2019年02月11日

2月11日正午より『RIZIN.15』オフィシャルサイト先行販売開始



いつもRIZINを応援して下さっている皆様に、一般のお客様に先駆けて、4月21日(日)に横浜アリーナで開催される「RIZIN.15」のオフィシャルサイト先着先行を行います。

※先着順で受付し、お席位置は抽選で決定します。

今後、「出場選手の各応援シート」や「RIZINFF公式観戦ツアーの観戦チケット付きコース」の販売がある可能性がございますが、購入後のチケットキャンセル・変更は出来かねますので、予めご了承のうえお申込みください。

【受付期間】2019年2月11日(月・祝)12:00~2019年2月17日(日)18:00
【受付URL】https://eplus.jp/rizinweb0421/
【受付制限数】おひとり様お申込みは1回のみ、枚数は原則として1券種4枚まで。
※お支払い方法によって異なる場合があります。

 イープラスの会員登録が必要です。その他詳細はリンク先でご確認を。



posted by ジーニアス at 02:27| Comment(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

メイウェザー・プロモーションズのガーボンタ・デービスが4.21『RIZIN.15』で那須川天心と対戦か

那須川天心がメイウェザー手掛ける世界王者と対戦か(日刊スポーツ)
 キックボクシング界の「神童」那須川天心(20=TARGET/Cygames)が4月21日に開催されるRIZIN15大会(横浜アリーナ)でボクシングのWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者ジャーポンタ・デイビス(24=米国)とエキシビジョン戦に臨む可能性が出てきた。

 昨年大みそかに那須川とのボクシングルールのエキシビジョン戦で勝利したボクシング元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(41=米国)が9日(日本時間10日)、明かした。

 同日に米カーソンでウーゴ・ルイス(メキシコ)に1回KO勝ちしたデイビスをプロモートするメイウェザーは試合後、報道陣に対し「デイビスとは5月(の次戦)のについて話をしている。彼がオッケーなら4月に日本で那須川とエキシビジョンで戦う。RIZINでね。まず4月に天心と戦って、5月にリアルファイト(ボクシング)になるね」との見通しを明らかにした。

 もし実現すれば、RIZINリングで2試合連続のボクシングルールに挑むことになりそうだ。メイウェザーとの階級差は5階級ほど開いていたが、21勝(20KO)無敗となるデイビスの主戦場、スーパーフェザー級は58・9キロと那須川の階級に近い。

 那須川は3月10日に東京・大田区総合体育館で開幕するキックボクシング興行RISEで開催される優勝賞金1000万円のRISE世界トーナメント(58キロ級)への出場が決定済みで、1回戦でWKN世界ムエタイ58キロ級王者フェデリコ・ローマ(アルゼンチン)と対戦。まだRIZIN15大会への参戦は発表されていない。

ガーボンタ・デービス - Wikipedia

 日刊スポーツはジャーポンタ・デイビス表記でしたが、当サイトはWikipediaに合わせてひとまずガーボンタ・デービスにします。にしても、メイウェザーの言ってることは本当なんですかね? 4月にエキシビションでやって5月にリアルファイトってプランもナメてますし。

2017年8月3日、デービスに頭を殴られたとして幼なじみの男性がデービスをボルチモアの裁判所に提訴した。男性の主張によると、8月1日にデービスがトレーニングをするボクシングジムで起きた喧嘩を見ていたところ、ボクシンググローブを付けたデービスに不意に頭を強く殴られ、意識を失って病院に搬送されたというもので、その一部始終はジムの防犯カメラに残されているという。デービスは身柄を拘束されるも保釈金を支払って釈放されたが、第一級及び第二級暴行罪の容疑がかけられた。

2018年9月14日、ワシントンD.C.の酒場の外で午前2時30分頃に殴り合いの喧嘩をして現場から逃げ去るも治安紊乱行為の容疑で逮捕された。

 プロボクシング戦績は21勝0敗。そしてプライベートではなかなかの問題児。まぁメイウェザーも逮捕歴ありますが…。



posted by ジーニアス at 02:05| Comment(41) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

榊原信行実行委員長「内柴正人参戦の可能性はゼロではない」

【RIZIN】柔道金メダリスト内柴正人参戦の可能性も(イーファイト)
 会見では『REAL Fighting Championship』(山田重孝代表)とRIZINが紳士協定を結んで今後協力し合っていくことも発表され、山田代表の柔術の弟子となる2004アテネ・2008北京五輪柔道男子66kg級金メダリスト・内柴正人(40)についても質問が飛んだ。

