2022年08月12日

タイソン・フューリーが早くも引退撤回、デレク・チゾラとの3度目の対戦をアピール



 4月23日にロンドンでディリアン・ホワイトに6R KO勝ちしWBC世界ヘビー級王座を統一した後に引退を発表していたタイソン・フューリーがツイッターに動画をアップし「ボクシングに戻ることにした。なぜなら、俺は2つのトリロジーを持つ、史上初の世界ヘビー級チャンピオンになれるからだ。1回目はデオンテイ・ワイルダーと1回、そして2回目はデレク・チソラだ。キャリアの最後にデレク・チソラと戦うといつも言っていたが、俺はここいる」とコメント。

デレック・チゾラ(Wikipedia)

 フューリーはチゾラと2011年7月と2014年11月に対戦しており、1度目は判定勝ち、2度目は10R TKO勝ちしています。チゾラは7月にクブラト・プレフとWBAインターナショナルヘビー級王座決定戦を行い判定勝ちしています。

 フューリーはホワイト戦後にフランシス・ガヌーをリングに上げてエキシビションマッチを行なうことをアピールしていましたが、実現するかは不透明です。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 18:37| Comment(1) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

クリス・サイボーグが9月25日にブラジルでプロボクシングデビュー戦


 Bellator女子フェザー級チャンピオンのクリス・サイボーグが現在はBellatorとは契約しておらずフリーエージェントだとコメント。しかしBellatorとの関係は良好で、近々プロボクシングデビュー戦を行なうのでエキサイトしているとのこと。

Kayla Harrison(Sherdog)

 サイボーグは、ロンドン五輪、リオデジャネイロ五輪の柔道女子78kg級金メダリストでMMA14戦全勝、PFL女子ライト級トーナメントを連覇しているケイラ・ハリソンとの対戦が期待されていますが、サイボーグは「PFLとは話をしたことがない。ネットにいろんな話が飛び交っているのは知ってるけど、話す機会は無かった」とコメント。


 その後、クリチバでプロボクシングデビュー戦を行なうことを発表。会場のアレナ・ダ・バイシャーダは2016年5月14日に『UFC 198: Werdum vs. Miocic』が開催されたサッカースタジアムで当時は4万5207人が詰めかけました。

Simone Aparecida da Silva(BoxRec)

 対戦相手のシモーネ・シウバは現在39歳でプロボクシング戦績17勝21敗(6KO勝ち)。8オンスのグローブで2分8ラウンドで行われます。


 PFL共同創業者ドン・デイビスはツイッターで「(ケイラ・ハリソン vs. クリス・サイボーグは)ファンは対戦を望んでいるし、ファイターも対戦を望んでいる」「各選手100 万ドル +勝利ボーナス200万ドル。PPVスーパーファイト。もう話す必要はない。ケージの中でベストを決めよう」とコメントしています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2022年08月04日

8.6 ジェイク・ポール vs. ハシーム・ラーマンJr.が中止/デイナ・ホワイト「チケットが売れなかったんじゃないのか」

8.6 MSGで予定されていたジェイク・ポール vs. トミー・フューリーがまたも中止/ポールはハシーム・ラーマンJr.と対戦(2022年07月07日)

 こちらの続報。


 8月6日にニューヨーク州ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで開催予定だったジェイク・ポール vs. ハシーム・ラーマンJr.ですが、ラーマンJr.が事前に体重を作ることが出来なかったことから試合だけではなく大会自体を中止するとポールとビスネスパートナーのナキサ・ビダリアンが共同経営しているMost Valuable Promotions(通称MVP)が発表。

 ポールによると、ニューヨーク州アスレチックコミッションは健康的に減量が出来ていることを確認するために毎週体重の情報を提供するよう求めたとのこと。200ポンド契約で7月7日の時点でラーマンJr.は216ポンドだったそうです。ところが3週間後に体重が215ポンドと1ポンドしか減らなかったことからコミッションは試合を認可せず、ポール陣営は205ポンドで試合をするように新たな契約書をラーマンJr.に送ったもののラーマンJr.陣営は215ポンドでしか試合は受けないと要求したことから中止になったそうです。


