2019年12月01日

『QUINTET FIGHT NIGHT 4 in AKITA』試合結果

【QUINTET】TEAM CARPE DIEMが優勝、桜庭チームが準優勝(ゴング格闘技)
【Final】
○先鋒 世羅智茂 70.8kg
[0分43秒 跳び十字]
×先鋒 鈴木和宏 64.1kg

○先鋒 世羅智茂 70.8kg
[0分27秒 ヒザ十字] ※8分
×次鋒 出花崇太郎 74.8kg

△先鋒 世羅智茂 70.8kg
[ドロー]
△中堅 星野勇二 68.8kg

△次鋒 田村幸成 73.8kg
[ドロー]
△副将 中村大介 73.1kg

○中堅 山田崇太郎 79.3kg
[0分43秒 ストレートフットロック]
×大将 福本よう一 74.9kg
※潜りからアキレス腱固め

※TEAM CARPE DIEMが3度目の優勝

▼Special Iron Man Match QUINTET鉄人ルール
(5分、どちらが多く一本を取るかを競う※同数の場合はドロー)
○桜庭和志 83.5kg
[2-1]
×五味隆典 79.5kg

※腕ひしぎ腕固め(桜庭)
※ギロチンチョーク(五味)
※アンクルロック(桜庭)

▼Special Iron Man Match QUINTET鉄人ルール
(5分、どちらが多く一本を取るかを競う※同数の場合はドロー)
×所 英男 69.0kg
[0-1]※トーホールド
○ミノワマン

▼Spesial Single Match
○ハイサム・リダ(CARPE DIEM 92.0kg)
[旗判定2-1]
×カイル・チェンバース(10th Planet 93.0kg)

▼2nd Match
○先鋒 出花崇太郎 74.8kg
[2分54秒 腕十字]
×先鋒 塩田”GoZo”歩 58.7kg
※足効かせる塩田だが、出花はかつぎパス、腕十字

-先鋒 出花崇太郎 74.8kg
[両者失格]※両者に指導3つ
-次鋒 八隅孝平 72.3kg

△次鋒 福本よう一 74.9kg
[引き分け] ※4分
△中堅 本間祐輔 59.6kg

×中堅 星野勇二 68.8kg
[1分21秒 腕十字]
○副将 樋口翔己 74.5kg
※バックからうつ伏せで腕十字

△副将 鈴木和宏 64.1kg
[引き分け] ※4分
△副将 樋口翔己 74.5kg

○大将 中村大介 73.1kg
[5分18秒 ヒザ十字]
×大将 斎藤 裕 72.7kg
※ハーフ潜りスイープ狙いからヒザ十字

▼1st Match
△先鋒 橋本和之 60.6kg
[引き分け]※10kg以上差で4分
△先鋒 チャン・インソン 73.9kg
※互いにアキレス腱固めを内・外と掛け合う

○次鋒 山田崇太郎 79.3kg
[4分43秒 ヒザ十字]
×次鋒チョ・ヨンスン 75.1kg
※山田のギロチンを防ぐヨンスン、山田はハーフからパス狙いヒザ十字

○次鋒 山田崇太郎 79.3kg
[2分44秒 リアネイキドチョーク]※4分
中堅イ・ギョンソプ 63.1kg
※ギョンソプのベリンボロを防ぐ山田は、背中見せるギョンソプにいわゆるSTFの形のステップトーホールドからリアネイキドチョーク

△次鋒 山田崇太郎 79.3kg
[引き分け]
△副将チョ・ジュンヨン 71.7kg
※山田のアキレス腱固め、ギロチン狙いをジュンヨンも極めさせず

△中堅 岩崎正寛 72.8kg
[引き分け]
△大将チェ・ワンキ 67.4kg
※かつぎ、脇差し、側転パスなど仕掛ける岩崎に足効かせるワンキはガードからインバーテットなど足を越えさせず。CARPE DIEMが副将・大将を残して決勝進出。

▼オープニングファイト QUINTETルール/5分一本勝負
○帯谷信弘 84.8kg 指導1
×佐藤洋一郎 84.4kg 指導2
※指導数により帯谷勝利

 11月30日に秋田市文化会館で開催された『QUINTET FIGHT NIGHT 4 in AKITA』の試合結果。トーナメントはTEAM CARPE DIEMが優勝しています。



posted by ジーニアス at 01:36| Comment(3) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

1.19『HEAT 46』高阪剛の対戦相手が決定

1.19『HEAT 46』で高阪剛が2年1ヶ月ぶりの復帰戦(2019年11月23日)

 こちらの続報。

この投稿をInstagramで見る

HEAT46 HEAT46 追加対戦カード発表‼️💥 ・ HEAT総合ルールベビー級ワンマッチ 5分3R ・高阪剛(日本/ALLIANCE)  VS ・サシャ・ミリンコヴィッチ(クロアチア/CROCOPTEAM) ・ HEAT総合ルールライト級王者決定戦! 5分3R ・パーキ・PARKY(韓国/TEAM MADULSAN)  VS ・草・MAX(日本/TEAM CLIMB) 以上2試合決定しましたので、宜しくお願い致します。 詳細等は後日UP致します。 大会、チケットお問い合わせ先 HEAT事務局 名古屋本部 052ー734ー8866 東京支部  03ー6277ー0072 ・ 「Eーmail」 carshimura7100@yahoo.co.jp ・ 全国チケットぴぁ Pコード「844ー805」 #名古屋格闘技 #東京格闘技 #総合格闘技 #志村道場 #MMA #キックボクシング #heat46 #heat #ニューピアホール #高阪剛

