2022年01月28日

『RIZIN CONFESSIONS』第91回動画


▼カメラの前で二人が心境を明かす!斎藤裕vs.朝倉未来

 2020年11月、大阪城の下で行われたRIZINフェザー級初代王座決定戦。そこで初めて拳を交えた朝倉未来と斎藤裕が、2021年大晦日に再び拳を交えた。

 前回の試合から約1年の時を経て、二人は何を変え、どんな戦略で今回の試合に挑んだのか。試合直後の両者がカメラの前でその時の心境を明かした。

▼互いに悔しさを滲ませた判定決着!萩原京平vs.鈴木博昭

 21年10月のRIZIN LANDMARK vol.1に出場し狂気を見せた萩原京平と鈴木博昭が、大晦日のリングで向かい合った。

 結果はフルラウンドの末、萩原の判定勝利。萩原は試合に勝利したものの、舞台裏では悔しさを滲ませ、コーチ陣と共にさらなる成長を誓う。

 敗北した鈴木は「挫けている暇はない」と、今後もチャレンジを続けると語った。

 その他にも、DEEP王者・武田光司とMMA3戦目の“ブラックパンサー”ベイノアのライト級対決、バンタム級GPリザーブマッチの元谷友貴 vs. 金太郎のエピソードも収録!

 大晦日の大激闘を振り返る新着エピソード最終章!最新エピソードも必見だ!

 『RIZIN CONFESSIONS』第91回動画。今回は『RIZIN.33』シリーズの最終回。斎藤裕 vs. 朝倉未来、萩原京平 vs. 鈴木博昭、武田光司 vs. “ブラックパンサー”ベイノア、元谷友貴 vs. 金太郎を振り返っています。


 RIZINアンバサダーのくるみがRIZINマッチメイカーのチャーリー柏木とともに、2021年下半期に開催された6つの大会を振り返る!

 くるみが選ぶ2021年下半期のベストバウトTOP5とは...?

 激闘が繰り広げられた2021年下半期を、試合映像と共に振り返ろう!

0:00 2021年下半期 6大会振り返り
6:59 第5位 ストライカーvs.ゾンビ系ファイター
11:31 第4位 王者の見事な一本勝ち
15:27 第3位 バンタム級GP 準々決勝
26:27 第2位 大晦日、執念の判定勝ち!
34:45 第1位 沖縄の大激闘が見事1位に!
45:25 2022年の展望とは?

 「RIZINアンバサダーくるみ&チャーリー柏木が2021年下半期を振り返る!」の動画です。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 19:29| Comment(1) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2022年01月22日

『RIZIN CONFESSIONS』第90回動画


▼サトシが見事、初防衛に最高!ホベルト・サトシ・ソウザ vs. 矢地祐介

 2020年8月以来、約1年5ヶ月ぶりの再戦にしてライト級タイトルマッチとなったホベルト・サトシ・ソウザと矢地祐介。“柔術界の至宝”サトシ・ソウザに対し徹底した対策を講じ挑んだ矢地だったが、再びサトシの寝技に引き込まれ、タップアウトでの敗戦となった。

 試合に負けはしたものの柔術トップファイター相手に手応えを感じた矢地は、近い将来再び王座戦へ挑戦することを誓う。

 勝利したサトシは、RIZINそしてBellatorの2つのベルトを手に入れたいという目標をリング上で語った。

 果たして、強豪ひしめく世界のライト級戦線でRIZIN王者の強さを見せつける日が来るのか。

▼サッカーボールキックでプロ初白星!三浦孝太 vs. YUSHI

 “キングカズ”次男としてマスコミから注目を集め、迎えた大晦日の三浦孝太MMAプロデビュー戦。真っ白なスーツに身を包んだ父・三浦知良に見守られながら、試合のゴングが鳴らされた。

 孝太はギロチン、三角絞め、腕十字と様々な技を繰り出し、最後は技から逃れたYUSHIにサッカーボールキックを決め、劇的なTKO勝利でプロデビュー戦初白星を上げた。

 そんな孝太が自身の試合を振り返りながら、試合中の心境を語る。孝太の次なる目標とは。

▼シビサイvs.シュレック、祖根vs.太田、皇治vs.YA-MANのエピソードも!

 その他にも、大晦日唯一のヘビー級の試合であるシビサイ頌真 vs. 関根“シュレック”秀樹、バンタム級の祖根寿麻 vs. 太田忍、そして皇治 vs. YA-MANのエピソードも収録!

 大晦日、リングで熱い戦いを繰り広げた選手たちの心境に迫る新エピソードもお見逃しなく!

