2008年01月19日

オスカー・デラホーヤ引退ツアー第2戦でフロイド・メイウェザーとのリマッチ実現か

Golden Boy: The Fame, Money, and Mystery of Oscar De LA Hoya
Golden Boy: The Fame, Money, and Mystery of Oscar De LA Hoya

 先日、こんな記事を書きました。

「5階級制覇ボクサー」フロイド・メイウェザーがMMA転向か(2007年12月22日)

 これの続報。

De La Hoya will fight tuneup match in May(Yahoo! Sports)

 こちらによると、オスカー・デラホーヤの“引退ツアー”が5月3日、9月13日、12月の3回に渡って行われ、9月13日の第2戦でフロイド・メイウェザーと対戦することになりそうだとのこと。5月3日の対戦相手は現在3人に絞られており近日発表。会場はワールドカップ・メキシコ大会の決勝で使われたエスタディオ・アステカが候補に入っており、実現すれば13万人の前で試合をすることになるとのこと。9月のメイウェザー戦はラスベガスが濃厚だそうです。

 あーあ、半信半疑だったとはいえマーク・キューバンにだまされました(苦笑)。HDNet Fights立ち上げの時もいち早くヒョードル獲得をぶち上げていたし、大風呂敷を広げるのが好きなんですかね、この人。ちなみに以前ダナ・ホワイトは「金持ちのメイウェザーに投資させようとしているだけだ」と言ってました・・・。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 13:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

マイク・タイソンvs.イベンダー・ホリフィールド、3度目の対戦が実現か!?

タイソンはなぜ耳を噛み切ったのか (小学館文庫)
タイソンはなぜ耳を噛み切ったのか (小学館文庫)

IS TYSON-HOLYFIELD 3 IN THE NEAR FUTURE?(FIGHTHYPE)
(変訳)近い将来タイソン - ホリフィールド3度目の対戦が実現か?

 こちらによると、マイク・タイソンが最近のインタビューでイベンダー・ホリフィールドとの3度目の対戦をするためにボクシング復帰を示唆したそうです。現在のタイソンは映画と自叙伝の制作に追われているとのこと。ホリフィールドはOKしますかね? 耳を噛み切られたんだから、秋山にヌルヌルをやられた桜庭以上に許せない心境だと思うんですけど・・・。あと、ロートル同士の対戦なんだし今さら・・・。K-1参戦が噂された者同士でもありますな。


【その他気になったニュース】
Garcia Joins American Top Team(Sherdog)
 マルセロ・ガルシアがアメリカントップチーム入りするとのこと。打撃対策さえ出来れば・・・。

Butterbean to headline Rumble in the Cage(Jimmy Logan Events)
 1月26日、Rumble in the Cageなるイベントでバタービーンvs.トム・ハワードが組まれるとのこと。前座で「ナンシー・ケリガン殴打事件」や「全日本女子プロレス参戦未遂」やらでおなじみのトーニャ・ハーディングのMMAマッチが組まれています。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 01:45| Comment(5) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

出場停止処分後に世界王者になったボクサー

どつかれ者 - 殴られる科学
どつかれ者 - 殴られる科学


 亀田大毅に「がんばれ」と言うつもりはありませんが、ボクシング界にはこういう前例もあるようで続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

亀田一家に教えたい「謝り方講座」

daikiaware001.jpg

 本日も16本のニュースソースをお届け続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:05| Comment(4) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

さらば亀田史郎(笑)。処分決定まとめ

闘育論―亀田流三兄弟の育て方
闘育論―亀田流三兄弟の育て方亀田 史郎

おすすめ平均
stars日本の恥
stars親が子供をいじめるから、子供はいじめっ子になるんです
starsカスタマーレビュー
starsあいた口が
stars笑える

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↑レビューが面白すぎるんですけど(笑)。

大毅は1年、史郎氏は無期限ライセンス停止 史上に残る不祥事(サンスポ)
 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチで反則を繰り返した亀田大毅選手(18)=協栄=とその陣営について、日本ボクシングコミッション(JBC・安河内剛事務局長)は15日、東京都内で倫理委員会を開き、亀田大に1年間の出場停止処分、試合前に相手側を威嚇したなどとして父の史郎トレーナー(42)に無期限のセコンド資格停止処分を科すことを決めた。

