2019年04月12日

5.6修斗30周年記念大会で宇野薫が2年ぶりの復帰戦

【修斗】宇野薫が2年ぶり復帰、柔術黒帯と相まみえる(イーファイト)
 5月6日(月・祝)東京・後楽園ホールで昼夜大会として開催される『SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 30周年記念大会 Supported by ONE Championship』の追加対戦カードが発表された。第4代修斗世界ウェルター級王者・宇野薫(43=UNO DOJO)がデュアン・ヴァン・ヘルフォート(33=オランダ/グレイシーバッハ・ネーデルランド)と対戦する。


Caol Uno(Sherdog)

Duane van Helvoirt(Sherdog)

 宇野薫は2017年4月23日のプロフェッショナル修斗公式戦で斎藤裕の世界フェザー級王座に挑戦し判定負けして以来の試合。デュアン・ヴァン・ヘルフォートは現在33歳のオランダ人で戦績17勝8敗。柔術黒帯で17勝のうち一本勝ち13、KO勝ち4と全てフィニッシュしています。



posted by ジーニアス at 10:09| Comment(1) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

『QUINTET FIGHT NIGHT 3』試合結果

【クインテット】優勝は10th Planet、山本美憂vs湯浅麗歌子は湯浅が一本勝ち(イーファイト)

QUINTET 4.7 アリーナ立川立飛:10th Planet、DEEP JEWELSと湯浅麗歌子柔術チーム下し女子トーナメント制す(バウトレビュー)
Female Open Team Championship 2019

1st Match(一回戦)
○TEAM 10th Planet(リズ・カムーシュ、グレース・ガンドラム、エルヴィラ・カルピネン、ライラ・スマジャ-クルス、ファビアナ・ジョージ)
×TEAM DEEP JEWELS(KINGレイナ、青野ひかる、奈部ゆかり、前澤智、富松恵美)

2nd Match(一回戦)
○TEAM BJJ KUNOICHI(杉内由紀、澤田明子、湯浅麗歌子、市川奈々美、越後伊織)
×TEAM Sun Chlorella(池本美憂、杉本恵、長野美香、サラ・マクマン、山本美憂)

Final Match(決勝)
○TEAM 10th Planet(ライラ・スマジャ-クルス、ファビアナ・ジョージ、エルヴィラ・カルピネン、グレース・ガンドラム、リズ・カムーシュ)
×TEAM BJJ KUNOICHI(越後伊織、市川奈々美、杉内由紀、湯浅麗歌子、澤田明子)

シングルマッチ

70kg契約 8分
○世羅智茂(CARPE DIEM)
×渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘)
6’28” 三角絞め

77kg契約 8分
○出花崇太郎[キャプテン☆アフリカ](総合格闘技道場コブラ会)
×ホブソン・タンノ(ブラジル/INFIGHT JAPAN)
7’28” 腕ひしぎ十字固め

エキシビションマッチ
―桜庭和志
―美木 航
勝敗無し
(エキシの前には前回2月大会で優勝したCARPE DIEMを代表し、ハイサム・リダが桜庭に表彰された)

 4月7日にアリーナ立川立飛で開催された『QUINTET FIGHT NIGHT 3 in TOKYO – Female Open Team Championship 2019 –』の試合結果。Female Open Team Championship 2019はTEAM 10th Planetが優勝しています。



posted by ジーニアス at 07:23| Comment(3) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

4.7『QUINTET FIGHT NIGHT 3』山本美憂チームの全出場選手が決定/ワンマッチも決定

4.7『QUINTET FIGHT NIGHT 3』の出場選手が決定/サラ・マクマン、リズ・カモーシェらが参戦(2019年03月26日)

 こちらの続報。



 4月7日(日)、アリーナ立川立飛で開催する「QUINTET FIGHT NIGHT3 in TOKYO Female Open Team Championship2019」のトーナメントに出場する山本美憂選手率いるTEAM Sun Chlorellaの全メンバーが決定した。

