2019年01月12日

UFCをリリースされた井上直樹がCFFCと契約、2.16『CFFC 72』でショーン・サンテラと対戦

UFCがフライ級廃止に伴い井上直樹をリリース(2018年12月03日)

 こちらの続報。



 UFCをリリースされた井上直樹がニュージャージー州アトランティックシティが拠点の団体CFFC(Cage Fury Fighting Championships)と契約、2月16日にアトランティックシティで開催する『CFFC 72』でショーン・サンテラと対戦するとのこと。

Sean Santella(Sherdog)

 井上は『UFC Fight Night 132: Cowboy vs. Edwards』でマット・シュネルに判定負けして以来の試合。ショーン・サンテラは現在34歳のアメリカ人でMMA戦績20勝7敗1引き分け1無効試合。同団体の前フライ級チャンピオンですが、最近他団体で判定負けしたことから王座を剥奪されたそうです。



posted by ジーニアス at 05:52| Comment(15) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

『Invicta FC 33: Frey vs. Grusander 2』試合結果

Invicta FC 33 Results: Frey vs. Grusander 2(MMAFighting)
Main card (UFC Fight Pass at 10 p.m. ET)

・Jinh Yu Frey def. Minna Grusander via split decision (48-47 x2, 47-48)

・Danielle Taylor def. Montserrat Ruiz via unanimous decision (30-27 x2, 29-28)

・Kay Hansen def. Sharon Jacobson via submission (armbar) (R3, 4:43)

・Alesha Zappitella def. Amber Brown via unanimous decision (29-28 x3)

・Brianna Van Buren def. Jamie Moyle via unanimous decision (30-27 x2, 30-26)

Undercard

・Brittney Victoria def. Sarah Kleczka by unanimous decision (29-28 x3)

・Anastasia Nikolakakos def. Ashley Medina via TKO (punches) (R2, 3:26)

・Chantel Coates def. Ashlynn Kleinbeck via KO (punches) (R1, 0:28)


【Invicta FC33】完敗直前、攻められ続けたハンセンがジェイコブセンの反り投げ潰し腕十字で大逆転勝利(MMAPLANET)

【Invicta FC33】攻防の少ないラウンドを纏める力。フレイがグルサンデルを返り討ちにし王座防衛(MMAPLANET)

 12月15日にミズーリ州カンザスシティのスコティッシュライトで開催された『Invicta FC 33: Frey vs. Grusander 2』の試合結果。

 メインイベントのアトム級タイトルマッチはジン・ユ・フレイがミナ・グルサンデルにスプリットデシジョンで勝利し王座防衛しています。



posted by ジーニアス at 14:40| Comment(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

『Polaris 8』試合結果/石井慧、今成正和ともに敗れる

石井慧が12月9日ウェールズで開催する『POLARIS 8』でダン・ストラウスと対戦/12.13『World No-Gi柔術2018』にも出場(2018年11月01日)

 こちらの続報。

Polaris 8 results: Cornelius vs. Jones(MMAFighting)
Main card (UFC Fight Pass, 2 pm ET)

Craig Jones def. Keenan Cornelius via split decision
Vagner Rocha def. Ben Henderson via submission (rear-naked choke)
Mansher Khera def. Lachlan Giles via unanimous decision
Daniel Strauss def. Satoshi Ishii via split decision
Nicky Ryan def. Masakazu Imanari via submission (rear-naked choke)
Santeri Lilius def. Pedro Bessa via unanimous decision

Preliminary card (SportsJoe Facebook, UFC Fight Pass 12 pm ET)

Tom Halpin def. Brett Johns via submission (heel hook)
Bryn Jenkins def. Harry McKnight via submission (rear-naked choke)
Ed Ingamells def. Jamie Hughes via submission (heel hook)
Paul Redmond def. Craig Ewers via unanimous decision
Frederic Vosgrone def. Lew Long via unanimous decision
Matty Holmes def. Kieran Davern via split decision
Jay Butler def. Ben Robson via decision
Ash Amos def. Shane Price via submission (arm triangle)


