2021年12月29日

2月開催予定の『Triad Combat 2』でビクトー・ベウフォートと元WBC&IBF王者チャド・ドーソンが対戦

ジュニオール・ドス・サントス、2月下旬に『Triller Triad Combat』でフランク・ミアに圧勝したクブラト・プレフと対戦(2021年12月23日)

 こちらの続報。


チャド・ドーソン(Wikipedia)

Chad Dawson(BoxRec)

 Triller Fight Clubが2月に開催予定の『Triad Combat 2』でビクトー・ベウフォート vs. チャド・ドーソンが行われることをMMAFightingが確認したとのこと。体重は200ポンド契約になるそうです。同大会ではジュニオール・ドス・サントス vs. クブラト・プレフも予定されています。

 ベウフォートは9月にイベンダー・ホリフィールドに1R TKO勝ちして以来の試合。

 チャド・ドーソンは現在39歳のアメリカ人でプロボクシング戦績36勝5敗2無効試合。元WBC&IBF世界ライトヘビー級チャンピオン。2019年10月にデニス・グラチェフに判定勝ちして以来試合をしていません。

 続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 20:28| Comment(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

ジェイク・ポール vs. タイロン・ウッドリー2を見たファイター・関係者の反応


 ジェイク・ポール vs. タイロン・ウッドリー2を見たファイター・関係者のツイッターでの反応。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 14:18| Comment(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年12月23日

ジュニオール・ドス・サントス、2月下旬に『Triller Triad Combat』でフランク・ミアに圧勝したクブラト・プレフと対戦

ジュニオール・ドス・サントスがボクシング・マネージメント会社と契約。ジョシュア、ワイルダー、フューリー戦をアピール(2021年11月05日)

 こちらの続報。


 ジュニオール・ドス・サントスがTriller Fight Clubと契約し、2月下旬に開催する『Triller Triad Combat』でクブラト・プレフと対戦することをTMZが確認したとのこと。『Triller Triad Combat』は三角形のリングで行われクリンチからの攻撃が認められる変則ボクシングルールの大会。

 ドス・サントスは2020年12月の『UFC 256: Figueiredo vs. Moreno』でシリル・ガーヌに2R TKO負けして以来AEWでプロレスはしたものの格闘技の試合はしていません。

Kubrat Pulev(Wikipedia)

 クブラト・プレフは現在40歳のブルガリア人でプロボクシング戦績30勝2敗。ウラジミール・クリチコとアンソニー・ジョシュアにしか敗れていません。11月27日の『Triller Triad Combat』ではフランク・ミアに1R TKO勝ちしています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 17:20| Comment(7) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年12月19日

ジェイク・ポール vs. タイロン・ウッドリー2試合結果/ハイライト動画



 12月18日にフロリダ州タンパのアマリー・アリーナで開催された『Jake Paul vs. Tyron Woodley 2』試合結果。ジェイク・ポールが6ラウンド2分12秒でタイロン・ウッドリーにKO勝ちし返り討ちにしています。



 ジェイク・ポール vs. タイロン・ウッドリー2 ハイライト動画。ウッドリーが完全に失神しています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 15:13| Comment(16) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年12月07日

12.18 ジェイク・ポールと対戦予定だったトミー・フューリー欠場によりタイロン・ウッドリーとの再戦が急遽決定

ジェイク・ポール、次戦は12月18日にタイソン・フューリーの弟と対戦/キャリア5戦目にして初のプロボクサーとの対戦(2021年10月30日)

 こちらの続報。


 12月18日にフロリダ州タンパのアメリー・アリーナでジェイク・ポールと3分8ラウンドのボクシングマッチで対戦予定だったタイソン・フューリーの弟、トミー・フューリーが欠場することを発表。フューリーは以下のコメント。

「細菌性胸部感染症と肋骨骨折によりジェイク・ポールとの試合を辞退せざるを得なくなったことに対し本当に心を痛めている。年明けにでもこの試合が改めて組まれることを本気で願っている。何よりもこの試合を実現させたい」


 これに対しジェイク・ポールが以下のコメント。

「正式発表だ、トミー・フューリーはボクシング界最大のクソッタレだ。彼はこの試合を辞退した。“健康上の問題”だと言ってるが、あの陣営に一体何が起こっているのか誰にも分からない。最初はこのニュースを信じられなかったし、今でも現実とは思えないくらいだ。彼は人生最大の大儲けをし損なった。俺は鼻を折られたり、病気になっても戦ってきたぞ、いい加減にしろ。それがボクシングだ。彼はビビっていた。それが悪いニュースだ」

