2018年10月25日

12.15『Invicta FC 33』で村田夏南子とシャロン・ジェイコブソンが対戦



 その村田がInvicta FCデビュー戦で対戦するジェイコブセンもレスリング出身で、フリースタイルの全米王者に輝いた実績を持つ。14年1月に総合格闘家としてプロデビューし、現在までの戦績は5勝3敗。

 Invicta FCには15年4月のプロ4戦目から参戦しているが、直近のプロ8戦目は今年5月に初参戦のパンクラス大会『PANCRASE 296』で迎え、ベテラン選手の藤野恵実に判定で敗れた。今回の村田戦が再起戦となる。

Sharon Jacobson(Sherdog)

 シャロン・ジェイコブソンの戦績はこちらを参照。

Jinh Yu Frey vs. Minna Grusander 2 to headline Invicta FC 33(MMAFighting)
Jinh Yu Frey vs. Minna Grusander

Danielle Taylor vs. Monserrat Ruiz

Sharon Jacobson vs. Kanako Murata

Amber Brown vs. Alesha Zappitella

Jamie Moyle vs. Brianna Van Buren

Sarah Kleczka vs. Brittney Victoria

Ashley Medina vs. Anastasia Nikolakakos

Chantel Coates vs. Ashlynn Kleinbeck

 12月15日にミズーリ州カンザスシティのスコティッシュ・ライト・テンプルで開催する『Invicta FC 33』の対戦カードです。




posted by ジーニアス at 17:47| Comment(3) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

ビクトー・ベウフォートが早くも復帰か、レジェンドファイターに次々と対戦をアピール

View this post on Instagram

Tonight Wanderlei will make it 3-1 vs Rampage at #bellator 206. @wandfc I’m rooting for you. I know you want to even our score in a soccer stadium in Brazil... if not then @rampage4real You are next. @sonnench you can be my warm up fight, I’ll help make you famous😂 #ufc #mma #legends #bellator #brazil #legendsleague #comeback @bellatormma #scottcoker @sonnench Hoje à noite Wanderlei fará 3-1 contra Rampage no #bellator 206. @wandfc eu estou torcendo por você. Eu sei que você quer sua revanche em um estádio de futebol no Brasil ... se não, então @ rampage4real Você é o próximo. @sonnench vc pode ser o aquecimento da luta, vai ajudar a te deixar famoso 😂 #ufc #mma #legends #bellator #brazil #legendsleague #comeback

Vitor "The Phenom" Belfortさん(@vitorbelfort)がシェアした投稿 -



 『Bellator 206: Mousasi vs. MacDonald』でクイントン“ランペイジ”ジャクソンがヴァンダレイ・シウバに2R TKO勝ちしたことを受けてビクトー・ベウフォートがインスタグラムで「ヴァンダレイ・シウバの方を応援していた。ブラジルのサッカー場で俺と再戦したがっていたことは知っている。それができないのならランペイジよ、次はお前だ」「チェール・ソネンとは前哨戦でやってやる。お前を有名にしてやる」とコメント。



 その後はこんな懐かしい写真をアップしチャック・リデル戦をアピールしています。

Vitor Belfort wants to the fight winner of Chuck Liddell vs. Tito Ortiz(MiddleEasy)

 こちらによるとベウフォートは11月24日に行われるチャック・リデル vs. ティト・オーティズ3の勝者と対戦したがってるとのこと。『UFC 224: Nunes vs. Pennington』でリョート・マチダに2R KO負けして引退したことにはなっていますが…
posted by ジーニアス at 10:54| Comment(12) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

コナー・マクレガーのウィスキーが『PFL 10: Playoffs』のスポンサーに

『PFL 10: Playoffs』試合結果(2018年10月22日)

 こちらの続報。



 10月20日にワシントンD.C.で開催された『PFL 10: Playoffs』のスポンサーにコナー・マクレガーのウィスキーブランド『Proper Twelve』が付いていました。

posted by ジーニアス at 23:33| Comment(1) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

『PFL 10: Playoffs』試合結果

PFL 10 results: Ray Cooper III dominates at welterweight; middleweight finals set after illegal strike(MMAJunkie)
MAIN CARD (NBCSN, 9 p.m. ET)

