RIZIN2017_0730_nasukawasaiga_01.jpg

このカテゴリの記事一覧です。

2013年10月19日

全日本プロレス白石伸生オーナー「私に連絡してきたのは新日本に上がるグレーシーとは別のグレーシー」

コロシアム2000 船木誠勝VSヒクソン・グレイシー [DVD]
コロシアム2000 船木誠勝VSヒクソン・グレイシー [DVD]

全日本プロレス白石伸生オーナーが「グレイシー一族のオファーは断った」とコメント。しかし…(2013年10月16日)

 こちらの続報。

グレーシー問題(全日本プロレスオーナー白石伸生のブログ)
いくつかお問い合わせ頂いたので、お答えを。
まず、ブッカーKという方は、知りません。
結論的には、その方も、私も、ウソはついてません。

グレーシー一族と言っても、何人いるか、調べれば分かります。

また、グレーシーの代理人も、世界で10人近くいます。

私に、連絡してきたのは、新日本に上がるグレーシーとは、別のグレーシーで、代理人も、アメリカ人ですから。

この件は、これでおしまい。

 そうでしたか。紛らわしかったですね。ダニエル、ホーレス以外にもプロレスやろうとしている人が居るのでしょうか。いずれにしても「金額次第で、負けると聞いてがっかりしましたので」というのは問題発言ですけどね。

個人的なドリームマッチ(全日本プロレスオーナー白石伸生のブログ)
高田、船木、永田選手が、負けた事で、プロレスが地盤沈下したのは、事実だ。
それから、プロレスはプロレス、総合は総合、と分けて考えるようになった。

でも、プロレスラーは、本当に弱いのか?
プロレスラーは、受け身の練習が凄い。そしてパワーも。
総合選手は、攻撃は、鍛えるが、受け身は出来ない。
下手すれば、バックドロップ1発さえは入れば、プロレスラーは、総合選手をKO出来る。
ただ、肝心の懐に入る前に、だいたいプロレスラーはパンチ、ひざ、蹴りでやられている。

ただ、全日本に関わって、一人、総合格闘家を倒せるプロレスラーを見つけた…
だから、いつか、そのレスラーに、ミルコ、ヒョードル級をぶつけて勝ってもらいたい。


1試合くらいなら、許してくれますかね、全日本プロレスファンの皆さん!
ダメなら、諦めますが…

 それが誰かは知りませんが、まぁ頑張って下さい。

2011年11月22日

スーパー・ヘイト殴打事件で2人のレスラーに逮捕状(追記)

レスラー2人に傷害容疑で逮捕状 同僚が意識不明(神戸新聞)
 今年5月、プロレスの試合会場となった神戸市内のホールで、男性レスラーに暴行を加え、頭などに重傷を負わせたとして、葺合署が傷害容疑で元プロレスラーの男(47)=事件後に引退=ら2人の逮捕状を取ったことが、捜査関係者への取材で22日、分かった。容疑が固まり次第、2人を逮捕する方針。男性は半年近くたった今も意識が戻っていないという。

 捜査関係者によると、ほかに逮捕状が出ているのは、現役レスラーの男(36)。

 逮捕状の容疑は、2人は共謀し、今年5月29日午後1〜2時ごろ、全日本プロレス主催の試合が行われた神戸サンボーホール(神戸市中央区浜辺通5)の選手控室で、口論となった同僚の男性レスラー(41)の頭などを殴るなどして急性硬膜下血腫の重傷を負わせた疑い。

 男性はその後、試合に出場したが、終了直後に倒れ、病院に搬送された。現在も入院中で意識不明の状態が続いているという。

 男性と暴行を加えた疑いのある2人は、当時はいずれも特定の団体に所属しておらず、フリー選手として全日本プロレスの試合を中心に出場していたという。

 同署はこれまでプロレス関係者らから事情を聴くなどして、試合前に受けた暴行が、けがの原因となったと判断、逮捕状の請求に踏み切ったもようだ。

 一方、全日本プロレスの担当者は「主催者として、処分する必要がある関係者は処分したが、(元レスラーら2人は)所属選手ではなかったのでその後の情報もなく、捜査を見守るしかない」などとしている。

 名前は伏せられていますが被害者はスーパー・ヘイトこと平井伸和選手。ニュースの性格上コメント欄は自粛します。

[追記]
現在も入院中…平井さん暴行容疑で元プロレスラーら2人逮捕(スポニチ)

 その後、逮捕されています。
posted by ジーニアス at 17:39 | 全日本プロレス | ▼人気blogランキング

2008年01月06日

2007年11月21日

西村修から年賀状がもらえるチャンス。どハッスル!!が視聴率でワールドプロレスリングに圧勝etc.

筆ぐるめ Ver.15 DVD版
筆ぐるめ Ver.15 DVD版

ジャングル、3種類の「筆ぐるめ Ver.15」発売記念キャンペーンを実施(マイコミジャーナル)
ジャングルは同社の年賀状作成ソフト「筆ぐるめの Ver.15」の発売記念キャンペーンとして、応募対象者や賞品の異なる3種類のキャンペーンを開始した。

1つ目がジャングルストアーで「筆ぐるめ Ver.15」を購入したユーザーを対象にギフト券やSuperMapple Digital Ver.7などが当たる「ご購入キャンペーン」(2008年1月15日まで)。2つ目は、購入店舗に関わらずWebからのユーザー登録者を対象にUSBメモリや歩数計などが当たる「ユーザー登録キャンペーン」(2008年1月15日まで)。3つ目が、誰でも応募可能で、プロレスラーの西村修から直筆のコメント&サイン入り年賀状が届く「全日本プロレスラー西村修から年賀状キャンペーン」(12月15日まで)となっている。

 西村から直筆のコメント&サイン入り年賀状! そのキャンペーンサイトがコチラ続きを読む・・・

2007年10月27日

世界最強タッグの出場チームが決まる。ZERO1-MAXでタイトル全移動etc.

全日本プロレス 最強タッグ Tシャツ


西村のパートナーは渕 「最強タッグ」出場チーム決定=全日本プロレス(スポーツナビ)
■全日本プロレス「2007 世界最強タッグ決定リーグ戦」出場チーム

・武藤敬司(7年連続7度目)&ジョー・ドーリング(初出場)
・西村 修(3年ぶり2度目)&渕 正信(7年ぶり3度目)
・太陽ケア(4年連続7度目)&ハワイアン・ライオン(初出場)
・佐々木健介(2年ぶり3度目)&X
・アブドーラ・ザ・ブッチャー(12年ぶり11度目)&鈴木みのる(2年連続2度目)
・荒谷望誉(3年ぶり5度目)&大鷲 透(初出場)
・小島 聡(6年連続6度目)&諏訪魔(4年連続4度目)
・TARU(2年ぶり2度目)&ゾディアック(初出場)

 ここ数年いつも思うのが、「今までで続きを読む・・・

2007年10月19日

西村修が全日本プロレスに電撃移籍

ムガル帝国誌〈1〉 (岩波文庫)

西村と征矢が全日入団(日刊スポーツ)
 無我ワールドの西村修(36)と征矢学(22)が19日、全日本に入団した。2人がこの日、都内の全日本事務所で会見し発表。無我ではエースとして活躍した西村は「さまざまな人生の紆余(うよ)曲折がありまして、本日、全日本プロレス入団に至りました。内蔵が飛び出るぐらい考えました。自分自身の追求するプロレス、信念、それができる団体が全日本プロレスでした。フリーではなく入団します。全日本のために100%、力と愛を注いで活動致して参ります」と、熱く決意を語った。

 今年4月にデビューした征矢は「最初は西村さんから誘いがあって、悩んでいましたけど、最終的に自分で決めて、西村さんに付いて行こうと思いました」と、緊張した表情で話した。全日本の武藤社長と前日18日の深夜まで話し合って決まったという、電撃入団となった。

 無我ワールドは実に痛いでしょうね。前日には続きを読む・・・

2007年09月17日

9.16全日本プロレス後楽園感想

alljapan070916_1.JPG

alljapan070916_2.JPG

全日本プロレス「2007 FLASHING TOUR」開幕戦(スポーツナビ)

 今日は昼に全日本プロレスの後楽園を見て、その足で15:30開始の新宿のHERO'S公開記者会見に行き、居酒屋へ行き、帰宅してすぐ寝た。で、さっき起きた・・・。

 というわけで、まずは全日本プロレス後楽園の感想を続きを読む・・・

2007年05月17日

ジャンボ鶴田未亡人保子さんは今でもオレゴン州に住んでいた

臓器移植を支える 故ジャンボ鶴田さんの妻、保子さん 米オレゴン州(北海道新聞)
 ジャンボ鶴田。プロレスファンなら知らない人はいないだろう。闘志あふれるファイトで人気を集めたが、一九九九年に肝臓病を患って引退。その後、米オレゴン州に家族と移り住んだが、翌年、臓器移植手術中に四十九歳で急逝した。

 その妻、保子さん(49)は今も同州北部で、三人の子供たちと静かに暮らしている。「ここは夫婦二人で移住を決めた街。今でも愛着を感じるんです」。夫が残した事業で家計を支え、家事と育児に明け暮れる。

 もうひとつ、情熱を燃やしているのが、臓器移植の支援活動だ。米国に移植を受けに来た日本人患者の家族の相談に乗る一方、募金にも協力している。

 「闘病を経験した者にしか、理解できない苦しみがある」。そんな思いが、保子さんの取り組みを支えている。

 なんでまた北海道新聞にこういう記事が載ったのかは謎ですが、鶴田一家は日本ではなくオレゴン州に住んでいるんですね。ちなみにジャンボ鶴田さんは晩年はオレゴン州ポートランド州立大学教授をしておりました。

ジャンボ鶴田の部屋

 公式サイト。「臓器移植の支援活動」とはジャンボ鶴田基金のこと。地道に活動を続けておられるようです。

2000/11/26 放送 ジャンボ鶴田、家族の絆と衝撃死の真相(知ってるつもり?!)

