な発言したとかしてないとかでイメージ悪くしてるんだから・・・(他にも今回の大量離脱の件でいろいろ言われているけどこれ以上はやめとく)。

 素顔時代にパッとしなかった元えべっさんをブレイクさせるきっかけを作ったのは紛れもなく大阪プロ。でも他団体から声が掛かるくらい売れっ子になったのは本人の努力の賜物でしょう。なのに「ちょっとでも似てたら許さん」となったら、食いブチ奪うようなもの。それだけは勘弁ですわ、社長。

 この件で宇宙パワーと宇宙魔神を思い出したのはオレだけではあるまい・・・。


関連記事
『亀田3兄弟』は商標登録されていた…プロ格における商標登録を考える

関連リンク
えべ太郎の商売繁盛したいブログ←久々に見てみたらタイトルもデザインも全く変わってしまった・・・

●他のプロレス・格闘技ブログはこちらから。
posted by ジーニアス at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | インディー | 更新情報をチェックする
記事検索