【Polaris08】17歳のニッキー・ライアンが、今成からRNCでタップを奪いフェザー級チャンピオンに(MMAPLANET)

【Polaris08】石井慧は序盤にバックマウントを許し、15分時間切れもストラウスにスプリット判定で敗れる(MMAPLANET)

【Polaris08】ウェルター級王者となったケラがメイウェザーに「EBI、IBJJF、サブオンリー」で対戦表明(MMAPLANET)

【Polaris08】コンバット柔術世界ライト級王者ホシャが、ベンソン・ヘンダーソンにRNCで一本勝ち!!(MMAPLANET)

【Polaris08】アブダビの借りはポラリスで返す。クレイグ・ジョーンズがキーナン下し2階級制覇(MMAPLANET)

石井慧「へこたれずにガンバルンバ」惜敗も前向き(日刊スポーツ)

 12月9日にウェールズ・カーディフのヴィオラ・シアターで開催された『Polaris 8』の試合結果。メインイベントはクレイグ・ジョーンズがキーナン・コーネリアスにスプリットデシジョンで勝利。ヴァグネウ・ホシャはベンソン・ヘンダーソンにリアネイキッドチョークで勝利。ウェルター級王座決定戦はマンシャー・ケラがラクラン・ジャイルスに判定勝ち。石井慧はダニエル・ストラウスにスプリットデシジョンで敗れ、今成正和もニッキー・ライアンにリアネイキッドチョークで敗れています。





 共に敗戦報告をしています。



posted by ジーニアス at 23:11| Comment(4) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

無念! 村田夏南子が12.15『Invicta FC 33』シャロン・ジェイコブソン戦を負傷欠場

12.15『Invicta FC 33』で村田夏南子とシャロン・ジェイコブソンが対戦(2018年10月25日)

 こちらの続報。



Kay Hansen(Sherdog)

 12月15日にミズーリ州カンザスシティで開催する『Invicta FC 33: Frey vs. Grusander 2』でシャロン・ジェイコブソンと対戦予定だった村田夏南子が負傷欠場、代わりにケイ・ハンセンがジェイコブソンと対戦するとのこと。村田のケガの詳細は不明。ケイ・ハンセンは現在19歳でMMA戦績3勝2敗。『Invicta FC 32: Spencer vs. Sorenson』でエリン・ブランクフィールドに判定負けして以来の試合。



posted by ジーニアス at 11:59| Comment(2) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』のPPV契約数は2万5000件と惨敗

『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』試合結果/ハイライト動画(2018年11月25日)

 こちらの続報。



 11月24日にカリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで開催された『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』の観衆は主催者発表で7839人でしたが、チケット販売数は5451枚でゲート収入は73万2288ドル80セントだったとのこと。

 また、PPV契約数はティト・オーティズは20万件を超えると予想していましたが、MMAJunkieが関係者に聞いたところによると推定2万5000件だったそうです。



posted by ジーニアス at 04:09| Comment(1) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

『SBC 19』石井慧 vs. トニー・ロペス動画

石井慧、12.1『SBC 19』でトニー・ロペスに勝利しヘビー級新チャンピオンに(2018年12月02日)

 こちらの続報。



 12月1日にセルビアでSBC(Serbian Battle Championship)が開催する『SBC 19』で行われた石井慧 vs. トニー・ロペスのヘビー級タイトルマッチの動画。入場シーンは1時間14分過ぎ、試合は1時間19分過ぎに開始します。

Serbian Battle Championship 19: Revenge!(Tapology)

 全試合結果はこちらを参照。



posted by ジーニアス at 14:12| Comment(8) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

石井慧、12.1『SBC 19』でトニー・ロペスに勝利しヘビー級新チャンピオンに

12月1日、セルビアの『SBC 19』で石井慧がトニー・ロペスとヘビー級タイトルマッチ(2018年10月30日)