 このほか、セコンドについた元世界王者の兄、興毅選手(20)を反則を指示するような言動があったとして厳重戒告処分、監督責任を問い協栄ジムの金平桂一郎会長を3カ月間のオーナーライセンス停止処分とした。世界戦で選手らが処分されるのは極めて異例で、日本ボクシング史上に残る不祥事となった。

 いやぁ、めでたいめでたい。“亀田ウォッチャー”のやくみつるさんも続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 01:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

高橋ジョージが内藤大助に理不尽ないちゃもん

 今日のサンデージャポンでこんなことがあった。



 応援していた亀田が完敗どころかバッシングだらけでファビョってます(笑)。ホント、とんちんかんなこと言ってるよなぁ・・・。大人の対応をした内藤は偉い。手のひら返しのテリー伊藤もアレだが。

ノーモア亀田!反則防止3カ条提案へ(日刊スポーツ)

内藤陣営が“亀田パパ追放作戦”(スポニチ)

人気急上昇!内藤にCMオファー(スポニチ)

「亀田兄弟はオヤジのもとを離れるべき」猪木氏が独自見解(スポーツナビ)

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

亀田大毅イジリとりあえずファイナル~Wikipediaが荒れた件について



 しかしこの一家はネタが尽きんなぁ・・・。明日以降はググッとニュース減るだろうけど。というわけで内藤vs大毅、暫定的に最後のまとめ続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 01:13| Comment(4) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

内藤大助 vs.亀田大毅の反則行為について(音声あり)

亀田戦視聴率、関東で28%、TBSに抗議1500件(MSN産経ニュース)
 11日夜に毎日系で中継されたWBC世界フライ級タイトルマッチ、内藤大助対亀田大毅戦の平均視聴率が、関東地区で28%、関西地区で32.3%、だったことが12日、ビデオリサーチの調べで分かった。瞬間最高視聴率は、いずれも試合結果が出た午後8時47分ごろで関東37.5%、関西40.9%だった。

 キー局のTBSには、試合終了から12日午前9時までに約850件の電話と約600件のメールが届き、「試合開始までが長すぎる」「実況や解説が亀田選手寄り」など、大半が苦情だったという。

 まぁ、この視聴率にもTBSお得意のカラクリがあって、続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 13:08| Comment(6) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

亀田大毅、案の定内藤大助に完敗・・・で、切腹は?

071011_001.jpg

 まぁ舌出すのはいいとしても、

071011_002.jpg

 “エクスプロイダー狙い”で反則取られてたら続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 22:23| Comment(5) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

内藤大助の亀退治に大いに期待すると同時に大毅はこれがラストマッチになるという噂もetc.

亀田大毅が王者内藤に挑戦(日刊スポーツ)
 WBC世界フライ級王者内藤大助(32=宮田)-同級15位亀田大毅(18=協栄)が10月11日、東京・有明コロシアムで行われることが16日、発表された。

 会見には大毅とトレーナーの父史郎氏、協栄ジムの金平会長が出席。初の世界挑戦となる大毅は「小さいころからの夢だから、絶対にものにする」と力を込めた。王者内藤のスタイルをゴキブリに例えて「ゴキブリ退治や」と言い放った。

 亀田兄弟は17日からメキシコ合宿に出発するため、急きょ会見が設定された。北海道に帰省中の内藤は会見に出席しなかったが「ファンの喜ぶ試合をしたかったから」と対戦決定を歓迎した。

 ボクシングの場合舌戦は付き物かもしれないが王者に向かって「ゴキブリ」はないわ(苦笑)。後で恥をかくのは自分なのにねぇ。

大毅「KOする」内藤に挑戦発表(スポニチ)
 記者会見した亀田大は変則的な動きをする王者について「あいつは打たれ弱いし、パンチ力はおれの方がある。KOする。試合後はピアノの弾き語りをしたいな」と自信満々だった。

 いやぁ、ピアノを弾く機会なんてないでしょ(笑)。

話題性狙った2億円興行 王者側にも魅力十分(スポーツナビ)
 金平会長によると、両者のファイトマネーは総額2億円を超え、入場料収入からの追加分を含めると3億円近くになる可能性もあるという。これは1994年のWBCバンタム級王座統一戦、薬師寺保栄-辰吉丈一郎の3億4000万円に次ぐ規模。タイの前王者側にあった内藤の防衛戦の興行権を買い取り、今回の一大興行が実現した。