 榊原信行RIZIN実行委員長は内芝のRIZIN参戦の可能性について聞かれると「その可能性もあるが、彼は今キルギス柔道連盟の監督をやられているので、そちらがメインだと思う。我々的には可能性を視野に入れているが、総合格闘技への対応もあるでしょうから」としながらも「将来的には可能性はゼロではない」と内芝参戦の可能性はあるとした。

 山田REAL代表は「そういう考えもあるなと思った。彼は今40歳ですが、肉体的には20後半から30前半です。スタミナもけたはずれです。RIZINに上がったとしても、やれるのは十分あります。素質はありますね。素晴らしいものを持っています」と内芝が総合格闘技でも活躍できると太鼓判。総合格闘技の練習をしたことがあるかと聞かれると「基本的には寝技ですが、遊び程度にはやります」と答えた。

 そして転向の可能性については「彼は私が預かっているので私次第です。上下関係を重んじるところが彼にはあって、先生と生徒という間柄に気持ちの重点を置くので私の一存で決められます」と、山田代表の意向次第で内芝のRIZIN参戦はあり得ると語った。

 「可能性はゼロです」って言ってしまったらそこで話は終わってしまいますし、今回は山田代表の顔を立ててリップサービス的に含みをもたせただけ…だと思うんですけど、どうでしょう。



posted by ジーニアス at 19:46| Comment(40) | RIZIN | 更新情報をチェックする

榊原信行実行委員長インタビュー動画

Rizin’s Nobuyuki Sakakibara talks 2019 plans, Fedor, UFC, Mayweather vs. Tenshin, more(MMAFighting)



 榊原信行RIZIN実行委員長が『Bellator 214: Fedor vs. Bader』を視察に訪れた際にロサンゼルスでインタビューを受けた時の動画です。エメリヤーエンコ・ヒョードル参戦の可能性については消極的。「今からUFCやベラトールと同じことをやっても仕方がないので違う形のアプローチをしていく」、「堀口恭司 vs. ダリオン・コールドウェルの再戦は近いうちに発表する」、「フロイド・メイウェザー vs. 那須川天心をヤラセ呼ばわりする人は格闘技を知らない人」「ONE Championshipとアライアンスが組めれば堀口恭司とデメトリアス・ジョンソンは再戦できるかも」等いろいろ語っています。



posted by ジーニアス at 14:26| Comment(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

4.21『RIZIN.15』でダミアン・ブラウン vs. 武田光司、北岡悟 vs. ホベルト・サトシ・ソウザ、マネル・ケイプ vs. 伊藤盛一郎



 RIZINが記者会見を開き、4月21日に横浜アリーナで開催する『RIZIN.15』の第2弾カード3試合を発表しました。







Koji Takeda(Sherdog)

Roberto de Souza(Sherdog)

 ダミアン・ブラウンは『RIZIN.14』でダロン・クルックシャンクに1Rギロチンチョークで勝利して以来の試合。武田光司は現在23歳。昨年10月の『DEEP 86 IMPACT』で北岡悟に判定勝ちしDEEPライト級新チャンピオンになって以来の試合。プロ戦績8勝0敗で今回がRIZINデビュー戦。

 北岡悟は『RIZIN 平成最後のやれんのか!』で川尻達也に判定勝ちして以来の試合。ホベルト・サトシ・ソウザは昨年11月の『Arzalet Fighting Globe Championship 4』でSeung Dae Baekに1Rリアネイキッドチョークで勝利して以来の試合でプロMMA戦績7勝0敗。今回がRIZINデビュー戦。日本での主戦場はREAL FIGHT CHAMPIONSHIPでしたが、REALの山田重孝代表との紳士協定により出場が実現したとのこと。

 マネル・ケイプは『RIZIN.14』で佐々木憂流迦に判定負けして以来の試合。伊藤盛一郎は昨年10月の『ZST.62』で竿本樹生に判定負けして以来の試合。RIZIN参戦は『RIZIN 2017 in YOKOHAMA -SAKURA-』で才賀紀左衛門に判定勝ちして以来2年ぶり。



posted by ジーニアス at 13:45| Comment(13) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