 『RIZIN CONFESSIONS』第90回動画。今回は『RIZIN.33』で行われた5試合を振り返っています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 21:35| Comment(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2022年01月21日

2.23『RIZIN TRIGGER 2nd』でクレベル・コイケ vs. 佐々木憂流迦 等3カードが発表

1月21日14時30分より2.23『RIZIN TRIGGER 2nd』の対戦カード発表会見/YouTubeでライブ配信(2022年01月20日)

 こちらの続報。




 RIZINが2月23日に静岡・エコパアリーナで開催する『RIZIN TRIGGER 2nd』の対戦カード発表会見を開きました。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 15:20| Comment(4) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2022年01月20日

1月21日14時30分より2.23『RIZIN TRIGGER 2nd』の対戦カード発表会見/YouTubeでライブ配信

RIZINが2.23『RIZIN TRIGGER 2nd』の大会情報/チケット情報を公開、カード発表は来週か(2022年01月20日)

 こちらの続報。




 1月21日(金)14時半より、RIZIN TRIGGER 2ndの対戦カード発表記者会見を行うことが決定したぞ!この会見の様子はYouTubeでLIVE配信される。

 一体どんな対戦カードが発表されるのか?!ライブ配信で会見の様子をチェックしよう!

 RIZIN FF公式Youtubeのチャンネル登録をしてリマインダー設定をしておくと、LIVE配信開始の通知を受け取ることができるぞ!この機会に是非、RIZIN FF公式Youtubeチャンネルを登録しよう!

 カード発表は来週早々かと思ってましたが、ファンクラブ先行受付開始後とはいえ明日発表です。さすがにここで大半のカードが発表されると思われます。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 18:38| Comment(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

RIZINが2.23『RIZIN TRIGGER 2nd』の大会情報/チケット情報を公開、カード発表は来週か

2.23 静岡・エコパアリーナで『RIZIN TRIGGER 2nd』を開催、クレベル・コイケの出場が決定(2022年01月01日)

 こちらの続報。


大会概要

名称
RIZIN TRIGGER 2nd

日時
2022年2月23日(祝・水)12:30開場(予定)/ 14:00開始(予定)
※開場・開始時間は予定です。決定次第RIZIN FFオフィシャルサイトにてご案内します。

終了予定時間
19:00〜20:00頃
※試合内容、イベント進行によって終了予定時間が前後することがありますのでご了承ください。

会場
エコパアリーナ(静岡アリーナ)ECOPA ARENA
JR東海道本線「愛野駅」駅から徒歩15分

 今のところ出場予定選手はクレベル・コイケのみ。チケット料金はVIP席10万円 <特典付>、SRS席2万5000円、S席1万5000円、A席1万円。ファンクラブ先行受付は1月21日(金)12:00~、一般発売は1月30日(日)10:00〜。

 さすがに一般発売日の前に対戦カードは発表するでしょうが、少し遅いですね。同じく2月開催と言われている『RIZIN LANDMARK vol.2』に至っては情報も無いですし。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 15:04| Comment(2) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2022年01月19日

『RIZIN CONFESSIONS』第89回動画


 選手が真実を「告白」するオリジナルドキュメンタリー番組「RIZIN CONFESSIONS」の新エピソード #89を公開!

▼女王・浜崎から伊澤が衝撃の番狂わせ!浜崎朱加 vs. 伊澤星花

 4年連続大晦日参戦のRIZIN女子スーパーアトム級王者・浜崎朱加。「国内敵なし」と言われていた浜崎に挑んだのは、MMAデビューからわずか1年でDEEPJEWELSストロー級チャンピオンに輝いた“超新星”伊澤星花だ。

 結果はグラウンドパンチによる伊澤のTKO勝利。衝撃的な結末を迎えたこの試合を、勝者・伊澤と敗者・浜崎がそれぞれ振り返る。

 笑顔の伊澤と悔し涙を滲ませる浜崎。二人の語る今後とは。

▼RENA vs. パク・シウ、女子ストライカー対決!

 11月の沖縄大会に続き大晦日参戦を果たしたNIPPONのツヨカワ女王・RENA。そのRENAに挑むのは、沖縄大会でRENAに敗戦した山本美憂の敵討ちを誓うパク・シウ。

 ストライカー同士の対戦は、激しい打ち合いの中でテイクダウンを織り交ぜながら終始試合をコントロールしたパクが、フルラウンドの末3-0で判定勝利を収めた。

 勝ち名乗りを上げたパクはリング上で嬉しさを爆発させ、セコンドに付いた美憂は涙を流した。一方、敗戦したRENAは控室で再起を誓う。

▼RIZIN卒業マッチ・那須川天心 vs. 五味隆典!そして武尊が登場!

 ボクシング転向のため、2021年大晦日をもってRIZINを卒業する那須川天心。那須川の対戦相手がなかなか決まらない中、最後の相手を引き受けたのは、初代PRIDEライト級王者“火の玉ボーイ”五味隆典だった。

「PRIDEを体感した」と話す那須川が、容赦なくパンチを振るう五味との対戦を振り返る。

 そして試合後には花道から武尊が登場!2022年6月に開催が予定されている那須川天心と武尊の世紀の一戦へ向け、二人はリング上で意気込みを語った。

 勝者の涙、敗者の涙、卒業の涙。様々な涙を見せた大晦日を振り返る新エピソードをお見逃しなく!

