2019年03月06日

Invicta FC が5月3日に8人参加のストロー級ワンナイトトーナメントを開催、魅津希の出場も決定



【Invicta FC35】魅津希出場。正式発表、Phoenix Rising Series──1回戦&準決勝は5分×1R!!!!(MMAPLANET)
魅津希(日本)
ジャナイザ・モランジン(ブラジル)
ダニエレ・タイラー(米国)
ジュリアナ・リマ(ブラジル)
ケイリン・カーラン(米国)
ブレアナ・ヴァン・ビューレン(米国)
シャロン・ジェイコブセン(米国)
スンナ・ダヴィッズドッテイル(アイスランド)

 5月3日にカンザス州カンザスシティのメモリアルホールで開催される『Invicta FC 35』で上記8選手が出場するワンナイト・ストロー級トーナメントを行うことを発表。

組み合わせは抽選で決定するトーナメント初戦、驚くべきは試合タイムが5分×1Rという点にある。そして、最短時間で勝利したファイターが同じく5分×1Rで争われる準決勝の対戦相手を選ぶことできる仕組みとなっている。結果、もう1つの準決勝の顔合わせも自動的に確定するというMMA界初の試みだ。

1回戦全試合が判定決着の場合は、ここでも抽選が行われ準決勝のカードが決まり、勝者が5分×3Rの決勝戦へ進む。5分×5R、5分×3R、5分×2R、3分×3Rと同じルールでも戦術は変化し、得意不得意も表面化するのがMMAだ。それが5分×1Rとなると、いきなりの全力投球、そして1つのテイクダウンで勝敗は決する可能性があり5分×3Rとは別競技になるといっても過言でない。

 このようにトーナメントの試合時間は変則的なルールで行われます。



posted by ジーニアス at 03:46| Comment(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

3.23『KSW 47』で石井慧とフェルナンド・ロドリゲスJr.が対戦/石井慧「チャンピオンになれると思ってます」



 KSWが3月23日にポーランド・ウッチのアトラス・アリーナで開催する『KSW 47』で石井慧 vs. フェルナンド・ロドリゲスJr.と対戦することを発表。


Fernando Rodrigues Jr.(Sherdog)

 フェルナンド・ロドリゲスJr.は現在31歳のブラジル人で戦績12勝4敗。元KSWヘビー級チャンピオンでIGFでも3試合しています。




 ビデオメッセージもアップされており、KSWヘビー級チャンピオンになれると思ってるとコメントしています。



posted by ジーニアス at 17:59| Comment(7) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

『SBC 20』石井慧 vs. ホドリゴ・カルロス ハイライト動画/次回SBCではファビオ・マルドナドと対戦か

石井慧TKOで初防衛「顔の骨が折れる音聞こえた」(日刊スポーツ)
 08年北京オリンピック(五輪)柔道男子100キロ超級金メダリストで総合格闘家の石井慧(32=チーム・クロコップ)がSBCヘビー級王座の初防衛に成功した。

 メインイベントで挑戦者ホドリコ・カルロス(37=ブラジル)と対戦。相手の仕掛けたテークダウンを阻止し、そのまま寝技に持ち込むと素早い動きでサイドポジションを確保。関節技も織り交ぜながら逃げようとするカルロスの背後に入ると、後頭部に強烈な右拳を何度もふり下ろし、レフェリーストップ。1回1分42秒、TKO勝利を収めた。

 流血するカルロスに試合後のあいさつを済ませると「コンディションは過去最高でした。肘もきまりましたし、(相手の)顔の骨が折れる音もきこえました」と手応え十分の快勝劇だった。昨年12月に同王座を獲得した直後のケージ内での記念撮影時、並んだラウンドガールの巨乳に目を奪われる映像が流れた。交際する柔術世界女王クリスティン・ミケルソン(30=米国)に指摘を受けたこともあり「彼女からクギを刺されていまして、次やったら危機なので」と苦笑いしながら手で両目を隠しながら記念撮影に応じた。



 おめでとうございます。次回は3月2日の『HEAT 44』でカルリ・ギブレインと対戦予定。




 石井慧 vs. ホドリゴ・カルロスのハイライト動画です。




 元UFCファイターでエメリヤーエンコ・ヒョードルとも対戦したファビオ・マルドナドと!