 こちらの続報。



View this post on Instagram

Ovo je bila borba za Hrvatsku🇭🇷

Satoshi Ishii | 石井 慧さん(@satoshiishii0141)がシェアした投稿 -



 12月1日にセルビアでSBC(Serbian Battle Championship)が開催する『SBC 19』で石井慧 vs. トニー・ロペスのヘビー級タイトルマッチが行われ石井が洗濯バサミで勝利、新チャンピオンになったとのこと。今のところ動画が発見できてません。見つかればアップするかもしれませんが。




posted by ジーニアス at 15:19| Comment(13) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

デイナ・ホワイトがチャック・リデルを復帰させたオスカー・デラ・ホーヤを批判



 『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』でティト・オーティズに1R KO負けしたチャック・リデルについてデイナ・ホワイトが以下のコメント。

「私はチャック・リデルのことが大好きだから彼のことを悪く言いたくない。先週バカなオスカー・デラ・ウィアード(変人)が私がチャックを引退させたことについてフザけたことを言ってたようだが、それは“友情”ってやつだよ。だから(オスカー・デラ・ホーヤは)バカなんだ」

「私はチャック・リデルと20年間友達だったし、現実は引退すべき時に引退したということだ。もう8年とか9年前だよ。チャック・リデルはアラフィフだし、この仕事をさせるべきじゃない。この試合を認めたカリフォルニア州にもウンザリする」

「チャック・リデルは素晴らしいレガシーを持っている。このスポーツのスーパースターだし、もちろん友人でもある。チャック・リデルの友人を自称してこんなデタラメな試合をさせた連中は友人でも何でもない。酷いヤツらだ」

posted by ジーニアス at 01:00| Comment(7) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

ティト・オーティズ「チャック・リデルは2度と試合をするべきじゃないと思う」



 『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』でチャック・リデルに1R KO勝ちしたティト・オーティズが以下のコメント。

「肉体的に見て彼はもう2度と試合をするべきじゃないと思う。だからまた彼とやりたいなんて言うことはない」

「チャック・リデルは偉大なチャンピオンだった、偉大なファイターだった、偉大な男で偉大な父だった。だからこういうチャンスをくれたことには感謝している」

posted by ジーニアス at 22:58| Comment(1) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

ジョン・ジョーンズがティト・オーティズに敗れたチャック・リデルについてコメント



 『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』でティト・オーティズに1R KO負けしたチャック・リデルについてジョン・ジョーンズがツイッターで以下のコメント。

「ああ、これでオフィシャルだ。もうチャックが対戦をアピールしてきても返答することはない」

 チャック・リデルは数年前からジョン・ジョーンズとの対戦をアピールしていました。

posted by ジーニアス at 14:41| Comment(2) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

チャック・リデル「負けた言い訳はない」「ティト・オーティズのことをリスペクトしている」

Chuck Liddell Offers ‘No Excuses’ for Loss to Tito Ortiz, Uncertain of MMA Future(Sherdog)

 『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』でティト・オーティズに1R KO負けしたチャック・リデルが以下のコメント。

「出たからには言い訳はない。グレートシェイプだったし準備はできていた。彼の方が上だった。そういうことだよ」

「彼との関係性を言うべきかどうか分からないが、リスペクトしている。彼はケージに入る。ケージに入りドアが閉まり対戦する人たちは誰であろうとリスペクトしている。彼のしたことはリスペクトしている。彼はこのために準備をしてきてハードな試合をして俺を倒した」

「俺はここにいるのが好きだった。俺は闘うことが好きなことをみんなは理解しなきゃいけない。金とか名誉のためじゃない。そういうのが理由で始めたわけじゃない。好きでやってきたことだ。準備はできていた。試合では違うことをやりたかったが、結果はご覧の通りだ」

「今後については今は考えたくない。続けるべきかどうか話すべき精神状態じゃない。ただ気分は良かったし楽しかった。今後についてはいずれ分かるだろう」

posted by ジーニアス at 14:14| Comment(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』試合結果/ハイライト動画

'Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3' official results(MMAJunkie)
MAIN CARD (Pay-per-view, 9 p.m. ET)