 ご存知の通り肝臓の移植手術中に大量出血によるショック死で亡くなられたわけですが、実際は続きを読む・・・

2007年02月18日

武藤体制の全日本プロレスで一番つまんなかったかも・・・プロレスLOVE in 両国vol.2観戦記

全日本プロレス「プロレスLOVE in 両国vol.2」(スポーツナビ)

 観戦してきました。今回はつまんなかった。

 マンネリにもほどがあった四天王プロレス時代の全日本は嫌いだったけど、武藤体制の全日本は観に行けば毎回及第点以上の内容を見せてくれるので評価はしてたんだけどなぁ。昨年夏の「プロレスLOVE in 両国vol.1」は90点だったけど、今回は30点。

 AHIIvsマスター・ドンはネタ的にはハッスル仮面の劣化コピー。ビッグマッチ自体が少ないせいもあるだろうが、ここぞとばかりにネタを盛り込みすぎで分かりにくくなってしまった。戦ってるキャスト(AHIIガールズも含めて)も台本通りを意識しすぎているのがミエミエだったし。スムーズさに欠けてた。

 曙、大鷲vsリキシ、ジョニー・ダンもちょっと・・・。

 リキシと曙の2度目のコンタクトではエルボー合戦から始まり、タックル合戦は制したものの、ヘッドバット攻撃では逆にダメージを負ってしまったリキシはコーナーのジョニーに無理矢理リングインさせるが、曙のコーナースプラッシュからの64であっさり3カウントを許してしまう。

 会場からも「え〜」という声が上がったが、ジョニーの不甲斐なさにパートナーのリキシも憤慨。試合では不発だったコーナーに座り込ませてのスティンク・フェイスをダンに決めてみせた。試合後は敵である曙と大鷲の3人で軽快なダンスを披露し、観客をもう一度熱狂させた。

 曙はプロレスをナメすぎでしょう。大晦日の後、1ヶ月半の間に練習してたとは思えない。ネタ的にはジョニー・ダンになった荒谷が主役なんだけど、イマイチだったなぁ。

 特に酷かったのはセミの川田、ケアvs諏訪魔、RO'Zだったけど、お客さんは最初から最後までどっちらけムード。空気を読んだ川田が試合後にマイクで「お客さんも納得してないよ。俺は諏訪魔のことを認めてたんだけど、これがタイトルマッチの怖さ、両国という大舞台の怖さだ。諏訪魔、出直して来い!」とショッパイ試合を全部諏訪魔のせいにするという性格の悪さを見せつけていたが(苦笑)、アンタも共犯者じゃねーか!

 良かったのは近藤vs中嶋とメイン終了後にTAJIRIがみのるに毒霧攻撃した場面ぐらいかなぁ。近藤vs中嶋もノアヲタが好みそうな試合だしクオリティー自体はカズ・ハヤシvs近藤の方が上だけど、中嶋は感情移入が出来るレスラーなので。特にWJが好きだった人は感慨もひとしおでしょ?(笑)

 ボロクソ書きましたけど、試合後のスキットで「チャンピオンカーニバルは面白くなりそうだな」とは思った。

 観衆は主催者発表で1万500人だけど、実際は6000人ぐらいかな。夏も両国でやるんだったら、もう少し何とかしてくれ。多分行くから。

観戦記いくつかアリ/人気blogランキング

【その他気になったニュース】
 アントンが日本に帰国して妙なことを続きを読む・・・

2007年01月24日

武藤敬司とヤンキース井川慶がnWoジャパン2007結成?

井川 武藤に「世界一の投手」誓った(デイリー)
 米大リーグ、ヤンキース・井川慶投手(27)が22日、水戸市内の「リリースポーツクラブ」で、全日本プロレス・武藤敬司(44)と対談。「世界一のピッチャーになります」と宣言し、武藤とともに「プロレスLOVE」ポーズまで披露した。なお、この模様はスポーツチャンネルGAORAで、3月4日22時から「GAORA!“メジャー”対談井川慶(ヤンキース)×武藤敬司(全日本プロレス)」という番組名で放送される。

 熱く語った 学生時代、テレビから熱視線を送っていたレスラーを前に、自然と気持ちが高まった。武藤に促されて、ためらうことなく決めてみせた、「プロレスLOVE」ポーズ。「新日本の闘魂三銃士とか、見てましたから」。そんな、あこがれの人を前に、ウソはつけない。夢を問われた時、壮大な目標を力強く誓った。

 「ヤンキースも世界一で、世界一のピッチャーになりたいです。日本では沢村賞があって獲りましたけど、日本人では、サイ・ヤング賞を獲った人がいないんで、それを獲りたいです」

 チームで世界一を勝ち取り、そしてメジャーで最も輝く投手になる。これには、武藤も目を輝かせて、「ぜひ獲ってください。サイ・ヤング、獲れるんじゃないですか」と、がっちり握手を交わした。

 また、武藤からの「セコンドに上がってください」というオファーには、「じゃあ、ぜひ…」と笑顔。「言葉だけじゃないの?」と突っ込まれると「そんなことないですよ」と答えた。実現するかどうかは未定だが、下柳が、桜庭選手のセコンドを務めたこともあり、不可能なものではない。

 約1時間にわたって、アメリカ生活のアドバイスをもらうなど、日本を代表するレスラーと組まれた強力タッグ。「ケガをせずにできれば通用すると思ってますから」と井川。あこがれの人からパワーをもらい、世界一へと猛進する。

 この他には東スポも武藤と井川の対談を報じてました。東スポは「nWoジャパン2007の誕生だ」と書いてた(笑)。98年の東京ドーム大会で横浜の三浦大輔と鈴木尚典がnWoのコスチュームをして入場したことを文字ってらしいが・・・。

 また、約1時間にわたって武藤がした「アメリカ生活のアドバイス」ですが、その一端が東スポ続きを読む・・・

2006年10月13日

全日本プロレス所属レスラーのぬいぐるみをクレーンゲームでゲットしよう&世界最強タッグ決定リーグ戦の日程決まる

プレイセットプロダクツと全日本プロレスがタッグを組んでアミューズメントに乱入!?(ゲーム情報サイトeg)
 若い女性に人気の「モダンペッツ」や「マリレオ」などのキャラクターデザインを手掛ける“中野シロウ”氏が所属するプレイセットプロダクツ。そして、武藤敬司や小島聡などの看板レスラーを擁し、子どもから大人までを熱狂させる全日本プロレス。このまったく接点のなさそうな両者ががっちりタッグを組んで、アミューズメントに乱入!?
 このビックリなニュースの正体、実は全日本プロレスとプレイセットプロダクツのコラボキャラクターなのだ。中野シロウ氏が全日本プロレスの選手をアニマル化し、それを商品展開したもので、すでに試合会場やインターネット上ではものすごい人気を集めているのだ。その夢のコラボキャラクター商品が、10月より全国のアミューズメントにお目見えすることに。第一弾は各選手の特徴がキュートに表現されたアニマルのぬいぐるみで、以降もさまざまな商品のラインナップが予定されている。

 クレーンゲームとは書いてませんけど、まぁクレーンゲームでしょう。しかもレスラーそのものではなく、レスラーをアニマル化したやつね。武藤の熊はTシャツにもなっているのでおなじみ。最近の全日本は色んな会社とコラボってますね。興行部門が厳しいだけに戦略としては悪くないと思います。

 とにかくリンク先の写真に注目。カズ・ハヤシ、武藤敬司、渕正信、小島聡の4人がアニマル化されてるんですけど、渕さんがソックリ! 何これ? カバ?

 10月末から全国のゲーセンにお目見えするそうなので、ファンの方は是非コンプリートすべし。「渕さんだけはいらない」ってのは無しね(笑)。

 また、早くも『2006世界最強タッグ決定リーグ戦』の日程が決まりました。今のところ全日の公式サイトにもスポナビにも載ってないのですが、何故かkamipro Handだけが載せてます。仕方ないから手書きでアップしますか。昔と違ってロングシリーズじゃないからそんなに苦にならないし(苦笑)。

11月19日(日) 東京・後楽園ホール【開幕戦】
11月22日(水) 茨城・水戸市民体育館
11月23日(木) 東京・後楽園ホール
11月24日(金) 千葉・千葉公園体育館
11月26日(日) 京都・京都KBSホール
11月28日(火) 新潟・長岡市厚生会館
11月29日(水) 富山・富山テクノホール
12月01日(金) 愛知・名古屋国際会議場
12月02日(土) 静岡・浜松市体育館【最終戦】

 最終戦が浜松ですよ・・・('A`)。武道館や両国は無理としても大田区か代々木第2でやって欲しかった・・・。大阪での大会が無くて京都止まりというのも寂しい。まぁチャンカンや最強タッグの日程の寂しさは今に始まったことじゃないんですけど、全盛期を知ってるだけにね。ひょっとしたら浜松大会以降に特別大会があるかもしれませんが。

 その他全日情報。

10.15後楽園大会で小島が「コジコジワールド」開催=全日本プロレス(スポーツナビ)

 「小島聡サポータータオル」購入者にサインと撮影を行うそうで。

NOSAWA GENOME、無茶な対戦カード一部発表(スポーツナビ)
■11.8特別興行「NOSAWA GENOME〜無茶ワールドプロレスリング〜」
11月8日(水)東京・新木場1stRING

<メーンイベント 時間無制限1本勝負>
NOSAWA論外
高山善廣

<シングルマッチ>
鈴木みのる
「風からの贈り物」X

<無茶リブレ>
ロボ・ハヤシ、ロボ・みちのく
メカマミー、メカマミーライト

 NOSAWAvs高山! マミーズも!

まぁストーカー市川よりは善戦するでしょうが・・・BlogRankingへ

【その他気になったニュース】
神取氏ひたすら「忍」の日々・・・NewsX
 竹中平蔵前総務相の参院議員辞職に伴い、繰り上げ当選した女子プロレスラー・神取忍氏(41)が11日、インタビューに応じ「女性総理とはかっこいい。やるからには目指したい」と宣言した。しかし初登院を果たした4日の会見と同様“優等生”発言に終始。リング上で暴れ回ってきた「ミスター女子プロレス」の面影はなかった。あの“男らしさ”はどこに消えてしまったのか。そこには自民党の「第2の大仁田を作るな!」とする厳命が背景にあるようだ。

 ま た 大 仁 田 か !
 自民党には、「レスラー議員」に対する苦い思いがあるという。杉村太蔵衆院議員の教育係に勝手に名乗りを上げ、“偉大なるイエスマン”武部勤前幹事長に「NO」を突きつけるなど暴走したあの人だ。

 「実は大仁田氏で懲りているんです。いろんな人が(大仁田氏を)説得したが、まったく言うことを聞かなかった。少なくともああいう風にさせないように、竹中氏の辞職表明直後から神取氏に対し、厳しい“レクチャー”をしていることは間違いない」(政府関係者)

 若者に対する政策に関し共通点がある太蔵氏に対しては「訴えるところが同じという点では、一緒に頑張っていきたい」と“共闘”を呼びかけた神取氏。だが、「まだ人のことをとやかく言える立場でないので・・・」と、最後まで謙虚な姿勢を崩さなかった。どうやら神取氏の議員としての仕事は、安倍政権の足を引っ張らないことに尽きるようだ。

 結局「賛成の方は起立願います」と言われたら起立したり、乱闘になったら押さえ込んだりとかぐらいしかしなさそう・・・。

kandori_tospo2006.jpg

 今日の東スポ最終面では和田アキ子の「日本は終わりだ」「政策が全く無かった」という批判について「和田さん以上に私がそう思ってるよ」だそうで(苦笑)。あと「人の噂も七十五日って言うからさ」と言うべきところを「人の噂も四十九日だからさ」と言ってるし・・・。国政任せて大丈夫?