・Abusupiyan Magomedov def. Sadibou Sy via unanimous decision (30-27, 30-27, 29-28) – middleweight semifinal bout
・Ray Cooper III def. Handesson Ferreira via TKO (punches) – Round 1, 2:28 – welterweight semifinal bout
・John Howard vs. Louis Taylor – middleweight semifinal bout (Taylor advances by winning first round) declared a technical draw due to illegal strike at 4:58 of Round 2
・Magomed Magomedkerimov def. Bojan Velickovic via TKO (punches) – Round 2, 3:13 – welterweight semifinal bout
・Abusupiyan Magomedov vs. Gasan Umalatov – middleweight quarterfinal bout (Magomedov advanced on tie-breaker by winning first round) declared a majority draw (20-18, 19-19, 19-19)
・Ray Cooper III def. Jake Shields via TKO (punches) – Round 1, 3:10 – welterweight quarterfinal bout
・Bruno Santos vs. Sadibou Sy – middleweight quarterfinal bout (Sy advanced on tie-breaker by winning first round) declared a majority draw (20-18, 19-19, 19-19)
・Handesson Ferreira def. Rick Story via TKO (verbal submission) – Round 2, 1:15 – welterweight quarterfinal bout

PRELIMINARY CARD (Facebook, 7:15 p.m. ET)

・John Howard def. Eddie Gordon via unanimous decision (20-18, 20-18, 20-18) – middleweight quarterfinal bout
・Magomed Magomedkerimov def. Pavlo Kusch via unanimous decision (20-18, 20-18, 20-18) – welterweight quarterfinal bout
・Louis Taylor def. Rex Harris via unanimous decision (20-18, 20-18, 20-18) – middleweight quarterfinal bout
・Abukar Nurmagomedov vs. Bojan Velickovic – welterweight quarterfinal bout (Nurmagomedov advanced on tie-breaker by winning first round) declared a draw (19-19, 19-19, 19-19)


【PFL2018#10】ベリチコビッチは初回を落とし、アブバカル・ヌルマゴメドフがセミファイナルへ(MMAPLANET)

【PFL2018#10】マゴメドカリモフがクシュに判定勝ち、準決勝はヌルマゴメドフの棄権でベリチコビッチと(MMAPLANET)

【PFL2018#10】テイクダウンでリードしたフェレイラ、ストーリーがバーバルタップでウェルター級準決へ(MMAPLANET)

【PFL2018#10】ブラダ・ボーイ、レイ・クーパー3世が初回KOでシールズを返り討ち。アンデソンと準決勝へ(MMAPLANET)

【PFL2018#10】ウェルター級ファイナル進出、まずはマゴメドカリモフに。ベリチコビッチをパンチで沈める(MMAPLANET)

【PFL2018#10】テイラーの反則でハワードが試合続行不能に。結果、ドローで初回を取ったテイラーが決勝へ(MMAPLANET)

【PFL2018#10】アンデソンもパウンド連射で沈め連続初回TKO勝ち、ブラダ・ボーイが大晦日のNYへ(MMAPLANET)

【PFL2018#10】ドイツ国籍のマゴメドフが、シを判定で破りミドル級決勝=ルイス・テイラー戦に駒進める(MMAPLANET)

 10月20日にワシントンD.C.のセント・エリザベス・イースト・エンターテインメント&スポーツアリーナで開催された『PFL 10: Playoffs』の試合結果。

 ウェルター級トーナメントはレイ・クーパー3世とマゴメド・マゴメドカリモフが決勝戦進出、ミドル級トーナメントはアブススピアン・マゴメドフとルイス・テイラーが決勝戦進出しています。

トーナメント [DVD]
posted by ジーニアス at 01:18| Comment(1) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

11.24『Liddell vs. Ortiz 3』の対戦カードが出揃う

Proposed Liddell vs. Ortiz 3 lineup features Gleison Tibau vs. Efrain Escudero(MMAJunkie)
Pay-per-view main card:

・Chuck Liddell vs. Tito Ortiz
・Kenneth Berg vs. Jorge Gonzalez
・Gleison Tibau vs. Efrain Escudero
・Walel Watson vs. Ricardo Palacios
・Deron Winn vs. Tom Lawlor
・Jay Silva vs. Oscar Cota