 『RIZIN CONFESSIONS』第89回の動画。今回は『RIZIN.33』で行われた浜崎朱加 vs. 伊澤星花、RENA vs. パク・シウ、那須川天心 vs. 五味隆典を特集しています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 19:10| Comment(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2022年01月15日

『RIZIN CONFESSIONS』第88回動画


▼それぞれが試合中のプランを語る!朝倉海 vs. 瀧澤謙太

9月に行われた二回戦で元谷友貴をTKOで下し、一躍グランプリのダークホースとして注目を集めた瀧澤謙太。そしてこのグランプリ優勝候補の朝倉海。勝ち抜けば一日に2試合を行うこのトーナメントを戦い抜くために、セコンドの指示通りに作戦を遂行する。

瀧澤との打撃戦を制した朝倉は、控室でもう一つの準決勝の勝者を確認する。

▼扇久保が5年分の思いをぶつける!扇久保博正 vs. 井上直樹

朝倉海に並びグランプリ優勝候補と目されていた井上直樹に、準決勝進出メンバーの中で最年長の扇久保博正が5年分の思いをぶつける。

“一発”を持たない扇久保が『打・投・極・根性』でフルラウンドの激闘を制し、決勝戦へ駒を進めた。

▼決勝は約1年4ヶ月振りのリマッチ!朝倉海 vs. 扇久保博正

約1年4ヶ月前、返上され空位となったバンタム級のベルトを賭け闘った朝倉海と扇久保博正が、このトーナメントの決勝戦で再び拳を交えることとなった。

その決勝戦はフルラウンドの末 朝倉を制した扇久保が、16人で行われたバンタム級GPトーナメントの頂きに立った。

しかし扇久保は本当の幸せを掴むため、もう一人闘わなければならない人の名を上げた。堀口恭司、その男との三度目の再戦は実現するのか…?!

大晦日の大激闘を振り返る新エピソードを、試合映像と共に振り返ろう!

 『RIZIN CONFESSIONS』第88回の動画。今回はバンタム級トーナメントを振り返ります。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 21:18| Comment(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2022年01月14日

シバターが無期限活動休止を発表「誰もシバターを罰しないなら、自分で自分を罰するしかない」

榊原信行CEOが『RIZIN.33』シバター vs. 久保優太の調査結果と見解を発表、契約違反に問えず両者処分なしに「今後は禁止条項を見直すし選手管理も徹底していく」(2022年01月11日)

『RIZIN.33』シバター vs. 久保優太、処分なしの発表にネットは再炎上/シバターは「校長先生が許してくれた」と歓喜(2022年01月12日)

 こちらの続報。



シバターがYouTube休止を宣言「自分で自分を罰する」アンチに謝罪も(デイリー)
「結局、You Tuberは無敵な存在。犯罪さえしなければ活動を続けられ、動画をアップすれば見てもらえる。で、生活できるお金を広告収入で得られるんです」

「犯罪じゃなければ何をしてもいいだろうという考えのもと、人々に悪影響のあることを配信し続けるというのは、どこかで絶対にラインを踏み越えて、本当によくないことをやりかねない。世間が、そしてYou Tubeのシステムが制御してくれない。自分でどこか線引きをしなければいけない。このたびしばらく活動を自粛しようと思い、無期限活動休止いたします」

「僕は胸を張って自分の仕事を全うしたと言える」

「とはいえ今回、騒動が大きくなりすぎてしまった。誰もシバターに罰を科さないのなら、RIZIN運営もシバターに罰を科さないのなら、自分で自分を罰するしかないと思いまして。しばらく、広告収入を頂ける動画活動というものを休止しようと思います」

「考えがまとまったら、また、十分な罰が自分に与えられたと感じたら、そのとき復活したい」

「僕の試合で嫌な気持ちになった方々、申し訳ございませんでした」

 これも半信半疑。今回の騒動でかなり再生数を稼いだわけだし、復活すればまた話題になる。ただの遅めの正月休みで復帰は早いと思われます。



久保優太の妻サラが謝罪動画 RIZIN処分なしに感謝 今後の頑張りで「恩返し」(デイリー)
 今回はサラが1人で登場。ファンや応援してくれた人、スポンサー各位らに向け、「今回のことでたくさんご迷惑をおかけして本当に申し訳ございませんでした」と謝罪したサラは、もっと自分がパートナーとして久保を支えることができたのではないかという自責の念や、今回のような信頼を失う事態を起こさないよう久保と話し合っていく考えを口にした。

 その上で、「もうこれ以上はシバターになになにをされたとか、こうされたからこの騒動が起きたとか、そういう発言は、すればするほど言い訳に過ぎなくなると思うので、後は私たちが前を向いて、その姿を皆さんに届けることが私たちに今できる、信頼を取り戻す方法だと思っています」と、説明した。

 11日にはシバター戦を開催したRIZINの榊原CEOが、公式ユーチューブチャンネルの動画で、シバターと久保の両者に、処分・罰則は科さないことを説明した。このことをサラは「とても感謝していくべきことだと思っています」と受け止め、「久保優太はその恩を含めて、今後登っていく選手。頑張っているところをみんなに届けなければならない。それが恩返しだと思っています」と、今後に目線を向けた。

 年内に復帰ですかね。それこそHIROYA戦になるのかもしれません。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:06| Comment(4) | RIZIN | 更新情報をチェックする