HEAT OFFICIAL(@heat_officia)がシェアした投稿 -



Sasa Milinkovic(Tapology)

HEAT 1.19 ニューピアホール:高阪剛の相手はミルコの弟子に。パーキー×草・MAXも追加(バウトレビュー)
 HEAT 46(1月19日(日)ニューピアホール)に出場する高阪剛(ALLIANCE)の対戦相手がサシャ・ミリンコヴィッチ(クロアチア/クロコップ・チーム)に決まった。総合ルール・ヘビー級5分3Rで争われる。ミリンコヴィッチは身長は高阪より10cm高い190cm。MMA戦績7戦6勝1敗。19年3月のHEATでHEATライトヘビー級王者のチョン・ダウンに3R KO負けしている。




posted by ジーニアス at 19:06| Comment(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

1.19『HEAT 46』石井慧の対戦相手が決定

この投稿をInstagramで見る

HEAT46 HEAT46 対戦カード決定‼️💥 今大会メインイベント‼️👊 HEAT総合ヘビー級タイトルマッチ。 石井慧 VS クレベル・ソウザ ご存知HEAT総合ヘビー級王者 石井慧選手‼️ 迎え打つは、ブラジルからの次客クレベル・ソウザ選手‼️ 数々の団体のベルトを持つクレベル・ソウザ選手。今度は世界の石井慧選手が、持つHEATのベルトを奪う事が、出来るだろうか。 何度も繰り返しますが、今大会大注目の試合だ‼️ ※選手の怪我や、事務局、関係者の都合により、試合内容や、出場が、変更になる可能性が、あります。悪しからずご了承下さいませ。 大会、チケットお問い合わせ先 HEAT事務局 名古屋本部 052ー734ー8866 東京支部 03ー6277ー0072 全国チケットぴぁ Pーコード 「844ー805」 「Eーmail carshimura7100@yahoo.co.jp」 チケット売り切れ必須‼️💥 お買い求めはお早めに‼️ #名古屋  #名古屋格闘技 #東京 #東京格闘技 #総合格闘技 #志村道場 #MMA #キックボクシング #タイトルマッチ #石井慧 #楠ジャイロ #ジェロムレバンナ #ピーターアーツ #ヘビー級 #高阪剛

HEAT OFFICIAL(@heat_officia)がシェアした投稿 -



Cleber Souza(Sherdog)

【HEAT】石井慧の防衛戦は5連勝中のブラジルMMA王者に決定、高阪剛の参戦も発表(イーファイト)
 出場が発表されていたHEAT総合ルール ヘビー級王者・石井慧 (32=CRO COP TEAM) の防衛戦の相手がブラジル総合格闘技イベントSFT(Standout Fighting Tournament)ミドル級王者のクレベル・ソウザ(35=ブラジル)に決定した。※今年の柔術パン選手権ルースター級優勝のクレベル・ソウザとは別人。

 クレベルは海外サイト『sherdog』によると2013年デビューし、主にブラジル国内のMMA団体SFTや、Future FCなどの試合に出場。19勝(13KO・8S)8敗(4KO・1S)の戦績だ。
 戦績を見るとKO率の高さからストライカータイプのようで今年3月のSFTでは相手の下からのチョークを持ち上げてマットに叩きつけて外しパウンドの連打でTKO勝ちする映像が公開されている。
 身長177.8cm、体重77kgと同サイトにはあるが、ブラジルニュースサイトのインタビューを読むと通常は102kgであり、77kgの階級で勝つためにその体重に前日計量まで減量し、その後体重を回復させていると語っている。石井戦ではヘビー級の一戦だけあって通常体重で挑んでくるだろう。




posted by ジーニアス at 07:37| Comment(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

『SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR FINAL』試合結果

【修斗】宇野薫が3年7カ月ぶり勝利に涙。倉本一真がジャーマン連発で根津優太に勝利、黒部三奈が優勝宣言(ゴング格闘技)
▼第11試合 メインイベント フェザー級 5分3R
×マーカス・ヘルド(65.4kg/同級ドイツ王者/GERMAN TOP TEAM)
[2R 1分56秒 チョーク]
○宇野 薫(65.5kg/日本/UNO DOJO)

▼第10試合 セミファイナル バンタム級 5分3R
×根津優太(61.1kg/同級世界2位/&MOSH)
[3R 0分1秒 TKO]※タオル投入
○倉本一真(61.0kg/同級世界6位/修斗GYM東京)

▼第9試合 フライ級 5分3R
○清水清隆(56.7kg/日本・同級世界4位/TRIBE TOKYO M.M.A.)
[1R 4分19秒 TKO]
×ショージン・ミキ(56.4kg/米国・ハワイ/HMC)

▼第8試合 修斗女子初代スーパーアトム級王座決定トーナメント一回戦 5分2R(延長1R)
○黒部三奈(49.9kg/日本/マスタージャパン)
[1R 4分52秒 TKO]
×ターニャ・アンゲラー(49.1kg/ドイツ/GERMAN TOP TEAM)

▼第7試合 修斗女子初代スーパーアトム級王座決定トーナメント一回戦 5分2R(延長1R)
×梅原拓未(48.9kg/日本/GRABAKA)
[2R 3分21秒 TKO]
○イ・イェジ(49.8kg/韓国/TEAM J)