Swing bouts:

・Albert Morales vs. Cleber Luciano
・Jose Huerta vs. Fernie Garcia
・Kendall Grove vs. Andre Walker
・Dave Terrel vs. Johnny Cisneros
・Craig Wilkerson vs. Joshua Jones
・Weston Wilson vs. Mike Segura

Amateur bouts:

・Isaiah Culpepper vs. Djavan Coleman
・Joshua Kim vs. Geoffrey Thomas
・Jonathan Kim vs. Mauro Gutierrez
・Tyler Schafer vs. Maria Favela
・Julianna Miller vs. Diana Mendoza

 ゴールデンボーイズ・プロモーションズが11月24日にカリフォルニア州イングルウッドで開催する『Liddell vs. Ortiz 3』の全対戦カード。グレイソン・チバウ vs. エフライン・エスクデロ、が組まれています。他にもウォーレル・ワトソン、トム・ローラー、ジェイ・シウバらが出場します。前座にはケンドール・グローヴも出場します。

posted by ジーニアス at 20:27| Comment(1) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

石井慧がドイツで1年ぶりにMMAマッチ、前日計量はクリア

石井慧1年ぶり総合格闘技戦に自信 前日計量クリア(日刊スポーツ)
08年北京オリンピック(五輪)柔道男子100キロ超級金メダリストで総合格闘家の石井慧(31)が13日(日本時間14日早朝)、ドイツ・シュッセルドルフで開催される格闘技興行GMC(GERMAN MMA CHAMPIONSHIP)17大会に出場する。

12日にはヘビー級ワンマッチで対戦するロカス・スタンブラウスカス(39=リトアニア)とともに前日計量に臨み、110キロでクリア。

17年10月、FFC30大会でビヨン・シンデベルグ(ドイツ)に一本勝ちして以来、約1年ぶりの総合格闘技マッチに向け「ウニヒピリ(内なる自分)…感謝です。この試合に出場するヤツ全員とやっても問題ないです」というほどの自信を示していた。

なお今回のファイトマネー(金額未公表)全額をクロアチアの孤児院に寄付することを決めている。

 最近は『QUINTET.3』でフランク・ミアに勝利していますが、1年ぶりのMMAマッチはどうなるか。

A14 地球の歩き方 ドイツ 2018~2019
posted by ジーニアス at 00:09| Comment(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

『QUINTET.3』試合結果

【クインテット】ユライア・フェイバー率いるアルファメールが優勝、石井慧はフランク・ミアに勝つ’(イーファイト)






 10月5日にラスベガスで開催された『QUINTET.3』の試合結果。トーナメント1回戦はTeam Alpha MaleがTeam SAKURABAに勝利、Team PolarisがTeam 10th Planetに勝利。決勝戦はTeam Alpha Maleが勝利し優勝しています。

 注目の対戦はユライア・フェイバーと桜庭和志がドロー。ジョシュ・バーネットがゴードン・ライアンに三角締めで敗れています。

 ワンマッチは所英男がニッキー・ライアンにリアネイキッドチョークで敗れています。また、石井慧はフランク・ミアに対し終始優位に試合を進め、ミアが3度目の指導を受けたことから勝利しています。

posted by ジーニアス at 17:07| Comment(1) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

10.5『QUINTET.3』全対戦カード/フランク・ミアと石井慧がワンマッチで対戦









 10月5日にラスベガスで開催する『QUINTET.3』の全対戦カード。日本時間10月6日午前11時からUFC Fight Passで生配信されます。

posted by ジーニアス at 20:28| Comment(2) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

アルベルト・デル・リオ(ドス・カラス・ジュニア)がMMA復帰を宣言



 元WWEのアルベルト・デル・リオ(ドス・カラス・ジュニア)が来年アメリカのMMA団体Combate Americasで試合をするとコメント。日程や対戦相手は不明です。

アルベルト・ロドリゲス - Wikipedia

Alberto Rodriguez(Sherdog)

