2022年08月12日

9.29『ONE 161』でアージャン・ブラー vs. アナトリー・マリキンのヘビー級王座統一戦


 ONE Championshipが9月29日にシンガポール・インドアスタジアムで開催する『ONE 161』でアージャン・ブラー vs. アナトリー・マリキンのヘビー級王座統一戦を行なうことを発表。

 ブラーは昨年4月の『ONE: Dangal』でブランドン・ヴェラのヘビー級王座に挑戦し2R TKO勝ちして以来1年5ヶ月ぶりの試合。マリキンは2月の『ONE: Bad Blood』でキリル・グリシェンコと暫定王座決定戦を行い2R KO勝ちして以来の試合。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

2022年08月02日

KSWミドル級&ウェルター級王者のロベルト・ソルディッチが王座を返上しONE Championshipと契約「UFCからもオファーはあったが…」


 KSWミドル級&ウェルター級チャンピオンのロベルト・ソルディッチが王座を返上しONE Championshipと契約したとコメント。

Roberto Soldic(Sherdog)

 ロベルト・ソルディッチは現在27歳のクロアチア人でMMA戦績20勝3敗(KSW戦績8勝1敗)。ニックネームはロボコップ。KSWデビュー戦である2018年12月の『KSW 41』でいきなりボリス・マンコウスキーのウェルター級王座に挑戦し3R TKO勝ち。その後現在UFCミドル級ランキング14位のドリカス・デュ・プレシスに敗れて王座陥落するもダイレクトリマッチでリベンジし以降は負けなし。昨年12月の『KSW 65』ではマメッド・ハリドフに2R KO勝ちし2階級チャンピオンになっています。

 ソルディッチがONEを選んだ理由のひとつとしてMMA以外のタイトルに挑戦する機会が約束されたからとのこと。チャトリ・シットヨートンCEOからも「君はユニークなファイターになれるし、格闘技の様々なベルトを取るための全てのチャンスを与える」と言われたそうです。UFCからもオファーはあったものの、「良かったけど、そこまで真剣なものではかかった」とのこと。デメトリアス・ジョンソンやエディ・アルバレスといった元UFCチャンピオンがONEで敗れていることから「僕は彼らとは違うし、彼らが失敗した場所でベルトを獲りたいと思う」とコメント。

 デビュー戦は年内を目標にしており、「エディ・アルバレスと戦いたい」とのこと。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

2022年07月23日

『ONE 159: De Ridder vs. Bigdash』試合結果/ハイライト動画

【ONE】無敗の絶対王者デ・リダーが圧巻のV2!元王者ビグダシュを横三角で絞め落とす(イーファイト)

7.22『ONE』全試合 結果 速報=ミドル級世界タイトルマッチ、暫定アトム級ムエタイ世界タイトルマッチなど(イーファイト)
▼ミドル級(₋93.0kg)世界タイトルマッチ
〇ライニアー・デ・リダー(オランダ)
一本 1R 3分29秒 ※横三角絞め
●ビタリー・ビグダシュ(ロシア)
※デ・リダーが2度目の防衛に成功

▼アトム級ムエタイ世界暫定王座決定戦
〇ジャネット・トッド(米国)
判定 3-0
●ララ・フェルナンデス(スペイン)
※トッドが暫定王座に

▼バンタム級 ムエタイ
○ムアンタイ・PK・センチャイ
判定2-1
●ウラジーミル・クズミン

▼ストロー級 キックボクシング
○ジャン・ペイメン
判定3-0
●アスランベック・ジクレーブ

▼フェザー級 ムエタイ
●スモーキン・ジョー・ナタウット
判定0-3
○ジャマール・ユスポフ

▼ストロー級
●ズーラン・ジャーシー
KO 1R4分20秒
○ダニエル・ウィリアムス

▼ライト級 ムエタイ
○シンサムット・クリンミー
KO 2R5秒
●リアム・ノーラン

▼ライト級
●アリエル・セクストン
TKO 3R4分15秒
○マラット・ガフロフ

▼ウェルター級
●ジン・テホ
一本 2R4分50秒
○ヴァミール・ダ・シウバ


【ONE159】ボカン・マスンヤネ、計量失敗。箕輪ひろばとの注目カードは消滅……(MMAPLANET)

【ONE159】右ローでジン・テホからダウンを奪ったダ・シウバがギロチンでタップ奪う(MMAPLANET)

【ONE159】ガフロフ地獄、テイクダウン→パス、マウント、バック。最後はセクストンをパウンドアウト(MMAPLANET)