 この件について尋ねられたデイナ・ホワイトは「チケットは100万ドルも売れなかっただろうし、MSGは照明代だけで50万ドル掛かる」「そういうことだと思う。ニューヨークはホテルも交通費も高いからな」とコメント。チケット販売不振が大会中止になったと推測しています。


 一方のラーマンJr.は「なんで試合の2週間前とか3週間前に体重を量らなきゃいけないんだ? 俺は8月5日に体重を量る機会すら与えられなかった。なんで試合が中止になったら大会も中止になるんだ」と主張しています。


 Most Valuable Promotions共同代表のナキサ・ビダリアンはデイナ・ホワイトのコメントに対して「大会中止の理由にチケット販売は無関係だ」「ジェイク・ポールのこれまでの戦いは188~191ポンドだったし、今回はジェイクにとっても大きな挑戦になるはずだった」と反論しています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2022年08月02日

クロアチアでボクシングライセンスを取得した石井慧が“逆輸入選手”として亀田興毅氏主催8.14『3150 FIGHT vol.3』に出場


 総合格闘家の石井慧(35)がクロアチア戦士「サトシ・イシイ」と名を変え、ボクシング元世界3階級制覇王者の亀田興毅氏が会長を務める「3150ファイトクラブ」主催のイベント「3150ファイトVol・3」(14日、エディオンアリーナ大阪)でプロボクシングデビューすることが発表された。

 そのデビューのリングとなったのは、何かと話題を集める3150ファイトのリングだった。2日、ヘビー級4回戦で高山秀峰(スパイダー根本)と対戦することが正式に発表され、イシイは「自分が戦う事によって、少しでも日本ヘビー級の盛り上がりにつながればうれしいですね」とコメントを発表。「これに勝ったら但馬ミツロ選手の踏み台に使ってみてはどうでしょう?」と、期待されるヘビー級ファイター・但馬ブランドン・ミツロの名を挙げた。

 2019年にクロアチア国籍を取得している石井は今年の6月に同国のボクシングコミッションでライセンスを取得したそうです。

【ABEMA】皇治が初のボクシングに挑戦決定!無敗のC級KOパンチャーと激突で63秒のバチバチフェイスオフ(イーファイト)

 なお、同大会には皇治も出場。プロボクシング2勝0敗のヒロキングという選手と対戦します。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 20:03| Comment(1) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2022年07月29日

フロイド・メイウェザーとコナー・マクレガーが再戦の報道もデイナ・ホワイトは「完全なデタラメだ」



MONEY TALKS Floyd Mayweather and Conor McGregor rematch ‘very close’ in mega deal with Money willing to put unbeaten record on line(The Sun)

 イギリスのタブロイド紙The Sunによるとフロイド・メイウェザーとコナー・マクレガーが再戦にほぼ合意していることをメイウェザーの関係者から確認したとのこと。契約体重は155ポンドで合意しているものの、ラウンド数は合意しておらずマクレガーは10ラウンドを希望しているそうです。また、これがメイウェザーの最後の試合になるとのこと。ファイトマネーはメイウェザーはマクレガーに1億5790万ドル(211億円)を提示しているそうです。




 この報道を受けてデイナ・ホワイトは「完全なデタラメだよ! その話はヨーロッパのタブロイド紙デイリーミラーから来たものだ(最初に報じたのはThe Sunだが、デイリーミラーも追随して報じている)。完全なデタラメだ!」とコメントしています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 12:32| Comment(1) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2022年07月19日