石井慧 激怒の祖母へMMA版3冠奪取誓う その裏に“家庭の事情”(東スポWeb)
 この日、クロアチアから国際電話で取材に応じた石井は「このたび、KSWと無事に契約しました」と報告。契約を結んだ決め手について「先方からオファーを頂いた時に『一発目でタイトルショット(タイトル戦)でどうか』とオファーをもらった。日本人ヘビー級である僕を高く評価してくれたことが大きいです」と話した。

 KSWとも契約。今年は試合数が多そうですね。



posted by ジーニアス at 10:42| Comment(5) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

『Invicta FC 34: Porto vs. Gonzalez』試合結果

Invicta FC 34 results: Bizarre ending, but Vanessa Porto crowned flyweight champ(MMAJunkie)
・Vanessa Porto def. Pearl Gonzalez via technical decision (40-36, 39-37, 39-37) – Round 4, 2:34 – to claim vacant flyweight title
・Karina Rodriguez def. Milana Dudieva via split decision (29-28, 28-29, 29-28) – flyweight tournament semifinal
・DeAnna Bennett def. Miranda Maverick via unanimous decision (29-28, 29-28, 29-28) – flyweight tournament semifinal
・Tracy Cortez def. Erin Blanchfield via split decision (28-29, 29-28, 29-28) – flyweight tournament alternate bout
・Victoria Leonardo def. Jamie Milanowski via submission (rear-naked choke) – Round 1, 2:45
・Courtney King def. Holli Salazar via submission (rear-naked choke) – Round 2, 4:46
・Caitlin Sammons def. Christina Ricker via TKO (punches) – Round 2, 3:02


【Invicta FC34】終始攻勢だったポルトが、4Rのアイポークでテクニカル判定勝利。フライ級王者に(MMAPLANET)

 2月15日にカンザス州カンザスシティのメモリアル・ホールで開催された『Invicta FC 34: Porto vs. Gonzalez』の試合結果。メインイベントのフライ級王座決定戦は4Rにパール・ゴンザレスがヴァネッサ・ポルトにアイポーク。試合続行不能となり、それまでの判定によりポルトが判定勝ちし新チャンピオンになっています。



posted by ジーニアス at 14:24| Comment(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

アーテム・ロボフがBare Knuckle FCと契約、4月20日にジェイソン・ナイトと対戦

アーテム・ロボフがUFCからリリースされたことを報告「どこででも、誰とでも闘うぞ。やりたいヤツはいないのか?」(2019年01月30日)

 こちらの続報。アーテム・ロボフはベラトールMMA、KSW、RIZIN、Bare Knuckle FC、ONE Championship、ACA MMAにリプライを送ってアピールしていましたが、






 Bare Knuckle FCがアーテム・ロボフと契約したことと、4月20日にミシシッピ州ビロクシのミシシッピ・コースト・コロシアムでジェイソン・ナイトと対戦することを発表。ナイトは『UFC 230: Cormier vs. Lewis』でジョーダン・リナルディに判定負けし4連敗を喫したことからUFCをリリースされていました。

 ロボフによるとBare Knuckle FCとは3試合契約でファイトマネーは6ケタ(10万ドル以上)とのこと。PPVボーナスもあり、他団体で試合をする権利もあるそうです。




posted by ジーニアス at 13:25| Comment(5) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

UFCをリリースされた井上直樹がCFFCと契約、2.16『CFFC 72』でショーン・サンテラと対戦

UFCがフライ級廃止に伴い井上直樹をリリース(2018年12月03日)