▼第6試合 ライト級 5分3R
×AB(70.3kg/同級世界6位/和術慧舟會駿河道場)
[2R 1分10秒 TKO] ※ABがカット、ストップ
○キャプテン☆アフリカ(70.2kg/同級世界10位/総合格闘技道場コブラ会)

▼第5試合 ライト級 5分3R
○田中 有(69.9kg/同級世界8位/リライアブル)
[判定3-0]※29-28×3
×岡野裕城(70.2kg/同級世界9位/マッハ道場)

▼第4試合 バンタム級 5分3R
×小野島恒太(61.2kg/Combat Workout Diamonds)
[判定3-0]
○手塚基伸(61.2kg/総合格闘技道場コブラ会)

▼第3試合 THINKS INTERNATIONAL presents Women'sSHOOTO-50kg インフィニティリーグ2019 5分2R
○杉本 恵(50.0kg/勝ち点5/AACC)
[1R 2分20秒 リアネイキドチョーク]
×廣瀬里美(49.0kg/勝ち点0/パラエストラ松戸)

▼第2試合 THINKS INTERNATIONAL presents Women'sSHOOTO-50kg インフィニティリーグ2019 5分2R
△北野きゅう(49.9kg/勝ち点2/高田馬場道場・とらの子レスリングクラブ)
[判定1-0]※19-19×2,20-18
△原田よき(49.6kg/勝ち点2/赤崎道場A-spirit)

▼第1試合 フェザー級 5分2R
×山本健斗デリカット(65.7kg/同級世界6位/総合格闘技道場コブラ会)
[判定0-2]※19-19,18-20×2
○SASUKE(65.7kg/マスタージャパン)

 11月24日に後楽園ホールで開催された『SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR FINAL』の試合結果。メインイベントは宇野薫がマーカス・ヘルドに2Rリアネイキッドチョークで3年7ヶ月ぶりの勝利を収めています。



posted by ジーニアス at 00:35| Comment(7) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

1.19『HEAT 46』で高阪剛が2年1ヶ月ぶりの復帰戦

posted by ジーニアス at 15:53| Comment(7) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

11.30 QUINTET 秋田大会で桜庭和志 vs. 五味隆典、所英男 vs. ミノワマン



QUINTET 11.30 秋田市文化会館:桜庭和志×五味隆典、所英男×ミノワマン、帯谷信弘×佐藤洋一郎の組技シングルマッチを追加(バウトレビュー)
 チーム対抗グラップリング大会「QUINTET FIGHT NIGHT 4 in AKITA」(11月30日(土)秋田市文化会館)にシングルマッチ3試合、桜庭和志 vs. 五味隆典、所英男 vs, ミノワマン、帯谷信弘 vs. 佐藤洋一郎が追加された。桜庭と五味は「QUINTET ULTRA」(12月12日(現地時間)ラスベガス)の「TEAM PRIDE」のメンバーで、渡米を前に桜庭の故郷・秋田で肌を合わせることになった。

 QUINTETのシングルマッチは、これまで一本勝負だったが、桜庭×五味、所×ミノワマンでは、一本を取っても試合が続き、5分以内にどちらが多く一本を取るかを競う新ルール「QUINTET鉄人ルール」が実験的に採用される。

 ラスベガス大会の前に好カードが発表されました。




posted by ジーニアス at 23:14| Comment(4) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

1.19 HEAT 東京大会に石井慧、ジェロム・レ・バンナ、ピーター・アーツが参戦

HEAT 1.19 ニューピアホール:石井慧、ジェロム・レ・バンナ、ピーター・アーツが参戦(バウトレビュー)
HEAT総合ルール・ヘビー級タイトルマッチ 5分5R(※ワンマッチの場合もあり 5分3R)
石井 慧(クロコップ・チーム/王者)
未定

総合ルール ヘビー級 5分3R
ジェロム・レ・バンナ(フランス/MMAファクトリー)
キム・チャンヒ(韓国/ギークジム)

キックルール スーパーヘビー級 3分3R(延長1R)
ピーター・アーツ(オランダ)
楠ジャイロ(ブラジル/チーム・ジャイロ楠)

HEATキックルール・ミドル級王座決定戦 3分5R
アビラル・ヒマラヤンチーター(ネパール/志村道場)
森本一陽(NEXT LEVEL渋谷)

HEATキックルール・ライト級タイトルマッチ 3分5R
将暉(顕修塾/暫定王者)
ヘンリー・セーハス(ブラジル/ブラジリアンタイ/挑戦者)

キックルール 女子55kg契約 3分3R(延長1R)
鈴木万李弥(志村道場)
未定

キックルール 63kg契約 3分3R(延長1R)
安川侑己(志村道場)
YU-YA(ハリケーンジム)

 1月19日に東京・竹芝のニューピアホールで開催される『HEAT 46』の主要カード。石井慧、ジェロム・レ・バンナ、ピーター・アーツが出場します。



posted by ジーニアス at 13:45| Comment(4) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