【ONE159】トゥルーマーシャルアーチスト=ウィリアムスが右でKO勝ち。「ムエタイ&MMAで世界を狙う」(MMAPLANET)

【ONE159】ギロチンを防がれたビグダシュ。横三角は体を跨がず落ちて──デリダーが王座防衛(MMAPLANET)

 7月22日にシンガポール・インドアスタジアムで開催された『ONE 159: De Ridder vs. Bigdash』の試合結果。メインイベントのミドル級タイトルマッチはライニアー・デ・リダーがビタリー・ビグダシュに1R横三角絞めで勝利王座防衛しています。なお、箕輪ひろば vs. ボカン・マスンヤネがボカンの計量ミスにより中止になっています。


 ライニアー・デ・リダー vs. ビタリー・ビグダシュ ハイライト動画。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

2022年07月13日

8.27『ONE 161: Moraes vs. Johnson 2』の全対戦カードが決定/平田樹はリン・ホーチンと対戦

8.27『ONE 161』でアドリアーノ・モラエスとデメトリアス・ジョンソンが1年4ヶ月ぶりに再戦(2022年06月04日)

 こちらの続報。



 ONE Championshipが8月27日にシンガポール・インドアスタジアムで開催する『ONE 161: Moraes vs. Johnson 2』の全対戦カード。アドリアーノ・モラエス vs. デメトリアス・ジョンソンのフライ級タイトルマッチは既報です。

 他にはマーカス・アルメイダ vs. キリル・グリシェンコ、アミール・アリアックバリ vs. マウロ・チリリのヘビー級マッチ、平田樹 vs. リン・ホーチンの女子アトム級マッチが行われます。

 平田は3月の『ONE X』で、ジヒン・ラズワンに判定負けして以来の試合。リンは3月の『ONE: Lights Out』でキックボクシングルールに挑戦しミラグロス・ロペスに判定勝ちして以来の試合。MMAは2月の『ONE: Bad Blood』でビー・ニューイェンに判定勝ちして以来の試合。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

2022年06月05日

セイジ・ノースカット「青木真也よ、7月か8月に対戦すると聞いてたのに戦わないのは何故だ?」

距離思考 曖昧な関係で生きる方法


ONE ChampionshipがアメリカのAmazonプライムビデオと5年契約(2022年04月28日)

『ONE 157: Petcmorakot vs Vienot』試合結果(2022年05月21日)

 こちらの続報。



 セイジ・ノースカットがツイッターで以下のコメント。

「ヘイ、青木真也。僕は君が(ケイド・ルオトロとの)グラップリングマッチでケガしなければONE Championshipの7月か8月の大会で対戦すると聞いていた。7月か8月のAmazonプライムビデオ大会で戦わないのは何故だ…何か問題でもあるのか?」

 ONE Championshipは最近アメリカのAmazonプライムビデオと5年契約を結んでいます。ノースカットは2019年5月の『ONE Championship: Enter the Dragon』でコスモ・アレッシャンドリに1R KO負けした際に顔面を骨折して以来3年以上試合をしていません。昨年4月の『ONE on TNT 4』で青木真也戦が組まれましたが、新型コロナウイルスの後遺症が長引いて欠場、青木は代わりにエドゥアルド・フォラヤンと対戦しています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 12:18| Comment(5) | TrackBack(0) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

2022年06月04日

8.27『ONE 161』でアドリアーノ・モラエスとデメトリアス・ジョンソンが1年4ヶ月ぶりに再戦


 ONE Championshipが8月27日にシンガポール・インドアスタジアムで開催する『ONE 161』でアドリアーノ・モラエス vs. デメトリアス・ジョンソンのフライ級タイトルマッチを行うことを発表。

 モラエスは3月の『ONE: X』で若松佑弥に3Rギロチンチョークで勝利して以来の試合で今回が3度目の防衛戦。

 ジョンソンは3月の『ONE: X』で行われたMIXルールマッチでロッタン・ジットムアンノンに2Rリアネイキッドチョークで勝利して以来の試合。

 両者は昨年4月の『ONE on TNT 1』で対戦しており、この時はモラエスが2R KO勝ちしています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 14:51| Comment(1) | TrackBack(0) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

『ONE 158: Tawanchai vs. Larsen』試合結果/ハイライト動画


第13試合 メインイベント ムエタイ フェザー級 3分3R
○タワンチャイ・PKセンチャイ(5位)
×ニコラス・ラーセン
2R 1’42” KO (左ストレート)
※タワンチャイがムエタイフェザー級・ペットモラコット・ペッティンディーアカデミーへの挑戦権獲得