 こちらの続報。



 UFCをリリースされた井上直樹がニュージャージー州アトランティックシティが拠点の団体CFFC(Cage Fury Fighting Championships)と契約、2月16日にアトランティックシティで開催する『CFFC 72』でショーン・サンテラと対戦するとのこと。

Sean Santella(Sherdog)

 井上は『UFC Fight Night 132: Cowboy vs. Edwards』でマット・シュネルに判定負けして以来の試合。ショーン・サンテラは現在34歳のアメリカ人でMMA戦績20勝7敗1引き分け1無効試合。同団体の前フライ級チャンピオンですが、最近他団体で判定負けしたことから王座を剥奪されたそうです。



posted by ジーニアス at 05:52| Comment(15) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

『Invicta FC 33: Frey vs. Grusander 2』試合結果

Invicta FC 33 Results: Frey vs. Grusander 2(MMAFighting)
Main card (UFC Fight Pass at 10 p.m. ET)

・Jinh Yu Frey def. Minna Grusander via split decision (48-47 x2, 47-48)

・Danielle Taylor def. Montserrat Ruiz via unanimous decision (30-27 x2, 29-28)

・Kay Hansen def. Sharon Jacobson via submission (armbar) (R3, 4:43)

・Alesha Zappitella def. Amber Brown via unanimous decision (29-28 x3)

・Brianna Van Buren def. Jamie Moyle via unanimous decision (30-27 x2, 30-26)

Undercard

・Brittney Victoria def. Sarah Kleczka by unanimous decision (29-28 x3)

・Anastasia Nikolakakos def. Ashley Medina via TKO (punches) (R2, 3:26)

・Chantel Coates def. Ashlynn Kleinbeck via KO (punches) (R1, 0:28)


【Invicta FC33】完敗直前、攻められ続けたハンセンがジェイコブセンの反り投げ潰し腕十字で大逆転勝利(MMAPLANET)

【Invicta FC33】攻防の少ないラウンドを纏める力。フレイがグルサンデルを返り討ちにし王座防衛(MMAPLANET)

 12月15日にミズーリ州カンザスシティのスコティッシュライトで開催された『Invicta FC 33: Frey vs. Grusander 2』の試合結果。

 メインイベントのアトム級タイトルマッチはジン・ユ・フレイがミナ・グルサンデルにスプリットデシジョンで勝利し王座防衛しています。



posted by ジーニアス at 14:40| Comment(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

『Polaris 8』試合結果/石井慧、今成正和ともに敗れる

石井慧が12月9日ウェールズで開催する『POLARIS 8』でダン・ストラウスと対戦/12.13『World No-Gi柔術2018』にも出場(2018年11月01日)

 こちらの続報。

Polaris 8 results: Cornelius vs. Jones(MMAFighting)
Main card (UFC Fight Pass, 2 pm ET)

Craig Jones def. Keenan Cornelius via split decision
Vagner Rocha def. Ben Henderson via submission (rear-naked choke)
Mansher Khera def. Lachlan Giles via unanimous decision
Daniel Strauss def. Satoshi Ishii via split decision
Nicky Ryan def. Masakazu Imanari via submission (rear-naked choke)
Santeri Lilius def. Pedro Bessa via unanimous decision

Preliminary card (SportsJoe Facebook, UFC Fight Pass 12 pm ET)

Tom Halpin def. Brett Johns via submission (heel hook)
Bryn Jenkins def. Harry McKnight via submission (rear-naked choke)
Ed Ingamells def. Jamie Hughes via submission (heel hook)
Paul Redmond def. Craig Ewers via unanimous decision
Frederic Vosgrone def. Lew Long via unanimous decision
Matty Holmes def. Kieran Davern via split decision
Jay Butler def. Ben Robson via decision
Ash Amos def. Shane Price via submission (arm triangle)