 ホントかよ。

10・11有明 内藤大助×亀田大毅(拳論!取材戦記)
 やっと発表との感もあるが、試合の約2ヶ月前という時期は妥当なタイミングで、決定までの紆余曲折が実は宣伝効果を狙った意図的なものという業界情報は当たっている可能性が高い。両者のファイトマネー総額が2億円を超すという金平会長の発言も、その割りに会場設定が小さいのと、興毅ランダエタで囁かれた1億円のハッタリを思えばこれも必死の宣伝材料と見るべきだろう。

 うーん、そうだろうなぁ。でも金額がこれより低くても内藤が初めて高額ファイトマネーを得られるのは喜ばしいこと。しかもこんなにオイシイ相手。

大毅はこの試合がラストマッチになるとの情報があるので「世界戦だけは負けてしまった」というダメージ最小限の経歴で生きていくというわけですか・・・いやぁこんなものにはとても感情移入はできないです。

 ああ、「負けたら即引退」ですか。元々「三兄弟で最もボクシングの才能がない」と言われてたわけだから悔いもないでしょう。仮にそうじゃないとしても内藤には大毅に「二度とボクシングをやりたくない」と思わせるような試合を期待してます。


【その他気になったニュース】
 16万8000人の前でハッスル続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 02:00| Comment(7) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

祝・内藤大助WBC世界フライ級新王者に

内藤、判定勝ちで新王者 WBC世界フライ級(スポーツナビ)
 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦は18日、東京・後楽園ホールで行われ、挑戦者で同級6位の内藤大助(宮田)がチャンピオンのポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)に3-0で判定勝ちし、タイトル奪取に成功した。
 内藤はポンサクレックに2002年4月、05年10月に続く3度目の挑戦で悲願の王座に就き、戦績を35戦31勝(20KO)2敗2分けとした。32歳10カ月での世界王座獲得は、35歳でWBCフェザー級王者となった越本隆志に次いで、日本選手2番目の年長記録。日本のジムに所属する現役世界王者は5人となった。
 ポンサクレックは18度目の防衛に失敗、01年3月に奪ったタイトルを手放した。


 スポンサーを公募してドン・キホーテらが名乗り出てくれテレビもギリギリでTOKYO MXの放送が決まったこの試合。いやぁ、感動した。ポンサクレックは17回も防衛してる英雄で次の次の試合のスケジュールまで決めてるほどだったのに。2002年の挑戦なんて1ラウンド37秒でKO負けしてるのに5年後にリベンジを果たすとは誰が予想しただろう。とにかくめでたい。

内藤大助公式サイト

 こちらが公式サイト。

B:Tight!-ビータイト・ラジオ

 こちらで「3度目の世界挑戦」に賭ける決意を語っているのだが、亀田一家へのイヤミが面白い。

070715_202947.jpg

 かつてはこんなポスターで挑発したこともあった。

 これで世界フライ級はWBAが坂田健史が獲り、WBCは内藤大助が獲った。これであの兄弟も日本人対決を避けられなくなりましたね(・∀・)ニヤニヤ。四面楚歌になったあの一家はどうするつもりなんでしょうね(・∀・)ニヤニヤ。

 ま、そんなことはどうでもよく今日は純粋にボクシング史上に残る試合でした。おめでとうございます。

人気blogランキング
posted by ジーニアス at 21:41| Comment(6) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

亀田\(^o^)/オワタ。平均視聴率14.1%の謎

 昨日の19~21時の視聴率。

NHK
13.7% NHKニュース7
*9.7% クローズアップ現代
14.7% ためしてガッテン

日本テレビ
11.8% 笑ってコラえて
*9.8% 今田ハウジング

TBS
*7.0% 亀田興毅vsイルファン・オガー(19時台)
14.1% 亀田興毅vsイルファン・オガー(20時台)

フジテレビ
15.9% クイズ!ヘキサゴン
16.1% はねるのトびら

テレビ朝日
10.2% 愛のエプロン
*9.1% 銭形金太郎

テレビ東京
*6.9% プロ野球セパ交流戦・日本ハムvs巨人

 さすがTBS。低視聴率をごまかすために19時台と20時台で分けるなんてセコすぎる! 単純に足して2で割れば10.55%だからK-1MAXやHERO'Sの方がよっぽど高いじゃん! この急落ぶりはシャレにならんなぁ。

 もうひとネタ。

『斉藤つよしと仲間たち』 Vol.4 前田日明 KeyHoleTVで放送中!