 アルベルト・デル・リオは現在41歳のメキシコ人でMMA戦績9勝5敗。2010年2月にスペインで開催された『Cage of Combat 4: Spanish Bombs』でヤマモト・ハンシに2R TKO負けして以来MMAマッチはしていません。2003年10月の『PRIDE 武士道 -其の壱-』で行われたミルコ・クロコップ戦はあまりにも有名。プロレスではWWE、AAA、CMLL、Impact Wrestling等で活躍し各団体でヘビー級王座を獲得しています。

アルベルト・デル・リオ(ドス・カラスJr.)がベラトール参戦の噂を否定(2015年01月31日)

 2014年末にベラトールMMAがデル・リオと交渉しているという噂が出ましたが、本人は翌年にこの噂を否定していました。

 また、MMA復帰は1試合のみなのか継続的なのかと尋ねられるとデル・リオは以下のコメント。

「初めてMMAをした時もそうだった。当時の俺のプロレスのギャラは1試合につき50ドルだったが、佐伯繁から『2万5000ドルで 渡部謙吾とやらないか?』と言われたので、日本で渡部謙吾をブッ殺すと言った。俺はロッカールームで親父に『1回限りだ』と伝えた。試合は1ラウンドで俺が勝ったが、試合後に佐伯繁から『5万ドルでもう1度やらないか?』と言われた。俺はもちろんやると言った。だからどうなるかはいずれ分かるよ」

posted by ジーニアス at 12:22| Comment(6) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

11月9日にジョニー・ヘンドリックスとブレナン・ワードがベアナックルマッチ

ジョニー・ヘンドリックスが引退を発表「やりたいことは全て達成した」(2018年06月29日)

 こちらの続報。MMA引退を発表していたジョニー・ヘンドリックスですが、



 11月9日にワイオミング州キャスパーのキャスパー・イベントセンターで開催するWorld Bare Knuckle Fighting Federation(WBKFF)の大会でジョニー・ヘンドリックスとブレナン・ワードが対戦することをMMAFightingが確認したとのこと。ブレナン・ワードも10月12日に開催する『Bellator 207: Mitrione vs. Bader』でアンドレ・フィアーリョと対戦予定でしたが突如MMA引退を発表していました。

GHHT アウトドア スポーツ バンテージ ハンドラップ ボクシング 総合格闘技用
GHHT アウトドア スポーツ バンテージ ハンドラップ ボクシング 総合格闘技用
posted by ジーニアス at 05:20| Comment(6) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

ジョシュ・バーネット「MMA復帰は時間の問題だ」「プロレスにも出場したい」

ジョシュ・バーネット「UFC離脱が正式に決まった」「今後は自分のやりたい試合をしていきたい」(2018年06月26日)

ジョシュ・バーネットのマネージャー「5つの団体からオファーが来ている」(2018年07月03日)

 こちらの続報。



 ラスベガスで10.5『QUINTET.3』の公開練習を行ったジョシュ・バーネットがMMA復帰戦について「来年のスケジュールを整理して適切な場所が見つかったら復帰する」「単純に時間の問題だね」とコメント。また、「プロレスのリングにも上がることを期待してるし、そうなると思ってる」ともコメントしています。

posted by ジーニアス at 22:43| Comment(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

11.24『Chuck Liddell vs. Tito Ortiz 3』ポスター



 ゴールデンボーイ・プロモーションが11月24日にカリフォルニア州イングルウッドで開催する『Chuck Liddell vs. Tito Ortiz 3』のポスターです。

UFC 66: Liddell vs. Ortiz 2 [DVD]
Ufc 66: Liddell Vs Ortiz 2 [DVD] [Import]
posted by ジーニアス at 06:02| Comment(4) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

グレイソン・チバウがUFC離脱、11.24『Tito Ortiz vs. Chuck Liddell 3』に出場

チャック・リデル vs. ティト・オーティズ3の日程・会場が正式決定(2018年08月30日)

 こちらの続報。


Gleison Tibau parts ways with the UFC after 28 Octagon appearances(MMAFighting)

Gleison Tibau(Sherdog)

 グレイソン・チバウがUFCと再契約せず他団体に行くとコメント。チバウは現在35歳でMMA戦績33勝14敗、UFC戦績16勝12敗。10年以上UFC以外で試合をしていません。最近は2015年にエリスロポエチンの陽性反応により2年間の出場停止処分を受けたり、反則負けを含めて4連敗するなど精彩を欠いていました。