「良いニュースは、ミスター・タイロン・ウッドリーに電話して "試合をしないか?"と聞いたら彼はトレーニングをしていた。そして『もちろん受けて立つ! 再戦しよう』と言ってくれた。彼が俺をノックアウトできたら50万ドルの追加ボーナスを与えることにした。ジェイク・ポール vs. タイロン・ウッドリー2は疑いの余地はない。1回目は彼をノックアウトできなかった。今度こそクレイジーな勝利、クレイジーなノックアウトをしてやる。ショー・マスト・ゴー・オンだ」

 というわけで、ジェイク・ポール vs. タイロン・ウッドリー2が決定です。前回はスプリットデシジョンで物議を醸しましたが、今度こそ完全決着なるかが注目されます。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 15:09| Comment(2) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年12月03日

12.31 井岡一翔 vs. ジェルウィン・アンカハスが中止、井岡は日本人と対戦か


 ボクシングWBO世界スーパーフライ級王者井岡一翔(32=志成)が12月31日、東京・大田区総合体育館で臨むIBF世界同級王者ジェルウィン・アンカハス(29=フィリピン)と王座統一戦の中止が3日、所属ジムから正式発表された。

 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の急拡大を受けた政府による全世界を対象にした外国人の新規入国を原則禁止していることを受け、同ジムは「政府より発表された水際対策強化による外国人の新規入国停止の方針を受け、また、オミクロン株によるコロナ陽性者が国内でも確認されたことを踏まえ、感染対策強化を優先させ、大会の中止を決定しました」とした。

 村田諒太 vs. ゲンナジー・ゴロフキンに続いてこちらも。延期ではなく中止というのが気になりますが、


 政府による外国人の新規入国停止の方針に加え、変異株「オミクロン株」のコロナ陽性者が国内で確認されたことも踏まえ「感染対策強化を優先させ、大会中止を決定しました」と声明を出した。今回は中止となったものの、両陣営ともに統一戦に臨む意向が強く、今後も関係各所と協議の上、感染状況を見極めながら延期を含めて開催日時を検討する見通しだ。

 井岡にとって12年6月の八重樫東とのWBA、WBC世界ミニマム級王座統一戦以来となるビッグマッチだった。恒例となる井岡の大みそか決戦は今回が区切りの10度目となり、TBS系列で生中継することが発表されていた。現在、スーパーフライ級には複数の日本人世界ランカーもいるため、井岡が4度目の防衛戦として大みそかに日本人対決に臨む選択肢も残されている。

 来年以降に改めて対戦する可能性もあるとのこと。今から日本人対決に変更ですか。残り1ヶ月切っているだけに微妙なところですが。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 21:25| Comment(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

12.29さいたまで予定されていた村田諒太 vs. ゲンナジー・ゴロフキンは2022年に延期、日本での開催を予定



外国人新規入国禁止を受けて帝拳ジム会長が12.29村田諒太 vs. ゲンナジー・ゴロフキンについて「今週中には結論が出ると思う」、代替選手との対戦は否定(2021年11月29日)

 こちらの続報。12月29日にさいたまスーパーアリーナでミドル級王座統一戦が予定されていましたが、


 ESPNのマイク・コッピンガー記者がツイッターで「ゲンナジー・ゴロフキン vs. 村田諒太はオミクロン株をきっかけに外国人の新規入国を禁止する日本の新型コロナウイルスの新たな規制により延期された。来年改めて日本で試合の日程が組まれる予定です」とコメントしてます。

【追記】

 その後、帝拳ジムが延期を正式発表しています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 13:22| Comment(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年11月29日

外国人新規入国禁止を受けて帝拳ジム会長が12.29村田諒太 vs. ゲンナジー・ゴロフキンについて「今週中には結論が出ると思う」、代替選手との対戦は否定

12.29さいたまスーパーアリーナで村田諒太 vs. ゲンナジー・ゴロフキンが正式決定、Amazonプライムビデオが独占ライブ配信(2021年11月12日)