大仁田が至宝返還、 U・ドラゴンに伝説のNWAジュニアベルト託した!(スポーツナビ)
 一方、大仁田はこんなことやってる。「NWAインターナショナルジュニアヘビー級ベルト」がまだあったことに驚きだよ。

Road to ハッスル・マニア2006 ハッスルの歴史2005(ハッスル)
 両国の『観客ジャッジメント』に参加したのが懐かしい。もちろん私は川田のプレートを上げました。

ジャガー横田夫妻のチグハグ子育てトーク「殴っても」(ZAKZAK)
 完全に夫婦漫才です。

本隊が天山軍斬り・・・華ない、意味ない、ブサイク(スポーツ報知)
 永田の天山軍への“口撃”がさく裂した。天山広吉(35)、真壁刀義(34)、越中詩郎(48)の天山軍は結託したばかりで軍団名が決まっていない。永田は「華のないチームだな。黄色い声援はこっちに集まる。あいつらは、でっかい顔でよくほえるからビッグ・フェース・ラウド、BFLでいいだろ?」と他団体のビッグマウスラウドをもじって勝手に命名してしまった。永田とタッグを組む飯塚高史(40)も「3人が組む意味合いが分からないし、脅威ではない」と断言。山本尚史(29)にいたっては「イケメン対ブサイクですね」と先輩に言い放っていた。

 これで永田さんがイケメンであることが証明されました。

「WRESTLE LAND」今後の開催予定(新日本プロレス)
 福岡、大阪でもやりますか。12月23日は昼の後楽園か。夜はハッスル・ハウスと興行戦争?[追記:今年のハッスル・ハウスの12月大会は25&26日でした]

「WRESTLE LAND 6th」10月21日(土)アクロス福岡大会・カード情報(新日本プロレス)
 福岡なのに阿蘇山ってのはおかしいだろ。この辺りがハッスルと違って詰めが甘いところ。

10/21「WRESTLE LAND 6th」一部対戦カード発表!(新日本プロレス)
 と思ったら平田さんもツッコミ入れてた(笑)。

サイモン社長「オファー出したい」(デイリー)
 サップサイドのフリー宣言を受けて、新日本サイモン猪木社長は11日、都内で取材に応じ、慎重な姿勢ながらも「チャンスがあればオファーを出したい」と、参戦要請の意思を示した。
(中略)
 だが、現場の反応はいまひとつ。IWGPヘビー級王者・棚橋は「いりません」と一蹴(いっしゅう)。「(9日の)両国も新日本の選手で盛り上げた。いい流れに水を差されるのが一番イヤ」と、リング外のゴタゴタを持ち込まれることを懸念し、サップ参戦に難色を示した。

 サイモンさんの勇み足のようで(苦笑)。これってどうなんだろ? 社内の人間は「またムコ殿がバカなこと言ってるよ」なんて言ってるのでしょうか?

新日本プロレスより新商品のお知らせ(新日本プロレス)
 2007年のカレンダーが新発売。

●カレンダーは選手の少なさに泣ける・・・/人気ブログランキング

2006年08月28日

全日本プロレス8.27両国観戦記

全日本プロレス「プロレスLOVE in 両国」(スポーツナビ)

 そんなわけで全日両国大会に行ってきました。

 最後に全日を観に行ったのはいつだろう? 覚えていません(苦笑)。昨年は1度も行かなかった・・・。一昨年は行った記憶があるので多分2年ぶりぐらい。

 四天王時代の全日はあんまり・・・だったけど、新生全日本は好意的に見ている私。なのに行かなくなったのは、YFC券が出回らなくなった、ビッグマッチが代々木第2か大田区体育館になった、しかもやるのは決まって平日など色々あります。しかもテレ東の『プロレスLOVE』も終わって久しいからプチ浦島太郎状態でしたよ。

20060827_1543_0000.jpg

 15時40分ごろに到着。当日券は全席種売ってました・・・。ちなみに私は某所で5000円の席を3000円で売っていたのを友人が発見してくれたので、そこで買ってもらいました(苦笑)。我ながら悪いなぁ・・・。

20060827_1546_0000.jpg

 AHIIグッズ販売ブース(笑)。レトルトカレーが500円ってのは高いよ!

20060827_1548_0000.jpg

 なんと、小泉首相から花が! やっぱ馳先生は大物!

 主催者発表1万2300人・・・まぁそんなにいませんでした(苦笑)。7割ぐらいの入りかな? 「そんなことない!もっと入ってた!」という意見もあるかもしれませんが、4人桝に2人とか1人しか座ってないのが多かった。推定7000人ですね。ちなみにG1クライマックスも行った友人によると、「G1よりよっぽど入ってるよ! 大健闘だよ!」とのこと。プロレス界の現状を考えると、そんなもんか。

 で、試合の感想。メイン以外は厳しかった。前座は何となくボーッと見てた。近藤修司vsカズ・ハヤシ、ムタvsTAJIRI、ケアvs川田はことごとく期待外れ。近藤vsカズは限界まで戦ったと思いますし、技的にはジュニア最高峰の試合をしたと思いますけど、あれだけ大技がポンポン出ると見ている方が感覚マヒしてしまう。一体何がフィニッシュ技?と困惑してしまう。ついこの前までフィニッシュホールドだった技のオンパレードというのはノアもそうなんだけど、技を大切にしてないというか。説得力ある技の乱発によって説得力が落ちるというパラドックス。どこかで歯止めを掛けないと。ケアvs川田も四天王プロレスの下手な焼き直しという感じで・・・。

 ムタvsTAJIRIも一番盛り上がったのは入場時という・・・。と、文句ばかり書き連ねてきましたけど、メインは抜群に良かったですねぇ。試合前は「こんな6人タッグがメイン?」と思いましたけど、結果的には大成功!

 ブードゥー・マーダーズは最高だよ! プロレスの基本である勧善懲悪を忠実に守ってるし、まさかYASSHIがリングサイドで観戦していた森喜朗前首相をマイクで挑発するとは(苦笑)。TARUも森前首相にツバを吐きかけるし(本当にかかってはいないが)、もう最高(笑)。しかも森氏のそばで場外乱闘して本物のSPが森氏をガードしてるんですよ! こんな痛快な話があるかって!

 しかも途中で健介が介入して馳健ダブル攻撃をブードゥー・マーダーズに次々に見舞ってYASSHIにノーザンライトでフォール勝ち! その間、ジャイアントスイング45回転(これも日刊スポーツの予告通り)も喰らったし。YASSHIは最高に良い仕事をしたなぁ。YASSHIバンザイですよ!

 試合後の馳のマイクも良かった。「総理大臣になったらSPを引き連れてリングに上がる」。是非とも実現させてほしい!

 もうプロレスラーの引退式でこれだけ大会場で盛大に、しかも引退後の人生も華々しいという人は今後出てくるだろうか? 例えば藤波が引退試合するとしても現状だと両国は難しいでしょう。新日にまだ在籍していたならともかく。辰っつぁんですらそうなんだから、他の選手は言わずもがな・・・。

 いやぁ、本当に良いものを見せてもらった。試合後に馳のベストマッチは何だろうと居酒屋で話した。私はムタ戦が結構好き。あとタイガー・ジェット・シンとの遺恨も好き。自慢の車を破壊され、カナダまで対戦を直訴しに行き池に突き落とされ巌流島で対戦したという流れも見事だった。友人は小橋戦が良かったと主張。序盤にレスリングで圧倒して小橋に何もさせなかった馳は最高だったと言ってた。ま、小橋はレスリングは全く出来ませんから(苦笑)。

 あと新日ジュニア時代の越中や高田との戦いも思い出深い。日本デビュー戦でいきなりジュニア王者になった反感や、自分がUWFシンパだったこともあり馳を好意的に見る機会はなかったけど、今思えば馳は天才レスラーだったんだなぁと。

 GK金澤は「エイブラハム・リンカーンはプロレスラーから大統領になった。馳にも是非そうなって欲しい」と言っていた。私もそう思いますよ。でも本当に首相になった暁には、川島なお美が『お笑いマンガ道場』出演歴を隠したがるように、プロレスラーであった過去を隠そうとするのは勘弁してくれ(笑)。


【その他気になったニュース】
PANCRASE 2006 BLOW TOUR(スポーツナビ)
 近藤、松井に判定勝ち。実は密かに少しだけ松井を応援してたのだが(苦笑)。松井をKO、ギブアップ出来なかったとは近藤もヤバイね。戦闘竜さんは小椋に勝利!

(レポ) [MARS] 8.26 両国:三原&佐藤隆平が初戦突破。MIKUリベンジ(BoutReview)
 主催者発表2800人ですけど、とんでもない不入りだったようで。画像見ましたけどあの入りはヤバイ。にも関わらず10月にまた両国でやる予定だって!? はぁ・・・。

(結果) [UFC 62] 8.26 ラスベガス:岡見出場。WOWOW 26(月)夜OA(BoutReview)
 岡見、判定3-0の快勝! リデルvsババルはネットでは評判悪いですね・・・。明日WOWOWで確認します。

<PRIDE>デニス・カーン…ウェルター級GP4強へ(中央日報)
 韓国人とのハーフであるだけに中央日報もカーンをプッシュしてます。

DSE榊原代表が『PRIDE 武士道 -其の十二-』大会総括のコメントを発表(PRIDE)
 五味選手は本当に本調子かどうかは分かりませんが、五味がリングに帰って来たということに尽きると思います。ウェルター級は個人的にもファンもマスコミの方も、大半は日本人が全滅するんじゃないかと予想していた人が多かったと思いますが、三崎は完封と言っていいでしょう。折れない心で前に出たし、今日のために集中してやってきたことが実を結んだと思います。郷野は入場から試合、マイクまで、今日は脇役ではなく主役に躍り出たと思います。大きなことを言うということは、結果を残さなければいけない。それをキッチリ出したのが窺えました。日本人選手には、本当にお疲れ様でしたと言いたいです。

 珍しく(?)日本人選手をベタ誉めしますね。三崎は完封したけど「負けない試合」をしただけにしか見えなかったけどなぁ。あれじゃあ永久に判定勝ち出来たとしても永久にKO勝ち出来ないというか。五味は本調子とは程遠いと思った。

11・5五味隆典のライト級タイトルマッチ決定 挑戦者にはアウレリオとのリベンジ戦を指名!(PRIDE)
 結局アウレリオでしたか。石田との対戦は大晦日?