・Tito Ortiz def. Chuck Liddell via knockout (punch) – Round 1, 4:24
・Deron Winn def. Tom Lawlor via unanimous decision (30-27, 30-27, 30-27)
・Gleison Tibau def. Efrain Escudero via unanimous decision (29-28, 29-28, 29-28)
・Ricky Palacios def. Walel Watson via knockout (punches) – Round 1, 3:56
・James Barnes def. Alberto Morales via submission (armbar) – Round 3, 4:09
・Jay Silva def. Oscar Cota via technical submission (arm-triangle choke) – Round 3, 2:13

 11月24日にカリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで開催された『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』の試合結果。メインイベントのチャック・リデル vs. ティト・オーティズはティトが1R KO勝ちし悲願のリベンジ達成。デロン・ウィンはトム・ローラーに、グレイソン・チバウはエフライン・エスクデロにそれぞれ判定勝ちしています。



 チャック・リデル vs. ティト・オーティズ3ハイライト動画。


'Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3' draws reported 7,839 attendance(MMAJunkie)

 なお、観衆は主催者発表で7839人だったとのこと。ザ・フォーラムのキャパシティは最大1万7500人なので物足りない結果となっています。

posted by ジーニアス at 15:03| Comment(6) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』ファイトマネー



 カリフォルニア州アスレチックコミッションが『Golden Boy MMA: Liddell vs. Ortiz 3』メインカードのファイトマネーを公表。

チャック・リデル 25万ドル(勝利ボーナスなし)
ティト・オーティズ20万ドル(勝利ボーナスなし)

トム・ローラー2万5000ドル(勝利ボーナスなし)
デロン・ウィン5000ドル(勝利ボーナス5000ドル)

グレイソン・チバウ  1万ドル(勝利ボーナス1万ドル)
エフライン・エスクデロ1万ドル(勝利ボーナス1万ドル)

ウォーレル・ワトソン5000ドル(勝利ボーナス5000ドル)
リカルド・パラシオス5000ドル(勝利ボーナス5000ドル)

ジェイ・シウバ5000ドル(勝利ボーナス5000ドル)
オスカー・コタ5000ドル(勝利ボーナス5000ドル)




posted by ジーニアス at 09:36| Comment(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

石井慧が柔術黒帯を取得、『World No-Gi柔術2018』にウルトラヘビー級で出場










posted by ジーニアス at 13:02| Comment(7) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

『LFA 54: Mazo vs. Yariwaki』試合結果/ハイライト動画

LFA 54 results: Mazo cruises in title defense, Murrietta delivers stunning KO(MMAJunkie)
・Sabina Mazo def. Carol Yariwaki via unanimous decision (50-45, 50-44, 50-44) – to retain women’s flyweight title
・Moses Murrietta def. Sidiah Parker via knockout (punches) – Round 2, 4:33
・Vince Cachero def. Joe Murphy via unanimous decision (29-28, 29-28, 29-28)
・Jacob Rosales def. Ricardo Seixas via TKO (punches) – Round 1, 1:56
・Irvins Ayala def. Mitchell Sipe via TKO (doctor stoppage) – Round 1, 1:04
・Kailan Hill def. Andre Walker via knockout (spinning backfist) – Round 1, 0:11

 11月16日にカリフォルニア州コスタメサのOCフェア&イベントセンターで開催された『LFA 54: Mazo vs. Yariwaki』の試合結果。

 メインイベントの女子フライ級タイトルマッチはサビナ・モゾがカロル・ヤリワキに判定勝ちし王座防衛。セミファイナルはモーゼス・ムリエッタがシジャウ・パーカーに2R KO勝ちしています。



 モーゼス・ムリエッタ vs. シジャウ・パーカー ハイライト動画。




posted by ジーニアス at 19:32| Comment(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