WOWOWが村田諒太 vs. ゲンナジー・ゴロフキン、井上尚弥 vs. ノニト・ドネア2 を8月に2週連続放送


 WOWOW開局以来、世界最高峰のボクシングを充実の解説・実況陣とともに紹介し続けている「エキサイトマッチ~世界プロボクシング」。
 8月には、WBAスーパー世界ミドル級チャンピオンの村田諒太が、IBF同級王者ゲンナジー・ゴロフキンとの王座統一戦に挑んだ“日本ボクシング史上最大の一戦”「村田諒太 vs ゴロフキン」と、WBAスーパー・IBF世界バンタム級チャンピオン井上尚弥が、WBC王者ノニト・ドネアとの王座統一戦に臨んだ“世紀の再戦” 「井上尚弥 vs ドネア」第2戦を、2週連続で放送・配信することが決定した。8日(月)には村田選手、15日(月)には井上選手と真吾トレーナーがそれぞれゲスト出演し、本人とともにビッグマッチを振り返る特別番組となっている。
 また番組では、WBO世界フライ級チャンピオン中谷潤人と、同級2位山内涼太の日本人対決や、WBOアジアパシフィック S・バンタム級王者で井上尚弥の弟である井上拓真と、日本同級王者の古橋岳也との王座統一戦もお届けする。ボクシング史に残るビッグマッチの感動と興奮がよみがえる!

 アマゾンプライム独占配信だった2試合がWOWOWで放送されます。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 11:10| Comment(3) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2022年07月07日

8.6 MSGで予定されていたジェイク・ポール vs. トミー・フューリーがまたも中止/ポールはハシーム・ラーマンJr.と対戦

8.6 MSGでジェイク・ポールとトミー・フューリーが対戦/タイソン・フューリー「弟の勝利に100万ドル賭ける」(2022年06月28日)

 こちらの続報。



 8月6日にマジソン・スクエア・ガーデンで予定されていたジェイク・ポール vs. トミー・フューリーがまたも中止されるとのこと。フューリーは記者会見のためにニューヨークに向かおうとしたところロンドンのヒースロー空港で拘束されたそうで、理由はフューリーの家族がアイルランドの犯罪組織のボスであるダニエル・キナハンと関係があることからアメリカ入国を拒否されたからとのこと。

 両者は昨年12月にも対戦予定でしたが、フューリーの負傷欠場によりタイロン・ウッドリーと再戦した経緯があります。

Hasim Rahman Jr(BoxRec)

 代わりにポールはハシーム・ラーマンJr.と対戦するとのこと。ハシーム・ラーマンJr.は現在31歳で戦績12勝1敗。


 トミー・フューリーはインスタグラムで「ムカついてるしガッカリしている」「中立国で戦いたい」とコメントしています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2022年06月28日

8.6 MSGでジェイク・ポールとトミー・フューリーが対戦/タイソン・フューリー「弟の勝利に100万ドル賭ける」


Jake Paul(BoxRec)

Tommy Fury(BoxRec)

 8月6日にニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンでジェイク・ポール vs. トミー・フューリーが行われるとのこと。ポールは5勝0敗で昨年12月にタイロン・ウッドリーとの再戦で6R KO勝ちして以来の試合。フューリーは8勝0敗で4月にダニエル・ボチャンスキーに判定勝ちして以来の試合。両者は昨年12月に対戦予定でしたがフューリーの負傷によりウッドリーが再戦のオファーを受けたという因縁があります。



 これに対しトミー・フューリーの異母兄弟であるタイソン・フューリーが弟の勝利に10万ドル賭けるとコメント。するとジェイク・ポールがツイッターで「おいタイソン、お前は俺ほど稼いでないが、(この1年で)4000万ドル稼いだんだろ。だったら100万ドル賭けろ。200万ドルでも300万ドルでも構わない」とコメント。するとフューリーは「もっと大きな賭けがしたいのか? 100万ドルか? 構わないが本当に持ってるのか。暗号資産じゃなくて本物の米ドルだぞ」と返答。これは兄のローガン・ポールがポッドキャストでジェイクがビットコインの大暴落で大損したと言ってたことを皮肉ったようです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2022年06月22日