ウェルター級GP決勝ラウンドに残った四選手 図式はGRABAKA×トップチームの対抗戦に!(PRIDE)
 これに関しては昨日も書いた通り。もう決勝は外人同士でしょう。

これも弟のため?ボビー、安廣の公開練習を大胆偵察=K−1生まれ変わった安廣攻略の糸口はつかめたか!?(スポーツナビ)
 これは安廣応援ですね(笑)。安廣の便利屋で器用貧乏っぷりは応援せずにはいられない(苦笑)。K-1の佐野友飛か?

鈴木浩子、愛のキスでゲイから夫を奪還!=8.27DDT後楽園大会(スポーツナビ)
後藤達俊、蛇人間・後藤蛇つ俊として登場!=8.27DDT後楽園大会(スポーツナビ)
 なんじゃこりゃ(^ω^;)。

天下一Jr2006 優勝藤田ミノル(BLOG@ZERO1-MAX)
 TAJIRIvs藤田は実現するのでしょうか。

WWEがアングルを解雇、理由は薬物か?(日刊スポーツ)
 ありゃりゃ。WWEも大変だ。某老舗団体ほどじゃないにしても・・・。

三沢が25周年「自分より会社」/ノア(日刊スポーツ)
 東京体育館で虎のマスク脱いでもう16年ですか。オレも歳を取るわけだ(苦笑)。

プロレスの証言者 アントニオ猪木(5)(日刊スポーツ)
 猪木は毎晩のように東京の銀座、大阪のキタなどで、企業のトップと飲み明かした。新日本の社員にも「猪木、新日本の名前を世界に広めるチャンス。長期的にはプラスになる」と訴え、1口100万〜500万円の協力金を得た。身を削るような金策は成功した。テレビ朝日と東京スポーツで合計約1億8000万円を拠出。3億円もの大金を現金で出す大阪の不動産業者も現れた。

 当時で3億円ってのは今で言う10億円ぐらい! プロレス界でここまでスケール大きい話はもう2度とないでしょうねぇ。

●その点ここのランク争いはスケール小さいなぁ(苦笑)/人気ブログランキング

2006年07月14日

8.27全日本プロレス両国大会3大シングルマッチ決定〜その他プロレス情報

川田が三冠挑戦! 自分の王道を見せつける=8.27全日本(スポーツナビ)
グレート・ムタvsTAJIRIが決定!=8.27全日本(スポーツナビ)

 8.27両国大会の3大シングルマッチが決定しました。

■全日本プロレス「プロレスLOVE in 両国」
8月27日 両国国技館

決定カード

<三冠ヘビー級選手権試合60分1本勝負>
[王者]太陽ケア
[挑戦者]川田利明

<世界ジュニア・ヘビー選手権試合60分1本勝負>
[王者]近藤修司
[挑戦者]カズ・ハヤシ

<シングルマッチ>
グレート・ムタ
TAJIRI

 3つとも噂されていたカードではありましたが、やっぱりムタvsTAJIRIは好カードですねぇ。アメリカのファンにとっても夢のカードでしょう。これは久々に会場に行かねば。全日本観戦はかなりブランクあるもんで。

 川田は約1年ぶりの全日本参戦。ケアのことは“若造”のころから知ってるわけですからね。初防衛戦から試練の相手になりましたな。かく言う私もケアの試合を見るのはかなりアレなので、成長を確認したいと思います。

 にしても、今大会はハッスルさまさまですな。川田もTAJIRIも負けそうな気がするんですが、それなりの見返りが求められそうな気が。エイドの小島参戦だけじゃバーター完了してないと思うので。馳浩引退試合もあるので、満員になって欲しいものだ。じゃないと全日マジでヤバイと思うので。


【その他気になったニュース】
藤波がプロレス版W杯構想(スポーツ報知)
 新団体の夢は、とてつもなく大きい。藤波は「第1候補はイギリスとかね。ゆくゆくはね」と意欲を見せた。無我の源流のランカシャー・スタイル発祥の地の英国のほか、カナダ、米国、オーストラリアなどでの興行を視野に入れている。また、世界各国の王者を招くプロレス版ワールドカップ構想も描いている。

 まるでかつてのIWGP構想じゃないですか。でも草間さん曰く「外人レスラーは金が掛かる」ので・・・。海外興行も儲からないと思うし。ま、夢だけはでっかく持ちますか。しかし・・・、

藤波の「ワールド」使用にテレ朝説明要求
 日本プロレスの中継だった69年7月から「ワールドプロレスリング」を番組名に使うテレビ朝日と新日本は、新団体「無我ワールド・プロレスリング」を当面は静観する姿勢だ。無我ワールド側はこの名称は商標登録されておらず、使用可能と判断したと説明。だが、テレビ朝日関係者は経緯も含め「担当者の話が聞きたい」と話し合いの場をつくる考えだ。新日本の菅林副社長も「テレ朝と話し合って対応を決める」と協調していく。

 (ノ∀`) アチャ-、やっぱり。

藤波、新日に「挑戦」(内外タイムス)
 一方、田中は新団体の会社名として「無我ワールド・プロレスリング」を発表。「無我の世界を表現したい思いと、世界を相手にしたいという目標から」と、命名理由を説明したが、報道陣からは由来を確認する質問や、「新日本から怒られそうじゃないですか?」と言った声も上がった。
 それもそのはず。プロレスファンが「ワールドプロレスリング」と聞けば、まずは新日本のテレビ朝日系中継番組を思い出すところ。この日の会見でも最初、「無我ワールドプロレスリング」と区切りなく発音した田中に、「ワールドの後に点が入るよ!」と、藤波が慌てた様子で指摘していた。
 藤波によれば、法律上も同名称に問題はないということだが、西村や田中が折に触れて「新日本がつぶれた場合」の仮定話をする点を鑑みても、”新日本食い”の精神が少なからず宿っていることは間違いなさそう。

 点を入れるか入れないかは結構重要。かつて『人間・失格』というテレビドラマ(赤井英和主演)がありましたが、元々脚本家の野島伸司はタイトルを『人間失格』にしようとしていましたが、太宰治の遺族に抗議されたことから話し合いで点を入れることに落ち着いた経緯がありましたし。プロレス界だと『プロフェッショナルレスリング藤原組』は、旗揚げ戦の時だけ『新UWF藤原組』という名称を使用していましたが、すぐに改名したこともありました。この問題はどう決着するか?

剛竜馬参戦!7.23後楽園一部カード決定(DDT XXXch)
 いやぁ、これは好カード揃い。今月はサンヨーオールスター戦とWARの観戦も控えているので行かないつもりでしたが、行きたい・・・。

「ワールド・ビジネスサテライト」放送日決定(DDT XXXch)
 明日のWBSは必見ですよぉぉぉ!!!

7月23日ディファ有明《WRESTLE LAND》カード情報(新日本プロレス)
 いつの間にやら出場選手全員に変なニックネームが付けられている(苦笑)。ばっかばかしいなぁ。

新潟アルビレックスBB“ZERO1-MAX”参戦?!のお知らせ(新潟アルビレックスBB“プロバスケットボールチーム”オフィシャルサイト)
 ZERO1-MAX 7.15新潟大会の試合前に『新潟アルビレックスBB vs ZERO1-MAX 炎の3本勝負』が行われるとのこと。観戦予定の方はお早めに来場すべし。

●ドリブル対決があるらしいが勝てるわけないじゃん・・・/人気ブログランキング

2006年07月07日

嵐こと高木功が大麻不法所持の容疑で逮捕

大麻所持でプロレスラー「嵐」を逮捕(スポニチ)
 車のトランクに大麻を隠し持っていたとして警視庁葛西署は7日までに、大麻取締法違反(所持)の現行犯で東京都江戸川区のプロレスラー「嵐」こと高木功容疑者(44)を逮捕した。

 「プロレスで受けた痛みを和らげるために吸った」と供述、使用についても認めているという。

 調べでは、高木容疑者は5日午後6時ごろ、自宅前に止めていた車のトランクなどに大麻計約2・9グラムを所持していた疑い。葛西署員が車内にいた同容疑者の知人を職務質問したのがきっかけで発覚した。

 高木容疑者は大阪府出身。大相撲を経て1988年に全日本プロレスからデビューした。他団体に移ったこともあったが、5年前に同プロレスに復帰。「ラブ・マシン・ストーム」などのリングネームで活動していた。

 全日本プロレスの武藤敬司社長は「夢を売る商売なのに憤りを感じている。うちのリングには2度と上げない」とコメントしている。

嵐が大麻所持で逮捕=全日本プロレス(スポーツナビ)
 全日本プロレスは7日、都内事務所で緊急会見を開き、同団体へ参戦中の嵐(本名・高木功)が大麻不法所持の容疑で逮捕されたことを発表した。嵐の逮捕は6日夜、葛西署から同団体あての報せで明らかになったもので、団体関係者や所属選手に対する捜査や捜査協力の依頼は現在まで行われていない。

 会見に出席した武藤社長は「二度とウチのリングに上げることはないを誓います」と、事実上の永久追放を宣言。同席した渕取締役は「ファンならびにご支援いただいているスポンサーにお詫び申し上げます」と支援者への謝罪を述べ深く頭を下げた。

 ガ━━━━━━Σ(゚д゚lll)━━━━━━ン!!! 何なんだ、一体!? いや、そのまんまでしょうけど・・・。

 週プロmobileからの新着情報メールに「本日、嵐逮捕を受けて全日本緊急会見」と書いてあってビックリしましたよ。

高木功 - Wikipedia
1988年3月31日のハル園田戦に本名の高木功でデビューする。その試合で早速ジャイアント馬場の目に留まり、タッグパートナーに任命されるという大抜擢を受ける。そして馬場とともに参加した世界タッグ五輪2では、世界の強豪24チームが参加する中4位と大健闘した。

その後タイガーマスクが決起した革命軍に参加し、苦戦する中でも天龍源一郎に突っ込んでいき、評価を上げた。このときの天龍からのしごきは成長の元となる。

1990年に天龍の立ち上げたSWSに参加し、全日本プロレスを退団する。その後もPWC、SPWF、WARと渡り歩き、WAR認定6人タッグ王座も戴冠する。その最中に覆面レスラーの嵐に変身する。この間冬木弘道に敗れた罰ゲームとして、橋の上から隅田川に飛び込んだこともある。

2001年8月19日の後楽園大会で全日本プロレスに電撃復帰。(以下略)

 ウィキペディアでは現在はこういうふうに書いてありますけど、タイガーマスク(二代目・三沢光晴)らが興したのは革命軍ではなく決起軍。天龍に突っ込んでいったのも決起軍解散後。全日本プロレスは天龍らよりも先に退団していたはず。SWS入団まで結構ブランクがあった。

 また、ここでは「PWC、SPWF、WARと渡り歩き〜全日本プロレスに電撃復帰」と簡単に書いてあるが、PWCからSPWFへもかなりブランクがあり、WARから全日本復帰も1年以上ブランクがある。

 で、その間何をしていたかというと、用心棒稼業をしているんじゃないかという噂が立っていた。大麻をどこで手に入れたかは知りませんが、プロレスラーを休業していた間のコネクションだったんでしょうね。

 とにもかくにも残念です。相撲出身者とは思えないブリッジで、PWC時代には『スープレックスとニールキックの神様(どういう神様だよ・・・)』という異名を持っていただけに・・・。


【その他気になったニュース】
元「いいとも青年隊」イワン大麻所持「知人から…」(ZAKZAK)
 (ノ∀`) アチャ-。イワンも大麻で逮捕かよ。
ヴァン・ダムに30日間出場停止(日刊スポーツ)
 RVDはマリファナ。日本に比べたら罪は軽いが・・・。

●もうこういうニュースはたくさんです/人気ブログランキング

2006年07月04日

武藤敬司は「死んでも文句は言わない」という誓約書を書かされていた!