『Invicta FC 32: Spencer vs. Sorenson』試合結果/ハイライト動画

Invicta FC 32 results: Felicia Spencer claims vacant title with gutsy win over Pam Sorenson(MMAJunkie)
・Felicia Spencer def. Pam Sorenson via submission (rear-naked choke) – Round 4, 4:23 – to claim vacant featherweight title
・Mizuki Inoue def. Viviane Pereira via unanimous decision (30-27, 30-27, 30-27)
・Ashley Cummins vs. Jessica Delboni via unanimous decision (29-28, 29-28, 29-28)
・Kaitlin Young def. Sarah Patterson via TKO (strikes) – Round 1, 1:25
・Julia Avila def. Alexa Conners via TKO (strikes) – Round 2, 4:43
・Erin Blanchfield def. Kay Hansen via majority decision (28-28, 29-28, 29-28)
・Stephanie Geltmacher def. Liz Tracy via unanimous decision (30-27, 30-27, 29-28)
・Kathryn Paprocki def. Isis Verbeek via unanimous decision (28-27, 28-27, 28-27)
・Chelsea Chandler def. Mitzi Merry via unanimous decision (30-27, 30-27, 30-26)


【Invicta FC32】キックの強豪フェルビークは準備不足、ペプロキーに完敗(MMAPLANET)

【Invicta FC32】NYでバージョンアップした魅津希が、完勝。体重オーバーを詫びるマイクでファンが拍手(MMAPLANET)

【Invicta FC32】デビュー以来、6連勝でフェリシア・スペンサーがフェザー級世界チャンピオンに(MMAPLANET)

 11月16日にオクラホマ州ショーニーのファイアーレイク・アリーナで開催された『Invicta FC 32: Spencer vs. Sorenson』の試合結果。

 メインイベントのフェザー級王座決定戦はフェリシア・スペンサーがパム・ソーレンソンに4Rリアネイキッドチョークで勝利し新チャンピオンに。セミファイナルは魅津希がヴィヴィアニ・ペレイラに判定勝ちしています。





 フェリシア・スペンサー vs. パム・ソーレンソン ハイライト動画。




posted by ジーニアス at 18:22| Comment(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

コディ・マッケンジーが薬物検査で自身の尿ではない液体を提出したことからネバダ州から4年間出場停止処分を受ける



 コディ・マッケンジーがTuff-N-Uffの大会に出場する前日である9月14日にネバダ州アスレチックコミッションから薬物検査用の尿の提出を求められたものの、自身の尿とは異なる液体を提出したことから4年間の出場停止処分を受けたとのこと。マッケンジーは衣服の中にビンを隠し、ビンの先にノズルを取り付けて、そこから液体を出していたそうです。また、ハンドウォーマーで温めていたことから尿にしては異常に温かかったとのこと。

Cody McKenzie(Sherdog)

 コディ・マッケンジーは現在30歳。MMA戦績16勝11敗(UFC戦績3勝4敗)。TUF 12に参加したことをきっかけにUFCと契約しましたが、2013年12月の『UFC on FOX 9: Johnson vs. Benavidez 2』でサム・スタウトに判定負けした後にUFCをリリースされています。しかしリリース後の戦績はさらに振るわず2勝7敗。今回は11ヶ月ぶりの試合をする予定でした。




posted by ジーニアス at 22:56| Comment(2) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

『WBKFF 1』試合結果/クリス・リーベン vs. フィル・バローニ、ジョニー・ヘンドリックス vs. ダコタ・コクラン ハイライト動画

WBKFF Results: Leben vs. Baroni(MMAFighting)
Main card (PPV at 10 p.m. ET)