第12試合 MMA バンタム級 5分3R
×クォン・ウォンイル(2位)
○ファブリシオ・アンドラージ(4位)
1R 1’02” KO (左三日月蹴り)

第11試合 MMA フライ級 5分3R
○リース・マクラーレン(5位)
×シェ・ウェイ
1R 3’42” 裸絞め

第10試合 MMA フライ級 5分3R
○カイラット・アクメトフ(2位、元王者)
×和田竜光(フリー/元DEEPフライ級王者)
判定3-0

第9試合 キックボクシング ヘビー級 3分3R
×ラーデ・オパチッチ
○グート・イノセンテ
1R 2’33” KO (左ボディストレート)

第8試合 MMA ストロー級 5分3R
○アレックス・シウバ(元王者)
×エイドリアン・マティス
1R 3’34” ヒールフック

第7試合 MMA フライ級 5分3R
×ヨッカイカー・フェアテックス
○グルダーシャン・マンガット
判定1-2

第6試合 キックボクシング ライト級 3分3R
×マルワーン・トゥートゥー
○コンスタンティン・ルス
判定0-3

第5試合 MMA ヘビー級 5分3R
○マーカス・アルメイダ
×サイモン・カーソン
1R 2’24” TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

第4試合 MMA ヘビー級 5分3R
○オーディ・デラニー
×メフディー・バルギ
2R 2’22” アームロック

第3試合 MMA ヘビー級 5分3R
×デューク・ディディエ
○ジャスール・ミルザムハメドフ
判定1-2

第2試合 MMA アトム級 5分3R
○ジェネリン・オルシム
×ジュリー・メザバルバ
判定2-1

第1試合 MMA ライト級 5分3R
×キム・キョンロック
○エドソン・マルケス
判定0-3

 ONE Championshipが6月3日にシンガポール・インドアスタジアムで開催した『ONE 158: Tawanchai vs. Larsen』の試合結果。和田竜光がカイラット・アクメトフに判定負けしています。


 タワンチャイ・PKセンチャイ vs. ニコラス・ラーセン ハイライト動画。


 ファブリシオ・アンドラージ vs. クォン・ウォンイル ハイライト動画。


 リース・マクラーレン vs. シェ・ウェイ ハイライト動画。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

2022年05月21日

『ONE 157: Petcmorakot vs Vienot』試合結果


第13試合 メインイベント ONEムエタイ・フェザー級タイトルマッチ 3分5R
○ペットモラコット・ペッティンディー(タイ/王者)
×ジミー・ビエノ(フランス/挑戦者)
判定2-1
※ペットモラコットが防衛

第12試合 コー・メインイベント ONEムエタイ・ストロー級タイトルマッチ 3分5R
×プラジャンチャイ・PKセンチャイ(タイ/王者)
○ジョセフ・ラシリ(イタリア/モロッコ/1位)
3R 終了時 TKO (棄権)
※ラシリが王者に

第11試合 ムエタイ フライ級GP準々決勝 3分3R
○ロッタン・ジットムアンノン(タイ/ONEムエタイ王者、ONEキック1位)
×ジェイコブ・スミス(イギリス)
判定3-0

第10試合 グラップリング ライト級 10分1R
×ゲイリー・トノン(米国)
○タイ・ルオトロ(米国)
1R ダースチョーク

第9試合 グラップリング ライト級 10分1R
×青木真也(イヴォルブMMA/ONE MMA 3位・元王者)
○ケイド・ルオトロ[Kade Ruotolo](米国)
判定0-3

第8試合 ムエタイ フライ級GP準々決勝 3分3R
×ホスエ・クルス(メキシコ)
○ボルター・ゴンサルベス(ブラジル/ONEキック・フライ級3位)
1R 0’35” KO (左ボディフック)
※ジョナサン・ハガティー(イギリス/ONEムエタイ1位・元王者)が体調不良により欠場。交替試合にエントリーしていたクルスが繰り上がり、ゴンサルベスと対戦。クルスと戦う予定だったパンパヤック・ジットムアンノン(タイ/ONEムエタイ3位)は欠場。

第7試合 ムエタイ フライ級GP準々決勝 3分3R
○スーパーレック・ギャットムーカオ(タイ/ONEムエタイ2位、ONEキック2位)
×内藤大樹(BELLWOOD FIGHT TEAM/ONEキック4位、元シュートボクシング日本スーパーバンタム級王者)
判定3-0