マイク・タイソン「ジェイク・ポールと対戦したら面白いと思う」/ジェイク・ポール「年内にやろう」

真相 マイク・タイソン自伝


 マイク・タイソンがABCテレビ『Jimmy Kimmel Live !』に出演しジェイク・ポールと対戦する可能性について尋ねられ以下のコメント。

「とても面白いね。そのことを真剣に考えたことはなかったが、本当に面白いかもしれない。彼は十分なスキルを持っている。勝っているしね。たとえ十分な対戦相手ではないと思われてても、彼らは倒すことはできていないし、その点は評価しないといけない。ボクシングにとても役立ってると思う」

「彼にはSNSで700万人のフォロワーがいる。世界チャンピオンだってそんなに多くのフォロワーはいないし、彼がボクシングのためにしていることはセンセーショナルだ。それを嫌う必要はない。戦えばいいじゃないか。彼はみんながお金を稼ぐのに貢献している。なのにどうしてみんなはムカついてるんだ?」

「あらゆる可能性はあるよ。だけどやるなら今年だな。年内に実現させなきゃいけない」



 これに対しジェイク・ポールはツイッターで以下のコメント。

「尊敬と機会を与えてくれた偉大なるマイク・タイソンに感謝する。年内に実現させよう」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 15:41| Comment(3) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2022年06月07日

井上尚弥 vs. ノニト・ドネア2 結果/ハイライト動画



 6月7日にさいたまスーパーアリーナで行われたWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級王座統一戦、井上尚弥vs.ノニト・ドネアの試合結果。2ラウンド1分24秒で井上尚弥がTKO勝ちし日本人初の3団体統一王座を戴冠しています。



 ハイライト動画。


 1ラウンド終了間際にもダウンを奪っており、採点は3者とも10-8でした。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 22:20| Comment(10) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

最近UFCをリリースされたグレッグ・ハーディーが10月8日にプロボクシングデビュー戦

BOXING BEAT(ボクシング・ビート)2022年6月号


UFCがグレッグ・ハーディーら4選手をリリース(2022年03月17日)

 こちらの続報。


 3月にUFCをリリースされたグレッグ・ハーディーが10月8日にフロリダ州デルレイビーチにあるデルレイビーチ・テニス・センターでプロボクシングのデビュー戦を行うとのこと。対戦相手は未定。

 グレッグ・ハーディーは現在33歳(プロボクシングデビュー時は34歳)でMMA戦績7勝5敗1無効試合(UFC戦績4勝5敗1無効試合)。『UFC 272: Covington vs. Masvidal』でセルゲイ・スピヴァクに1R TKO負けした後にリリースされていました。元々NFLのトッププレイヤーとしても有名です。


 ハーディーはインスタグラムにボクシンググローブを付けた画像をアップし、「夢を照準を合わせたら、あとは引き金を引くだけだ」とコメントしています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 14:07| Comment(1) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2022年05月26日

ファブリシオ・ヴェウドゥム「MMAを引退するつもりはないが今後は100%ボクシングに集中する」


 PFLの2022年レギュラーシーズンへの出場を辞退したファブリシオ・ヴェウドゥムがMMA引退の可能性を示唆。ヴェウドゥムは「妻からも引退して欲しいと言われている」「自分でも復帰は難しいと思っているが、ボクシングのオファーがあればやる。結論から言うと、ボクシングはイエス。MMAはノーだ」とコメント。

 ヴェウドゥムは2021年5月の『PFL 3』で行われたヘナン・フェレイラ戦がノーコンテストになって以来試合をしていません。この試合はフェレイラが1R KO勝ちしましたが、その前にフェレイラが三角絞めでタップしたふりをして脱出したとヴェウドゥムが訴えたことからニュージャージー州のアスレチックコミッションが裁定をノーコンテストに変更しました。その後PFLはブランドン・セイレス戦をオファーしましたが、ヴェウドゥムはモチベーションを無くしたとして断っており、それ以降試合はしていません。


 その後ヴェウドゥムが以下のコメント。

「『引退した』とか『戦わない』とかいう言葉は使いたくない。俺たちファイターにとって好きなことを辞めることは凄く難しいことだし、完全に焦点を変えるよ」

「柔術のチャンピオンを目指して、それを達成した。ボクシングではタイトルを持っていない。タイトルが欲しいから100%ボクシングに捧げたい。ボクシング以外では全てでチャンピオンになった。ボクシングで勝負したことはないし、自宅の壁にもう一つベルトを加えたい」