 まず、出場選手として発表されていたあいだが、ケガのために欠場となった。あいに代わり出場するのは、修斗に出場している杉本恵(AACC所属)。杉本はバックボーンがレスリングで全日本大会で上位に食い込むなど活躍し将来を有望視されていたが、その後結婚、出産のため戦列を離れ、2019年1月、修斗に6年ぶりに復帰を果たし2連勝中の選手だ。ブランクを感じさせない闘いぶりをQUINTETでも発揮できるか、期待したい。

 そして、最後の1枠は様々な候補選手が挙がる中、JBJJF(日本ブラジリアン柔術連盟)が推薦した池本美憂(TATORU所属)に決定した。池本は2月に行われたAmateur QUINTET Kyushu2019に出場し、14歳ながら柔術の色帯選手を相手に怖じ気つくことなく堂々とした闘いぶりで見事5人抜きを達成した選手だ。JBJJFからAmateur QUINTETで5人抜きするなどアスリートとしても素晴らしいという理由で推薦され、チームリーダーの山本美憂選手に打診したところ「面白そう!」ということで出場が決定した。

 これにてトーナメントの全出場選手が決定しました。




 また、ワンマッチも2試合決定しています。



posted by ジーニアス at 21:43| Comment(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

4.7『QUINTET FIGHT NIGHT 3』の出場選手が決定/サラ・マクマン、リズ・カモーシェらが参戦



 4月7日(日)、アリーナ立川立飛で開催する「QUINTET FIGHT NIGHT3 in TOKYO Female Open Team Championship2019」に出場する湯浅麗歌子選手率いるTEAM BJJ KUNOICHI、山本美憂選手率いるTEAM Sun Chlorella、エディ・ブラボー率いるTEAM 10th Planet 、そして佐伯繁代表率いるTEAM DEEP JEWELSの出場メンバーが決定した。

TEAM BJJ KUNOICHI
湯浅麗歌子
越後伊織
澤田明子
杉内由紀
市川 奈々美

TEAM Sun Chlorella
山本美憂
サラ・マクマン
あい
長野美香

TEAM 10th Planet
リラ・スマジャ-クルス
ファビアナ・ジョージ
リズ・カームーシュ
グレース・ガンドラム
エルバイラ・カルピネン

TEAM DEEP JEWELS
前澤智
富松恵美
KINGレイナ
奈部ゆかり
青野ひかる

 TEAM Sun Chlorellaの残り1名の選手は現在調整中とのこと。



posted by ジーニアス at 13:33| Comment(2) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

5.6修斗30周年記念大会で扇久保博正 vs. 清水清隆、松本光史 vs. 小谷直之/扇久保のONE出場は当面なし

修斗 5.6 後楽園ホール:プロ30周年大会で扇久保博正×清水清隆、松本光史×小谷直之のダブル王座戦(バウトレビュー)
 SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 30周年記念大会 Supported by ONE Championship(5月6日(月/祝)後楽園ホール)の修斗世界フライ級チャンピオンシップ・扇久保博正(パラエストラ松戸/王者)vs. 清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A/世界1位、元パンクラス王者)、世界ライト級チャンピオンシップ・松本光史(フリー/王者)vs. 小谷直之(ロデオスタイル/世界4位、元ZST王者)が行われることになった。昼夜大会だが、どちらの大会になるかは後日発表される。

 2つのタイトルマッチを発表。今大会は12時開始の第1部と18時開始の第2部があります。

 カード発表会見が3月20日、東京・神宮前のシャトーアメーバで行われた。修斗はONE Championshipとパートナーシップ契約を結び、「2019年1月以降に新たにプロフェッショナル修斗世界王者を戴冠した選手は、自動的にONE Championshipの契約選手になることができます」と発表されていた。扇久保と松本が防衛した場合も新たなONEとの契約対象となることが後日明らかになっていたが、坂本一弘サステイン代表は「扇久保選手は他団体との契約が残っていますので、そこをクリア(=契約を消化)しないといけないです」と説明し、今回防衛してもONEと契約しないことを明かしている。

 ここで言う“他団体”とはRIZINのことでしょう。扇久保としてはもう一度堀口恭司と対戦するチャンスが欲しいところ。



 「色々言いたいこと」は「自動的にONE Championshipの契約選手になること」を指しているのでしょう。



posted by ジーニアス at 11:53| Comment(10) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