 先日書いた前田の長男誕生をいち早く載せた斉藤つよし氏のサイト。WMPで対談が動画が見れます。約17分。斉藤氏は民主党党員なのに堂々と鳩山家批判(世襲批判)しているのが前田らしい(笑)。来年中にリングス復活すると宣言しているが、今の前田はFEGの後ろ盾がないと何も出来ないし、田村や高阪が協力するとは思えないし、金原も年内引退だし・・・どうなることやら。

人気ブログランキング
posted by ジーニアス at 12:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

亀田興毅が金本アニキに“弟子入り”志願



興毅、金本アニキに“弟子入り”志願(スポーツ報知)
 年内2階級制覇を狙うプロボクシング“浪速の闘拳”亀田興毅(20)=協栄=が21日、故郷凱旋試合(23日)に向けて大阪入りし、プロ野球・阪神の鉄人、金本知憲外野手(39)へ、“弟子入り”を志願した。

 下位低迷のダメ虎に直接ゲキを飛ばす決意だったが、阪神は22日から福岡でソフトバンクとの交流戦で不在。話題は20歳代の血液年齢を持つアニキに移り「おれも自己流でやってるけど、ホンマすごいわ」と驚嘆。25歳までに日本人初の3階級制覇を目指す興毅は「長くトップやろ。その秘けつを教わりたいで。会って話を聞きたいわ」と熱望した。(以下略)

 えー、プロレスファンは一瞬新日本の金本のことかと勘違いしたことでしょう。かく言う自分がそうでした(笑)。まぁ亀田は金本浩二のことなんて知らねーか。

阪神金本、亀田の弟子入り志願にビックリ(日刊スポーツ大阪)
 阪神金本は21日、遠征先の博多で驚きを隠さなかった。突然の弟子入り志願に「何とも言えんなあ。3兄弟の何番目? 関心を持ってくれるのはうれしいこと。聞きたいことがあれば、答えてあげたい。代わりにメンチの切り方、教えてもらおうか」。

 試合と重なり、亀田の試合をリアルタイムで観戦したことはないという。だが生粋の格闘技好きでもあり、世界王者からのオファーに心が弾んできた。それだけに、いい加減な気持ちでは対面できないという責任感もある。「何を聞きたいのかな。世界が違うから、おれの考え方が正しいかどうかは分からない。同じ世界(野球界)でも絶対に正しいとは言い切れないしな」と真剣に考え込んだ。

 阪神金本が「3兄弟の何番目?」と訊くとは意外。しかも12月に試合したこともあるんだからリアルタイムで観戦する機会もあったのに。自分の知名度に自信持ってる亀田は少なからずショックでしょう(笑)。

亀田興毅、久々23秒のメンチ切り!=ボクシング 大阪凱旋試合、前日計量(スポーツナビ)

 「あぁ、明日試合なんだ」って感じ。今回もチケットの販売は芳しくないらしいし、注目度は試合の度に下がる一方。視聴率は17%ぐらいと予想。

「高校6冠」大迫が協栄ジムに移籍(スポーツナビ)

 ああ、なんか「長いものに巻かれろ」的な臭いを感じる・・・。

人気blogランキング
posted by ジーニアス at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

竹原慎二のブログは面白い・・・じゃあの。

広島弁全開の竹原慎二ブログ、コメント欄にも「じゃあの」が氾濫。(Narinari.com)

 全文読んだ方がいいと思うので引用はしません。リンク先をどうぞ。3月28日に始まったばかりの竹原慎二ブログが大反響を呼んでいます。

竹原慎二 オフィシャルブログ

 しょこたんぶろぐばりの更新頻度だ。名作をピックアップ続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 00:37| Comment(4) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

イノキ・ゲノム出場予定だった(?)ボクサーが復帰!