2月8日午後1時よりRIZINが『RIZIN.15』の記者会見/Youtube LIVEにて配信



 第2弾カードの発表がありそうです。



posted by ジーニアス at 22:47| Comment(6) | RIZIN | 更新情報をチェックする

榊原実行委員長「さらなるサプライズを準備しています」「異種格闘技戦と言えばプロレスラー、そこは無くしたくない」

【RIZIN】榊原委員長 やるゾ!!「まさか」なサプライズ戦(東スポWeb)

 榊原信行実行委員長が以下のコメント。

 さいたまスーパーアリーナで行われたメイウェザーVS那須川は観客動員2万9105人(主催者発表)を記録。RIZINによれば昨年の総合格闘技イベントで世界最多数だったという。

 榊原氏 もうあれ以上はないんじゃないかって? 何言ってるの(笑い)。楽々超えますよ。さらなるサプライズをしっかり準備していますから。今後も大物参戦の可能性? ありますよ。(マニー)パッキャオだって、メイウェザーとの再戦とかいろいろな状況がある中で、何があるか分かりませんから。今は皆さんが「まさか」と思うような選手も、もしかしたら。立ち止まらずにいろんなチャレンジをしたい。まずは「お、そこにきたか」っていう選手の参戦を近々発表できると思います。
 
 大みそかにヒントを得て、今後の軸に据えようとしているのが異種格闘技戦だ。元祖は言わずと知れたアントニオ猪木氏(75=参議院議員)で、2000年代はPRIDEマットで髙山善廣(52)や永田裕志(50)らの参戦が話題になった。今後のRIZINでもプロレスラーがカギを握ると強調する。

 榊原氏 あの試合で異種格闘技戦はべらぼうにスリリングで魅力的だと改めて思いました。異種格闘技戦と言えばプロレスラー。そこは僕らとしてもなくしてはいけないエッセンスだと思います。(新日本プロレスの)1強を崩すためにも、例えば全日本プロレスとかノアの選手にうちで気を吐いてほしいですね。うちが「こんなプロレスラーが日本にいたんだ!」みたいな流れを生むきっかけになりたいです。

 名前の出た2団体ならば、レスリング出身の諏訪魔(42)やマイバッハ谷口(42)、空手出身の中嶋勝彦(30)らが候補に浮上しそうだ。一方で、ベルトを巡る争いも激化する。「RIZIN. 15」(4月21日、横浜アリーナ)では3つ目のタイトルとなるライトヘビー級王座が新設される。

 榊原氏 ベルトは年内にまだ増える可能性があります。(大会数は)すでに発表している6大会をまずは熱のあるものにして、あと2大会ほど追加できればというイメージ。それ以外にスタジオマッチを、各所の協力を得られたらキックオフしたい。

 「お、そこにきたか」っていう選手の参戦とプロレスラー参戦の話は別と考えた方がいいのでしょうか。高山善廣や永田裕志の場合は彼らに知名度があった上に対戦相手が全盛期のボブ・サップだったりエメリヤーエンコ・ヒョードルだったりしたから盛り上がったわけで。全日本プロレスやノアの選手が出てくるかどうかも半信半疑…。



posted by ジーニアス at 02:14| Comment(24) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

RIZINが2019年の業務拡大につきスタッフを募集



 管理部門スタッフ、広報部門スタッフ、企画・営業スタッフ、一般事務スタッフと幅広く募集しています。



posted by ジーニアス at 22:52| Comment(16) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

Web番組『RIZIN CONFESSIONS』第31回動画



 Web番組『RIZIN CONFESSIONS』第31回の動画。

 今回は『RIZIN 平成最後のやれんのか!』『RIZIN.14』から渡辺華奈、杉山しずか、あい、川村虹花、宮田和幸、山本アーセン、長野美香、山本美憂、川尻達也、北岡悟、矢地祐介、ジョニー・ケースの舞台裏を紹介しています。



posted by ジーニアス at 22:37| Comment(11) | RIZIN | 更新情報をチェックする

スコット・コーカーが『RIZIN.15』キング・モー vs. イリー・プロハースカについてコメント

4.21『RIZIN.15』で堀口恭司 vs. ベン・ウィン、朝倉海 vs. 佐々木憂流迦、朝倉未来 vs. ルイス・グスタボ、キング・モー vs. イリー・プロハースカ2(2019年01月31日)