 試合については世界中の団体からオファーが来ているもののまだ何も決まってないとのこと。その中にはRIZINの五味隆典戦もあったものの、大会2週間前のオファーで練習もしていなかったことから断ったそうです。五味は『RIZIN.11』のアンディ・サワー戦が中止になりメルビン・ギラードと対戦していますが、チバウも代打候補に入っていたようです。他にもACBからのオファーがあったものの大会中止があったことから断っており、ベラトールからも接触があったとのこと。また、最近はずっと減量に苦しんできたことから復帰戦はウェルター級になることを示唆しています。



 その後、ゴールデンボーイ・プロモーションズが11月24日にカリフォルニア州イングルウッドで開催する『Tito Ortiz vs. Chuck Liddell 3』への出場が決定したとのこと。ウェルター級での出場で対戦相手は未定だそうです。

posted by ジーニアス at 11:23| Comment(5) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

11.16『Invicta FC 32』で魅津希とヘザー・ジョー・クラークが対戦



 Invicta FCが11月16日にオクラホマ州ショーニーで開催する『Invicta FC 32』で魅津希 vs. ヘザー・ジョー・クラークのストロー級マッチを行うことを発表。魅津希は『Invicta FC 28』でヴィルナ・ジャンジローバとのストロー級王座決定戦で判定負けして以来の試合。クラークは『Invicta FC 30』でキンバリー・ノヴァスに判定勝ちして以来の試合。


Felicia Spencer, Pam Sorenson face off for vacant featherweight title at Invicta FC 32(MMAJunkie)
・Felicia Spencer vs. Pam Sorenson — for vacant featherweight title

・Mizuki Inoue vs. Heather Jo Clark

・Ashley Cummins vs. Jessica Delboni

・Zarah Fairn Dos Santos vs. Kaitlin Young

・Julia Avila vs. Alexa Conners

・Luanna Alzuguir vs. Erin Blanchfield

・Stephanie Geltmacher vs. Liz Tracy

・Isis Verbeek vs. opponent TBA

 同大会のメインイベントはフェリシア・スペンサー vs. パム・ソーレンソンのフェザー級王座決定戦で魅津希 vs. ヘザー・ジョー・クラークはセミファイナルで行われます。

NEW ERA (ニューエラ) NBAキャップ (The League 9FORTY 940 NBA Cap) オクラホマシティ・サンダー
NEW ERA (ニューエラ) NBAキャップ (The League 9FORTY 940 NBA Cap) オクラホマシティ・サンダー
posted by ジーニアス at 05:02| Comment(1) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

『Invicta FC 31: Jandiroba vs. Morandin』試合結果

Invicta FC 31 results: Champ Virna Jandiroba taps Janaisa Morandin(MMAJunkie)
・Virna Jandiroba def. Janaisa Morandin via submission (arm-triangle choke) – Round 2, 2:23
・Pearl Gonzalez def. Daiane Firmino via unanimous decision (30-27, 29-28, 29-27)
・Lisa Spangler def. Shanna Young via split decision (28-29, 30-27, 29-28)
・Mallory Martin def. Ashley Nichols via TKO (strikes) – Round 3, 1:05
・Miranda Maverick def. Victoria Leonardo via submission (armbar) – Round 1, 3:26
・Kelly D’Angelo def. Lindsey VanZandt via unanimous decision (30-27, 30-27, 29-28)
・Kay Hansen def. Helen Peralta via TKO (strikes) – Round 3, 4:16
・Holli Salazar vs. Audrey Drew declared a unanimous draw (28-28, 28-28, 28-28)


【Invicta FC31】テコンドーの蹴りと左ジャブで流血も、前に出続けたスパングラーが判定勝ち取る(MMAPLANET)

【Invicta FC31】倒されてからも強さを見せるゴンザレス姉御が、フィルミーノに判定勝ち(MMAPLANET)

【Invicta FC31】ヴィルナ・ジャンジローバ、モランジンを寄せ付けず肩固めで防衛成功=14勝0敗に(MMAPLANET)