『QUINTET FIGHT NIGHT 4 in AKITA』トーナメントの組み合わせが決定


トーナメント1回戦対戦カード

1st Match
TEAM CARPE DIEM × TEAM K-TOP BJJ

2nd Match
TEAM SAKURABA × TEAM PARAESTRA

 各チームのメンバーは以下の通り。

▼TEAM CARPE DIEM
岩崎正寛、世羅智茂、山田崇太郎、橋本知之、田村幸成

▼TEAM K-TOP BJJ
チャン・インソン、チョ・ヨンスン、チェ・ワンキ、チョ・ジュンヨン、イ・ギョンソプ

▼TEAM SAKURABA
中村大介、出花崇太郎、星野勇二、鈴木和宏、福本よう一

▼TEAM PARAESTRA
八隅孝平、塩田”GoZo”歩、斎藤裕、本間祐輔、樋口翔己

 他にもハイサム・リダ vs. カイル・チェンバースのワンマッチと桜庭和志のワンマッチ(対戦相手未定)が予定されています。



posted by ジーニアス at 13:20| Comment(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

イベンダー・ホリフィールドが「HOLYFIELD JAPAN」を設立、3月に首都圏でMMA主体の大会を開催/UFC系の大物選手も参戦か



 元プロボクシング統一世界ヘビー級&クルーザー級チャンピオンのイベンダー・ホリフィールドが都内で記者会見を開きました。

イベンダー・ホリフィールド氏が「HOLYFIELD JAPAN」設立。来年3月に日本でMMA等の大会開催へ(バウトレビュー)
 元プロボクシングWBA・WBC・IBF統一世界ヘビー級&クルーザー級王者のイベンダー・ホリフィールド氏が10月1日、東京都内で会見し、日本法人「株式会社HOLYFIELD JAPAN(ホリフィールド・ジャパン)」の設立を発表した。年内の日本の他のプロモーションへの選手派遣を皮切りに活動し、来年3月、海外の大物選手を招き、MMAを主体とした大会を首都圏で開催する計画だという。大会名はまだ未定だ。

ホリフィールド協力の格闘技イベント来年3月に日本で旗揚げ、UFC系の超大物と交渉中、自身もリングに上がる(ゴング格闘技)
 会見にはホリフィールド・ジャパンの宮代東生COO、金澤祐治CEOも同席。金澤CEOは「埼玉県で総合格闘技のジムを経営し、DEEPやFighting NEXUSの運営に関わってきました。ホリフィールドさんを日本のリングに上げる、また海外から選手を招へいするためにホリフィールド・ジャパンを設立いたしました。ZUDONX(イベント制作)、スポンサーのBEATと提携して事業をしていきます」と挨拶。

 宮代COOはホリフィールド・ジャパンの活動について「年末の格闘技イベントへ向けて話をしている選手が2人います。海外の選手で1人はUFCとの契約選手、もう1人はUFCとの契約が終了した選手です。誰もが知っている有名な選手で、オファーが上手くいけば日本で騒ぎになるだろうと思っています。その後、3月に格闘技イベントを開催し、定期的に開催していきます。試合場はケージではなくリングなのかなと思っています。現段階ではMMAが主となるイベントです。ただし、力量の差があり日本人選手を当てづらいのでルールは(ユニファイドとは)少し変えると思います」と発表。

「年末は他のプロモーションにホリフィールドさんがマネージメントする選手を派遣、3月大会に出場する選手にもパフォーマンスをさせたい」と言い、「RIZINさんともお付き合いがあります」とのことでRIZINが有力だ。

 ホリフィールド自身は「3月に3Rのエキシビションを予定している。そのために身体をシェイプしていく。私がリングに上がることで勇気や夢を与えられたらと思う。現役のボクサーに戻るつもりはないので、エキシビションとしてやる。これからも頑張っていきたい」と、旗揚げ戦で那須川天心vsフロイド・メイウェザーのようなボクシング形式のエキシビションマッチをやると話した。

 また、3月に旗揚げされるイベントにはプロデューサー的な役割ではなく「様々なコネクションを持っているので、主に選手のマネージメントで協力していただきます」(宮代COO)と、ホリフィールド推薦選手が参戦するとのことで、今後RIZINを始め他のプロモーションにも選手を派遣していく方向性だという。

 関係者によれば「コナー・マクレガーなどの有名な選手を日本のリングに上げたいとの意向のようです。今回はチャリティーがメインですが、年内に何らかの機会があればRIZINに顔を出すとか、選手のマネージメントをすることもあるかと思います。冗談か本当かは分かりませんが、エキシビションの相手にマイク・タイソンを考えているとか」との話もあった。

 話をしている2人の選手のうち「1人はUFCとの契約選手、もう1人はUFCとの契約が終了した選手」とのことですが、「UFCと契約中の大物でも、MMA以外の試合ならできると思います」とのこと。契約中でもコナー・マクレガーがフロイド・メイウェザーと対戦した例もありますし、他にもプロレスの大会や柔術の大会に出た選手もいるので許可が出れば可能でしょう。

イベンダー・ホリフィールド - Wikipedia

 イベンダー・ホリフィールドは1962年10月19日生まれで現在56歳。マイク・タイソン戦での伝説の「耳噛み事件」が懐かしいです。



posted by ジーニアス at 03:10| Comment(7) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

那須川天心「拳が折れてたらしいです。2ヶ月くらいで治るらしいのでご安心を」

那須川天心「武尊選手、K-1の陣営に言いたいことがあります。SNSで書き込んだりするんだったら、さっさと正式な話をください」(2019年09月17日)