 こんなサイトを発見。

Theme No.3【連載】好きが高じてわらしべ社長/全日本プロレスリング 代表取締役 武藤敬司 俺はリングの「仮面ライダー」だ!(Yahoo! JAPAN PR企画 - [月刊チャージャー])

 俺はリングの「仮面ライダー」ですか(;・∀・)。武藤さんカッコイイじゃありませんか。

 これ、かなりのロングインタビューですよ。3ページに分かれてますからね。例によって気になった部分を引用してツッコミ入れますけど、出来れば全文ご覧になることをお薦めします。

ガキの頃、仮面ライダーの強さに憧れていたんだ。ウルトラマンよりも好きだったな。ウルトラマンは闘うときに巨大化しちまうけど、ライダーは等身大のままだろ? 将来は仮面ライダーになりたいって本気で思ったもんだよ。親戚のおばさんにそう言ったら「市立病院で改造人間にしてもらえるよ」なんて教えられちゃってさ。マジで行こうかと思ったもの。

 ヒザだけでも改造してもらってればねぇ・・・って違いますね。また、「小6の頃には、体育館の端から端までバック転でいけたからな」という武勇伝も披露。

高校を卒業する頃にはいろんな大学から引き合いが来たよ。迷ったけど、結局どこもお断りした。俺、運動部のタテ社会って好きじゃないんだよね。誘いに来る大学からはその匂いがプンプンしてたし、「耳が変形するまで練習しないヤツは、石でムリヤリつぶされる」なんてウワサも聞いたりしてさ。で、仙台にある柔道専門学校に行くことにしたんだ。知り合いの接骨医から、骨接ぎの資格が取れるって聞いたんでね。

 接骨院に勤めていたのは有名な話ですが、もし大学で柔道をやってたらどうなってただろう。

卒業して、接骨院にインターンとして入った。参ったね。俺みたいな若造が、じいさんばあさんから「先生」って呼ばれるんだぜ。おまけに、専門学校までは柔道漬けだったのに、先生になった途端に体を動かさなくなるだろ? 診察の緊張感と相まって、すごくストレスがたまった。そんな頃だったかな。知り合いの接骨院に、新日本プロレス(以下、新日)の選手がよく来院するって聞いたんだ。そこの院長に頼み込んで、顔つなぎをしてもらった。それが、プロレスとの縁の始まり。

考えてみるとさ、テレビや漫画に影響されたとか、誰かの意見を聞いたとかじゃなく、自分で自分の道をきっぱり決めたのは新日入団が最初だったかもな。ま、入団の誓約書に「死亡しても文句を言わない」って書いてあったのはビビッたけどさ。

 「死亡しても文句を言わない」・・・((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル。まぁ「死人に口無し」ですから文句は言えないわけですが(苦笑)。それにしても、おっそろしい誓約書ですね。まぁ遺族から訴えられた場合を想定しているんでしょうけど、そりゃビビるわなぁ・・・。

 その後、他の練習生なら辞めると言っても引き止めない山本小鉄さんに引き止められた話、橋本真也さんの後輩イジメの酷さ(苦笑)、アメリカ武者修行でプロレスに覚醒したことを語り、プロレス観を。

プロレスと格闘技をごっちゃにしてる人もいるみたいだけど、まったくの別物なんだよ。格闘技は純粋な競技。K-1やPRIDEはいわばオリンピックだ。プロレスはもっと懐が広くて、リングに限らず会場全体をフルに使って演出するもんなんだよ。きちんとストーリーを作り、キャラクターを作り、試合をひとつの作品にするんだ。それでこそ、お客さんの盛り上がりが生まれる。

俳優として映画に出たことが何度かあるんだけど、やっぱり監督の手中にある駒にすぎないって感じがするんだ。プロレスなら、主演の俺がシナリオも作るし、演出も照明も全部自分のプランでやれる。この面白さを超えるもんはねえな。

 もう、この辺は猪木と完全に違う部分ですな。猪木は「プロレスも格闘技も同じ“闘い”だ」という考え方ですから。もう猪木的な考えは古い・・・というか通用しないでしょう。

毒霧とペイントのキャラクター、グレート・ムタが生まれたのもテキサスで、だった。「ムタ」って名前の由来は単純でさ。あっちでは、「ムトウ」が発音しにくいらしいんだな。アナウンサーによって呼び方が違っちゃうんで、「ムタ」に統一したんだ。こないだモト冬樹さんと話したんだけど、あの人も本名は武藤なんだってね。俺と同じネーミング手法ってわけだ。俺も一歩間違えたら、「グレート・モト」になってたかもしれないな。

 2ページ目には「モト冬樹とグレート・ムタの共通点とは。」という見出しだったんですけど、明らかに制作者は狙ってますよね(笑)。

体なんかボロボロになるだろ? 俺、膝がやられてるから300メートル以上続けて歩けねえもん。たまに弱気になってさ、引退して骨接ぎやろうかとか、親父が植木屋やってるんでそれを継ごうかとか、考えちまうんだよな。

 300メートル歩けないという話は『特選格闘技』にも載ってたことありましたが、知らない人はまだまだ多いのでは。確か階段を上り下りするのも一苦労だから、飲食店などでインタビューする店を選ぶ場合、階段でないと辿り着けない店はNGだと書いてあったような。

 そして社長になってからのボヤキ話から、未来の話へ。

今取り組んでいるのは、中国人版の力道山を育てること。アジア全域に打って出るのがひとつの目標なんだけど、そのためには現地人が肩入れできるレスラーを作り上げなきゃな。そいつと日本人レスラーをぶつけたら、反日感情もあって盛り上がると思うんだけど(笑)。こないだ、中国の学校の先生にプロレスの話をしてきたんだよ。生徒にプロレスのビデオを見せて、感想文をそのうち送ってくれることになっている。草の根から、プロレス文化があちこちに根付いていくといいよな。

 ガハハ! 反日感情をビジネスに結びつけますか(笑)。でも新日本も中国遠征を計画してたけど断念してるし、K-1だって去年は上海大会の計画を取り止めたし。向こうで興行やっても儲かるとは思えないし、武藤も反日感情煽るようなことしたら、下手すると向こうの人間に刺されますよ。ちょっと心配だな。

 あれ、そういえば猪木も何年か前に中国の大男をスカウトしようとしてなかったか? ヒマラヤの雪男だったけ? まぁどうでもいいや(苦笑)。あと、馬場さんが健在だったころの全日本も台湾出身のレスラーを育てようとしましたけど、失敗に終わりましたよね。

 ただ、明るい話題の少ない全日本ですけど、武藤のやる気は失われていなかったようで少し安心した次第です。さて、本日は大田区体育館で全日本の試合が行われたわけですが・・・。

全日本プロレス「CROSSOVER’06最終戦」(スポーツナビ)

 なんと小島が三冠陥落! 両国のカードはどうなるんだ? 新王者ケアは川田を挑戦者に指名しているが・・・。


【その他気になったニュース】
蝶野 新日に不信感、全面戦争も…橋本真也さん一周忌法要(スポーツ報知)
 ちゃんと一周忌法要に行っている蝶野は偉いなぁ。もっともケガで欠場してたから行けたのだが。

7/9 岐阜大会〜橋本真也メモリアル・ありがとう破壊王(新日本プロレス)
 献花台を設置するとのことで、来場される方は御花を・・・。

ZERO1夏の祭典「火祭り’06」対戦カード決定(スポーツナビ)
 なぜか青森大会にだけ中西が特別参戦。

キングスロードが活動停止!? 対抗戦でZERO1軍に完敗(スポーツナビ)
 7月1日の話ですが、PRIDEの裏なのですっかり忘れてた('A`)。KRは「負けたら団体活動停止」だったので、ここはお約束でKRが勝つと思ってましたよ、さすがに。ZERO1軍は大谷や大森、高岩らがいないから負けても傷は浅いし。なのに負けるとは・・・。

絶対に(宮本和志の王道プロレス探索日記)
絶対に負けない!!絶対にギブアップなんかしない!!

まだまだ絶対にキングスロードは活動停止なんかしない!!


絶対に絶対に絶対に負けない!!

 いや、負けたんだってーの(笑)。いやぁ、それにしても物凄いギャグ団体だな、KRは。でもこの後の展開が楽しみになったのは確かだ。

藤波辰爾さんの進退状況について(新日本プロレス)
 ようやく新日本が公式に藤波の退団を発表。サイモン・ケリー猪木名義で「この様な結果になり大変残念に思います」と書いてあるけど、辰っつぁんはアンタの退陣を要求してたんだよ(苦笑)。本心じゃないでしょうな。

●格闘技世界一決定戦(苦笑)の記事はこの次に・・・/人気ブログランキング

2006年06月30日

武藤敬司、移籍!(ただし、ブログだけど)〜その他プロレス情報

Yahoo! JAPAN×全日本プロレス、さまざまなコラボ企画を開始 〜武藤敬司ブログなど(RBB NAVi)
 Yahoo! JAPANが全日本プロレスが、夏のシーズン盛り上がりを前にして、さまざまな協力企画を開始した。

 まず6月27日に、全日本プロレス代表、武藤敬司のオフィシャルブログ「プロレスLOVE日記」がYahoo!ブログに開設された。

 続く6月28日には、Yahoo!アバターで全日本プロレスオリジナルアイテム(全8アイテム)が提供を開始。

 そして本日6月29日には、Yahoo! 360°内に全日本プロレスのオフィシャルコミュニティ「全日本プロレスについて語ろう」がオープンした。全日本プロレスとファンこのコミュニケーションの場として用意されたものだ。

 3日連続のこの企画、明るく楽しく激しく新しい全日本プロレスファンならYahoo! 360°にさっそく集合だ。

 『ハローキティ』でおなじみのサンリオとの提携に続いて今度はYahoo! JAPANですか。武藤社長、ブログを移籍のようですよ。

 これがこれまでのブログ。

武藤社長日記

 更新は6月20日で止まっている。で、こちらが新しいブログ。

Yahoo!ブログ - 全日本プロレス・武藤敬司「プロレスLOVE」

 「2006/6/27(火) 午前 0:26」に最初の書き込みしていますな。しかし、これまで告知されてなかったせいか、訪問者はまだまだ少ない。コジログとかカズ・ハヤシブログとかも移籍するんですかね?