 9月1日にミズーリ州カンザスシティのスコティッシュ・ライトテンプルで開催された『Invicta FC 31: Jandiroba vs. Morandin』の試合結果。メインイベントのストロー級タイトルマッチはヴィルナ・ジャンジローバがジャナイザ・モランジンに2R肩固めで勝利し王座防衛しています。

(ニューエラ) NEW ERA ベースボールウェア MLB ACPERF カンザスシティ・ロイヤルズ オルタネイトキャップ 17J 11449369
(ニューエラ) NEW ERA ベースボールウェア MLB ACPERF カンザスシティ・ロイヤルズ オルタネイトキャップ 17J 11449369 [ユニセックス]
posted by ジーニアス at 16:40| Comment(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

『PFL 7: Rama vs. Abdallah』試合結果

PFL 7 results: Doc stoppage puts Smealinho Rama in playoffs with win over Jamie Abdallah(MMAJunkie)
MAIN CARD (NBCSN, 9 p.m. ET)

・Smealinho Rama def. Jamie Abdallah via TKO (doctor’s stoppage) – Round 2, 5:00
・Bazigit Ataev def. Sean O’Connell via TKO (strikes) – Round 1, 3:30
・Alexandre Bezerra def. Magomed Idrisov via knockout (flying knee) – Round 1, 3:24
・Handesson Ferreira def. Paul Bradley via TKO (punches) – Round 1, 0:20
・Caio Alencar def. Mike Kyle via unanimous decision (30-27, 30-27, 29-28)

PRELIMINARY CARD (Facebook Live, 6 p.m. ET)

・Sadibou Sy def. Caio Magalhaes via knockout (punches) – Round 1, 2:06
・Emiliano Sordi def. Jason Butcher via knockout (punch) – Round 1, 0:16
・Omar Nurmagomedov def. Saidyokub Kakharamonov via unanimous decision (30-27, 30-27, 29-28)
・Ramazan Kuramagomedov def. Robert Hale via unanimous decision (30-27, 30-27, 30-27)
・Muhammed DeReese def. LeRoy Johnson via knockout (knee) – Round 1, 2:25

 8月30日にニュージャージー州アトランティックシティのオーシャンリゾート・カジノで開催された『PFL 7: Rama vs. Abdallah』の試合結果。ジョニー・ケースと対戦予定だったジェイソン・ハイが160ポンドの計量ミスで試合中止。ケースが10月からのプレーオフ進出を確定させています。メインイベントはスメリーニョ・ラマがジェイミー・アブダラーに2R TKO勝ちしライトヘビー級のプレーオフ進出。ヴォルク・アターエはショーン・オコネルに1R TKO勝ちしています。

木村政彦 外伝
木村政彦 外伝
posted by ジーニアス at 16:14| Comment(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

Invicta FCが村田夏南子を含む8選手との契約を発表



 Invicta FCが以下の8選手と契約したことを発表。

STRAWWEIGHT

・Jamie Moyle (4-3)
・Danielle Taylor (9-4)
・Viviane Pereira (13-2)
・Kanako Murata (8-1)
・Valerie Wong (0-0)

FEATHERWEIGHT

・Faith McMah (6-3)
・Zarah Farin Dos Santos (6-2)

FLYWEIGHT

・Caitlin Sammons (0-0)

 ストロー級の中に村田夏南子が入っています。他にもジェイミー・モイル、ダニエル・テイラー、ヴィヴィアン・ペレイラと元UFCファイターも含まれています。



 RIZINからも発表がありました。「世界最強の舞台」とはUFCを指していると思われます。

スポーツ国家アメリカ - 民主主義と巨大ビジネスのはざまで (中公新書)
スポーツ国家アメリカ - 民主主義と巨大ビジネスのはざまで (中公新書)
posted by ジーニアス at 13:33| Comment(6) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

チャック・リデル vs. ティト・オーティズ3の日程・会場が正式決定

ゴールデンボーイ・プロモーションズ主催のMMA大会でチャック・リデルとティト・オーティズが3度目の対戦(2018年07月03日)