第6試合 ムエタイ フライ級GP準々決勝 3分3R
○サバス・マイケル(キプロス)
×アミール・ナセリ(イラン/マレーシア)
判定3-0

第5試合 MMA 女子アトム級 5分3R
×アシャ・ロカ(インド/ネパール)
○アリース・アンダーソン(米国)
1R 横三角絞め

第4試合 キックボクシング フェザー級 3分3R
×ダビッド・キリア(グルジア)
○モハメド・ブタザ(モロッコ)
判定0-3

第3試合 MMA 女子ストロー級 5分3R
○ナット・ジャルーンサック(タイ)
×ゼバ・バーノ(インド)
1R 腕ひしぎ十字固め

第2試合 ムエタイ フライ級GP交替試合 3分3R
○シャーゾット・カブトフ(キルギス)
×デニス・ピューリック(カナダ/ボスニア・ヘルツェゴビナ)
判定3-0

第1試合 MMA ストロー級 5分3R
○エリピツア・シレガー(インドネシア)
×ロビン・カタラン(フィリピン)
1R アナコンダチョーク

 ONE Championshipが5月20日にシンガポール・インドアスタジアムで開催した『ONE 157: Petcmorakot vs Vienot』の試合結果。グラップリングマッチでゲイリー・トノンがタイ・ルオトロに1Rダースチョークで敗れ、青木真也がケイド・ルオトロに判定負けしています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

2022年04月28日

ONE ChampionshipがアメリカのAmazonプライムビデオと5年契約



 ONE ChampionshipがアメリカのAmazonプライムビデオと5年契約を結んだとのこと。アメリカとカナダで年間12大会以上をライブ配信するそうです。最初の大会がどれになるかは近日中に発表するとのこと。日本では今後もABEMAが中継します。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

2022年04月23日

『ONE: Eersel vs. Sadikovic』試合結果/日本人は全敗

ONE 156 Results: Eersel Defends; Sundell Dominates for Title()
・Kickboxing bout: Regian Eersel def. Arian Sadiković by unanimous decision – for the lightweight title
・Muay Thai bout: Smilla Sundell def. Jackie Buntan by unanimous decision – for the inaugural strawweight title
・Jarred Brooks def. Bokang Masunyane by technical submission (rear-naked choke). Round 1, 4:39
・Muay Thai bout: Liam Harrison def. Muangthai PK.Saenchai by TKO. Round 1, 2:19
・Song Min Jong def. Chen Rui by technical submission (rear-naked choke). Round 2, 4:26
・Danial Williams def. Namiki Kawahara by unanimous decision
・Gustavo Balart def. Yosuke Saruta by unanimous decision
・Kickboxing bout: Andrei Stoica def. Giannis Stoforidis by split decision
・Muay Thai bout: Anissa Meksen def. Marie Ruumet by unanimous decision
・Windson Ramos def. Woo Sung Hoon by unanimous decision
・Dayane Cardoso def. Ayaka Miura by TKO (strikes). Round 2, 0:56
・Abraão Amorim def. Dae Sung Park by TKO (strikes). Round 2, 1:20
・Jin Tae Ho def. Agilan Thani by submission (kimura). Round 1, 2:23
・Grappling bout: Mikey Musumeci def. Masakazu Imanari by submission (rear-naked choke)
・Keanu Subba def. James Yang by unanimous decision


【ONE156】桜庭ショーツのジン・テホが、ヘンゾ戦彷彿させるキムラでアギラン・タニから一本勝ち(MMAPLANET)

【ONE156】左ミドルに苦しめられたアモリンが、右アッパーからパク・デソンをパウンドアウト(MMAPLANET)

【ONE156】三浦彩佳、再起失敗。右を被弾し、袈裟固めで抑えきれず。最後は右肩負傷(?)でTKO負け(MMAPLANET)

【ONE156】ONEの光景が変わる?! ウイジソン・ハモスが熱闘の末、ウ・ソンフンに3-0の判定勝ち(MMAPLANET)

【ONE156】警戒していた左オーバーハンドをカウンターで受けてダウン。猿田がバラルトに無念の判定負け(MMAPLANET)

【ONE156】川原波輝も……ウィリアムスにダウンを喫し判定負け。2月、3月、4月で日本勢国際戦で8連敗(MMAPLANET)

【ONE156】徹底したBOX勝負のチェンに対し、ソン・ミンジョンがTDからポジション奪取、RNCで落とす(MMAPLANET)

【ONE156】ジャレッド・ブルックス、RNCでボカン・マスンヤネを失神させタイトル挑戦へ(MMAPLANET)