「MMAを辞めたわけじゃない。焦点を完全に変えただけだ。ボクシングに100%集中するが、そのためにMMAを辞めるつもりはない」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 09:53| Comment(6) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2022年05月22日

5.21 アンデウソン・シウバ vs. ブルーノ・マチャド ハイライト動画

中止されていたアンデウソン・シウバ、フロイド・メイウェザーらが出場するボクシング大会、結局1週間後の5月21日に同じくドバイで開催(2022年05月20日)

 こちらの続報。




 5月21日にアラブ首長国連邦ドバイのエティハド・アリーナで行われたアンデウソン・シウバ vs. ブルーノ・マチャドのハイライト動画。


 MMAFighting独自の採点では79-72アンデウソン・シウバ勝利ですが、エキシビションマッチなので勝敗は付きません。


 フロイド・メイウェザー vs. ドン・ムーアもMMAFighting独自の採点では80-69メイウェザー勝利ですが、エキシビションマッチなので勝敗は付きません。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2022年04月27日

ボブ・アラム「タイソン・フューリー vs. フランシス・ガヌーを組むのは簡単だ」/ガヌー「フューリー戦を認めてくれるまでUFCとは再契約しない」

フランシス・ガヌーとタイソン・フューリーが互いに対戦をアピール/ガヌー「ボクシングマッチを認めてくれないとUFCとは契約更新しない」(2022年01月21日)

タイソン・フューリー「来月のディリアン・ホワイト戦でプロボクシングを引退するがフランシス・ガヌーとの“スペシャルファイト”はやりたい」(2022年03月04日)

デイナ・ホワイト「タイソン・フューリー vs. フランシス・ガヌーのボクシングマッチなんて本当にバッド・アイデアだ」(2022年03月05日)

 こちらの続報。




 4月23日にロンドンのウェンブリー・スタジアムで行われたWBC世界ヘビー級王座統一戦でタイソン・フューリーがディリアン・ホワイトに6ラウンド2分59秒TKO勝ちし王座を統一した後にフランシス・ガヌーがリングイン。「どっちが地上最強のマザーフ○ッカーか決めよう」とコメントしています。

 タイソン・フューリーは試合後会見で以下のコメント。

「デオンテイ・ワイルダーとの3度目の試合の前に妻に『これが最後だ』と言っていたし、彼女も同意していた。そのつもりだったんだが、ウェンブリーでホームカミングファイトをやらないかと言われて難しい決断だったが復帰することにした」

「これ以上はない。おとぎ話のような数年間だった。子供の頃も大人になってからも夢見た以上のものだった。獲得できるベルトはすべて獲得した。これ以上ないくらいだ。これがテレビゲームだったら、間違いなくコンプリートだ」

「ただエキシビションは例外だ。フロイド・メイウェザー・マネーを手に入れたい。俺は楽しみた。エンターテイメントをしたい。それは俺の得意とするところだし。楽しみたい」

「今日はフランシス・ガヌーが来てくれた。彼はエキシビションファイトのリストに入ってる。ケージでもリングでも、ボクシンググローブでもUFCグローブでも、彼が望むものは何でも実現できるだろう。誰もがそれを見たいと思ってる。彼はモンスターだが、俺もモンスターだ。間違いなく巨人の戦いになる」



 タイソン・フューリーのプロモーターでトップランク社CEOのボブ・アラムが以下のコメント。

「彼は間違いなく引退しない。もちろんあり得ない」

「フランシス・ガヌーがUFCとどういう契約を結んでいるかは知らない。間違いなくビッグファイトになるだろうし、簡単に組めるはずだ。話し合う時間は十分にある」



 フランシス・ガヌーがタイソン・フューリー戦を認めてもらうまでUFCとは再契約しない移行を示し以下のコメント。

「(UFCとの再契約の交渉は)タイソン・フューリー戦が議題のひとつに入らないといけない。そうじゃないと絶対に実現しないからだ。今サインしたら基本的に同じタイプの契約になってしまう。だからこのことを契約に入れる方法を考えないといけない」