アポ電強盗殺人、逮捕された3容疑者の1人は元格闘家だった



 東京都江東区東陽のマンションで加藤邦子さん(80)が殺害された事件は13日、発生から約2週間で実行犯の男3人が強盗殺人容疑で逮捕された。事件前に資産額を尋ねる「アポ電」(アポイントメント電話)はオレオレ詐欺などの典型的な手口。警視庁は、詐欺グループが関与した可能性も視野に解明を進める。

 逮捕されたのは川崎市川崎区京町、土木作業員小松園(こまつぞの)竜飛(たつみ)(27)、ともに住所不定で無職の須江拓貴(ひろき)(22)、酒井佑太(22)の3容疑者。いずれも「身に覚えがない」などと容疑を否認している。

 捜査関係者によると、小松園容疑者は現在、土木作業員として働いているが、以前は格闘家として活動していた。

 小松園容疑者は自らのフェイスブックなどに、稽古の動画や試合に向けて減量している様子などを投稿。誕生日に高級ブランドの財布やベルトをプレゼントしてもらったとも書き込んでいた。

 2017年8月13日には、東京都大田区で開かれた格闘技の大会に出場したが、「判定で負けました」との投稿を最後にフェイスブックの更新は途絶えていた。

 小松園容疑者が4~5年前まで勤務していた川崎市内の土木工事会社の社長は「性格はまじめで仕事はテキパキとこなしていた。二日酔いで仕事に来ないこともあったが、特にトラブルはなかった」と話した。

 小松園容疑者は2014年に厚生労働省などが主催した「第52回技能五輪全国大会」の左官部門で、銀メダルを取ったという。

 小松園容疑者が住んでいた川崎市のアパート近くの住民女性(51)は「昨年末、深夜の路上で酒に酔って仲間と騒いでいた。体格が良くて怖い人だと思っていたが、まさか事件の容疑者だとは思わなかった」と不安そうに話した。

「THE OUTSIDER 第41戦」新人選手インタビュー 第16弾(THE OUTSIDER・2016年7月16日)

outsider41_entry_tatsumi_komatsuzono2.jpg

 THE OUTSIDERのサイトにインタビューが掲載されていました。


Tatsumi Komatsuzono(Tapology)

 TapologyによるとMMA戦績は1勝2敗。格闘技大会に出場経験があると「元格闘家」と報じられてしまいがちですが、ほとんどが本業ではないわけで…。マスコミは「格闘技→暴力的→犯罪」に結びつけたいのでしょうけど。



posted by ジーニアス at 09:57| Comment(17) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

『RISE WORLD SERIES 1st Round』試合結果/那須川天心 vs. フェデリコ・ローマ動画

RISE 3.10 大田区総合体育館:那須川天心、快心のKO勝ち。大阪でスアキムとの再戦へ。セクサン、大雅を蹴りで封じる。梅野源治&志朗、トーナメント初戦突破(バウトレビュー)
第12試合 メインイベント RISE WORLD SERIES 2019 -58kg Tournament 一回戦Aブロック 3分3R(延長1R)
○那須川天心(TARGET/Cygames/RISE世界フェザー級(57.15kg)王者、ISKAオリエンタルルール世界バンタム級(55kg)王者)
×フェデリコ・ローマ[Federico Roma](アルゼンチン/Dojo Serpiente/WKN世界ムエタイ58kg級王者、WKN世界K-1ルール58kg級王者)
3R 1’35” KO (左ハイキック)

第11試合 セミファイナル RISE WORLD SERIES 2019 -61kg Tournament 一回戦Bブロック 3分3R(延長1R)
○イ・チャンヒョン[チャンヒョン・リー/Chanhyeong Lee](韓国/RAON/RISEスーパーフェザー級(60kg)王者)
×裕樹(ANCHOR GYM/RISEスーパーフェザー級(60kg)2位、元同級・ライト級・スーパーライト級王者)
判定3-0 (和田29-26/長瀬29-26/小川30-25)