【ONE】マイキー・ムスメシ、“レジェンド”今成正和の腕を縛ってチョークで5万ドル獲得(ゴング格闘技)

 4月22日にシンガポール・インドアスタジアムで開催された『ONE: Eersel vs. Sadikovic』の試合結果。日本人は川原波輝、猿田洋祐、三浦彩佳、今成正和が敗れています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

2022年04月22日

5.20『ONE LIVE 6 MAY』で青木真也がグラップリングマッチで再起戦



【ONE】青木真也がグラップリングで再起戦「首を絞められていく仕事」だが「おまえらの思い通りにはさせねえよ」、内藤大樹がロッタンも参戦の8人フライ級ムエタイワールドGPに出場=5月20日(金)シンガポール(ゴング格闘技)
 2022年5月20日(金)にシンガポール・インドアスタジムで開催されるONE Championship「ONE LIVE 6 MAY」の一部対戦カードが発表された。

 ライト級のグラップリングマッチで、青木真也(日本)がケイド・ルオトロ(米国)と対戦する。グラップリングルールながら、青木は3月の秋山成勲戦での2R TKO負け以来、わずか2カ月での再起戦。グラップリング界の新星・双子のルオトロ兄弟の弟ケイドと対戦する。

▼ONEライト級 サブミッショングラップリング 12分1R
青木真也(日本)
ケイド・ルオトロ(米国)

▼ONEライト級 サブミッショングラップリング 12分1R
ゲイリー・トノン(米国)
タイ・ルオトロ(米国)


 ルールは、12分1Rで「両選手が一本勝ちしなかった場合でも、勝者が決まる」形にするとアナウンスされており、サブオンリーからどのような形に変わるのか、ONEに確認中だ。

 青木真也は『ONE X』で秋山成勲に、ゲイリー・トノンは『ONE: Lights Out』でタン・リーに敗れて以来で、それぞれグラップリングルールで再起戦を行います。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

2022年04月04日

『ONE X』青木真也 vs. 秋山成勲、ロッタン vs. デメトリアス・ジョンソン他フルファイト動画

 3月26日にシンガポール・インドアスタジアムで開催された『ONE X』のフルファイト動画が解禁されています。




 スーパーボン vs. マラット・グレゴリアン




 エドゥアルド・フォラヤン vs. ジョン・ウェイン・パー




 青木真也 vs. 秋山成勲




 アドリアーノ・モラエス vs. 若松佑弥




 ロッタン・ジットムアンノン vs. デメトリアス・ジョンソン




 アンジェラ・リー vs. スタンプ・フェアテックス

 再生回数はロッタン vs. DJが断トツ。ミックスルールでの逆転劇が海外ファンには大受けだったようです。続いて青木 vs. 秋山でした。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 19:47| Comment(0) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

秋山成勲「50歳まで戦いたい」「タイトルにも挑戦したい」「ONE韓国大会をやろうとチャトリCEOと話しています」




 『ONE X』で青木真也に2R TKO勝ちした秋山成勲が以下のコメント。

「1ラウンドの時に2回落ちそうになりました。2回目に落ちそうになった時にSEXYAMAコールが起きたので、ここで落ちたらカッコ悪いなと思って死物狂いで耐えました」

「体力はまだ少し残っていて、2ラウンド目に入った時に青木選手の目を見たら凄く疲れてたんですよね。なので、ここは始まる前に行けると思って最後の力を振り絞って前に出ました」

「私にとってこの試合は格闘技をやってて一番大きい1ページだったと思います。なぜなら日本で大きく注目された一戦だったので」

「今回の減量で何回か倒れそうになったので、次は(185ポンドに)戻すかも分からないです」

「まず50歳までは(現役で)行きます。もちろんあの身体で。1年に2試合以上と考えた場合、今から約4年あるので、8試合ぐらいはできるんじゃないかと思ってます」

「170ポンドもそうですし、私の元々いた階級(185ポンド)もそうですし、1度チャンピオンと戦ってみたいと思っています」

「日本より韓国でONE Championshipの大会を開こうとチャトリ(CEO)と話しています。まだ(韓国では)一度もやってないので」

 他にも「あなたのようにセクシーになるコツを教えて下さい」という質問にも回答してますが、その辺は動画でご確認を。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 12:44| Comment(7) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

2022年04月03日

『ONE X』デメトリアス・ジョンソン vs. ロッタン・ジットムアンノンを見たファイター・関係者の反応


 『ONE X』デメトリアス・ジョンソン vs. ロッタン・ジットムアンノンを見たファイター・関係者のツイッターでの反応。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 03:54| Comment(2) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