 こちらの続報。


 プロボクシングWBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太(35)が所属する帝拳ジムの本田明彦会長(74)が29日、千葉県内で取材に応じ、村田と王座統一戦(12月29日、さいたまスーパーアリーナ)を闘うIBF王者のゲンナジー・ゴロフキン(39)=カザフスタン=が来日できるか「今週中には結論が出ると思う」と見通しを述べた。

 この日、政府が新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の急拡大を受けた水際対策の強化措置として、30日午前0時から当面1カ月、全世界を対象に外国人の入国を禁止すると発表したことを受け、特例で来日が認められるのか「まだわからない」とした。ゴロフキンの入国に関するスポーツ庁への申請はすべて終わっている。

 ゴロフキンが来日できない場合は「延期になるのか中止になるのか」と、村田が他の選手と試合をする可能性は否定した。



 プロボクシングの今年最大のイベント、WBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)とIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の統一戦(12月29日、さいたまスーパーアリーナ)をプロモートする帝拳ジムの本田明彦会長は29日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の世界的な拡大を受け、政府が当面の間、新規入国を原則停止すると表明したことを受け「どんな状況でも覚悟はできている。覚悟がないとプロモートできない」と冷静に受け止めた。

 スポーツ庁などへの申請は全部終えているというが「前日キャンセルになっても仕方ないという覚悟がないとできない。大きな試合をやる覚悟とともに、いつでもやめる覚悟を持っている」と本田会長は毅然(きぜん)とした姿勢で言った。そのために、チケットも抽選購入式にしたという。「チケットを買う方に迷惑がかからないように」という配慮からだ。試合の実施が難しくなった状況を見て、米国に飛び「延期か中止かなどを話し合うつもり」という。

 「今週中にも結論が出ると思う」と本田会長。世界的なプロモーターは「それより、村田のスパーリングの内容が気になるんだよね」と言って笑った。

 RIZINも大晦日のマッチメイク変更を余儀なくされそうですが、こちらはより深刻。一体どうなることか…。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 21:25| Comment(7) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年11月28日

『Triad Combat』試合結果/フランク・ミア vs. クブラト・プレフ他フルファイト動画

Triad Combat: Live blog, results for Triller event(MMAJunkie)
・Kubrat Pulev def. Frank Mir via TKO (punches) – Round 1, 1:59
・Alexander Flores def. Matt Mitrione via unanimous decision (68-64, 67-65, 68-64)
・Mike Perry def. Michael Seals via split decision (65-67, 67-65, 67-65)
・Derek Campos def. Brian Vera via majority decision (65-65, 67-63, 66-64)
・Albert Tumenov def. Scott Sigmon via unanimous decision (70-63, 70-63, 70-63)
・Alexa Culp def. Angelina Hoffschneider via TKO – Round 1, 0:46
・Harry Gigliotti def. Jacob Thrall via split decision (48-47, 47-48, 48-47)

 Triller Fight Clubが11月27日にテキサス州アーリントンのグローブライフ・フィールドで開催した『Triad Combat』の試合結果。変則ボクシングルールで行われ、カードは全てMMAファイター vs. ボクサーでした。

 メインイベントはフランク・ミアがクブラト・プレフに1R TKO負け。セミファイナルはマット・ミトリオンがアレクサンダー・フローレスに判定負け。しかし、マイク・ペリー、デレク・カンポス、アルバート・トゥメノフ、アレクサ・カルプのMMAファイターは勝利しているので、4勝3敗でMMAファイターが勝ち越しています。


 フランク・ミア vs. クブラト・プレフ ハイライト動画。ミアが完全に千鳥足になっています。あと『Triad Combat』の名前通りリングが三角形というのも興味深いです。

 以下、フルファイト動画ですが、ひょっとしたら消される可能性のあるのでご注意を。




 フランク・ミア vs. クブラト・プレフ。




 マット・ミトリオン vs. アレクサンダー・フローレス。




 マイク・ペリー vs. マイケル・シールズ。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 20:18| Comment(8) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年11月27日

11.27『Triad Combat』に出場するマット・ミトリオンがMMA引退を示唆「Bellatorに対して良い感情はない」

Triller Fight Clubが11月27日に変則ボクシングルールの大会『Triad Combat』を開催/フランク・ミア、マット・ミトリオン、マイク・ペリーらが出場(2021年11月12日)