第10試合 RISE WORLD SERIES 2019 -61kg Tournament 一回戦Aブロック 3分3R(延長1R)
×大雅(TRY HARD GYM/元K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級(60kg)王者)
○セクサン・オー・クワンムアン(タイ/ラジャダムナン認定ライト級王者、2015年ラジャダムナンMVP)
判定1-2 (和田29-30/小川29-28/秋谷28-30)

第9試合 RISE WORLD SERIES 2019 -61kg Tournament 一回戦Bブロック 3分3R(延長1R)
○梅野源治(PHOENIX/元ラジャダムナン認定ライト級王者、元WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者)
×ル・ジュン[Lu Jun](中国/盛力人和/2017年EM LEGEND-65kg王者)
判定3-0 (大澤30-28/佐藤30-27/秋谷30-27)

第8試合 RISE WORLD SERIES 2019 -58kg Tournament 一回戦Bブロック 3分3R(延長1R)
○志朗(BeWELLキックボクシングジム/ISKAムエタイ世界バンタム級(55kg)王者)
×ウラジスラフ・ミキータス[Vladyslav Mykytas](ウクライナ/WAK-1F K-1ルール世界王者)
3R 1’09” TKO (レフェリーストップ:右ローキックで2ダウン後)

第7試合 RISE WORLD SERIES 2019 -61kg Tournament 一回戦Aブロック 3分3R(延長1R)
○白鳥大珠(TEAM TEPPEN/RISEライト級(63kg)王者)
×ヘクター・サンチアゴ[Hector Santiago](ブラジル/サンチアゴチーム/WAKOサウスアメリカ王者、WGPライト級王者/クンルンファイト推薦)
4R 判定3-0 (佐藤10-9/和田10-9/長瀬10-9)
3R 判定1-1 (長瀬30-29/和田28-29/佐藤29-29)

第6試合 RISE WORLD SERIES 2019 -58kg Tournament 一回戦Bブロック 3分3R(延長1R)
○ルンキット・ウォーサンプラパイ[Rungkit Wor.Sangpapai](タイ/ラジャダムナン認定スーパーフェザー級王者、ルンピニー6位)
×フレッド・コルデイロ(ポルトガル/DYNAMINE TEAM/DUELライト級王者)
判定3-0 (和田30-28/小川30-28/佐藤30-28)

第5試合 RISE WORLD SERIES 2019 -58kg Tournament 一回戦Aブロック 3分3R(延長1R)
○スアキム・PKセンチャイムエタイジム(タイ/ルンピニー認定スーパーフェザー級王者)
×タリソン・ゴメス・フェレイラ[Thalisson Gomes Ferreira](ブラジル/シュートボクセ・アカデミー/SAIKYO GP優勝/RIZIN推薦)
3R 1’30” KO (ボディへの左前蹴り)

 3月10日に大田区総合体育館で開催された『RISE WORLD SERIES 1st Round』の試合結果。




 那須川天心 vs. フェデリコ・ローマ動画。




 なんとデイナ・ホワイトがインスタグラムにフィニッシュシーンの動画をアップしています。




 これに対し那須川天心がお礼のコメントをしています。



posted by ジーニアス at 12:58| Comment(13) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

Abema TVが「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」を放送、挑戦者募集中



※日程未定※ 那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円(Abema TV)
AbemaDELUXEチャンネル
5月1日(水) 19:00 〜 22:00

無料で放送終了後7日間視聴できます
Abemaプレミアムではその後も視聴できます

AbemaTV3周年記念 特別企画
那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円

那須川天心の新たなる挑戦が始まる!

果たして、那須川天心を倒すやつは現れるのか!?
日本格闘界新時代の幕開けを見逃すな!

!!対戦相手募集!!
「己の拳に自信がある」「強いやつと戦いたい」「1000万円が欲しい」
那須川天心を倒せる自信のある方を募集します

 応募方法はリンク先でご確認ください。



posted by ジーニアス at 22:07| Comment(31) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

ミルコ・クロコップ、新日本プロレスでMMAマッチをする交渉をしたものの決裂していた!?