2022年03月26日

『ONE X』Grand Finale 速報



 上記を参照。以下、速報です。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 21:14| Comment(24) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

『ONE X』Part.1 & Part.2 試合結果



【ONE X: Part.1】

▼ONEストロー級(※56.7kg) 5分3R
×澤田龍人(EVOLVE MMA)124LBS/56.24kg, 1.0014
[2R 3分09秒 TKO]
〇池田仙三(パラエストラ千葉ネットワーク)124LBS/56.24kg, 1.0237

▼ONE女子アトム級(※52.2kg) グラップリング(サブオンリー)1R12分
△山口“V.V”芽生(Gods/HibridFighter/RikiGym)114LBS, 1.0087
[判定無し ドロー]
△ダニエル・ケリー(米国)113LBS, 1.0040

▼ONEヘビー級 5分3R
〇カン・ジウォン(韓国)244LBS, 1.0191
[1R KO]
×ポール・エリオット(英国)236LBS, 1.0023

▼ONEフェザー級(※70.3kg) 5分3R
〇アミール・カーン(シンガポール)154LBS, 1.0116
[判定2-1]
×高橋遼伍(KRAZY BEE)154LBS, 1.0083

▼ONEバンタム級(※65.8kg) 5分3R
〇マーク・ステファン・ロマン(フィリピン)143LBS, 1.0187
[判定3-0]
×佐藤将光(坂口道場一族/FIGHT BASE)144LBS, 1.0053

▼ONEストロー級(※56.7kg) 5分3R
×リト・アディワン(フィリピン)125LBS, 1.0229
[2R TKO]
〇ジェレミー・ミアド(フィリピン)122LBS, 1.0061

▼ONEライト級キックボクシング 3分3R
×ニキー・ホルツケン(オランダ)170LBS, 1.0078
[2R KO]
〇シンサムット・クリンミー(タイ)170LBS, 1.0040

▼グラップリングマッチ ミドル級
△ライニア・デ・リダー(オランダ)205 LBS, 1.0124
[判定無し ドロー]
△アンドレ・ガウヴァオン(ブラジル)203 LBS, 1.0210

▼ONEフェザー級キックボクシング ワールドGP決勝 3分3R
〇チンギス・アラゾフ(アゼルバイジャン/ベラルーシ)154LBS, 1.0222
[判定3-0]
×シッティチャイ・シッソンピーノン(タイ)154LBS, 1.0107
※アラゾフがGP優勝

【ONE X: Part.2】

▼ONEフェザー級(※70.3kg) 5分3R
×キム・ジェウン(韓国)155LBS, 1.0229
[1R KO]
〇タン・カイ(中国)154LBS, 1.0078

▼ONE女子アトム級(※52.2kg) 5分3R
×平田 樹(フリー)115LBS, 1.0210
[判定1-2]
〇ジヒン・ラズワン(マレーシア)115LBS, 1.0237

▼ONE女子アトム級(※52.2kg) 5分3R
〇ハム・ソヒ(韓国)114LBS, 1.0144
[判定3-0]
×デニス・ザンボアンガ(フィリピン)114LBS, 1.0005

▼ONEバンタム級キックボクシング世界選手権試合 3分5R
×カピタン・ペッティンディーアカデミー(タイ)王者 144LBS, 1.0144
[判定0-3]
〇秋元皓貴(EVOLVE)挑戦者 143LBS, 1.0027
※秋元が新王者に

▼ONEバンタム級ムエタイ世界選手権試合 3分5R
〇ノンオー・ガイヤーンハーダオ(タイ)王者 144LBS, 1.0000
[2R KO] ※右アッパー
×フェリペ・ロボ(ブラジル)挑戦者 144LBS, 1.0107

 3月26日にシンガポール・インドアスタジアムで開催されたONE Championship 10周年大会『ONE X』Part.1とPart.2の試合結果。バンタム級キックボクシング世界選手権試合は秋元皓貴がカピタン・ペッティンディーアカデミーに判定勝ちし新チャンピオンに。ハム・ソヒはデニス・ザンボアンガに判定勝ち。平田樹はジヒン・ラズワンに判定負け。佐藤将光はマーク・ステファン・ロマンに判定負け。高橋遼伍はアミール・カーンに判定負けしています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 21:06| Comment(0) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

『ONE X』公開計量動画



 ONE Championship 10周年記念大会『ONE X』公開計量動画です。

【ONE130】フリースタイル戦でDJと戦うロッタン「MMAになっても、DJはいつものように動けない」(MMAPLANET)