RIZINのスポンサー、Yogibo日本代理店のウェブシャークがアメリカのYogibo本社を買収

Yogibo Max Premium(ヨギボー マックス プレミアム) アクアブルー



 RIZINのスポンサーである「Yogibo」の日本総代理店、株式会社ウェブシャークが本体であるYogibo LLC社を買収。今後もスポンサードしてもらうためにも頑張っていただきたいところです。一部では本社が見切りをつけたから日本に売り飛ばしただけではという声もありますが…。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 15:05| Comment(2) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2022年01月12日

YA-MANが『RIZIN.33』皇治戦のファイトマネーを全額ピースプロジェクトに寄付


 1月11日、ピースプロジェクトの加藤勉代表を訪ねたYA-MANは昨年12月31日のRIZIN.33で実現した皇治戦のファイトマネーの全額を寄付した(写真)。

 ピースブロジェクトとは2002年4月に認定NPO法人AAR Japan[難民を助ける会]と協力してスタートした『世界中の子どもたちの目を輝かせる』を目指した社会貢献プロジェクト。2011年に東日本大震災の発生に伴いNPO法人化。どんなイデオロギーにも左右されず、世界の困難な状況にある人々、特に子供など弱い立場にある人々の支援活動を続けている。

 2021年からは東京都足立区西新井のモツ鍋屋を借りる形でピース食堂を継続して開催している。この食堂には著名な格闘家がボランティア参加し、格闘技教室を行なう。新春第1弾として行なわれた1月9日のピース食堂には、第5代&第7代WBO女子世界スーパーフライ級王者・吉田実代が参加。現地の子供を相手にボクシング教室を行なった。

 加藤代表から寄付した理由について尋ねられると、YA-MANは父親が幼少期に違法薬物で逮捕されるなど自らの過酷な生い立ちを引き合いに出しながら、「家庭環境が悪くても道は開ける。僕の場合、キックボクシングを通して道を切り開きました」と語り始めた。「夢を追うことは大切。いまきつい思いをしている子供たちに夢や希望を与えたい」 さらに埼玉県で下から5番目(本人談)という高校に進みながら、母親がガンで倒れると「死んだりしたら、頼れる身内がいなくなる」と奮起。1日15時間の猛勉強を続け、大学に進学したという秘話も明かした。

 また、先日現地の子供に「YA-MAN選手は来ないんですか?」という質問を受けた加藤代表は本人に「協力してくれないか」と直談判。するとYA-MANもこの申し入れを快く受け入れ、ピース食堂に初めてゲスト参加することが決まった。これからもYA-MANの動向から目が離せない。

 YA-MANは皇治に判定勝ちした後のマイクで「RISEから来ました、TARGET渋谷のYA-MANです。家庭環境が複雑で、底辺からここまで来ました。僕が伝えたいことは1つで、どんな環境からでも成り上がれるので、いまキツい環境にいる人は自分でしか切り開けないので、自分で切り開いていけるように頑張ってください。僕は切り開きました! ありがとうございました」とコメントしていました。


 シバターとは大みそかでの対戦が浮上したが、直前で消滅。舌戦を繰り広げていた間柄だ。一方で、皇治は久保戦に勝利したシバターに対し、「俺は素直にブタゴリラに『お前、やるやん』て言った。八百長疑惑が上がる前に」という。

 ただ、やり取りを聞いて思いも一変。「きょうもDMきとったから。あいつ、嫌味ばっかり言うてくんねん。『きょうも俺の話題で持ちきりですわ。皇治さんの話はもう誰もしないですね』って」。あきれ気味に笑うしかない様子で、「このミートバー(MEAT BAR TEAM ONE)にも来たい、と言うから『ブタゴリラは出禁やって』」と伝えたことも明かした。

 自身は大みそかでYA-MANと激しい打ち合いの末に判定敗け。金的、バッティングで批判を受けたことにも触れ、「言われてもしゃーない。毎回やっとんねん。実力不足で、何一つわざとじゃない。直さなあかん」と反省。今後についても、「今は冬眠中で新しいこと考えていて、それはまた発表したい。ここで辞めたって逃げたって言うやつはいるだろうし、続けたってもういいやろって言うだろうし。ボクシングに転向したらそれはそれで賛否両論あるからさ。賛否両論を背負ってまた挑戦しようかな」などと語った。

 一方の皇治は…まぁ頑張って下さい。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 19:24| Comment(5) | RIZIN | 更新情報をチェックする

『RIZIN.33』シバター vs. 久保優太、処分なしの発表にネットは再炎上/シバターは「校長先生が許してくれた」と歓喜

榊原信行CEOが『RIZIN.33』シバター vs. 久保優太の調査結果と見解を発表、契約違反に問えず両者処分なしに「今後は禁止条項を見直すし選手管理も徹底していく」(2022年01月11日)



 こちらの続報。


 榊原信行CEOが『RIZIN.33』シバター vs. 久保優太の調査結果と見解を発表、契約違反に問えず両者処分なしとなりましたが、

「ファンとしては残念な気持ち」「勝負に駆け引きはあってもいい。でも、それは誰もが分かる形じゃないと八百長と言われても仕方ない」「信用を失墜させた管理責任は誰も取らないの?」「さんざん時間をかけてこんな事しか発表出来ないのかとあきれた」「これで終わらせていい問題じゃない」などの意見がネット上で飛び交った。