 新日本プロレスは2003年5月2日に『ULTIMATE CRUSH』という大会を開催したこともありますし(ジョシュ・バーネットやリョート・マチダも出場しています)、長州力 vs. ヒクソン・グレイシーの交渉をしたこともありますし、PRIDEやK-1に出場した選手もいましたし、説得力はありますね。総合路線で痛い目に遭ったので今では考えられないでしょうけど。



posted by ジーニアス at 14:41| Comment(13) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

4.7『QUINTET FIGHT NIGHT 3 in TOKYO』出場4チームが決定



 4月7日 (日)、アリーナ立川立飛で行う「QUINTET FIGHT NIGHT 3 in TOKYO Female Open Team Championship2019」に出場する4チームが決定した。

出場チーム

(1) 湯浅麗歌子率いる柔術チーム
(2) 山本美憂率いるレスリングチーム
(3) RIZIN&DEEP連合軍のMMAチーム
(4) 10th Planetチーム

 出場選手は未定です。



posted by ジーニアス at 00:10| Comment(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

5.26『PANCRASE 305』で近藤有己と郷野聡寛が12年ぶり3度目の対戦

パンクラス 5.26 新木場スタジオコースト:小川徹×マモル、フライ級ランカー対決。近藤有己×郷野聡寛、12年ぶり3度目の対戦(バウトレビュー)
 skyticket presents PANCRASE 305(5月26日(日) 新木場スタジオコースト)でフライ級・小川徹(TRIBE TOKYO M.M.A/4位)vs. マモル(シューティングジム横浜/5位・元王者、元修斗2階級王者)、ウェルター級・近藤有己(パンクラスイズム横浜/元3階級王者)vs. 郷野聡寛(GRABAKA)が行われることになった。

 小川は昨年12月大会で上田将竜と対戦し、2R右ハイキックでKO負けして以来の試合。ここ2年は白星と黒星を繰り返す状況だ。マモルは5月29日で42歳に。17年8月に仙三相手に王座防衛に失敗し、続く昨年7月には小川の後輩・若松佑弥に2R TKO負けを喫している。両者ともタイトル戦線で踏みとどまるためにも正念場となる。

 近藤と郷野は2001年12月の横浜文化体育館大会での「東京・横浜VSGRABAKA 3対3対抗戦」で対戦し、近藤が3R TKO勝ちし、郷野を病院送りに。06年大晦日のPRIDE男祭りでの再戦では、判定1-2で郷野が勝利している。現在、近藤は43歳、郷野は44歳。近藤は昨年7月のONE Championshipでヘンゾ・グレイシーに2R裸絞めで一本負けして以来の試合。郷野は昨年4月の中国でのREBELS FCでブラジル人選手に判定負けして以来の試合。4月13日のキック大会・NKBでの清水武戦を控えている。

 2019年に近藤有己 vs. 郷野聡寛が見られるとは驚きですね。



posted by ジーニアス at 23:25| Comment(3) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

『HEAT 44』試合結果/石井慧がヘビー級新チャンピオンに

【HEAT】石井慧が名古屋でHEATヘビー級王座に挑戦。オク・レユンvsトム・サントストム・サントスvsオクレユン、バンナ、流血の女王・鈴木万李弥も出場=3月2日(土)「HEAT 44」速報(ゴング格闘技)
▼HEAT総合ルール ヘビー級 タイトルマッチ 5分5R
×カルリ・ギブレイン(王者ブラジル/BRAZILIAN THAI)[2R 3分54秒 アメリカーナ]
◯石井 慧(挑戦者/チームミルコ)

▼HEATキックルール スーパーヘビー級 スペシャルワンマッチ 3分3R
◯ジェロム・レ・バンナ(フランス)[2R 2分47秒 KO]
×楠ジャイロ(ブラジル/フリー)

▼HEAT総合ルールライト級選手権試合 5分5R
×オク・レユン(王者/韓国 BUSAN TEAM MAD) [判定0-3]※46-49×2,45-49
◯トム・サントス(挑戦者/ブラジル ブラジリアン・タイ)

▼HEATキックルール ライト級 王座決定1DAYトーナメント 決勝戦 3分3R
◯将暉(RKS顕修塾)[延長判定2-1]※10-9×2,9-10
×ヘンリー・セーハス(ボリビア/ブラジリアン・タイ)