【Polaris08】17歳のニッキー・ライアンが、今成からRNCでタップを奪いフェザー級チャンピオンに(MMAPLANET)

【Polaris08】石井慧は序盤にバックマウントを許し、15分時間切れもストラウスにスプリット判定で敗れる(MMAPLANET)

【Polaris08】ウェルター級王者となったケラがメイウェザーに「EBI、IBJJF、サブオンリー」で対戦表明(MMAPLANET)

【Polaris08】コンバット柔術世界ライト級王者ホシャが、ベンソン・ヘンダーソンにRNCで一本勝ち!!(MMAPLANET)

【Polaris08】アブダビの借りはポラリスで返す。クレイグ・ジョーンズがキーナン下し2階級制覇(MMAPLANET)

石井慧「へこたれずにガンバルンバ」惜敗も前向き(日刊スポーツ)

 12月9日にウェールズ・カーディフのヴィオラ・シアターで開催された『Polaris 8』の試合結果。メインイベントはクレイグ・ジョーンズがキーナン・コーネリアスにスプリットデシジョンで勝利。ヴァグネウ・ホシャはベンソン・ヘンダーソンにリアネイキッドチョークで勝利。ウェルター級王座決定戦はマンシャー・ケラがラクラン・ジャイルスに判定勝ち。石井慧はダニエル・ストラウスにスプリットデシジョンで敗れ、今成正和もニッキー・ライアンにリアネイキッドチョークで敗れています。





 共に敗戦報告をしています。



posted by ジーニアス at 23:11| Comment(4) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

無念! 村田夏南子が12.15『Invicta FC 33』シャロン・ジェイコブソン戦を負傷欠場

12.15『Invicta FC 33』で村田夏南子とシャロン・ジェイコブソンが対戦(2018年10月25日)

 こちらの続報。



Kay Hansen(Sherdog)

 12月15日にミズーリ州カンザスシティで開催する『Invicta FC 33: Frey vs. Grusander 2』でシャロン・ジェイコブソンと対戦予定だった村田夏南子が負傷欠場、代わりにケイ・ハンセンがジェイコブソンと対戦するとのこと。村田のケガの詳細は不明。ケイ・ハンセンは現在19歳でMMA戦績3勝2敗。『Invicta FC 32: Spencer vs. Sorenson』でエリン・ブランクフィールドに判定負けして以来の試合。



posted by ジーニアス at 11:59| Comment(2) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』のPPV契約数は2万5000件と惨敗

『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』試合結果/ハイライト動画(2018年11月25日)

 こちらの続報。



 11月24日にカリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで開催された『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』の観衆は主催者発表で7839人でしたが、チケット販売数は5451枚でゲート収入は73万2288ドル80セントだったとのこと。

 また、PPV契約数はティト・オーティズは20万件を超えると予想していましたが、MMAJunkieが関係者に聞いたところによると推定2万5000件だったそうです。



posted by ジーニアス at 04:09| Comment(1) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

『SBC 19』石井慧 vs. トニー・ロペス動画

石井慧、12.1『SBC 19』でトニー・ロペスに勝利しヘビー級新チャンピオンに(2018年12月02日)

 こちらの続報。



 12月1日にセルビアでSBC(Serbian Battle Championship)が開催する『SBC 19』で行われた石井慧 vs. トニー・ロペスのヘビー級タイトルマッチの動画。入場シーンは1時間14分過ぎ、試合は1時間19分過ぎに開始します。

Serbian Battle Championship 19: Revenge!(Tapology)

 全試合結果はこちらを参照。



posted by ジーニアス at 14:12| Comment(8) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

石井慧、12.1『SBC 19』でトニー・ロペスに勝利しヘビー級新チャンピオンに

12月1日、セルビアの『SBC 19』で石井慧がトニー・ロペスとヘビー級タイトルマッチ(2018年10月30日)