 こちらの続報。




 11月27日にテキサス州アーリントンのグローブライフ・フィールドで開催する『Triad Combat』でアレクサンダー・フローレスと変則ボクシングルールで対戦するマット・ミトリオンが以下のコメント。

「あえて言えばMMAとは決別した感じだな。もしかしたらこれ(Triad Combat)が大好きになるかもしれない。こんなことを言うと無知だと言われるかもしれないが、俺はスタンドで負けたとは思っていない。セルゲイ・ハリトーノフ戦なんて2回ともヘッドバット絡みだし、タイレル・フォーチュン戦もファーストコンタクトでそうだった。だからもし引退するのなら圧倒されたい。俺の得意分野でコテンパンにしてくれる人が出て来て欲しい。そしたら『OK、お前は終わりだ。お前の時代は終わった』となるし諦めもつく。だが俺の見解ではヘッドバットは反則なのだから負けではなくノーコンテストに変更されるべきだ。ああいう状況ではファイターはプロテクトされるべきだと思う。だが裁定は覆らなかったし、コミッション、レフェリー、統治機関を信用できない以上MMAを辞めるしかなかった」

「とても良い人生だったしエンジョイさせてもらったが、気まぐれなファンがいたのはあまり好きじゃなかった。本当に教養のあるファンもいるが、あまりにも軽率で無知でニュアンスを学ぶこともしないファンもいるし、それはいつも気になっていた」

「グラップリングは好きだ。MMAの一部だからレスリングをしていたが、あまり好きではなかった。判定勝ちを狙うようなヤツも好きではない。アグレッシブさが評価される方が好きだ。ファイトスポーツなのに消極性が評価されるのは好きじゃない。だが昔からそうだった。また、俺が住んでいたインディアナ州では、遠征したり、家族と離れたり、多くのことをしないといけなかった」

「ベラトールに対して良い感情はない。ヘビー級グランプリはジョークだったと思う。あれはヘビー級じゃなくてスーパーファイトのトーナメントだった。ビッグネーム8人によるトーナメントを予想してたのに馬鹿げたメンバーだったらから俺はやりたくないと言った。俺はMSGでエメリヤーエンコ・ヒョードルにKO勝ちしたばかりだったし、3連勝中だった。なのにどうして1回戦で一番打たれ強いロイ・ネルソンとやらされるんだ? さらにどうしてレスラーのチェール・ソネン、ライアン・ベイダー、キング・モーをエントリーさせたんだ? なんで3人のライトヘビー級のレスラーをヘビー級と対戦させるんだ? 俺にとっては意味が無かった。俺は馬鹿げてると思った。俺を不参加にするか、シーク・コンゴと対戦して勝った方がヘビー級グランプリ優勝者と対戦すればいいじゃないかと言ったが、彼らはそのアイデアを嫌がったので、こっちも金のために我慢したんだ。そこから全てが変わっていった」

「『Triad Combat』のアレクサンダー・フローレス戦は俺にとって素晴らしい戦いになるかもしれない。ブチのめされるかもしれないが、それは誰にも分からない。俺が望んでいたのは1試合のみの契約だ。経済的には問題ないし、そのことで悩んでいるわけでもない。今はキャリアを積んでいる最中だが、今後も戦い続けるかもしれない。だが、妻や子供たちは俺が家にいることをエンジョイしてるし、ライフスタイルを楽しんでいるし、俺はもう誰かに何かを証明する必要があるとも思ってない。自分の人生に幸福を感じているが、同時に俺は戦うことに夢中でもある」

 この人はThe Ultimate Fighterの頃から変わってないですね。裁定への不満、ファンへの不満、団体への不満…ヘビー級グランプリにしても自分がライアン・ベイダーに勝てば良かっただけのことだと思うのですが。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:17| Comment(1) | ボクシング | 更新情報をチェックする

フランク・ミア「『Triad Combat』のファイトマネーはキャリア最大になる」「UFCは選手の取り分が少ない」

Triller Fight Clubが11月27日に変則ボクシングルールの大会『Triad Combat』を開催/フランク・ミア、マット・ミトリオン、マイク・ペリーらが出場(2021年11月12日)

 こちらの続報。




 11月27日にテキサス州アーリントンのグローブライフ・フィールドで開催する『Triad Combat』でクブラト・プレフと変則ボクシングルールで対戦するフランク・ミアが以下のコメント。