 こちらの続報。オスカー・デラホーヤが代表を務めるゴールデンボーイ・プロモーションズが年内にMMA大会を主催し、チャック・リデル vs. ティト・オーティズ3を行うことを発表していましたが、日程・会場は未定でした。



 その後、11月24日にカリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで開催することが発表されています。その他の対戦カードは未定。リデルは8年5ヶ月ぶりの復帰戦、オーティズは1年10ヶ月ぶり2度目の復帰戦。両者の対戦成績はリデルの2勝0敗です。

posted by ジーニアス at 12:48| Comment(7) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

『Bare Knuckle FC 2』試合結果/クリス・ライトル vs. ドリュー・リプトン動画

Bare Knuckle FC 2 results: Rawlings vs. Hart(MMAFighting)
Main card (PPV at 8 p.m. ET)

・Bec Rawlings def. Britain Hart via split decision (48-47, 50-45, 49-45)

・Chris Lytle def. Drew Lipton via KO at 1:18 of R1

・Sam Shewmaker def. Maurice Jackson via split decision

・Arnold Adams def. Joey Beltran via TKO (doctor’s stoppage) at :09 of R4

・Kendall Grove def. Bruce Abramski via unanimous decision

・Michael McDonald def. Charles Bennett via TKO at 1:49 of R4

・Jamie Campbell def. Dale Sopi via unanimous decision

・Reggie Barnett Jr. def. James Clayton Burns via unanimous decision

・Tony Lopez vs. Jimmy Jennett

・Diego Garijo vs. Tom Shoaff

・Harris Stephenson vs. Jorge Gonzalez

・Marcel Stamps vs. Brandon Martin

 8月25日にミシシッピ州ビロクシのミシシッピコースト・コロシアムで開催された『Bare Knuckle FC 2』の試合結果。拳にバンテージを巻いただけのベアナックルで打ち合う大会でした。結果が載っていない試合はPPVで流れなかったので不明です。メインイベントはベック・ローリングスがブリテイン・ハートに判定勝ち。他にもクリス・ライトル、ジョーイ・ベルトラン、ケンドール・グローヴ、マイケル・マクドナルド、チャールズ“クレイジ・ホース”ベネットなど日本でもおなじみのファイターが出場しています。



 クリス・ライトル vs. ドリュー・リプトンの動画。画質はあまり良くありませんが。

金を払うから素手で殴らせてくれないか?
金を払うから素手で殴らせてくれないか?
posted by ジーニアス at 15:04| Comment(3) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

11.10『ACB 90』で田中路教とオレッグ・ボリソフが対戦




【ACB90】歩むは過酷すぎる獣道。田中路教が11月10日に剛腕オレッグ・ボリソフと対戦!!(MMAPLANET)
7月21日にキプロスで開催予定だったACB79でドゥクラハ・アスタミルノフと対戦が決まっていた田中だったが、御存じのように大会4日前にACBがファイナンシャル・プロブレムに陥りキャンセルされるとう事態に陥った。田中はこの不測の事態にも苦笑い程度で、自らのやるべきことを見失ずに練習に励んでいた。

先行き不透明のACBは契約選手を大幅にカットし、スリム経営を行うことを発表しており、田中の契約がどうなるのかは不明のままだった。実際、先週末までマネージメントがACBとコンタクトをとれない状況にあったなか、突然の意思疎通の再開と同時にとんでもない強豪との対戦が決まった。ボリソフはキャリア20勝2敗1分の戦績の持ち主で、3月にルスタン・カリモフとバンタム級王座決定戦を戦いスプリット判定負けを喫したもののACBのトップファイターであることは間違いない。


Oleg Borisov(Sherdog)

 オレッグ・ボリソフは現在35歳のロシア人で戦績20勝3敗1引き分け。記事にあるように今年3月の『ACB 83』ではルスタン・カリモフとのバンタム級王座決定戦ではスプリットデシジョンで敗れていますが、昨年9月の『ACB 71』では後に水垣偉弥に判定勝ちするムラッド・カリモフに1R KO勝ちしています。




 その『ACB 71』で行われたオレッグ・ボリソフ vs. ムラッド・カリモフの動画はこちら。

おそロシアに行ってきた
おそロシアに行ってきた
posted by ジーニアス at 21:58| Comment(1) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする
記事検索