 こちらの続報。



View this post on Instagram

Ovo je bila borba za Hrvatsku🇭🇷

Satoshi Ishii | 石井 慧さん(@satoshiishii0141)がシェアした投稿 -



 12月1日にセルビアでSBC(Serbian Battle Championship)が開催する『SBC 19』で石井慧 vs. トニー・ロペスのヘビー級タイトルマッチが行われ石井が洗濯バサミで勝利、新チャンピオンになったとのこと。今のところ動画が発見できてません。見つかればアップするかもしれませんが。




posted by ジーニアス at 15:19| Comment(13) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

デイナ・ホワイトがチャック・リデルを復帰させたオスカー・デラ・ホーヤを批判



 『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』でティト・オーティズに1R KO負けしたチャック・リデルについてデイナ・ホワイトが以下のコメント。

「私はチャック・リデルのことが大好きだから彼のことを悪く言いたくない。先週バカなオスカー・デラ・ウィアード(変人)が私がチャックを引退させたことについてフザけたことを言ってたようだが、それは“友情”ってやつだよ。だから(オスカー・デラ・ホーヤは)バカなんだ」

「私はチャック・リデルと20年間友達だったし、現実は引退すべき時に引退したということだ。もう8年とか9年前だよ。チャック・リデルはアラフィフだし、この仕事をさせるべきじゃない。この試合を認めたカリフォルニア州にもウンザリする」

「チャック・リデルは素晴らしいレガシーを持っている。このスポーツのスーパースターだし、もちろん友人でもある。チャック・リデルの友人を自称してこんなデタラメな試合をさせた連中は友人でも何でもない。酷いヤツらだ」

posted by ジーニアス at 01:00| Comment(7) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

ティト・オーティズ「チャック・リデルは2度と試合をするべきじゃないと思う」



 『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』でチャック・リデルに1R KO勝ちしたティト・オーティズが以下のコメント。

「肉体的に見て彼はもう2度と試合をするべきじゃないと思う。だからまた彼とやりたいなんて言うことはない」

「チャック・リデルは偉大なチャンピオンだった、偉大なファイターだった、偉大な男で偉大な父だった。だからこういうチャンスをくれたことには感謝している」

posted by ジーニアス at 22:58| Comment(1) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

ジョン・ジョーンズがティト・オーティズに敗れたチャック・リデルについてコメント



 『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』でティト・オーティズに1R KO負けしたチャック・リデルについてジョン・ジョーンズがツイッターで以下のコメント。

「ああ、これでオフィシャルだ。もうチャックが対戦をアピールしてきても返答することはない」

 チャック・リデルは数年前からジョン・ジョーンズとの対戦をアピールしていました。

posted by ジーニアス at 14:41| Comment(2) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

チャック・リデル「負けた言い訳はない」「ティト・オーティズのことをリスペクトしている」

Chuck Liddell Offers ‘No Excuses’ for Loss to Tito Ortiz, Uncertain of MMA Future(Sherdog)

 『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』でティト・オーティズに1R KO負けしたチャック・リデルが以下のコメント。

「出たからには言い訳はない。グレートシェイプだったし準備はできていた。彼の方が上だった。そういうことだよ」

「彼との関係性を言うべきかどうか分からないが、リスペクトしている。彼はケージに入る。ケージに入りドアが閉まり対戦する人たちは誰であろうとリスペクトしている。彼のしたことはリスペクトしている。彼はこのために準備をしてきてハードな試合をして俺を倒した」

「俺はここにいるのが好きだった。俺は闘うことが好きなことをみんなは理解しなきゃいけない。金とか名誉のためじゃない。そういうのが理由で始めたわけじゃない。好きでやってきたことだ。準備はできていた。試合では違うことをやりたかったが、結果はご覧の通りだ」

「今後については今は考えたくない。続けるべきかどうか話すべき精神状態じゃない。ただ気分は良かったし楽しかった。今後についてはいずれ分かるだろう」

posted by ジーニアス at 14:14| Comment(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』試合結果/ハイライト動画

'Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3' official results(MMAJunkie)
MAIN CARD (Pay-per-view, 9 p.m. ET)

・Tito Ortiz def. Chuck Liddell via knockout (punch) – Round 1, 4:24
・Deron Winn def. Tom Lawlor via unanimous decision (30-27, 30-27, 30-27)
・Gleison Tibau def. Efrain Escudero via unanimous decision (29-28, 29-28, 29-28)
・Ricky Palacios def. Walel Watson via knockout (punches) – Round 1, 3:56
・James Barnes def. Alberto Morales via submission (armbar) – Round 3, 4:09
・Jay Silva def. Oscar Cota via technical submission (arm-triangle choke) – Round 3, 2:13

 11月24日にカリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで開催された『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』の試合結果。メインイベントのチャック・リデル vs. ティト・オーティズはティトが1R KO勝ちし悲願のリベンジ達成。デロン・ウィンはトム・ローラーに、グレイソン・チバウはエフライン・エスクデロにそれぞれ判定勝ちしています。



 チャック・リデル vs. ティト・オーティズ3ハイライト動画。


'Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3' draws reported 7,839 attendance(MMAJunkie)

 なお、観衆は主催者発表で7839人だったとのこと。ザ・フォーラムのキャパシティは最大1万7500人なので物足りない結果となっています。

posted by ジーニアス at 15:03| Comment(6) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』ファイトマネー



 カリフォルニア州アスレチックコミッションが『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』メインカードのファイトマネーを公表。

チャック・リデル 25万ドル(勝利ボーナスなし)
ティト・オーティズ20万ドル(勝利ボーナスなし)

トム・ローラー2万5000ドル(勝利ボーナスなし)
デロン・ウィン5000ドル(勝利ボーナス5000ドル)

グレイソン・チバウ  1万ドル(勝利ボーナス1万ドル)
エフライン・エスクデロ1万ドル(勝利ボーナス1万ドル)

ウォーレル・ワトソン5000ドル(勝利ボーナス5000ドル)
リカルド・パラシオス5000ドル(勝利ボーナス5000ドル)

ジェイ・シウバ5000ドル(勝利ボーナス5000ドル)
オスカー・コタ5000ドル(勝利ボーナス5000ドル)




posted by ジーニアス at 09:36| Comment(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

石井慧が柔術黒帯を取得、『World No-Gi柔術2018』にウルトラヘビー級で出場










posted by ジーニアス at 13:02| Comment(7) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

『LFA 54: Mazo vs. Yariwaki』試合結果/ハイライト動画

LFA 54 results: Mazo cruises in title defense, Murrietta delivers stunning KO(MMAJunkie)
・Sabina Mazo def. Carol Yariwaki via unanimous decision (50-45, 50-44, 50-44) – to retain women’s flyweight title
・Moses Murrietta def. Sidiah Parker via knockout (punches) – Round 2, 4:33
・Vince Cachero def. Joe Murphy via unanimous decision (29-28, 29-28, 29-28)
・Jacob Rosales def. Ricardo Seixas via TKO (punches) – Round 1, 1:56
・Irvins Ayala def. Mitchell Sipe via TKO (doctor stoppage) – Round 1, 1:04
・Kailan Hill def. Andre Walker via knockout (spinning backfist) – Round 1, 0:11

 11月16日にカリフォルニア州コスタメサのOCフェア&イベントセンターで開催された『LFA 54: Mazo vs. Yariwaki』の試合結果。

 メインイベントの女子フライ級タイトルマッチはサビナ・モゾがカロル・ヤリワキに判定勝ちし王座防衛。セミファイナルはモーゼス・ムリエッタがシジャウ・パーカーに2R KO勝ちしています。



 モーゼス・ムリエッタ vs. シジャウ・パーカー ハイライト動画。




posted by ジーニアス at 19:32| Comment(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする
記事検索