「今回がキャリア最大のファイトマネーになる。『UFC 100』のブロック・レスナーとの再戦はそれに近かったが、キャリア2番目の金額だな。実際のところ、勝ってボーナスを獲得したら7桁(100万ドル以上)になるが、MMAではそんなことは1度も無かった」

「これは主催のTriller Fight Clubがファイトマネーを押し上げて収入を分配していることを証明していると思う。数年前に気付いたことだが、俺にとっては苦い思い出だよ。デオンテイ・ワイルダーとタイソン・フューリーのPPVの売上げと彼らの手にした金額を調べた。俺のブロック・レスナーの方がPPVを売ってるのに、彼らに比べたら全然貰ってない。俺とブロックを合わせても彼らの10%も貰ってないと思うよ」

「キャリアの最後の方ではいろんなことを試してみたり、トレーニングの中でも打撃面を強化してきた。MMAの試合をするたびに、たとえミルコ・クロコップやシーク・コンゴをKOしても、みんなサブミッションの話をしてくる(※実際はミルコにはKO勝ちしているが、コンゴにはギロチンチョークで勝利しています)」

「実際、俺は世界で最もMMAファイターとしての知識を持っていると思う。だから、打撃の技術も非常に知識が豊富で、自分のやっていることを理解していることをアピールしたかった。だからスティーブ・カニンガムとボクシングマッチをしたわけだが、(判定負けしたものの)そこで自分のボクシング能力をしっかりアピール出来たと思ってる。そして今回、この機会が訪れた時は、新しいことに挑戦して、自分を追い込んで行こうと思った。テイクダウンやグラウンドのテクニックは使えないルールだが、クリンチを活用出来ることで、ボクサーとの実力差を縮められると思ってる」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 21:45| Comment(4) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年11月25日

クイントン・“ランペイジ”・ジャクソンがボクシング転向を発表しシャノン・ブリッグス戦をアピール「MMAには俺が始めた頃のようなスリルはもう無い」

Triller Fight Clubが11月27日に変則ボクシングルールの大会『Triad Combat』を開催/フランク・ミア、マット・ミトリオン、マイク・ペリーらが出場(2021年11月12日)

 こちらの続報。


 『Triad Combat』の記者会見にクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンが出席しボクシング転向を発表し以下のコメント。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:27| Comment(1) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年11月12日

Triller Fight Clubが11月27日に変則ボクシングルールの大会『Triad Combat』を開催/フランク・ミア、マット・ミトリオン、マイク・ペリーらが出場


 これまでジェイク・ポール vs. ベン・アスクレンやイベンダー・ホリフィールド vs. ビクトー・ベウフォート、アンデウソン・シウバ vs. ティト・オーティズなど総合格闘技ファンが注目するボクシングイベントを開催してきたTriller Fight Clubが11月27日にテキサス州アーリントンのグローブ・ライフ・フィールドで『Triad Combat』という変則ボクシングルールの大会を開催することと、以下の対戦カードを発表。

・Main event: Frank Mir vs. Kubrat Pulev - heavyweight

・Co-main event: Matt Mitrione vs. Alexander Flores - heavyweight

・Mike Perry vs. Sakio Bika - 175 pounds

・Derek Campos vs. Brian Vera - 165 pounds

・Albert Tumenov vs. Scott Simon - 175 pounds

・Steven Graham vs. Harry Gigliotti - featherweight

・Alexa Culp vs. Angelina Hoffschneider

 フランク・ミア、マット・ミトリオン、マイク・ペリー、デレク・カンポス、アルバート・トゥメノフといったMMAファイターがボクサーと対戦するマッチメイクとなっています。

 Triad CombatルールはMMAとボクシングのハイブリッドだと謳っていますが、クリンチからの攻撃、鉄槌、バックハンドブローといったボクシングでは禁止されている攻撃が認められているものの、キック、膝蹴り、肘打ちは禁止ですし、グラウンドでの攻撃も禁止です。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 17:00| Comment(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

12.29さいたまスーパーアリーナで村田諒太 vs. ゲンナジー・ゴロフキンが正式決定、Amazonプライムビデオが独占ライブ配信

榊原信行CEOが12.29さいたま村田諒太 vs. ゴロフキンの報道についてコメント「我々が借りています」「調整を進めています」(2021年10月29日)