 こちらの続報。



 那須川天心がツイッターでこんな投稿をしています。


那須川天心、人気俳優&芸人ら“超豪華応援団ショット”が話題「有名人たくさん!」(THE ANSER)



 こちらのインスタグラムも話題になっています。



posted by ジーニアス at 17:01| Comment(3) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

那須川天心「武尊選手、K-1の陣営に言いたいことがあります。SNSで書き込んだりするんだったら、さっさと正式な話をください」



RISE 9.16 幕張メッセ:那須川天心、志朗に判定勝ち、武尊&K-1陣営に「僕は逃げも隠れもしない」。白鳥大珠、梅野源治を1R KO(バウトレビュー)
 さらに「最後に一つだけ言いたいことがあります」と話すと、「武尊選手、K-1の陣営に言いたいことがあります。僕は格闘技界を盛り上げるため、人生賭けて戦ってきたつもりです。時間は止まっていないですし、やりたい未来がまだまだたくさんあります。皆さんの声に応えるのが選手たちだと思いませんか? WORLD SERIESのように強い選手を集めて戦うのが本当の興行なんじゃないですか? 僕は逃げも隠れもしないです。SNSで書き込んだりするんだったら、さっさと正式な話をください。俺は待ってます」とアピールした。

 バックステージで天心は、リング上でのアピールについて「世界でビッグカードが組まれているのに、なんで日本は組まれないんだと思う」「お互いやりたいのに、やれないのはおかしい」と話した。だが「向こうに乗り込んでやりたいか?」という質問には「(K-1との)独占契約は無理なんで」と答え、別の形での実現を希望。「彼(武尊)を見て対戦をイメージすることは?」という質問には「最近は無いですね。自分の試合もあるので」と答え、以前よりも武尊自体への熱意は薄れている様子だった。
 なお、今日の自身のコンディションについて「試合前から(左)拳が痛かった。ニックさんのバンテージが無ければ、もっとヤバい状態になっていた」と明かした。次戦についても「ちょっと休みたいですね。優勝まで大変でした」と話し、過密スケジュールも相まって心身共に過酷な状態だったことを示唆した。

 RISEクリエーションの伊藤隆代表は大会後の総括で、天心のアピールについて「向こう(K-1)サイドの考えもあるでしょうけど、ニュートラルな環境でやれるといいですね。テレビがついたり、天心が言うように東京ドームでやれるといいし、向こうの選手がやりたいなら来ればいい。全面戦争でも構わない。日本の格闘技を盛上げたい」と、天心×武尊に留まらないK-1との対抗戦にも前向きな姿勢を示した。天心×武尊の1試合だけに関しては「賞味期限は半年でしょう。向こう(武尊)の選手生命も残り短いでしょうし、僕はこっち(天心)の陣営ですけど、最高の状態でやらせてあげたい」と、恐らくキャリア終盤に入りつつある武尊のコンディションも気遣った。なお、天心から武尊への対戦要求に関してK-1から訴訟を起こされていた件については「時が来た時に話します。我々に全く否が無いので」と話すに留まった。

 これでまたK-1サイドが訴訟で対抗するようなら残念です。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 08:55| Comment(34) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

Yahoo!ニュースのコメント欄でトラブルになった格闘技ファンが暴行、逮捕される

コメント欄でトラブル相手暴行か(NHK NEWS WEB)
 ニュースサイトのコメント欄で意見が対立しトラブルとなった相手を殴ってけがをさせたとして、41歳の男が警視庁に逮捕されました。
 調べに対して容疑を否認しているということです。

 逮捕されたのは、東京・新宿区の無職、世古哲也容疑者(41)です。
警視庁によりますと、ことし5月、品川区旗の台の路上で、40代の男性に殴る蹴るの暴行を加えてけがをさせたとして、傷害などの疑いがもたれています。
 インターネットの「ヤフーニュース」に掲載された格闘技のニュースをめぐって、利用者が投稿するコメント欄で、面識のない被害者の男性と意見が対立して実際に会うことになり、初めて会ったその場で暴行したということです。
警視庁によりますと調べに対して世古容疑者は「話したくありません」などと供述し、容疑を否認しているということです。

 この「ヤフーニュース」に掲載された格闘技のニュースってのが那須川天心 vs. 亀田興毅のニュースだったそうです。



posted by ジーニアス at 04:44| Comment(18) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

参議院選挙2019、比例区で立憲民主党の須藤元気氏が当選確実

須藤元気「この度、立憲民主党から参議院選に比例代表の公認を受けました」(2019年06月04日)

 こちらの続報。



 参院比例区(改選数50)で、立憲新顔の元格闘家、須藤元気氏が当選確実。自身のホームページによると、格闘家としての活動を通じて「憎しみでは相手を倒せない」ことを学び、選挙戦では平和外交などをマニフェストに訴えた。




posted by ジーニアス at 05:00| Comment(21) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

ボブ・サップ「近い将来大きな企画がある」「それは明らかに引退試合になるだろう」



ボブ・サップ、引退試合を計画「曙と戦った時のようなインパクトになる」(イーファイト)
 6月7日(金)東京・有楽町にある日本外国特派員協会にて、タレントで格闘家のボブ・サップ(45=アメリカ)が「日本におけるエンターテイナー活動」について講演を行なった。

 サップは「日本は海外の人材を売り出す力に長けている。私はいちフットボール選手だったが、日本に来て爆発、K-1に上がって一躍有名選手になった。日本はテクノロジーでも世界の上に行ったが、日本は普通の外国人を一段上のレベルに持ち上げて世間に出して行く。こういうことに対して非常に長けていると思う」とスピーチ。