【ONE130】デニス・ザンボアンガと再戦へ、ハム・ソヒ「楽しんで戦う。それが本来のハム・ソヒ」(MMAPLANET)

【ONE130】若松佑弥の挑戦を受ける、アドリアーノ・モライシュ「ユーヤが挑戦者になるのはもっとも」(MMAPLANET)

【ONE130】アドリアーノ・モライシュに挑戦、若松佑弥「殺しに行くパンチへの耐久性は?」(MMAPLANET)

【ONE130】半年ぶりの再起=ジヒン・ラズワン戦へ、平田樹「猫耳つけて。ふざけてんのかって」(MMAPLANET)

【ONE130】平田樹と対戦、策士? ジヒン・ラズワン「彼女はエキサイティングな打ち合いはできない」(MMAPLANET)

【ONE130】ロッタンとミックスファイトを戦うDJ「MMAでの経験をムエタイルールに持ち込む」(MMAPLANET)

【ONE130】ラカイの実力者ローマンとの対戦へ、佐藤将光「気をつけること? 左を貰わないことです」(MMAPLANET)

【ONE130】2月17日に秋山成勲が語っていた青木真也戦「青木君ってビビり、あの子も臆病ですよね」(MMAPLANET)

【ONE130】アジア最高峰のフェザー級戦=キム・ジェウン戦へ、タン・カイ「全世界に衝撃を与える」(MMAPLANET)

 見どころ紹介。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 10:50| Comment(1) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

2022年03月12日

『ONE: Lights Out』試合結果/ハイライト動画


▼ONE世界フェザー級(※70.3kg)選手権試合 5分5R
〇タン・リー(米国)王者 69.35kg, 1.0053
[1R 0分56秒 KO] ※パウンド
×ゲイリー・トノン(米国)挑戦者 70.30kg, 1.0095
※タン・リーが王座防衛

▼ONE世界バンタム級(※65.8kg)選手権試合 5分5R
×ビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル)王者 65.60kg, 1.0144
[2R KO] ※左フック
〇ジョン・リネカー(ブラジル)挑戦者 65.0kg, 1.0087
※リネカーが新王者に

▼第8試合 フェザー級(※70.3kg)5分3R
〇マーチン・ニューイェン(豪州)70.25kg, 1.0152
[3R 2分18秒 TKO]
×キリル・ゴロベッツ(ウクライナ)70.10kg, 1.0018

▼第7試合 キック・ヘビー級 3分3R
イスマエル・ロント(オランダ)123.80kg, 1.0040
イラジ・アジズプール(イラン)119.50kg, 1.0214

▼第6試合 ストロー級(※56.7kg)5分3R
×アレックス・シウバ(ブラジル)56.60kg, 1.0044
[2R 0分05秒 TKO] ※右ストレート→パウンド
〇エイドリアン・マティス(インドネシア)56.60kg, 1.0044

▼第5試合 キック・ストロー級 3分3R
×ジョシュ・トナー(豪州)56.70kg, 1.0248
[2R 2分11秒 KO] ※左フック
〇ジャン・ペイメン(中国)56.20kg, 1.0036

▼第4試合 フライ級(※61.2kg)5分3R
〇エコ・ロニ・サプトラ(インドネシア)61.20kg, 1.0183
[1R 1分34秒 リアネイキドチョーク]
×チャン・ロタナ(カンボジア)61.05kg, 1.0027

▼第3試合 ムエタイ女子ストロー級 3分3R
〇イマン・バーロウ(英国)56.70kg, 1.0009
[1R 1分39秒 TKO] ※右ヒジ
×ダニエラ・ロペス(アルゼンチン)56.25kg, 1.0195

▼第2試合 ムエタイ 79kg級契約 3分3R
〇リアム・ノーラン(英国)78.85kg, 1.0005
[1R 1分02秒 TKO] ※左ヒザ
×キム・キョンロック(韓国)79.55kg, 1.0160

▼第1試合 キック女子ストロー級 3分3R
〇リン・ホーチン(中国)56.25kg, 1.0124
[判定3-0]
×ミラグロス・ロペス(アルゼンチン)55.45kg, 1.0061


【ONE129】離れ際の打撃が冴えるマーチン・ウェンが、左ボディでゴロベッツの心を折ってTKO勝ち(MMAPLANET)

【ONE129】ビビアーノ陥落――ジョン・リネケルが打ち合いから左フックでKO、世界バンタム級王者に(MMAPLANET)