 ちなみに現在全日本の公式サイトの「LINK」をクリックするとこうなっています。

LINK(全日本プロレス公式ホームページ)

 武藤社長日記がまだ載っていますな。そして、「SERVICE MENU」をクリックすると・・・。

SERVICE MENU(全日本プロレス公式ホームページ)

 こっちに新・武藤ブログへのリンクが載っていた。「Yahoo!アバター×全日本プロレス」や、Yahoo!動画へのリンク、Yahoo! 360°なるSNSコミュニティへのリンクも。サイトには近日スタートと書いてあるが、RBB NAViの記事にもあったように本日スタートのようだ。公式サイトをリニューアルしたのってYahoo!と提携したからなんですね。私、Yahoo!でホークスのネット中継とかたまに見ることあるんですけど、ビッグマッチをインターネットライブする日も近い? だとしたら大変ありがたいんですけどね。

 全日本といえばこんな情報も

渕、YASSHIに健介と一騎打ち指令=全日本プロレス(スポーツナビ)

 大田区で実現! こりゃまた異色カードだ。


【その他気になったニュース】
剛竜馬参戦!7.23後楽園一部カード決定(DDT XXXch)
剛竜馬友情参戦決定!
7月23日後楽園ホール大会 一部決定カード

○鶴見五郎引退カウントダウン試合に関する試合
剛竜馬(友情参戦) vs マッスル坂井(高木三四郎に次いで鶴見五郎にお世話になった者)

※鶴見五郎の引退に花を添える形で、鶴見五郎の友人である剛竜馬の参戦が決定いたしました。また、対戦相手は鶴見五郎が「現在の一番弟子」と言ってはばからないマッスル坂井となります。

○鶴見五郎引退カウントダウン試合
鶴見五郎&高木三四郎 vs 未定

 剛竜馬キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

天山&棚橋選手・帝王賞プレゼンター敢行!(新日本プロレス)
競馬場は初めてという天山選手。「お客さんの熱気と多さにビックリしました、でもまた、プライベートで来て見たいです」と興奮気味にコメント。棚橋選手は「馬の筋肉にビックリしました、これからは、馬の筋肉が目標です」

 天山はパチンコ専門か・・・。棚橋は馬の筋肉が目標なんじゃなくて馬の○○○が目標なのでは・・・(苦笑)。

曙がG1出場へ 中邑は欠場(デイリー)
 曙さん、G1に出るのかね?

IWGP暫定タッグ王者決定トーナメント&曙選手参戦決定〜次期シリーズ概要記者会見(新日本プロレス)
 とりあえず次期シリーズには出るようだ。HERO'Sの練習しなくていいのか? 永田さんはサイモン社長にG1タッグリーグ復活を提案。

第17代NWAインターコンチネンタルタッグ王者〜中西学・大森隆男組記者会見(新日本プロレス)
 で、7.17札幌でこのふたりがIWGP暫定タッグ王者に挑戦か。

星野総裁「WRESTLE LAND」壊滅へ向けての所信表明!(新日本プロレス)
 この時期に壊滅と言われてもシャレにならんぞ(^ω^;)。あと壊滅と言ってる割には盛り上げようと必死だし。新規ファンを獲得しようというコンセプトなのに、レイ・コブラ、マスクド・ハリケーン、マスクド・カナディアンなんて昭和のレスラー復活させたり訳解らん。

ハッスル・キングメモリアル6人タッグトーナメント参戦選手決定!(ハッスル)
 これ、チーム間違っている・・・。後で直すと思うけど。
狩り族最強3人衆が金アフロ争奪に名乗り=ハッスル(スポーツナビ)
 こっちが正解。
■ハッスル・キングメモリアル6人タッグトーナメント

【参戦選手】

<ハッスル軍>

・チームハッスル・キング:大谷晋二郎、田中将斗、安田忠夫

・ハードコアブラザーズ:金村キンタロー、黒田哲広、本間朋晃

・チームヤングハッスル:日高郁人、横井宏孝、どっこい浪口

<高田モンスター軍>

・チーム6m:佐藤耕平、ジャイアント・バボ、ゴモラ

・“KATAKARI率いる”狩り族最強3人衆

<坂田軍団>

・天龍源一郎、坂田 亘、崔 領二

※優勝チームにはゴールデン・アフロ贈呈

 ゴールデン・アフロは郷野から借りてくるんじゃないだろうね?

山田優「だれかをけりたくなった」(日刊スポーツ)
 タレント山田優(21)が29日、都内で、映画「アキハバラ@DEEP」(源孝志監督、9月2日公開)の撮影を行った。社会からドロップアウトした若者5人の再生を描く。

 山田はヒロインの格闘家を演じ、ミスター女子プロレス神取忍(41)が演じるプロの格闘家と対決する。山田は「練習でいいキックとほめられ、本当にだれかをけってみたくなった」。神取も「センスがいい。うちのリングに上がってほしい」と格闘家山田を絶賛した。

 山田優がLLPWに!? 平均年齢が一気に下がることは確かだが(苦笑)。

●山田優のギャラは高いと思う・・・/人気ブログランキング

2006年06月14日

全日本プロレスとK-1が共に怪しい商品を発売

武藤モデルの栄養ドリンクが今秋新発売(日刊スポーツ)
 全日本の武藤敬司(43)をモデルにした、栄養ドリンク「グレートマカ」が、今秋新発売されることが12日、分かった。全日本と3月に業務提携を結んだあすなろ舎が、滋養強壮に効く植物マカをベースに栄養剤を販売していたサンリオと協力して実現。パッケージとドリンク表面に武藤の、裏面にグレート・ムタの写真が張られる。1本80ミリリットル入りで1000円で販売される。

 5月に行った初のメキシコ遠征がきっかけだった。現地で連日3試合に出場。疲労が蓄積した際にマカドリンクを飲み、エネルギー源にした。もともとメキシコ人レスラーたちの、活力の源を知りたい一心から試飲した。効果は抜群で、帰国した際には「秘薬」として関係者に紹介した。「ビジネスというより、メキシコに行ったことを無駄にしたくなかったから」と、武藤の意見も取り入れて新商品を開発しているという。“マカ不思議”なパワーで財政面でも体力面でも団体を支える。

 結局“秘薬”はリング上で使うわけじゃなくて商売のために使うわけね・・・。

武藤の「メキシコの秘薬」よりも「エジプトの秘薬」の方が凄いと思う(2006年05月22日)

↑ここでは、「試合前に飲むか」なんて言ってましたが。FMWが末期に健康食品売ってたこと思い出したのはオレだけ? そういえば存続が危ぶまれているハッスルも「アリシンZ」なんて怪しいドリンクを発売していた。プロレス団体がこういう事業に手を出すと痛い目に遭うというジンクスは作らないでいただきたいものです。

 「マカ」って検索すると、どうも下半身事情に効果がてきめんな食品なようで。子宝に恵まれない夫婦が飲用したりするもののようですが、売れるのかね?

 宣伝のために試合で武藤がピンチになった時にリング上で「グレートマカ」を飲用→突如元気になって対戦相手を叩きのめすというネタもアリといえばアリ(笑)。グレート・ムタが「グレートマカ」を毒霧に使用→相手に噴きかけたらかえって元気に、というネタもアリ(笑)。

 サンリオと協力ってのも凄いですね。ところで業務提携した「あすなろ舎」ってどんな所だ? と思って検索したら、こんなの発見。

ご当地キティのあすなろ舎 子猫屋 WebSite

 なんじゃこりゃ(^ω^;)。栄養ドリンクを作るイメージからは掛け離れ過ぎ。

マスコット&フィギュアの世界

 Googleだとこのサイトも上位に来た。「LINE UP」をクリックすると・・・。

マスコット&フィギュアの世界【全日本プロレス武藤ベアーTシャツ】

 あー、こんなの発売してたんだ。全然知らなかった。さて、全日本といえば小島聡がコジログでハッスル参戦について語っています。

シリーズを完走して・・・(コジログ)
次に待っているものは・・・ハッスル。賛否両論ありますよね、やっぱり。自分自身でも、この選択が正しかったかどうかはまだ答えが出てません。お前にはプライドがないのか?というメールも会社に届きました。でも、それはハッスルに出場している選手や関係者の方に失礼じゃないかなと思うんです。金目当てですか?というメールも届きました。

 しつこく批判的な意見があるんですねぇ。2年前に小島がハッスルに出てたこと知ってて言ってるんですかね。まぁ当時と比べて芸能人色が強まっていることを懸念している人もいるんでしょうけど。

全日本に還元できる部分があれば、そうしたいし。テレビ放送という部分も、もちろん魅力的ではありました。でもそれが無くなったからやめますじゃ、あまりにも寂しいなと思って・・・。以上が、今現在で語れるハッスルについての見解です。

 こういう裏表のない誠実さが小島の魅力。私は陰のある選手の方が好きですが・・・(猪木みたいに真っ黒なのは勘弁ですが)。

 結局ハッスルは「踏み絵」ってことなんですかねぇ。こういうところに各々のプロレス観がモロに出ますな。ま、ハッスルに嫌悪感を示すような人は確実にマッスルは見れないだろうな(笑)。あれはプロレス界最大の踏み絵でしょうね、今のところ。

 コジログ内でも嫌悪感を露にするようなコメントが結構多い。肯定派の人でも「ハッスルは嫌いだけど小島さんの選択を支持する」ってのが多いし。ま、コメント書くような人はほとんどが熱心なファンでしょうけど、こういう頭の固い人たちの意見ばかり聞いてるとマイナーな方向に行く一方ではないかと。これ以上言うのはやめとく(苦笑)。


 で、記事のタイトルにあるようにK-1も怪しい商品を発売。

K-1×ULTRASコラボTシャツ その名も“SAMURAI”発売(FEG)

 なんじゃこりゃ(^ω^;)。これ完全にサッカー日本代表ユニフォームのパクリTシャツじゃんwww。日本サッカー協会とかユニフォーム作っているメーカー(adidas)からクレーム来ないのか? 天下のK-1が便乗商売するとはいかがなもんでしょうかねぇ。

 サッカーに絡めて桜庭和志パブリックビューイングの続報。

サク応援団長も“頑張れ日本!”(スポニチ)
 格闘家の桜庭和志(36)が12日、さいたまスーパーアリーナで行われたサッカーW杯日本―オーストラリア戦PVの応援団長として日本代表にエールを送った。サムライ・ブルーのユニホームにジーンズ姿で登場。オーストラリアには長身の選手がいるが「体が大きいだけで、どこかに弱点がある。頭を使えば問題ない」とIQレスラーらしいエール。試合開始2時間前にもかかわらず集まった約1000人のファンも「サク」コールで応じた。

 たまアリに1000人!? 少なすぎないか?