 公演後の質疑応答で、今までで一番クレイジーだった企画を聞かれると、格闘技としては相撲を挙げ、勝つことはできなかったが、『朝青龍に相撲で勝ったら1000万円』の企画や、他には象と相撲をとる企画など、オーバーアクションを交え和かに答えていた。

 更に格闘家としての今後の予定について聞かれると
「実は今、詳細は発表できないが、近い将来大きな企画があるんだ。それは明らかに私のラストファイトになるだろう。自分が曙と戦った時のようなそのくらいのインパクトになると思う」と引退試合の計画があることを明かした。

 曙戦のようなインパクトというのは2003年の方で2015年の方ではないことを願います。

 計画中という試合の対戦相手について会場からは、日本人ですか? 那須川天心ですか?というツッコミが入ったが「いやぁ、今日は喋りすぎた」と笑ってごまかした。

 サップの引退については昨年10月にRIZINの榊原実行委員長が、18年の上半期にサップの引退試合をRIZINで行うプランもあったが、引退する気は全くなさそうだったとコメントしている。サップの引退試合はどの格闘技団体でいつ、誰を相手に行われることになるか期待される。

 那須川天心戦って…。



posted by ジーニアス at 14:14| Comment(9) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

須藤元気「この度、立憲民主党から参議院選に比例代表の公認を受けました」



 というわけで、須藤元気さんが夏の参院選比例代表に立憲民主党から出馬です。


須藤元気 - Wikipedia

 須藤元気さんについてはこちらを参照。


比例区 - 開票速報 - 2013参院選(朝日新聞)

 元プロ格闘家が参院選に比例区で出馬した例としては佐竹雅昭さんがいます。2013年に自民党から出馬しましたが得票数は2万7582票、同党からの立候補者29人中28位で落選しています。



posted by ジーニアス at 19:23| Comment(55) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

5.18『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』、大井洋一欠場により挑戦者残り1枠を決定する「敗者復活投票」を開始

5.18『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』挑戦者の大井洋一がドクターストップで欠場(2019年05月11日)

 こちらの続報。


AbemaTV「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」挑戦者残り1枠を決定する「敗者復活投票」を開始(バウトレビュー)
大井さんの欠場に伴い、本番組では挑戦者全員と協議の結果、那須川選手に挑戦することができる残り1枠を決定する「敗者復活投票」を行います。「敗者復活投票」では、『天心挑戦者決定トーナメント』に出場した元WBCライトフライ級世界ランカーの戎岡淳一さん、元WBAスーパーフライ級世界王者のTepparith Joegym(テーパリット・ジョウジム)さん、元日本ランク1位ボクサーの村井勇希さん、人気YouTuber・はじめしゃちょーの後輩にあたるYouTuberのけんすけさん、「K-1甲子園」出場経験者の山崎尚英さんの5名の中から、視聴者の方が「那須川選手と戦ってほしい」と思う1名に投票することができ、投票締切日の5月15日(水)午後3時までに、最も票を集めた挑戦者が那須川選手への挑戦権を手にすることができます。(アーティスト・GACKTさんのマネージャーを務める田中涼さんは、欠場のため対象外となります)なお、投票による挑戦者決定の発表は、近日中に行う予定です。

投票ページはこちら https://abema.tv/channels/special-plus/slots/BGp3Mgtk7yuGw9

「敗者復活投票」
投票期間:5月13日(月)午後3時~5月15日(水)午後3時

 どうなるかと思いましたが投票で決めるそうです。



posted by ジーニアス at 23:18| Comment(10) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

『巌流島 世界武術王決定戦 2019 in MAIHAMA – 序幕 –』試合結果

巌流島 5.11 舞浜アンフィシアター:ロッキー川村、チェ・ホンマンに判定勝ち。西浦ウィッキー聡生、鈴木琢仁をKO(バウトレビュー)
第8試合 無差別級 3分3R
×シビサイ頌真(倉本流武術)
○鈴川真一
2R 1’29” 一本 (転落3回)

第7試合 無差別級 3分3R
×チェ・ホンマン(韓国)
○ロッキー川村(パンクラスイズム横浜/元パンクラス・ライトヘビー級&ミドル級王者)
判定0-3 (鶴和=川村/太田=川村/山崎=川村)

第6試合 特別ルール(寝技30秒、関節技・絞め技あり) 75kg契約 3分3R
○西浦ウィッキー聡生(KRAZY BEE)
×鈴木琢仁(ブルテリア・ボンサイ/パンクラス・ネオブラッドトーナメント2016フェザー級優勝)
2R 0’25” 一本 (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

第5試合 無差別級 3分3R
○星風
×舞杞維沙耶[まきいざや]
1R 2’25 合わせ一本 (転落3回)

第4試合 無差別級 3分3R
×左 禅丸
○靖仁(高久道場/K-1チャレンジ2014 Aクラス 70kgトーナメント優勝)
1R 2’07” 一本 (右フック)

第3試合 無差別級 3分3R
×伊藤澄哉
○クンタップ・チャロンチャイ(タイ/BTC GYM/ムエタイ元WMC世界ウェルター級王者)
3R 2’07” 合わせ一本 (転落3回)