HIV感染ボクサーが復帰、TKO勝ち(日刊スポーツ)
 エイズウイルス(HIV)に感染して引退した元WBO(世界ボクシング機構)ヘビー級王者のトミー・モリソン(米国)が22日、米ウェストバージニア州チェスターでの4回戦で11年ぶりに復帰し、2回TKO勝ちした。

 38歳のモリソンは96年にエイズ感染が確認されて引退した。復帰戦に向けて数回にわたり検査し、すべて陰性だったと主張している。

 ボクシングファンでなくともトミー・モリソンの名前をご存知の方は多いことでしょう。日本でも「ロッキー・ザ・ファイナル」の公開が間近に迫ってますが、彼は「ロッキー5」で一躍有名になりましたからね。

 ところで、そんなトミー・モリソンがイノキ・ゲノムに出場する予定があったことを覚えている人はそんなに多くないでしょう(苦笑)。

9/1日本武道館で“格闘技世界一決定戦 2006”を開催!(新日本プロレス 2006年07月03日)

格闘技世界一決定戦2006(笑)の大ボラ計画にア然(悲しきアイアンマン 2006年07月04日)

 いやぁ、もうムチャクチャですね(笑)。なんてったって当初出場を予定していた選手が豪華すぎ。

ジョシュ・バーネット、ドン・フライ、LYOTO、バス・ルッテン、ケン・シャムロック、トミー・モリソン(36歳/ボクサー)、マーク・コールマン、ブロック・レスナー、小川直也、村上和成、柴田勝頼、永田裕志、中西学、中邑真輔、飯塚高史、矢野通、カン・ドング(韓国アマレスナショナルチーム所属/ストリートファイトは負けなしとのこと)

 どう考えても出ない選手が何人か・・・。しかもHIVウィルス感染者のトミー・モリソンという(;´Д`)。日刊スポーツには「11年ぶりの復帰」と書かれていますが、最後に試合をしたのは実は日本。しかもこの頃にはすでにHIVウィルス感染が確認されてました。その辺りの経緯については上記リンク先でご確認を。

 おそらくトミー・モリソンはイノキ・ゲノムが待ちきれなくてボクシングで復帰したんでしょうね。いや、そもそも彼にイノキ・ゲノムへの参戦オファーがあったかすら不明だが(苦笑)。

リー・ガクスーみたいに「イノキ・ゲノム? 何それ?」って言いそうだ・・・(苦笑)/人気blogランキング
posted by ジーニアス at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

亀田一家、人気回復にはほど遠く・・・

 亀田vsランダエタ再戦の続報。

亀田ファンは「物足りない」/ボクシング(日刊スポーツ)
 亀田の勝利に異議はなかった。会場のファン50人のうち49人までが「亀田の判定勝ち」を支持した。千葉・市川市の坂本丈さん(30=会社員)は「今日は前回とは違って足を使ってうまく攻めた。文句のつけようのない勝利」と断言した。ほぼ全員が結果には納得していた。その一方で「試合内容」には首をかしげるファンも多かった。

(中略)

 意外だったのは亀田支持率が最も高いといわれる10~20代に女性ファンの意見も手厳しかったことだ。「亀田くんらしい、ガツガツした野性味がなかった」(高橋理絵さん=18歳)。ボクシングの技術よりも、常にKO狙って力でねじ伏せる姿に魅力を感じていたファンには、この日のニュー亀田は拍子抜けだったようだ。

 亀田ファンもとことんバカというわけではないようです。洗脳は解けつつある?

亀田-ランダエタ2(拳論★取材戦記)
正直、客入りは良くなかった。亀田ギャル残党のような女性ファンが目立ち、彼女たちは試合内容に関係なく何をしても黄色い声援を送っていた。野次るファンもいて、その中で個人的に吹き出したのが中年男の「ギャルのファン!俺は悔しくねぇよ、ブスばっかだから」というもの(笑)。亀田ギャル8人にインタビューしたのだが、その中で「長谷川穂積って知ってる?」と聞いたら8人中8人が「知らない」だった…当然の結果でしょう。ここでは書けない事ですが、本日の取材はかなり収穫アリで、事前に得ていた衝撃情報が当日証明された。初防衛の亀田興毅に罪はないが、陣営への不信感はさらに募ったのだった。

 当日証明された衝撃情報って八百長の打ち合わせのことですか?