 こちらの続報。


 12月29日にさいたまスーパーアリーナで行われる、ボクシング・WBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太とIBF世界ミドル級王者のゲンナジー・ゴロフキンとの「世界ミドル級王座統一戦」が、Amazon Prime Videoにて独占ライブ配信される。

 Amazon Prime Videoでは同試合を皮切りに、『Prime Video presents Live Boxing』と題して、世界トップレベルのボクシングイベントを継続的に開催し、配信を行う。

 第1回のメインプログラムは、「世界ミドル級王座統一戦」。アテネ五輪で銀メダル、2010年には世界タイトルを獲得し、19回連続防衛という記録を打ち立てたレジェンド・“GGG”ことゴロフキンと、ロンドン五輪ミドル級で金メダル、プロ転向わずか4年で世界王座に上り詰め、日本人初の金メダリストで世界王者という快挙を成し遂げた村田が激突する。

 メインプログラムのほかにも豪華なカードが用意されており、後日順次発表される。

 てっきりフジテレビ系列で生中継されるものだと思っていましたが、まさかのアマゾンプライムビデオ。これは加入者が増えそうです。

プライム・ビデオ: Prime Video(Amazon.co.jp)

 なお、アマゾンプライムの月額プランの料金は500円(税込)、年額プランの料金は4,900円(税込)です。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 11:43| Comment(10) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年11月05日

ジュニオール・ドス・サントスがボクシング・マネージメント会社と契約。ジョシュア、ワイルダー、フューリー戦をアピール



Junior dos Santos calls out Tyson Fury and Anthony Joshua after UFC release(Manchester Evening News)

 最近AEWでプロレスデビュー戦を行ったジュニオール・ドス・サントスですが、ボクシングのマネージメント会社であるS-Jamボクシングと契約したとのこと。ドス・サントスは以下のコメント。

「アンソニー・ジョシュア、デオンテイ・ワイルダー、タイソン・フューリー。いつの日か必ず実現すると信じている。この中の誰かとビッグファイトをして、叩きのめしてやるよ」

「俺はボクシングの世界に入る。MMAのようにビッグファイトをしてお金を稼ぐだけでは済まないよ」

「人生でやることには全てベストを尽くす。俺はここでベストを尽くし、100%の力を発揮して実績を手にしたいと思ってる。もちろん最大の目標は世界チャンピオンだ」

「俺はMMAの世界ではボクシングガイとして知られていた。スタンドで打ち合うのが好きだし、対戦相手をノックアウトするのが好きなんだ」

「ブラジルのコーチ(ルイス・ドレア)は常に俺にはボクシングの才能があると言っていた。ナチュラルなヘビー級で、スピードがあり、パンチのパワーもあるので、常に自分はボクシングガイだと思っていた」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 14:09| Comment(7) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年10月30日

ジェイク・ポール、次戦は12月18日にタイソン・フューリーの弟と対戦/キャリア5戦目にして初のプロボクサーとの対戦


 12月18日にフロリダ州タンパのアメリー・アリーナでジェイク・ポール vs. トミー・フューリーが行われるとのこと。試合は192ポンド契約で8ラウンドで行われます。ジェイクはタイロン・ウッドリーとの再戦が噂されていましたが、トミー・フューリー戦を選びました。

 ジェイクはこれまでユーチューバー(アリ・エソン・ギブ)、元NBA選手(ネイト・ロビンソン)、MMAファイター(ベン・アスクレン、タイロン・ウッドリー)と対戦してきましたが、キャリア5戦目にして初のプロボクサーとの対戦になります。

 トミー・フューリーはタイソン・フューリーの異母弟で現在22歳。プロボクシング戦線7勝0敗。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 14:07| Comment(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年10月29日

榊原信行CEOが12.29さいたま村田諒太 vs. ゴロフキンの報道についてコメント「我々が借りています」「調整を進めています」

村田諒太 vs. ゲンナジー・ゴロフキンが12.29さいたまスーパーアリーナで実現(2021年10月29日)

 こちらの続報。


 榊原信行CEOが以下のコメント。

 国内外で、ボクシングWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太が12月29日にさいたまスーパーアリーナで、IBF世界同級王者ゲンナジー・ゴロフキンとの2団体王座統一戦に臨むことが報道されているなか、RIZINの榊原CEOは、「ESPNがすっぱ抜いたのでしょうけど、そういう交渉が行われていると認識しています。(12月29日から31日の3日間、さいたまスーパーアリーナは)我々が借りています。村田の試合が決まるのであれば、制作協力とかを(する)」と語った。