 こちらの続報。



 ベラトールMMAのスコット・コーカー代表が4月21日に横浜アリーナで開催される『RIZIN.15』で行われるキング・モー vs. イリー・プロハースカのRIZINライトヘビー級タイトルマッチについて以下のコメント。

「私は日本の格闘技の強さを維持するためにキング・モーのようなベラトールの選手を4月のRIZINに送り込むことを約束します。私は榊原信行と協力し長年に渡り強固な関係を築き続けているのをエンジョイしています。近い将来、BellatorとRIZINの間でより多くのジョイントベンチャーを行うことを楽しみにしています。キング・モーがRIZINのライトヘビー級チャンピオンになることを願っています」




posted by ジーニアス at 01:40| Comment(10) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

日刊スポーツ制定・第23回日刊バトル大賞、堀口恭司がMVP&年間最高試合をダブル受賞



読者が選ぶ第23回日刊バトル大賞の18年キック&総合格闘技部門は、RIZINで活躍する堀口恭司(28)が、年間最高試合と合わせてダブルの初受賞となった。18年は那須川天心とのキックボクシング対決(判定負け)が話題を呼び、大みそかのRIZIN14大会で初代バンタム級王座を獲得。その実力がファンに支持された。

「うれしいですね。昔は全然名前とか知られてなかったが、天心の試合で顔を覚えてもらった。大みそかは、格闘技の面白さを伝えられた」と1年を振り返った。年間最高試合にも選ばれたバンタム級王座決定戦は、米国王手ベラトールの現役バンタム級王者コールドウェルとの頂上決戦。1、2回と不利な展開を、最終3回の前方裸絞めで逆転勝ちした。

 アンケート結果は以下の通り。

▼年間最優秀選手
1位 堀口恭司 47%
2位 那須川天心 27%
3位 武尊 17%
4位 ダニエル・コーミエ 4%
5位 ハビブ・ヌルマゴメドフ 2%
その他 3%

▼年間最高試合
1位 堀口恭司 vs. ダリオン・コールドウェル 45%
2位 那須川天心 vs. 堀口恭司 30%
3位 武尊 vs. 小宮山工介 9%
4位 ハビブ・ヌルマゴメドフ vs. コナー・マクレガー 6%
5位 ダニエル・コーミエ vs. デリック・ルイス 3%
その他 7%




posted by ジーニアス at 12:50| Comment(5) | RIZIN | 更新情報をチェックする

4.21『RIZIN.15』で堀口恭司 vs. ベン・ウィン、朝倉海 vs. 佐々木憂流迦、朝倉未来 vs. ルイス・グスタボ、キング・モー vs. イリー・プロハースカ2



 RIZINが記者会見を開き4月21日に横浜アリーナで開催する『RIZIN.15』の第1弾カードを発表しました続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:49| Comment(27) | RIZIN | 更新情報をチェックする

【訂正】RIZINが2019年の大会スケジュールを発表/大会追加の可能性も



 RIZINが記者会見を開き2019年の大会スケジュールを発表しました。

『RIZIN.15』4月21日 横浜アリーナ

『RIZIN.16』7月28日 さいたまスーパーアリーナ

『RIZIN.17』8月18日 愛知県体育館

『RIZIN.18』10月 大阪or福岡

『RIZIN.19』12月29日 さいたまスーパーアリーナ

『RIZIN.20』12月31日 さいたまスーパーアリーナ

【訂正】ただし追加で『RIZIN.16』の前に関東圏以外で、『RIZIN.18』の前(9月下旬or10月)に関東圏で開催する可能性もあるとのこと。その場合はナンバリングも変更されます。



posted by ジーニアス at 16:18| Comment(7) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

RIZINが1月31日16時から記者会見/4.21『RIZIN.15』第1弾カードを発表



 佐々木憂流迦と朝倉海がツイッターで対戦に合意していましたが、どうなるか。何試合発表されるのか。楽しみです。



posted by ジーニアス at 20:40| Comment(4) | RIZIN | 更新情報をチェックする

堀口恭司「今年の目標は二冠」「DJとはいずれ当たりますよ」

【RIZIN】バンタム級王者・堀口 2冠狙う!(東スポWeb)
 格闘技イベント「RIZIN」の初代バンタム級王者・堀口恭司(28)が、2019年の目標に「2冠」を掲げた。昨年大みそかの同王座決定戦で下したダリオン・コールドウェル(31=米国)のホームとなる米国の格闘技団体「ベラトール」へ乗り込み、もう一つのタイトルを狙うことを決意。闘志みなぎるエースに刺激をもたらしたのは、海を越えて話題となる2人のライバルだった。