▼HEAT総合ルール バンタム級 5分3R
◯春日井 寒天たけし(志村道場/元HEAT総合ルール・バンタム級&フライ級王者)[1R 0分28秒 ギロチンチョーク]
×清水俊一(宇留野道場)

▼HEAT総合ルール ヘビー級 5分3R
◯チョン・ダ・ウン(韓国/KOREAN TOP TEAM/HEAT総合ルールライトヘビー級現王者)[3R TKO]
×サシャ・ミリンコヴィッチ(クロアチア/CRO COP TEAM)

▼HEAT総合ルール 55kg契約 5分2R
×鈴木万李弥(志村道場)[判定0-3]※18-20×3
◯本野美樹(AACC)※払腰首投げから袈裟固めは本野。2Rにはマウントパウンドも。

▼HEATキックルール スーパーライト級 3分3R
×ヴィトル・トファネリ(ブラジル/ブラジリアン・タイ)[判定1-2]※29-28×2,28-29
◯石田勝希(RKS顕修塾)

▼HEATキックルール ミドル級 3分3R
◯ヒマラヤン・チーター(ネパール/志村道場)[2R 1分29秒 KO]※右ストレート
×チョ・ギョンジェ(韓国/Jung Woo Gym)

▼HEATキックルール 65kg契約 3分3R
◯安川侑己(志村道場)[2R 2分24秒 TKO]※左フックで3KO
×加藤 駿(Nine Lives)

▼HEATキックルール ライト級王座決定トーナメント 3分3R
チャオ・ロゲート(タイ/志村道場)※体重超過で失格
将暉(RKS顕修塾)

▼HEATキックルール ライト級 王座決定1DAYトーナメント 1回戦 3分3R
◯ヘンリー・セーハス(ボリビア/ブラジリアン・タイ)[判定2-0]
×ジュ・キフン(韓国/Bu Gwang Gym)

 3月2日に名古屋国際会議場イベントホールで開催された『HEAT 44』の試合結果。メインイベントは石井慧がカルリ・ギブレインに勝利しヘビー級新チャンピオンに。ジェロム・レ・バンナは楠ジャイロにKO勝ちしています。




 石井慧がインスタグラムで勝利報告。引退発表したミルコ・クロコップへのリスペクトを感じます。



posted by ジーニアス at 21:12| Comment(6) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

3.2『HEAT 44』にジェロム・レ・バンナが参戦

石井慧が2.16『SBC 20』、3.2『HEAT 44』に連続参戦(2019年01月19日)

 こちらの続報。


【HEAT】石井慧に続き大物ジェロム・レ・バンナ参戦(イーファイト)
 3月2日(日)名古屋国際会議場イベントホールで開催される名古屋の格闘技イベント『HEAT 44』の追加対戦カードが発表された。

 石井慧(32=チームミルコ)がHEAT総合ルール ヘビー級タイトルに挑戦する今大会に、もう一人の大物が名乗りを上げた。HEATスーパーヘビー級スペシャルワンマッチとして、ジェロム・レ・バンナ(46=フランス)vs元J-NETWORKヘビー級王者・楠ジャイロ (44=ブラジル/フリー)が決定。

 バンナは1995年から2010年までK-1ヘビー級で大活躍し、2001年からはMMAにも挑戦。昨年10月に『RIZIN』で約4年ぶりとなる日本での試合を行ったが、MMA(総合格闘技)ルールでDEEPメガトン級王者ロッキー・マルティネスに敗れた。

 対する楠はプロボクシングで8勝(4KO)4敗の戦績を残してキックボクシング&MMAに転向。元J-NETWORKヘビー級王者で、現在はHEATの他、巌流島や中国のクンルンファイトなどで幅広く活躍している。昨年11月のHEATでは、元K-1で現在は韓国のMMAイベント『ROAD FC』で無差別級王座に就くマイティ・モーを延長戦の末に判定で破っている。