「UFCは良いプロモーションだと思うし、戦い続けたい。 タイソン・フューリーがラストファイトにはならない。その後もまだたくさんの戦いが残っている。ジョン・ジョーンズ戦や、スティペ・ミオシッチとの第3戦がある」

「UFCでもビッグファイトがあるし、本気でやりたいと思ってる。合意できる点を教えて欲しい。タイソン・フューリー戦は自分でできるが、その次はどうなる? 俺は戦い続けたい。合意に達したい」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 15:39| Comment(9) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2022年04月22日

ダン・ハーディーが約10年ぶりに格闘技復帰、7月2日にマンチェスターでディエゴ・サンチェスとボクシングマッチ

ダン・ハーディーがUFCコメンテーターを解雇されファイター復帰を示唆「日本で戦いたい」(2021年06月11日)

UFCコメンテーターを解雇されたダン・ハーディー、ONE Championshipでジョン・ウェイン・パーとキックルールで対戦か(2021年08月05日)

 こちらの続報。


 7月2日にイングランド・マンチェスターのAOアリーナでダン・ハーディー vs. ディエゴ・サンチェスのボクシングマッチが行われるとのこと。2分8ラウンドのエキシビションマッチだそうです。この大会のメインイベントはリッキー・ハットン vs. マルコ・アントニオ・バレラとのこと。

Dan Hardy(Sherdog)

 ダン・ハーディーは現在39歳(試合時は40歳)のイギリス人でMMA戦績25勝10敗1無効試合(UFC戦績6勝4敗)。2012年9月の『UFC on FUEL TV 5: Struve vs. Miocic』でアミール・サダローに判定勝ちしたのを最後に試合をしていません。2013年にウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群と診断されて以降は事実上の引退状態でUFCのコメンテーターをしていました。しかし昨年UFCの女性スタッフと口論になったことからコメンテーターを解雇されており、ハーディーは医師の診察をクリアしたことからファイターとして復帰することを示唆していました。

 ディエゴ・サンチェスは最近ハビブ・ヌルマゴメドフの団体Eagle FCと契約し、3月の『Eagle FC 46』でケビン・リーに判定負けして以来の試合。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2022年04月08日

5月14日、ドバイでアンデウソン・シウバが3度目のボクシングマッチ/メインイベントにはフロイド・メイウェザーも出場


 5月14日にアラブ首長国連邦ドバイで開催する『The Global Titans Fight Series』という大会でアンデウソン・シウバ vs. ブルーノ・マチャドのボクシングマッチが行われることをMMAFightingが確認したとのこと。194ポンド契約で8ラウンドのエキシビションマッチだそうです。

Bruno Machado(Sherdog)

 アンデウソン・シウバはフリオ・セサール・チャベスJr.、ティト・オーティズ戦に続いてボクシングマッチ3試合目。ブルーノ・マチャドは現在35歳のブラジル人でMMA戦績13勝9敗。ボクシングでは6連勝中。

Don Moore(BoxRec)

 また、『The Global Titans Fight Series』ではフロイド・メイウェザーがドン・ムーアと同じく8ラウンドのエキシビションマッチで対戦するとのこと。ムーアはアメリカ人でボクシング戦績18勝0敗1引き分け。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 15:14| Comment(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2022年03月30日

6月7日さいたまで井上尚弥とノニト・ドネアが2年7ヶ月ぶりに再戦/アマゾン・プライムビデオが独占ライブ配信



 ボクシングのWBAスーパー・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(28)と、フィリピン出身で現WBC世界バンタム級王者のノニト・ドネア(39)が、3団体王座統一戦として6月7日に対決することが30日、発表された。試合の模様は、『Prime Video presents Live Boxing』(Prime Video)にて生配信される。