 実は、榊原CEOの、この説明の中には事実誤認がある。久保は1ラウンドで顔面への打撃は一発も繰り出さなかった。シバターは、試合前日のLINEでは、人気Youtuberのてんちむ氏にラウンドガールを依頼している件を持ち出して「1ラウンドは流して2ラウンドは真剣勝負」と要望し、久保は、その通りに1ラウンドは動いた。その間、シバターはプロレス風のロープワークや、伝説の米プロレスラーのリック・フレアーをオマージュした「ごめんなさい」ポーズをしたりして会場を沸かせたわけだが、途中から一転、久保には暗に禁じさせていた顔面へのパンチを繰り出した。久保を戸惑わせ右のフックでフラッシュダウンまで奪い、最後は引き込んで得意の腕ひしぎ逆十字固めで1本勝ちした。シバターの“ブック(台本)破り“こそ、リアルファイトに違いないのかもしれないが、久保からすれば「台本も何もない戦い」では決してなかった。

 その“ブック破り“が許せないからこそ、精神的な混乱もあって、久保は、試合後に妻の兄や、暴露系Youtuberのコレコレ氏などを通じて内幕の暴露を始めたわけで、榊原CEOが指摘するように1ラウンド目に「気持ちを作れなかった」のも事実だろう。

 榊原CEOは、RIZINが出場するファイターと結ぶ契約書の規約の中に「無気力試合をしてはいけない。八百長はしてはいけない」という条項と破った場合の罰則があることを明かした。シバターが1ラウンドに“ブック破り“をするまでの時間は、久保が「1ラウンドは流して」「ローやミドルなどはバチバチ本気で蹴ってもらって大丈夫」などの提案を真に受けて手加減をしていたと見受けられる。この1ラウンドは「無気力」の規約に抵触はしないのだろうか。

 シバターが持ち掛けたのは、「2ラウンドは真剣勝負」との台本だったのだから勝ち負けを決めていた八百長ではない。ルール上、明確な規約違反がなかったため罰することが難しいのかもしれないが、すべてを”陽動作戦”でまとめられては、ファンは納得できないだろう。

 とは言え榊原CEOによると「自分はシバターさんの話を聞いたふりをして、試合を成立させてやっつけちゃいますから。手加減せずにやります」という話を聞いていたとのことなので難しいところ。そうなると久保の心の中の問題に過ぎないということになってしまう。「処分なし」は納得出来なくともやむを得ないのでは。

 ただ一方で、「これからも物議を醸すかもしれませんが、RIZINは小さくまとまる気はないです。あらゆることにチャレンジするし、シバターという炎上系YouTuber、これは毒にも薬にもなる人だと分かって今回も上げましたけれど、”じゃあそういうことはもうしないか“と言うと、これからもいろいろな形で話題性のあるカードを組む。100%リアルファイト、真剣勝負の中から生まれるドラマでみんなを魅了していけるようにしたい」と、シバターの再登用の可能性を示唆するような宣言までを行った。

 私はこちらの方が納得出来ませんでした。大晦日に格闘技イベントが開催されるようになって20年、世間の注目を集めるためにも飛び道具的なカードが組まれることは百も承知。シバターもこの件が発覚する前までは全然OKでした。しかし今回は契約違反に問えなかったとしても、ファンの信用を取り戻すためにも、世間から色眼鏡で見られないようにするためにも「今後シバターをRIZINに出場させることはありません」ぐらいは宣言しても良かったのでは。シバター自身は格闘技引退を宣言していますが、本音は「RIZINが勝てる相手(体重の軽い選手)を用意してくれるのなら毎年出たい」なわけですから。



 シバターはインスタグラムでこんなコメントをしています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:32| Comment(15) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2022年01月11日

キングカズ、『RIZIN.33』で次男・三浦孝太と対戦したYUSHIに粋なプレゼントをしていた


 昨年大みそかに開催された格闘技イベント「RIZIN.33」に出場した元ホストのYUSHI(33)が2022年1月10日にツイッターを更新し、サッカーの元日本代表「キングカズ」三浦知良(54)からサプライズプレゼントされたことを明かした。

YUSHIは「RIZIN.33」でカズの次男・三浦孝太(19)と対戦し、1ラウンド終盤にサッカーボールキックを食らいTKO負けを喫した。試合は孝太のデビュー戦ということもあり大きな注目を集め、カズは会場に駆けつけリングサイドで観戦した。

カズがYUSHIにプレゼントしたのは横浜FCの背番号「11」のユニフォーム。「KAZU」のネーム入りで、背面にカズの直筆サインが入っている。

YUSHIはツイッターにユニフォームを着用した後ろ姿の画像を添付し、カズへの感謝のコメントを投稿した。


 YUSHIが勝ってたらどうなってただろう、と思いつつも敗者にケアをするキングカズは粋ですね。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 17:54| Comment(2) | RIZIN | 更新情報をチェックする