 昨年大みそかに初代バンタム級王座に就いた堀口は「すごくいい気持ちで新年を迎えられました。今年も4、5試合はしたいですね」と抱負を語った。

 現在はダリオンとの再戦が注目されている。敵地開催が濃厚で、迷うことなく受けて立つ構えだ。理由はダリオンが持つベラトールのバンタム級王座がかけられる可能性が高いためで「これでまたベルトを取ったら『堀口強いな』ってなって、格闘技界を活性化できると思う」と青写真を披露した。

 最大目標は変わらず「日本の格闘技を盛り上げること」。その思いを一層高ぶらせた男が2人いる。1人は昨年9月のRIZINで判定負けした“キック界の神童”こと那須川天心(20)だ。

 ボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(41=米国)に敗れた昨年大みそかのエキシビション戦を堀口は「技術うんぬんでなくやっぱり体重差だと思いました。何のために階級があるのかっていうことですよね」と感想を語る。

 また、元UFC王者の格闘家、コナー・マクレガー(30=アイルランド)やボクシングの6階級制覇王者マニー・パッキャオ(40=フィリピン)らも巻き込み、世界的注目を集めたことを「盛り上がったからいいんじゃないかと思いますよ。結果としてRIZINに注目が集まったので」と語り、神童への対抗心をあらわにした。

 もう1人が世界最大の総合格闘技団体「UFC」の元フライ級王者、デメトリアス・ジョンソン(32=米国)だ。13年から16年まで堀口がUFCに所属した間に唯一黒星を喫した相手は昨年10月、シンガポールの格闘技団体「ONE Championship」に移籍。くしくも初の日本大会(3月31日、東京・両国国技館)で移籍初戦を迎える。

 堀口は「同じ競技をやっていて、狭い業界じゃないですか。いずれ当たりますよ。それまで負け数を増やされると困るので頑張ってほしい。僕も負けないんで」とエールを送った。

 方法は違えど、話題を振りまく2人に負けるわけにはいかない。日本のエースが業界をけん引する。




posted by ジーニアス at 13:15| Comment(10) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

Web番組『RIZIN CONFESSIONS』第30回動画



 Web番組『RIZIN CONFESSIONS』第30回の動画です。

 今回は『RIZIN.14』から浅倉カンナ vs. 浜崎朱加、『RIZIN 平成最後のやれんのか!』からムン・ジェフン vs. 朝倉海、リオン武 vs. 朝倉未来の舞台裏を紹介しています。



posted by ジーニアス at 13:54| Comment(8) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

【追記】朝倉海が佐々木憂流迦に4.21『RIZIN.15』での対戦をアピール→佐々木「海くん、やろうよ」



 大晦日に朝倉海は『RIZIN 平成最後のやれんのか!』でムン・ジェフンに判定勝ち、佐々木憂流迦は『RIZIN.14』でマネル・ケイプに判定勝ちしています。今のところ佐々木はこれに対しノーリアクションです。

【追記】佐々木はこんなコメントをしていました。



【追記】さらにこの記事の後に返答をしています。





posted by ジーニアス at 13:24| Comment(9) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

1.27 フジテレビ『ジャンクSPORTS』に堀口恭司が出演





 1月27日19時からフジテレビ『ジャンクSPORTS』に堀口恭司が出演します。今回は「レジェンドアスリートSP」。アスリートの共演者は上原浩治、清水宏保、篠原信一。他にはミッツ・マングローブ、ケンドーコバヤシ、スピードワゴンが出演します。



posted by ジーニアス at 13:02| Comment(4) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

Web番組『RIZIN CONFESSIONS』第29回動画



 Web番組『RIZIN CONFESSIONS』第29回の動画です。今回は『RIZIN.14』から堀口恭司 vs. ダリオン・コールドウェル、 佐々木憂流迦 vs. マネル・ケイプ、元谷友貴 vs. ジャスティン・スコッギンスの3試合に密着しています。



posted by ジーニアス at 18:09| Comment(5) | RIZIN | 更新情報をチェックする
記事検索