桜庭「炎のコマ」で勝つ…8・5移籍デビュー戦6年ぶり必殺技解禁(スポーツ報知)
 1万2000人収容可能の会場には、試合2時間前ということもあり、サポーターは約300人とまばらだったが、桜庭への歓声は熱かった。昨年大みそかの「PRIDE男祭り」で試合をして以来のさいたまスーパーアリーナ。古巣・PRIDEの聖地でもある同所に再び戻ってきた。その古巣は現在、危機的状況だが、桜庭が過去を振り返ることはなかった。

 さ、300人・・・('A`)。いや、2時間前だから最終的に何人入ったかは知りませんよ。ただ、ニュースを見ても埼玉スタジアム2002とかヴェルファーレのパブリック・ビューイングの映像は流れても、たまアリは全然流れなかった。埼玉スタジアムも3万人とか4万人とか来るのかと思いきや1万6000人だったみたいだし、たまアリでやる意味なかったのでは? あ、ちなみに「炎のコマ」出せるような余裕のある相手との対戦は誰も望んでないと思われ。

視聴率は関東で49.0% W杯オーストラリア戦(朝日新聞)
 NHKで12日夜、生中継されたW杯サッカーの日本―オーストラリア戦の視聴率が13日、ビデオリサーチから発表された。関東地区は49.0%、関西地区は44.3%、名古屋地区は45.9%、北部九州地区は38.0%だった。

 サッカー中継の最高視聴率は、02年日韓大会の日本―ロシア戦(フジ系、関東地区)の66.1%。今回は史上7位の視聴率となった。

 関東地区の瞬間最高は午後11時36分の61.2%。中継したNHKによると、後半、柳沢敦選手が交代した場面という。

 視聴率も50%行かなかったか。WBCの時と違って全局これでもかと宣伝しまくってたのに、この数字ではヤバイんじゃないの? 北部九州地区なんて特に醒めてるよなぁ。


【その他気になったニュース】
PRIDE放送?スカパー結論持ち越し(スポーツ報知)
PRIDE&ハッスル放映問題は継続審議(サンスポ)
「PRIDE放送」依然闇の中(内外タイムス)
 あんまり結論持ち越しにしていると、某老舗プロレス団体の取締役みたいなことになっちゃいますよ(苦笑)。まぁでもこの調子だと7.1無差別級GPは放送しそうな気も。「プラチナチケット」問題もあるから決勝まではやってほしいものだが。ただ、一部報道にあるように清原邦夫氏が逮捕されるようなことがあったら即放送中止になる可能性も否定は出来ないでしょう。
どうなるPRIDE フジの放送中止(朝日新聞)
 しかし、有料放送を続けるスカイパーフェクTVも「対応を検討中」としている。フジテレビは格闘技番組やスポーツニュースで、PRIDEの話題を取り上げることもやめるため、観客動員にも響く。収入が減れば、高額報酬を支払えなくなり、有力選手が流出する可能性も出てくる。

 会見に来たファンの男性(19)は「事実無根というが説明が乏しい。こうやってファンを集めて乗せるというのは意図的」と話す。何よりもPRIDEを支えてきたファンの不信感を払わなければ創設10年で大きな危機を迎えることになる。

 朝日新聞も心配してますよ。わざわざ会見に行ったファンにこんなこと言われるようではダメ。榊原代表もあぁ言うしかなかったのかもしれないけど。でもこの期に及んでDSEが真っ白だと信じているファンは皆無でしょうね。
“PRIDEの怪人”と呼ばれた百瀬博教氏が、DSE−フジ問題を語る!(angle JAPAN)
 写真週刊誌『FLASH』もPRIDE問題を報道。あの百瀬氏が遂に重い口を開いた!・・・と言いたいところだが、新事実等は特に語ってない。あと、アサヒ芸能にもチラッと記事が載ってました。週刊ファイトもそうでしたけど、日本テレビとの密約説を書いてた。巨人戦が足を引っ張ってるせいで「振り向けばテレ東」状態の日テレですけど、世論のバッシングを無視してPRIDE放送しますかね?
“世界最強タッグチーム”のチーム3Dが来日「総統、小川、川田…誰でもかかってこい!」(ハッスル)
 チーム3Dは今回の問題について何も知らなさそう(苦笑)。ま、彼らにとっては約束通りのギャラが支払われればどうでもいい問題か。
鈴木健想選手への高木三四郎のコメント(DDT)
 「WRESTLE EXPO 2006」での対戦が噂されている両者。明日の新木場大会に来場するようです。ところで電流爆破デスマッチって大仁田が特許取ってるはずなんだけど、大丈夫なのか?
WRESTLE EXPO 2006
↑公式サイトもいつの間にか出来てた。
高山善廣が復帰戦=7.16ノア日本武道館(スポーツナビ)
 遂に復帰戦。いきなりキツイ相手だとツライでしょうが、武道館という器を考えたらそれなりの相手でないと・・・となる。難しい問題だ。
高田道場の打撃コーチです。(松井大二郎OFFICIAL WEB SITE)
フリーになっても高田道場で練習を続けてます。高田さんに「おまえは道場を辞めたんじゃなくて卒業したんだから今まで通り練習に来ていいから。」と言われました。 チェンもいるしトレーナーの佐藤のノブさんもいるし、今まで通り練習頑張ります!

 ありゃりゃ、松井って今でも高田道場で練習してるんだ!? じゃあ桜庭道場に移籍というわけではない? 会見に出席した54人のひとりでもあるし。謎だ。それにしても高田さん、アンタ男だよ!
永田裕志のセカンドバッグ(内外タイムス)
 PRIDEといえば、最近一部週刊誌で3年前の猪木祭りで主催者側とのトラブルが掲載されてたけど、実は、オレはその時の当事者なんだよ。あのイベントはひどかったなぁ。

 大会の2週間前に突然出場オファーがあり、気持ちを高めてヒョードル戦を受諾し、記者会見のため赤坂プリンスに向かっていたら急きょ会見キャンセルの電話があった。何やら怪しい噂も立ってきたので、出場辞退の意思を関係者に伝えたんだ。その後年末特番収録のためスタジオ入りし、番組内でかなり泥酔してしまいました。

 しかし収録後、オレは猪木会長に呼び出されたのです。そこであらためて大会出場を懇願されました。ここで、オレは初めて会長に口答えしたよ。

 「会長、僕はリング上では命を捨てれます。でもリング外では命を守りますから」と。すると会長は、「ヒョードルはダメだけどノゲイラに変えるから出場してくれ、頼む」と、頭を下げて言いました。しばらくの沈黙の後、オレは立ち上がり「やらせて頂きます。」と言うと、会長も「ヨシッ!」と突然の闘魂ビンタを一発。この光景を側で見ていた上井執行役員(当時)は、一言「うわぁ、カッコええわぁ!」。

 かくしてオレの猪木祭りでの対戦相手はヒョードルからノゲイラに変更されたかに見えました。ところが、まだまだゴタゴタは続いたのです。この続きは来週!

 な、永田さん! そんなことまでぶっちゃけちゃっていいの? 「怪しい噂」とか、「リング外では命を・・・」なんて、闇の組織を連想させるようなこと言っちゃって大丈夫なのだろうか・・・。永田さんが一番ガチだよ!

●「この続きは来週!」と言いつつ掲載されなかったりして・・・/人気ブログランキング

2006年03月24日

新日本と全日本が共に春の祭典の概要を発表

 全日本がチャンピオンカーニバル、新日本がNEW JAPAN CUPの概要をそれぞれ発表しました。

 まずはチャンピオンカーニバルから。

チャンピオン・カーニバル2006 日程(全日本プロレス)

 全部の日程を紹介するのもアレなので、序盤の3つを取りあえず。
  開幕戦 4月7日(金)18:30 東京・後楽園ホール
A:ケアVS諏訪魔/吉江VSブキャナン
B:小島VS中嶋/嵐VS鈴木

 4月8日(土)18:30 新潟・長岡厚生会館
A:武藤VS佐々木/ケアVSブキャナン
B:ディーロVSモーガン

 4月9日(日)18:30 東京・後楽園ホール
A:武藤VS吉江
B:小島VS鈴木/嵐VS中嶋

 同じ後楽園でも9日の方が圧倒的にカードが良い。Aブロックは混戦必至で見所多そうだけどBブロックは・・・小島vsみのると中嶋君の「チャレンジマッチ」が注目か。
4月15日(土)18:00 大阪・大阪府立体育会館第二競技場
A:武藤VS諏訪魔
B:嵐VSモーガン/中嶋VS鈴木

 後半の山場は大阪。諏訪間では1回武藤超え達成してますけど、諏訪魔でも超えられるか。

 小島が記者会見してます。

小島聡選手記者会見!!(一部抜粋)(全日本プロレス)
小島、CCでみのるにリベンジ宣言=全日本プロレス(スポーツナビ)
Aブロックに入った鈴木みのるには「試合後にたくさんしゃべれる状態にはしておかない」と3.10大田区体育館での暴挙に対するリベンジを宣言した。

 小島がみのるの顔写真にテープで×してるんですけど、これってパンクラス旗揚げ戦のポスターと同じデザインなんですよね、実は(笑)。船木と鈴木と・・・あとシャムロックのもあったかな。それぞれの口の部分にパンクラスの×マークを貼ったようなデザインだったんですよ。

 もしくはアレか? SWSが週刊プロレスを取材拒否したキッカケ(ていうかこじつけ)にした、ドーム大会の広告を意識したのかも! 天龍の顔写真の口の部分に「ドームで夢を見ろ!」の「夢」の部分を被せてしまったあの広告ね(我ながらネタが古いなぁ)。

 「試合後にたくさんしゃべれる状態にはしておかない」っていうのも田中八郎社長の「試合後に足元がふらつくようじゃないと私は許さない」という発言に対するオマージュ・・・そうか、小島はそんなことまで意識していたのか(ないない)。