第2試合 無差別級 3分3R
×冨岡雅人
○小龍DATE(Team DATE)
判定0-3

第1試合 無差別級 3分3R
○今野 淳(BUDOステーション)
×大ももち[トンペー]
2R 1’05” 一本 (レフェリーストップ:転落後の右足の負傷)

 5月11日に千葉・舞浜アンフィシアターで開催された『巌流島 世界武術王決定戦 2019 in MAIHAMA – 序幕 –』の試合結果。メインイベントは鈴川真一がシビサイ頌真に2R転落3回で一本勝ち。ロッキー川村はチェ・ホンマンに判定勝ちしています。



posted by ジーニアス at 07:20| Comment(4) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

青木真也が『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万』ドタキャン問題についてコメント

『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』挑戦者決定トーナメント、青木真也ドタキャンに「詐欺」「茶番」と批判の声が殺到(2019年05月02日)

 こちらの続報。


【ONE】青木真也「僕が勝ちますよ。受けるんじゃない、挑戦する試合だから」=5月17日(金)「ONE:Enter the Dragon」(ゴング格闘技)

 青木真也が以下のコメント。

――AbemaTVの『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万』に関しては、5月17日の世界戦が決まり試合に出ることができなくなった、ということがありましたけど、那須川とクリスチャンも同い年です。あのあたりの世代に青木選手は……。

「那須川のことで言うと、結局みんなこのコンテンツを“楽しませてもらえるもの”だと思っているわけ。すごく当たり前に。だから、作り手が8割のものしか作らない。そう思いません? 賛否が分かれるものを作りたがらないです。今のそれがK-1だし、今の新日本プロレスだし。とりあえず当たり障りのないものを作ろうとする。余地がない。それの一つの形が──ああ、じゃあ青木、スカすんだというのが一つの形であって。(それに対して)ああ、そういうこと(反応)ね、みんな、というのにムカつきはありますよ。結局、“楽しませてもらうもの”じゃなくて、“一緒に楽しむもの”なんだぜ、というのは、僕は思っています。そこで言うと、すごい現代的だなと思った」

――あの試合が中止になった反応が。

「あの反応とかも含めて、すごい現代的。だから、要は、(受け手が)デーンと寝て“さあ、楽しませてくれ”となっているわけ。それってやっぱり違うし、そこに向けてモノを作るのもいいんだけど、当然お付き合いもするんだけど、ただ、“思いどおりにはさせない”。それってどういうことかと言うと、“つくり手とものを見る側”“つくり手と受け取り手”(の関係)がフェアじゃないと思う。要は上から見ているわけじゃないですか。“俺たちのいいものを作れよ、俺たちが納得するものを作れよ”と。でもそうじゃなくて、やっぱりあくまで“俺のもの”を見せてやっているんだから、あとはお前らが指図するなよ、という気持ちは持っていないと。例えばプロレスがすごい顕著だけど、いまフィニッシュで『無効試合』とか『不穏試合』ってほとんどないですよね」

――昭和のものという感じはします。

「それって賛否が分かれるから、レスラー自体が作るのを嫌うと思うんです。だって叩かれたくないから。それをモノを作る人として恐れずに、今後いいものを作っていきたい。20歳、那須川とかのあの世代ということですよね。彼らがもう新しいものを作っている。彼らが中心になっていくのはもう当然ですよね。そこに対して足を引っ張ろうみたいな考えはあまりない。むしろちょっと関わっていることで、自分に吸収できることは吸収していきたいなという感じかな」

 出場をドタキャンしたこと、代打に大井洋一を用意したことは青木が独断で決めてないことは一目瞭然。なのに自分で仕掛けた前提で話をするからおかしなことになる。それにプロレスの不穏試合は、あの時の真相はああだったとかこうだったとか後々まで語られるようになりますが、今回はシンプルに嘘をついて視聴者をシラケさせただけでしょう。



posted by ジーニアス at 19:35| Comment(44) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

『SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 30周年記念大会』試合結果

修斗 5.6 後楽園ホール(第1部):松本光史、小谷直之に4R KO勝ちしライト級王座2度目の防衛。ラカイとの対抗戦は修斗勢が全勝(バウトレビュー)
第9試合 メインイベント 修斗世界ライト級チャンピオンシップ 5分5R
○松本光史(フリー/王者/70.1kg)
×小谷直之(ロデオスタイル/世界3位、環太平洋2位、元ZST王者/70.1kg)
4R 0’57” KO (右フック→グラウンドパンチ)
※松本が2度目の防衛

第8試合 修斗 vs チーム・ラカイ 3×3交流戦 バンタム級 5分3R
○岡田 遼(パラエストラ松戸/環太平洋王者、世界1位/61.1kg)
×ジアン・クラウド・サクレッグ[Jean Claudo Saclag](フィリピン/チーム・ラカイ/60.9kg)
判定3-0 (横山30-28/福田29-28/豊永30-27)

第7試合 修斗 vs チーム・ラカイ 3×3交流戦 フライ級 5分3R
○箕輪ひろば(総合格闘技道場STF/ストロー級世界1位/56.5kg)
×ジャレッド・ライアン・アルマザン[Jared Ryan Almazan](フィリピン/チーム・ラカイ/56.9kg→56.7kg)
3R 2’22” 裸絞め