・Chris Leben def. Phil Baroni via TKO at 1:19 of R1

・Dakota Cochrane def. Johny Hendricks via KO at 21 of R2

・Joey Angelo def. Julian Lane via split decision

・Christina Marks via. Jasmine Clarkson via TKO at 1:54 of R2

・Robbie Peralta vs. Jay Cucciniello via unanimous decision

・Leon Mynhardt def. Nick Gonzalez via TKO at :56 of R2

・Josh Neer def. Mike Alderete via TKO in R3

・Joey Munoz def. Marcelo Alfaya via majority decision

・Isaac Vallie-Flagg def. Cory Simpson via TKO at 1:10 of R2

Undercard

・Juan Torres def. C.J. Leveque via TKO at 1:33 of R2

・Jeff Chiffens def. Fred Pierce via TKO at 1:04 of R1

 WBKFF(World Bare Knuckle Fighting Federation)が11月9日にワイオミング州キャスパーのキャスパー・イベントセンターで開催した『WBKFF 1』の試合結果。メインイベントはクリス・リーベンがフィル・バローニに1R TKO勝ち。セミファイナルはジョニー・ヘンドリックスがショートノーティスで代打出場したダコタ・コクランに2R TKO負けしています。他にもジョシュ・ニアー、アイザック・ヴァリーフラッグといった元UFCファイターが勝利を収めています。



 クリス・リーベン vs. フィル・バローニ ハイライト動画。



 ダコタ・コクラン vs. ジョニー・ヘンドリックス ハイライト動画。




posted by ジーニアス at 18:03| Comment(9) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

【追記】11.10『ACB 90』田中路教がビザの不備でオレッグ・ボリソフ戦が中止に

11.10『ACB 90』で田中路教とオレッグ・ボリソフが対戦(2018年08月17日)

 こちらの続報。



 10日(土・現地時間)、モスクワはロシアのアイスパレスで開催されるACB80に出場し、オレッグ・ボリソフと戦う予定だった田中路教がビザの不備でロシアへ入国できず試合を欠場することとなった。

 7日、羽田空港からモスクワへの経由地である北京に向かう便にチェックインする際に、田中が持っていたビザ……ACBからビザとしてマネージャー経由で渡された書類が、「これまで見たことがないモノなので……入国できるか」というモノであることが判明した。田中はすぐにハワイ在住のマネージャーに連絡し、とりあえずビザなしで入国できる中国へ向かった。

 結果、ロシアへの乗継便には「この書類では入国できない」と搭乗できず、田中はチケットを現地で購入しセコンドの高橋遼伍と帰国の途についた。この間にマネージャーとACBサイドで話し合いが行われたものの誠意のある対応はなかったとのことだ。

田中路教
「正直なんて言ったら良いのか分からないですが、いつも応援してくれている人、試合を楽しみにしていてくれた方達には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

こんな状況になっている自分が情けなくてしょうがないです。

でも、ここで生き方を変えることはできないですし、もっと自分がしっかりして進んでいかなきゃなと思います。

また頑張ります。

必ず成長した姿をお見せするので、もう少しだけ待ってください」

 これは酷いし気の毒ですね。7月のACBも団体の都合で勝手に中止にされてますし。

【追記】


 シュウ・ヒラタ氏の見解。だとしたらマネージメントに問題が!?




posted by ジーニアス at 23:13| Comment(16) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

11.9 WBKFF(ベアナックル大会)ジョニー・ヘンドリックスの対戦相手がブレナン・ワードからダコタ・コクランに変更

11月9日にジョニー・ヘンドリックスとブレナン・ワードがベアナックルマッチ(2018年09月19日)

 こちらの続報。





 11月9日にワイオミング州キャスパーのキャスパー・イベントセンターで開催するWorld Bare Knuckle Fighting Federation(WBKFF)の大会でジョニー・ヘンドリックスと対戦予定だったブレナン・ワードがインスタグラムで欠場を発表。負傷欠場ではなく「WBKFFが契約を守らなかったから」とのこと。




 その後、WBKFFはワードの代わりにダコタ・コクランがヘンドリックスと対戦することを発表しています。

Dakota Cochrane(Sherdog)

 ダコタ・コクランは現在32歳のアメリカ人でMMA戦績31勝12敗。TUF 15に参加しましたが1回戦でジェームス・ヴィックに敗れたことからUFCとは契約できませんでした。その後ベラトールにも参戦していますが結果が出せず、最近はローカル団体での試合が続いています。




posted by ジーニアス at 22:56| Comment(1) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする
記事検索