 2人は2019年11月に行なわれたWBSS決勝で初対戦。そのときは、井上が12ラウンドの判定3-0でドネアを破り、頂点に立った。この試合で井上の名前は世界にも知れわたり、再戦への期待の声が多く寄せられていた。

 井上は会見で「前回は判定だったので、今回は13ラウンド目からはじまる感覚。それがどう左右するのか楽しみ」と再戦を心待ちにした。

 4.9村田諒太 vs. ゲンナジー・ゴロフキンに続いて、こちらもプライムビデオで生配信されます。

プライム会員に登録(Amazon.co.jp)

 プライム会員はこちらから登録できます。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:03| Comment(3) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2022年03月05日

カネロ・アルバレス「カマル・ウスマン戦の可能性は除外しない」

Kamaru Usman serious about pursuing Canelo Alvarez boxing match: ‘That’s something that scares me’(MMAFighting)

 昨年11月にUFCウェルター級王者カマル・ウスマンがカネロ・アルバレスとの対戦をアピールし以下のコメント。

「レガシーといえば、俺が今までやってきたことを見て欲しい。俺が引退した時、みんなは振り返って『ワオ、彼は特別だった』と言うだろう。これまで偉大な選手たちがそうだったようにな。だから、レガシーを考えるなら、今まで誰もやったことのないことをやりたいんだ。もう彼ら(UFCファイター)のことは怖くない。もちろん、自分自身や試合に出られないこと、自分の思うようなスタイルにならないことへの恐怖心はあるが、それよりも両方の格闘技のパウンド・フォー・パウンド同士が全盛期に戦うことの方が怖いし誰も見たことがない。世界中がそれを見たいんじゃないか? 俺はそう思うね」

「総合格闘家とボクサーのパウンド・フォー・パウンド同士が対戦するのを見たことがあるか? しかも二人とも全盛期だ。老いぼれて引退した選手を復帰させようということじゃない。全盛期同士。それは歴史上最大の出来事だと思う。俺はそれをやりたい。恐怖で目が覚めるようなことだし、12週間も娘と離れるリスクを犯すが、それでもやりたいことだ」


Canelo Alvarez Not Interested In Kamaru Usman Boxing Match ... Won't Help My Legacy(TMZ)

 これに対しカネロ・アルバレスは以下のコメント。

「やる気はないよ。俺には意味がないからね。ボクシングで歴史を作りたいし、そこには何も見えて来ない」

 これでこの話は終わりだと思っていましたが、

Canelo Alvarez is not ruling out a possible fight with Kamaru Usman: ‘Maybe. Why not?’(MMAFighting)



 今月になってカネロ・アルバレスが以下のコメント。

「やるかもしれないね。なぜダメなんだ? ノーとは絶対言わない。トレーナーがこの話をしてきたから『まぁ君が言うなら』といった感じだ」

「今は頭の中には無いけどね。自分のキャリアに良いレガシーを残したいし、他のことについては後で話せばいい」


「カネロ」アルバレスの次戦は米国からドバイに変更か ビボルの〝不利判定回避〟目的の声も=米メディア(東スポWeb)

 カネロ・アルバレスは5月7日にドミトリー・ビボルのWBA世界ライトヘビー級王座に挑戦予定です。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 21:52| Comment(7) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2022年03月04日

タイソン・フューリー「来月のディリアン・ホワイト戦でプロボクシングを引退するがフランシス・ガヌーとの“スペシャルファイト”はやりたい」

フランシス・ガヌーとタイソン・フューリーが互いに対戦をアピール/ガヌー「ボクシングマッチを認めてくれないとUFCとは契約更新しない」(2022年01月21日)

 こちらの続報。

ヘビー級王者タイソン・フューリーが現役引退へ 4月ホワイトとの防衛戦がラストマッチ(東スポWeb)
 ヘビー級戦線に大きな影響が出そうだ。ボクシングのWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(33=英国)が4月23日にディリアン・ホワイト(33=英国)との防衛戦後に現役を引退すると表明した。