【ONE129】トノンのヒールフックに右一閃、タン・リーが秒殺KOで世界フェザー級王座を初防衛(MMAPLANET)

 ONE Championshipが3月11日にシンガポール・インドアスタジアムで開催した『ONE: Lights Out』の試合結果。メインイベントのフェザー級タイトルマッチはタン・リーがゲイリー・トノンに1R KO勝ちし王座防衛。セミファイナルのバンタム級タイトルマッチはジョン・リネカーがビビアーノ・フェルナンデスに2R KO勝ちし新チャンピオンとなっています。


 タン・リー vs. ゲイリー・トノン ハイライト動画。


 ビビアーノ・フェルナンデス vs. ジョン・リネカー ハイライト動画。


 マーチン・ニューイェン vs. キリル・ゴロベッツ ハイライト動画。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 02:50| Comment(0) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

2022年02月26日

『ONE: Full Circle』試合結果/ハイライト動画


▼ONE世界ミドル級選手権試合 5分5R
〇ライニアー・デ・リダー(オランダ)
[3R 0分57秒 肩固め]
×キャムラン・アバゾフ(キルギス)

▼ONE世界ライトヘビー級キックボクシング選手権試合 3分5R
〇ローマン・クリークリャ(ウクライナ)
[1R TKO]
×ムラト・アイグン(オランダ/トルコ)

▼ONEミドル級 5分3R
〇ビタリー・ビグダシュ(ロシア)
[判定3-0]
×アウンラ・ンサン(ミャンマー)

▼ONEフェザー級 キックボクシング 3分3R
〇タイフン・オズカン(トルコ)
[判定]
×エンリコ・ケール(ドイツ)

▼ONEヘビー級キックボクシング 3分3R
〇グート・イノセンテ(ブラジル)
[2R 2分22秒 TKO] ※左連打
×ブルーノ・スサナ(ポルトガル)

▼ONEバンタム級 5分3R
〇ファブリシオ・アンドラージ(ブラジル)
[1R 1分37秒 KO] ※カウンターの左ヒザ
×ジェレミー・パカティウ(フィリピン)

▼ONEウェルター級 5分3R
ゼバスチャン・カデスタム(スウェーデン)
[1R 1分26秒 KO] ※右フック
ヴァミール・ダ・シウバ(ブラジル)

▼ONEバンタム級ムエタイ 3分3R
〇ウラジーミル・クズミン(ロシア)
[判定3-0]
×クリス・ショー(スコットランド)

▼ONEムエタイ キャッチウェイト(58kg)3分3R
〇スミラ・サンデル(スウェーデン)
[3R 1分35秒 TKO]
×ディアンドラ・マーティン(豪州)

▼ONEミドル級 5分3R
〇ダニヤル・ザイナロフ(ロシア)
[判定2-1]
×ユーリ・シモエス(ブラジル)

▼ONEフライ級キックボクシング 3分3R
〇ダニエル・プエルタス(スペイン)
[判定2-1]
×ジドゥオ・イブ(中国)

▼ONEライト級 5分3R
〇ドレックス・ザンボアンガ(フィリピン)
[1R 1分05秒 KO]
×ラウル・ラジュ(インド)

 ONE Championshipが2月25日にシンガポール・インドアスタジアムで開催した『ONE: Full Circle』の試合結果。メインイベントのミドル級タイトルマッチはライニアー・デ・リダーがキャムラン・アバゾフに3R肩固めで勝利し王座防衛しています。


 ライニアー・デ・リダー vs. キャムラン・アバゾフ ハイライト動画。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 03:15| Comment(0) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

2022年02月24日

3.26『ONE X』青木真也 vs. 秋山成勲が正式決定/ABEMAでPPV中継

3.26『ONE X』で青木真也 vs. 秋山成勲が実現か/秋山「まだサインしてないぞー!」(2022年02月04日)

 こちらの続報。





 というわけで、ONE Championshipが3月26日にシンガポールで開催する10周年記念大会『ONE X』で青木真也 vs. 秋山成勲が行われることが正式発表されています。また、ONE初のABEMAでのPPV大会となります。

ONE X"AOKI VS AKIYAMA" 日本格闘界最凶の2人、まさかの激突(ABEMA)

 番組の視聴にはABEMAコインが必要。一般チケットは3750コイン、ABEMAプレミアム加入者は3000コイン、ONE公式Tシャツ付きチケットは6250コインです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 11:40| Comment(14) | ONE Championship | 更新情報をチェックする
記事検索