 でもって、新日本。

【記者会見】「NEW JAPAN CUP 2006」概要発表記者会見(NJPW)
 4月16日(日)後楽園大会からスタートする次期シリーズ「NEW JAPAN CUP 2006」の大会概要が、サイモン・ケリー猪木社長から発表された。10日間に渡り、16名の選手がトーナメントで頂点を目指す。

 現在出場が決定している選手は、棚橋弘至(前年度優勝者)蝶野正洋(前年度G1優勝者)天山広吉 永田裕志 中西学 飯塚高史 真壁刀義 B・Sマシン 矢野通 山本尚史 長州力(リキプロ)石井智宏(リキプロ)スコット・ノートン(USA) ジャイアント・バーナード(USA)の全14名。他にフリー枠が2枠用意されている。

 あー、もう「春のG1」という素晴らしいサブタイトルは付かないんですね(苦笑)。残念です(ウソ)。日程はこちら。

【カード情報】次期シリーズ「NEW JAPAN CUP 2006」大会概要(NJPW)

 確か去年は5位・6位決定戦とか、7位・8位決定戦などという無意味なようで賞金額が微妙に違う素敵なカードも組まれていたのですが、今年はないのか。残念だなぁ(これもウソ)。

 昨年の優勝戦はヒロシだらけだった大阪府立体育会館。今年は昨年の不入りを踏まえて尼崎市記念公園総合体育館に格下げですか(とはいえそこそこデカイ)。なんか優勝戦直後の「NEW JAPAN CUP 2006 SPECIAL」の方が福岡国際センターとか京都市体育館とか器が大きい会場なんですけど・・・。

 優勝戦の尼崎は4.20ハッスル16大阪大会とニアミス。5.7京都は5.5PRIDE無差別級GP開幕戦とニアミス。なんかすっかりDSE包囲網にやられちゃってるような。老舗団体の意地を多少は見せてほしいものです。

●他のプロレス・格闘技ブログはこちらから。

2006年03月22日

神奈月がイジリーをフォール! 3.21全日本プロレスファン感謝デー

全日本プロレス「ファン感謝デー」(スポーツナビ格闘技速報)

 主催者発表1850人。2年前全日本後楽園観戦した時に7割ぐらいしか入ってなかったのに2000人と発表したことあったから、かなり苦しい入りではないかと推測。まぁこれも新日両国同様WBCの影響という言い訳ができますけど(苦笑)。

 お笑い芸人参戦をファンがあまり歓迎しなかったというのもあったのかもしれませんねぇ。

第3試合 武藤敬司presentsスペシャルタッグマッチ 30分1本勝負(スポーツナビ)
武藤敬司、○神奈月
(12分26秒 レフェリーを踏み台にしてのシャイニングウィザード→片エビ固め )
小島聡、イジリー岡田×

 意外にも(?)お笑い芸人同士の決着(苦笑)。客受けはそれなりに良かったのかなぁ。正直お客さんにも迷いがあったような気がする。そして、試合をしたレスラー本人も・・・。

感謝デーという名の謎掛け(コジログ2006.03.20)
確かにスペシャルだとは思うんだけど、自分はどのようなスタンスでこの試合に臨めばいいんだろう。神奈月さんとイジリーさんは、タレントであってプロレスラーではない。その人達が入っているカードなんだから、この試合はプロレスの試合とは言えないのだろうか。でも、あとの三試合はプロレスラー同士のカード。武藤さんが決めたカードなら、武藤さんなりの謎掛けが待っているのだろうか。ファン感謝デーという名前がついている事だし、完全に割り切って、笑いを取る試合をすればいいのだろうか。それとも、タレントの二人にプロレスの厳しさを教えるべきなのだろうか。

教える・・・って言ったって二人はプロレスラーじゃないのだから、意味のない事なのだろうか。

考えれば考える程、奥が深い。

楽しかった・・・けれど(コジログ2006.03.21)
ファン感謝デーが幕を閉じた。すごく盛り上がって楽しかったんだけど、心の奥の方にあるこのモヤモヤ感は何なんだろう。何となくだけど、いけない事をしてしまったような罪悪感が正直ある。なぜなら、試合中にモノマネをしてしまったから。神奈月さんに乗せられてだけど・・・。しかも萩原流行さんと新庄選手。ファン感謝デーだから、それでよかったのか。それともファン感謝デーでも、それはしてはいけなかったのか。真面目に考えすぎなのかなぁ。

 これがレイザーラモンHGやインリン様が相手だったら小島もここまで悩まずに済んだと思う。和泉元彌だったら悩んだかもしれないけど(苦笑)。

 やっぱり全日本はいくら馬場さんがいたころと全然違う団体とはいっても歴史があるから、芸能人の参戦には本能的に抵抗がある。ところがハッスルは、新しい団体で日本にエンタメプロレスを構築するという野望があり、高田総統や小川、橋本のお笑い路線が敷かれていたから芸能人がすんなり入っていける状態になっていた強みがあった。この差があったのでしょう。とはいえ、HGが健想よりも格上扱いにされるほどプロレスの才能があったことが大きいんだけど。

 ホント武藤さんは何がやりたかったのだろう? 武藤なりのハッスルへの対抗意識がそうさせたのか、それともハッスルのエンタメ路線に対するアンチテーゼだったのか。小島が書いてたように何も考えてないのかもしれませんけどね(苦笑)。

 その他にも全日情報アリ。

2006チャンピオン・カーニバル参戦全選手およびブロックわけ決定!
Aブロック
 武藤敬司(2002年、2004年優勝者)
 佐々木健介(2005年優勝者)
 吉江 豊
 諏訪魔
 太陽ケア
 ブキャナン

Bブロック
 小島 聡(2003年優勝者、現三冠王座)
 嵐
 中嶋勝彦
 ディーロ・ブラウン
 マット・モーガン
 鈴木みのる

 ファン感謝デーに行われた「2006チャンピオン・カーニバル」出場者決定「3WAY」マッチを中嶋君が制し、晴れて出場メンバー入り。それにしても、Aブロックに強豪が偏りすぎていないか?

北斗と渕に不倫疑惑「至急」メール届く(スポーツ報知)
 都内の全日事務所の業務用パソコンに「北ト」を名乗る人物から渕あてに、親密関係を思わせるメールが届いていたことが20日までに判明。関係者が入手したメールのコピーによると、題名は「至急」とされ、本文は「シークレット・至急〜」から始まる、どこかで見たような内容。また、文末には「北ト」と“署名”まで入っており「いつもみたいにスケジュールの都合はつく?」などと記述されている。ただ、差出人のアドレスなど、ところどころ黒く塗りつぶされており、関係者は「メールが本物かどうかは不明」という。

 2人は雑誌で対談するなど最近になって急接近。疑惑は深まるばかりだが、この件に関して渕は「何のことか分からない」と話している。なお、21日の東京・後楽園ホール大会で行われる全日本プロレスの「ファン感謝デー」で、渕はその鬼嫁の夫・佐々木健介(39)とタッグ戦で激突。会場には北斗も来場する予定で、2人の動向が注目される。

 ちょwww例の送金支持メールと全く一緒www。リンク先のメールのコピーが笑える(^ω^;)。

第4試合 タッグマッチ60分1本勝負(スポーツナビ)
○佐々木健介、カズ・ハヤシ
(26分20秒 逆水平チョップ→片エビ固め)
渕 正信×、AKIRA

 AKIRA、カズ、健介、渕の順で1人ずつ入場するが、渕はかぜか鬼嫁メイクの北斗の肩を抱いて入場。観客がどよめく。

(中略)

 渕は健介を逆さ押さえ込みに取るが、2で返した健介は北斗ボムの体制へ。AKIRAのカットにより渕が首固め2連発で攻める、健介はこれを返し、胸板への強烈な逆水平チョップから渕の体を押さえ込んで3カウントを奪った。

 なんじゃそりゃ。さらに・・・。
 試合後、健介は渕と握手をかわして健闘をたたえる。渕は「いやー。きつかった。今日はファン感謝デーだ。みんな上がってこい!」と出場全選手を呼び込むと、イジリーは三沢のままリングイン。さらに、健介&北斗に扮した双子のお笑い芸人ザ・たっちが登場する。
 武藤は「4月からチャンピオン・カーニバルが始まります。よろしくお願いします、今日はご来場ありがとうございました」と観客にあいさつした。
 ニセ北斗は「今日の夕飯は抜きにするぞ」と鬼嫁ばりに本物の健介をあおり、健介がニセ健介にチョップを浴びせると、ニセ健介はたまらずダウン。さらに、そこになつかしいテーマ曲が流れ、長髪時代の馳浩に扮した神奈月が登場。神奈月の「オレと組んでこいつらやっつけようよ」という誘いに健介も「ハセケン復活でやりましょうか」と応えた。
 最後は神奈月の先導の元、全員で記念撮影に収まり、なごやかムードで締めくくった。

 ザ・たっちかよ! ちょっと、ちょっとちょっとー!!


【その他気になったニュース】
大谷がAWA王座2度目の防衛に成功=3.21ZERO1-MAX(スポーツナビ)
 まぁ順当。また大谷vs大森になるのか・・・。
新ブランド「SEM」船出、ノアの未来がここにある 丸藤、KENTA、森嶋ら若手が中心に(スポーツナビ)
 340人定員の予定を急遽400席に増席したそうな。来月パンクラスで野地竜太と対戦予定の杉浦もボーナスマッチとして参加してる。
カラエフ来日できず、村上vs健介のシングル戦に変更=3.22BML(スポーツナビ)
 もうBMLのゴタゴタはどーでもいいや。それよりも、BMLのオフィシャルサイトにこのことがまだ書かれてないのはどうかと思うが。更新遅すぎますよ、いつも。
新間炎上(ターザンカフェ天才日記[2006年03月20日(月)] )
スポーツ新聞はWBC決勝点進出をはたした王ジャパンを大きく取り上げている。日本中がこの話題に大きな関心を持っている。

準決勝の韓国戦のテレビ中継は瞬間視聴率が50パーセントを超えたとか。でもボクの予想だとこのWBCは来年からはなくなるのではないのか?

そんな気がしてきた。王さんはパリーグで2年連続1位になりながらプレーオフで共に敗れて日本シリーズに出られなかった。

しかし今度は逆に予選の2次リーグで1勝2敗の成績なのに決勝戦に進出した。皮肉だよなあ、ホントに。

 あなたが予想しなくても来年はWBCありませんよ。次回は3年後、それ以降は4年ごとの開催が予定されてるんだけどねぇ。

 (  ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ

●当ブログのランキングを確認!/人気ブログランキング
banner_02.gif ←この記事が面白かった、役に立ったという場合はクリックを・・・
記事検索