やくみつる「悔しいような」(livedoorスポーツ)

ガッツ氏の採点は115-112で亀田(livedoorスポーツ)

 ふたりとも内心じくじたる思いでしょう。アメリカ人のジャッジは119-108付けてたけど、あれも怪しいよなぁ。

視聴率瞬間最高、終了時38.4%…亀田・ランダエタ戦(ZAKZAK)

 平均視聴率は30.1%。高視聴率ではあるが、前回より10%以上ダウン。疑惑の判定が話題を呼んだ割には・・・。ましてや試合があのつまらなさじゃ次回以降はさらなる落ち込み必至。

前回殺到の抗議、今回は…TBS「通常よりやや多い程度」(ZAKZAK)

 やっぱり抗議はあったようです(笑)。

亀田勝つには勝ったが…いまだ残るマッチメーク不自然さ(ZAKZAK)
 スポンサー離れも進んでいる。8月の試合を協賛したパチンコメーカー京楽は、今回の試合前に興毅との個人スポンサー契約を更新せず、「勝って戻るようなせっそうのないことはしません」(広報担当者)と明言。バッシングがなくなっても、イメージの急回復が期待しにくいことがあるとみられる。

 埼玉から来たボクシング好きの男性会社員(43)は「実力者でもない外国人だけとやっても、本当の実力はわからない」と語っていたが、ボクシングファンも納得する強者と戦う亀田。その姿こそ、だれもが見たいリング上の亀田なのではないだろうか。

 KYORAKUがスポンサーから降りるという話は最近も書きましたが、秋頃に契約期間が終了しており更新しなかったらしいですね。トランクスにロゴも入ってなかったしテレビではCMも流れなかったし。

亀田「安全運転」勝利 人気「もう終わった」(J-CASTニュース)

 こりゃまた手厳しい(苦笑)。

昨日の亀田戦はどうだった?緊急アンケート!(探偵ファイル)

 結局疑惑は払拭出来たどころか、ますます深まったということでしょう。

 そして、試合の舞台裏ではこんな攻防もあったようで。

石原真理子は興毅よりお騒がせ(スポニチ)
石原は北島三郎(70)ら芸能人が陣取るリングサイドではなく、2階席で観戦し、「離れて座らせてもらいました」と話した。しかし、関係者によると、“真相”は主催者側にリングサイドを申請したが、許可が下りなかったという。

 2階席に座る石原真理子の周辺は見事にガラガラwww

こちら真理子は不戦勝!?さんまは姿を見せず(ZAKZAK)
 亀田・ランダエタ戦が行われた有明コロシアムの観客席では、予告通り自叙伝『ふぞろいな秘密』で時の人となった女優の石原真理子(42)が観戦した。ところが、同書に過去を暴かれニアミスが心配された“亀田ファン”のタレント、明石家さんま(51)は現れなかった。

 関係者によると、石原は当初、リングサイドでの観戦を希望したが、TBSに「混乱する」と断られたため、友人から譲り受けたチケットで2階中央付近で観戦したという。

 ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \TBSに断られてやんのwww

明石家さんまが本気で怒っている (ゲンダイネット)
「さんまは本当に頭にきていますよ。“なんで20年も前のことをバラすんだ”と本気で怒っている。彼には年頃の娘のいまるちゃんがいるから、“カッコ悪くてたまらん”と思っているようです。年末特番のどれかで思いっきりブチまけると言ってるそうです」(事情通)

 さんまの暮れの特番はフジテレビの「明石家サンタ」や、日本テレビの「笑ってコラえて!年末SP」「さんま&SMAP!クリスマスSP06」などがある。

 どの番組で激白するかは不明だが、「こんなんシャレにならんわ」というさんまの怒りの声をぜひ聞いてみたい。

 本命は深夜番組の「明石家サンタ」かな。「明石家サンタ」は毎年見てるんで楽しみだわ(笑)。

水沢アキに石原真理子・・・森本レオ恐るべし/人気blogランキング
posted by ジーニアス at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする
記事検索