 続けて、「条件とかはこれからで、過去にもLDHと組んでやったりBellatorの日本大会を開催したり、いろんな形でさいたまスーパーアリーナさんの了解を得て、主催や後援や協力をしたり、業務を請け負ってご一緒することはありましたので、そういった中で29日と31日をどうするか、調整を進めています」と明かした。

 関係者によれば、12月29日に試合を行う場合、28日夜から設営を始め、RIZINとは別のリングを設置することになるという。

 確かに2017年の12月30日には『PKCZ×RIZIN PREMIUM LIVE SHOW』が開催されてますし、2019年12月29日には『BELLATOR JAPAN』が開催されています。どちらも会場を借りているのはRIZINだったわけで、村田諒太 vs. ゲンナジー・ゴロフキンも正式決定すればそうなるということでしょう。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 19:11| Comment(6) | ボクシング | 更新情報をチェックする

村田諒太 vs. ゲンナジー・ゴロフキンが12.29さいたまスーパーアリーナで実現


 元世界3団体統一ミドル級王者で現IBF世界同級王者のゲンナジー・ゴロフキン(39=カザフスタン)とWBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太(35=帝拳)が統一戦で合意したと、米スポーツメディアESPNが報じた。
 複数の関係者がESPNに伝え、正式な発表は来週になる見込みであるという。日時は12月29日、場所はさいたまスーパーアリーナ。

 報道によると、両者は数ヶ月前に基本合意していたが、ゴロフキン側がストリーミングサービスのDAZNとの修正契約を結ぶ必要があったという。ゴロフキンは2019年初めにDAZNと約1億ドル相当の6試合の契約を結んでいるとのことだ。


 12月29日さいたまスーパーアリーナといえば日刊スポーツが那須川天心 vs. 武尊が検討されていたと報じた日時&会場。その後スポニチが12月29日キャンセルの事実はなかったと報じましたが、結局村田諒太 vs. ゲンナジー・ゴロフキンというボクシングのビッグカードが組まれることになりそうです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 09:16| Comment(7) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年09月30日

マニー・パッキャオが引退を発表「グッバイ、ボクシング」(動画)




 マニー・パッキャオがプロボクシング引退を発表し以下のコメント。パッキャオはフィリピン上院議員で大統領選挙への立候補を表明しています。

「ボクサーとしての時間が終わったことを受け入れるのは難しい。このような日が来るとは思ってもみませんでした」

「グッバイ、ボクシング。家族が絶望していた時に、人生を変えてくれてありがとう。あなたは私たちに希望を与えてくれました。貧困から抜け出すために戦うチャンスを与えてくれました。あなたのおかげで私は世界中の人々にインスピレーションを与えることができました。あなたのおかげで私はより多くの人生を変える勇気を与えられました」


マニー・パッキャオ(Wikipedia)

 マニー・パッキャオは現在42歳でプロボクシング戦績62勝8敗2引き分け(39KO勝ち)。8階級で12度の世界王座を戴冠しています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 13:59| Comment(1) | ボクシング | 更新情報をチェックする

2021年09月28日

本物!? タイロン・ウッドリーが中指に「I love Jake Paul」のタトゥーを入れる



 8月29日にジェイク・ポールとボクシングマッチをし判定負けしたタイロン・ウッドリーがこんな画像をアップし「愛してるぜ。先輩たちに口答えしているようだし、今すぐ俺をブチのめしに来い。どこにいるんだ?」とコメント。「#約束を守る男」というハッシュタグもあり、ルビア・サンタナというタトゥーアーティストに入れてもらったとも書いてあります。

 両者は試合前に「負けた方が相手の名前のタトゥーを入れる」という口約束をしましたが、試合を盛り上げるためのトークの一部だと思ってましたし、スプリットデシジョンでウッドリーが再戦をアピールしていたことから、本当にタトゥーを入れるとは思われていませんでした。

 しかし、MMAFightingは「ウッドリーが本物のタトゥーを入れたのか、それともジェイク・ポールとの因縁を盛り上げるためのギャグなのかは不明」と書いている通り、その真偽には注意する必要があります。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 02:54| Comment(5) | ボクシング | 更新情報をチェックする
記事検索