榊原信行CEOが『RIZIN.33』シバター vs. 久保優太の調査結果と見解を発表、契約違反に問えず両者処分なしに「今後は禁止条項を見直すし選手管理も徹底していく」

久保優太「シバターさんの全貌の説明は言ってない事、隠してる部分結構あるし…」と匂わせ投稿したものの、その後削除(2022年01月09日)

シバター「今回の事は『作戦』、八百長とは仕組みが違う」「RIZINはどこまで選手に対して規制するのか、その線引きは難しい」(2022年01月10日)

 こちらの続報。



 榊原信行CEOが12月31日にさいたまスーパーアリーナで開催された『RIZIN.33』で行われたシバター vs. 久保優太に関する声明をRIZINの公式YouTubeチャンネルで発表しています。30分に渡る長編なので電話のやり取りをした音声データのように全文文字起こしというわけには行きませんが、大まかな内容を箇条書きしていきます。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:03| Comment(47) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2022年01月10日

前田日明「ドクターは朝倉海の右手が折れてるのを知ってたのになんでやらせるんですか」

朝倉海「右手の骨折はドクターによると全治2〜3ヶ月」「1日2回も試合をしちゃダメ! やめた方がいいと思います」(2022年01月06日)

 こちらの続報。




 前田日明氏が『RIZIN.33』バンタム級トーナメント決勝で扇久保博正に判定負けした朝倉海が準決勝の瀧澤謙太戦で右手を骨折していたにも関わらず出場していた件についてYouTubeで以下のコメント。

 前田氏は「骨折した選手になんで試合をさせるんですか。リザーブマッチもやって怪我などにも備えていたはず」と話し始め、「『選手が黙っていた』と言うかもしれないですけど海はアウトサイダー時代に折ってプレートが入っている中手骨が折れたんですね。どんなに我慢してても表情に出るはずなんですよ。そして海の話だと『痛み止めを何本も打った』って言っていた。ってことはドクターは折れているって知ってるじゃん。なんでそれでやらせるんですか」と苦言を呈した。

 「浅はかにテレビの視聴率を気にして朝倉海が抜けるとテレビの視聴率が伸びないという計算して、決勝で海は最悪の場合、再起不能でした。なんでそういうことが出来るのか凄いおかしな話」とつづけた。

 さらに「日本の格闘技界って未熟なので主催者側に未熟な人間が多すぎるんですよ。選手を守るや育てるという部分では未熟なんですよ」と批判した。

 そして「海が出なかったらまた万全の状態で海と扇久保くんとできたかもしれないですし、それでまた扇久保くんが勝ったかもしれないですけどやってみてのお楽しみ。興行上の話題が増えますからね。いろんな意味でもったいなかったですね」と選手第一そして世界標準という目線で語った。

 シバター vs. 久保優太の件がなければ、もっと問題視されていたかもしれませんね。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:42| Comment(18) | RIZIN | 更新情報をチェックする

シバター「今回の事は『作戦』、八百長とは仕組みが違う」「RIZINはどこまで選手に対して規制するのか、その線引きは難しい」

シバター、久保優太戦の八百長打診をRIZIN関係者が承諾していたことも嘘だったことを認め「一世一代の大ブラフをかましてやった」(2022年01月08日)

 こちらの続報。



 シバターが『RIZIN.33』久保優太戦についてまたも動画をアップ。本人曰く「これでRIZINのことは最後にする」とのことですが、RIZINから何らかの発表があればそれに対してのリアクションはするでしょうから分からないですね。

シバターが久保優太戦について語る「今回の事は『作戦』、八百長とは仕組みが違う」(東スポWeb)
 まずは「僕が久保さんにやったことってどれほど悪なのか? それともセーフなのか?」という点。駆け引きはどこまでOKなのかということを「記者会見は?」「SNSは?」「メールは?」といろんな例を挙げて、シバターなりの意見をあげて「どこまでがセーフでどこからがアウトなのか? RIZINは線引きをしなきゃいけないのか? それはめちゃめちゃ難しいと思う」とする。

「八百長と言う言葉がみんな好きすぎる。八百長というのは勝敗が決められていて、そこにばくちなどのお金が絡んでいて、それを操作すること。今回の事はすごく良く言えば『作戦』。八百長という言葉を使えば耳障りがいいから。今回は仕組みが違うから。よりダーティーで根深く感じるからね」

「もっと純粋にリングの上で行われたことを楽しめばいいと思う。肩の力を抜いて。オリンピックじゃないんだからMMAは。ショースポーツ。リングの上で行われているエンターテイメントなんだから楽しめばいいと思う」


シバターが「真面目に」問題提起「だからRIZINは迷っている感じだと思う」(デイリー)
 ふたりは前日までLINE、電話でやり取りしていたが、シバターは“駆け引き”の一環であると主張。「記者会見ではいいのか。もっと言うならSNSはダメなのか」と曖昧であるとしたうえで「運営しているRIZINだったりはどこまで選手に対して規制するのか。携帯電話を取り上げるのか。SNSを取り上げるのか。この線引きは難しい」と見解を語った。

 今回の件は作戦であり「八百長じゃない」と強調。こうした背景から、「RIZINの発表は、かなり遅れているというより、発表するかしないか迷っている感じだと思うんですよね」とした。