 英「BBC」など各メディアによると、1日に記者会見したフューリーは決戦に向けて「これが私のキャリアで最後の戦いになる。この試合後に引退する」と宣言。その上で「私は銀行に1億5000万ポンド(約230億円)を預けている。世界中の物件とスーパーカーを見るために巨大なヨットを購入するつもりだ。ベビーオイルを塗って日焼けする。それが世界チャンピオンの仕事になる」と語ったという。

 フューリーはホワイトとの防衛戦後、ロンドン五輪金メダルのアンソニー・ジョシュア(32=英国)や3団体統一王者オレクサンドル・ウシク(35=ウクライナ)らとの対戦が期待されていた。

 WBC世界ヘビー級チャンピオンのタイソン・フューリーが引退を表明しています。


 一方でこんなコメントもしています。

「これがジプシー・キング(自身のニックネーム)のファイナル・カウントダウンだ。ハリウッドが待っている。これが引退試合だ。ウェンブリー・スタジアムには10万人が押し寄せて、そこで世界タイトルマッチをやる。イギリスでは4年ぶりの試合だ。2度世界王座を獲得し8度防衛、チャンピオンのまま無敗で引退させてもらうよ。ロッキー・マルシアーノに続いて2人目だ」

「フランシス・ガヌーとの対戦はリアル・ボクシングファイトとしてカウントしていない。ボクシングではなく“スペシャルファイト”になるだろう。4オンスのグローブを着けてケージで戦う。会場はラスベガスのレイダース・スタジアムだ」

「競技としてのチャンピオンシップボクシングからは引退するが、クロスオーバーファイトをする準備はできている。彼はUFCヘビー級チャンピオンではなくなり、俺もWBC世界ヘビー級チャンピオンでなくなるが、誰も俺から奪うことは出来ないから正統なチャンピオンであることに変わりはない!」

「フランシス・ガヌーは大きくて危険な男だ。10オンスのグローブじゃないとフェアじゃないと言われるかもしれないが、そっちの方がフェアじゃない。ダニエル・コーミエもフランシス・ガヌーはデオンテイ・ワイルダーを雑にしたようなタイプだと言ってるし、俺とワイルダーの試合がどうなったかはみんな知ってる。だから10オンスのグローブではフェアじゃない。4オンスだと彼が俺をノックアウトするチャンスも少しは出てくるだろう、俺がノックアウトする可能性も上がるけどな。だからエキサイティングな試合になるよ。そして、この試合はナチュラルな体重でやることになるだろう。300ポンド以上になるかな…だから一発のパンチでキャンバスに沈めるよ」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:42| Comment(4) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2022年03月03日

延期されていた村田諒太 vs. ゲンナジー・ゴロフキンは4.9さいたまに決定/アマゾン・プライムビデオが独占ライブ配信、会員は追加料金無しで視聴可能

12.29さいたまで予定されていた村田諒太 vs. ゲンナジー・ゴロフキンは2022年に延期、日本での開催を予定(2021年12月03日)

 こちらの続報。


 ボクシングWBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太と、IBF世界ミドル級王者のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)とのWBA・IBF世界ミドル級王座統一戦が、4月9日にさいたまスーパーアリーナで開催され、『Prime Video presents Live Boxing』と題してライブ配信されることが決定した。日本のプライム会員は、追加料金無しでこの試合を視聴できる。

 このビッグマッチは、昨年12月29日に開催予定だったが、新型コロナウイルスのオミクロン株への水際対策強化措置で延期になっていた。

 そのほか、WBO世界フライ級王者・中谷潤人VS WBO世界フライ級2位、WBOアジアパシフィックフライ級王者の山内涼太、OPBF東洋太平洋&WBOアジアパシフィックライト級タイトルマッチとなる吉野修一郎VS伊藤雅雪もライブ配信される。

 元々このカードは12月29日にさいたまスーパーアリーナで開催予定で、アマゾン・プライムビデオでもライブ配信予定でした。変わらずやっていただくようでありがたい限りです。

プライム会員に登録(Amazon.co.jp)

 プライム会員はこちらから登録できます。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:32| Comment(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする
記事検索