第6試合 修斗 vs チーム・ラカイ 3×3交流戦 ストロー級 5分3R
○黒澤亮平(パラエストラ松戸/世界10位・元世界王者/52.0kg)
×ジェロム・ワナワン[Jerome Wanawan](フィリピン/チーム・ラカイ/52.0kg)
1R 2’17” KO (右フック)

第5試合 バンタム級 5分3R
×石橋佳大(Duroジム/世界6位・環太平洋8位、元環太平洋王者/61.2kg)
○藤井伸樹(ALIANCE/パンクラス4位/60.9kg)
3R 4’50” KO (右フック)

第4試合 バンタム級 5分3R
○齋藤 翼(総合格闘技津田沼道場・FIGHT FARM/61.1kg)
×イム・ジョンミン(韓国/MMA STORY/60.4kg)
1R 3’04” KO (右フック)

第3試合 77kg契約 5分2R
×ジョナタン・バイエス(米国/Theパラエストラ沖縄/76.6kg)
○キ・ウォンビン(韓国/TEAM POSSE/75.7kg)
1R 3’53” KO (右フック)

第2試合 女子バンタム級 5分2R
×セラ(ニュージーランド/PUREBRED/62.85kg→62.3kg)
○チェ・ウンジ(韓国/MAX FC 4 Fearless GYM/60.8kg)
判定1-2 (豊永18-17/長瀬16-19/田澤17-18)
※セラが計量1.1kgオーバー。2Rとも減点1からスタート。チェが入場時に整髪料をつけていたため減点1

第1試合 Women’s SHOOTO -50kgインフィニティリーグ2019 女子50kg契約 5分2R
×廣瀬里美(パラエストラ松戸/48.7kg/リーグ初戦→勝ち点0)
○北野きゅう(高田馬場道場/49.0kg/リーグ初戦→勝ち点2)
判定0-3 (18-20/18-20/18-20)


修斗 5.6 後楽園ホール(第2部):扇久保博正、清水清隆を4R KOし防衛「RIZINで元谷選手とやらせてください」。宇野薫、プロ修斗30周年大会出場も判定負け(バウトレビュー)
第6試合 メインイベント 修斗世界フライ級チャンピオンシップ 5分5R
○扇久保博正(パラエストラ松戸/王者、元バンタム級世界王者/56.6kg)
×清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A/世界1位、元パンクラス王者/56.7kg)
4R 0’40” KO (右フック→グラウンドパンチ)
※扇久保が2度目の防衛

第5試合 フェザー級(ノンタイトル戦) 5分3R
×斎藤 裕(パラエストラ小岩/世界王者/65.7kg)
○アギー・サルダリ[Agy Sardary](オランダ/スポーツヴィジョン/65.8kg)
判定0-2 (長瀬28-29/横山29-29/福田28-29)

第4試合 フェザー級 5分3R
×宇野 薫(UNO DOJO/世界10位・環太平洋10位、元ライト級世界王者/65.7kg)
○デュアン・ヴァン・ヘルフォート[Duane Van Helvoirt](オランダ/グレイシーバッハ・ネーデルランド/65.5kg)
判定0-3 (横山27-30/片岡27-30/豊永26-30)

第3試合 バンタム級 5分3R
○根津優太(&MOSH/世界2位、環太平洋1位、元環太平洋王者/60.8kg)
×祖根寿麻(ZOOMER/世界4位、環太平洋3位、元環太平洋王者/61.1kg)
3R 2’51” KO (パンチ連打)

第2試合 ストロー級 5分3R
×阿部マサトシ(AACC/52.2kg)
○中川マイケル(グレイシー・テクニックス/52.0kg) 
1R 4’12” KO (右ストレート)

第1試合 バンタム級 5分3R
○魚井フルスイング(和術慧舟會HEARTS/世界3位、環太平洋4位/61.1kg)
×加藤ケンジ(K.O.SHOOTOジム/61.2kg)
2R 0’16” KO (左フック)

 5月6日に後楽園ホールで2部構成で開催された『プロフェッショナル修斗公式戦 SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 30周年記念大会 Supported by ONE Championship』の試合結果。第1部の世界ライト級チャンピオンシップは松本光史が小谷直之に4R KO勝ちし王座防衛。修斗 vs チーム・ラカイ 3×3交流戦は修斗が全勝しています。

 第2部の世界フライ級チャンピオンシップは扇久保博正が清水清隆に4R KO勝ちして王座防衛。「僕はRIZINでやり残したことがあるんで、元谷(友貴)選手とやらせてください、よろしくお願いします」とコメント。宇野薫はデュアン・ヴァン・ヘルフォートに判定負けしています。



posted by ジーニアス at 13:56| Comment(2) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

5.11『巌流島 世界武術王決定戦 2019 in MAIHAMAー序幕ー』全カードが出揃う



【追加カード】

修斗のクレイジー・モンキー vs 最強警察官が推薦する柔術家
西浦ウィッキー聡生(修斗)vs 鈴木琢仁 (ボンサイ柔術)

日本拳法の波動拳 vs 武術を追求するキョクシン高久空手からの刺客
左禅丸(日本拳法) vs 靖仁(高久空手)

 ウィッキーと対戦予定だった原翔大がドクターストップにより欠場、関根シュレック秀樹推薦の鈴木琢仁が代打で出場します。

巌流島 世界武術王決定戦 2019 in MAIHAMA『ー序幕ー』(巌流島)

 全対戦カードはこちらを参照。



posted by ジーニアス at 17:41| Comment(2) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする
記事検索