 ちなみに公営ギャンブル(競馬、競輪、競艇、オートレース)は八百長を防ぐためにレース前日から調整ルームに宿泊し携帯電話やパソコン等の通信機器の持ち込みは禁止されています。しかし、格闘技の世界では聞いたことないですね。賭けの対象になっている国でも。

 いい加減RIZINも何かアクションした上で、『RIZIN LANDMARK vol.2』『RIZIN TRIGGER 2nd』のカードを発表しないといけないタイミングだと思うのですが。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 19:46| Comment(13) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2022年01月09日

久保優太「シバターさんの全貌の説明は言ってない事、隠してる部分結構あるし…」と匂わせ投稿したものの、その後削除

久保優太がコレコレに音声データを提供した経緯を説明しシバターにも謝罪(2022年01月08日)

 こちらの続報。

kubo2022-01-09.jpg

 久保優太が本日の午前7時04分にツイッターにこんな投稿をしています。

「10人が1種類の見解なんてしないし、また余計な憶測を産む事わかってるんだけど、全部全てを話したい。
シバターさんの全貌の説明は言ってない事、隠してる部分結構あるし。大人だ。
でも暴露すると懺悔でスッキリするのは自分だけでもっと色々な人に迷惑掛かっちゃうしね。
本当生きづらい世の中だな。」

 この投稿は現在削除されています。もう何がしたいんだ、この人は…。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 14:02| Comment(20) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2022年01月08日

【RIZIN.33】Special Ring Side ~ Winner & Loser ~


Yogibo presents RIZIN.33 の中でも、特に印象深い映像を中心に構成したリングサイド視点の特別映像。選手の息遣い、緊張感あるセコンドの声、観客の声援と共に選手たちの戦いをお楽しみ下さい。

 ここんところ例の騒動一色になってるのでこういう動画を楽しみたいところです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 19:40| Comment(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

久保優太がコレコレに音声データを提供した経緯を説明しシバターにも謝罪

久保優太がシバターと電話のやり取りをした音声データを人気YouTuberに提供、公開される(全文文字起こし済)(2022年01月06日)

 こちらの続報。




 コレコレチャンネルにシバターと電話のやり取りをした音声データを提供した久保優太が自身のYouTubeチャンネルでその経緯について説明。

「シバターさんの試合後の『引っかかった僕(久保)が悪いんだ』とか。そういった言動とかを見てコントロールできない感情が出てきた。試合の勝ち負けよりも自分自身がバカにされてるような気分になって。怒りとかどうしたらいいんだろうという気持ちがわいてきました」

 その後、知人から「コレコレさんが味方になってくれる」という話を聞いて音声データを提供したそうですが、ハッキリ言って利用されただけ。それどころか「RIZINから生放送には今後出るなと言われている為、自分で流すことは出来ないので、コレコレに流してもらいたい」「音声データなのですが、コレコレさんが第三者から極秘で入手したということにして頂いても宜しいでしょうか?」と言ってたことまで暴露されてしまい、味方どころかますます苦境に立たされることに。ことごとく悪手を打ってます。

「このような形になっても申し訳ありませんでした」

「これらの責任はすべて僕の責任で誰かのせいにするとかではなく自分の未熟さが招いた結果だと思っています。またシバターさんに対しても音声を流してしまって本当に申し訳なく思っていて、この場を借りてお詫びしたいと思います。申し訳ありませんでした」

 「RIZINをはじめ関係者の方々、申し訳ありませんでした。ファイター、格闘家のみなさんの信用を損ねるようなことを招いてしまって本当に申し訳ございませんでした。RIZINから今後、何かしらの処分はあると思うんですけど、きちんと受け入れる覚悟です」

 なぜかシバターにも謝罪。もう訳が分からない。ただし、RIZINがいつまでも何の発表もしないので変なことになっている部分も否めません。この件に関する調査をしたり、弁護士らに対応を相談したりしているから遅れているのかもしれませんが。契約上処分が出来るのかという懸念もありますし。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 15:10| Comment(7) | RIZIN | 更新情報をチェックする

シバター、久保優太戦の八百長打診をRIZIN関係者が承諾していたことも嘘だったことを認め「一世一代の大ブラフをかましてやった」

久保優太がシバターと電話のやり取りをした音声データを人気YouTuberに提供、公開される(全文文字起こし済)(2022年01月06日)

 こちらの続報。





 コレコレチャンネルに『RIZIN.33』の八百長打診の音声データが公開されたことを受けてシバターが自身のYouTubeチャンネルで以下のコメント。

 バタバタの末に決まった久保戦だが、HIROYA戦とは違い手の内が完全にバレている状況などを把握していて「めちゃくちゃ勝率が悪い」と判断。「何とかして勝てないか、と考えに考え抜いて。その結果、相手に油断させる(作戦を取った)」という。「やる気がない」「顔面を打たれると左半身がしびれる」など、公開した動画はすべて、久保を油断させるためのブラフ。それに加えて、台本などの提案もすべて作戦だった。

 ユーチューバー・コレコレが久保から受け取り世間に明らかになったシバターと久保との会話にも言及。RIZINの承諾や、ほかの試合でも台本の存在もにおわせたが、これは久保を信じさせるための「脚色」だったと明かす。直前にラインで「1R目は流しで2R目から本気で」としたのも、誓約書などを書かせない一方で、ブラフをリアルにするために「考える隙」を与えなかったシバターの作戦だった。

 そりゃそうでしょう。シバターは他の選手も言ってるように「嘘つきのクズ」なのは周知のことなのに、「『久保さんにそういった話を打診するのは可能です』というのがRIZINさんの、○○さんの回答でした」という部分は信じてRIZIN関係者を叩いている人が一定数いたことが驚きというか。いや、そこも含めて嘘なのに。

 ただ、それでも「久保さんの事を完全にはダマせたと思っていなかった」とシバター。台本に乗じて「ガンガンに潰しに来る可能性」も頭の中にはあったという。

 いざ試合がスタートするとそこからは腹の探り合い。「1Rは流してくれそうな感じだったけど…ガンガン、カーフキックを利かせてきた。カーフを利かせておくことで、(2R目に)タックルしにくくなる。(台本があったとしても)シバターを倒しに来る下地を作ってんな、コイツと。距離もガンガン詰めてくるし、遊びを許さない感じだった」とシバターは感じたところでスイッチが入った。「あとは見ての通り。右フックが入って(久保がフラッシュダウンして)焦って首相撲に来て。それで僕の飛びつき腕十字が入った」。

 結局誓約書やら供託金やらとかも無かったわけですから久保も半信半疑の中で戦っていたのではと推測します。というか、久保自身も疑っていたから電話を録音していたわけですし。

「正直、この作戦をいろんな人が汚いだの、スポーツマンシップに反するだの、言ってはいるが、ガチンコでやったら、勝率は10%もなかった。僕が勝つためにはそれしかなかったし、そして、僕は勝ちたかった」。直前で皇治戦が流れたことで運営側にも不満を感じていて「全部含めて、ペテンにかけて、食ってやりたかった。それで一世一代の大ブラフをかましてやった」と正直に告白。

 さらに「僕の方が久保さんより勝ちたいという気持ちの方が強かった。みんなほかのプロは『(正々堂々と)勝ちたい』『(男らしく)勝ちたい』とかだろうけど、オレは『(何をしてでも、どんなに卑怯なことをしてでも)勝ちたい』だった。その気持ちの違いなんじゃないかな」と執念の差を強調。久保には「久保優太、完全にお前の負けだよ。ごちゃごちゃ言ってんじゃねえ」と一刀両断。世間には「文句があるなら、このコメント欄に書き込んで、炎上の火を絶やさないでください」と挑発。シバターなりの「プロ」としての矜持を示した。

 八百長打診は皇治戦が流れたことを理由のひとつとしていますが、『BreakingDown』で芸人みなみかわさんにも打診していたわけですから説得力はゼロ。「何をしてでも、どんなに卑怯なことをしてでも勝ちたい」というのは、今後もRIZINに年に1度か2度のペースで使ってもらい、格闘家としてもユーチューバーとしても延命したいという意図があってのことでしょう。しかし、それも「一線を越えた」ことで無くなりましたね。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 14:13| Comment(11) | RIZIN | 更新情報をチェックする

京口紘人「久保選手かわいそうやなとか思わないですね」「ボクシング転向の記者会見して欲しくなかった」

久保優太がシバターと電話のやり取りをした音声データを人気YouTuberに提供、公開される(全文文字起こし済)(2022年01月06日)

 こちらの続報。

WBA王者・京口紘人 シバターに敗れた久保優太は「かわいそうとは思わない」(東スポWeb)



 WBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人が自身のYouTubeチャンネルでシバター vs. 久保優太について以下のコメント。

「体重差があろうが契約結んだ時点で成立なんですよ。体重差がどうのとか、久保選手がやりたくなかったはずなんですとか、試合が終わってからいうことでもない」

「八百長は悪いことなんですけど、シバターってそういうブランディングしてるキャラだと思うし、(試合後に苦言を呈すなら)そういうイロモノのユーチューバーとやらなければいいのに」

「久保選手かわいそうやなとか思わないですね」

「ボクシングで世界のベルトを目指しますって言ったのに総合にいったならもっと本気で自分の適性のクラスの選手とやりたいって名指しで発信してほしかった」

「勝ち負けはいいんですよ。でも(太田戦が)ああいう感じで。次イロモノのシバターとやること。ちょっとボクシングについては適当なのかなと」

「だったらああいう(ボクシング転向の)記者会見してほしくなかった。売名行為じゃないけど、K―1出てああいう感じなんやって」


ボクシング転向の元K-1王者・久保優太「五輪は4年後でもいいです。半年以内にはプロデビュー」(ゴング格闘技・2020/06/10)

 この時はボクシング転向を発表していましたが、宮田和幸や朝倉未来らと練習をしているうちにMMAの面白さにハマってしまったと『RIZIN.30』で太田忍と対戦する時に説明していました。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 06:48| Comment(3) | RIZIN | 更新情報をチェックする
記事検索