 K-1ヘビー級のレジェンドとの2連戦となった楠。バンナは健在ぶりを示せるか。試合はキックルールで行われる。

 随分豪華な大会になりました。



posted by ジーニアス at 18:22| Comment(1) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

Netflixが前田光世とヒクソン・グレイシーを中心にブラジリアン柔術誕生を描く映画を製作



 Netflix映画なので劇場公開は無く、加入するしかありません。

posted by ジーニアス at 13:24| Comment(4) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

『QUINTET FIGHT NIGHT 2 in TOKYO』試合結果/動画/4.7はRIZINチーム参戦へ



 2月3日に立川市のアリーナ立川立飛で開催された『QUINTET FIGHT NIGHT 2 in TOKYO-Japan Open Team Championship 2019-』の動画です。全試合見られますが期間限定とのこと続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 13:03| Comment(3) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

Abema TVが3.10『RISE WORLD SERIES 1st Round』を生中継



 Cygames presents RISE WORLD SERIES 1st Round(3月10日(日) 大田区総合体育館)の模様が、AbemaTVで生中継されることになった。AbemaTVの2月2日夜10時からの「VS那須川天心」の生放送の中で天心が発表した。同番組の直前には夕方から昨年6月の幕張メッセ大会が放送されたが、RISEの大会の生中継はこれが初となる。

 当日はさいたまスーパーアリーナで『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K’FESTA.2~』も開催され、Abema TVはそちらも生中継します。



posted by ジーニアス at 22:25| Comment(2) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

「平成最強だと思う日本人格闘家は誰?/中軽量級編」アンケート結果

「平成最強だと思う日本人格闘家は誰?/重量級編」アンケート結果(2019年01月31日)

 こちらの続報。



 格闘家では、いったい誰が一番強いのか。決めるのは難しいが、階級別なら答えが出るかもしれない。そんなことを考えた編集部は、過去にK-1または総合格闘技の試合に出場した経験のある日本人選手に絞ったアンケートを実施。

 前回は平成最強の格闘家<重量級>をお届けしたが、今回は<中軽量級>での最強選手を発表する。

1位 やはりカリスマは強し。魔裟斗が第1位

2位 野性的なファイトはファンの記憶に残り続ける。山本“KID”徳郁

4位(同率) マルチに活躍する格闘家、青木真也

4位(同率) パフォーマンスもすごい! 須藤元気

5位 今後の格闘界を引っ張る存在。那須川天心

 しつこいようですが、調査方法は「アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです」とのことなので…とは言え今回は重量級編より酷いかも。桜庭和志が重量級扱いされてる時点で中量級はなく軽量級のみだと思ってましたが、まさかの「中軽量級」。確かに「総合格闘家」ではなく「過去にK-1または総合格闘技の試合に出場した経験のある日本人選手」とは言ってますが、キックとMMAがごっちゃになってるのも何だかなぁ…。



posted by ジーニアス at 22:08| Comment(13) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2.3『QUINTET FIGHT NIGHT2 in TOKYO』前日情報/桜庭の対戦相手は未定/UFC日本語サイトが無料ライブ配信

【クインテット】EXマッチ出場の桜庭和志の相手、前日になっても異例の「調整中」(イーファイト)
 会見に出席した桜庭は「日本で今ちょっと流行っている(ガチンコの)エキシビションマッチに出場しますが、まだ相手が決まっていません」と困惑した表情。「早く試合のイメージを作りたいので相手を決めてもらいたい」と言い、「指名、ミノワマン!」とチーム対抗戦に出場するミノワマン(43)を指名する場面もあった。

 本当に桜庭の相手は決まっていないのか、相手はミノワマンになるのか。桜庭ワールドの結末は明日明らかになりそうだ。

 対戦相手がフロイド・メイウェザーになることはなさそうです。


【クインテット】高阪剛チームと1回戦で対戦する小見川道大「投げで一本、寝技でも一本の二本を獲る」(イーファイト)

 出場チームが意気込みを語る。


【クインテット】“寝技女子世界最強”湯浅麗歌子、世界強豪との対戦アピール(イーファイト)

 湯浅麗歌子がマッケンジー・ダーン、ミシェル・ニコリーニと「ぜひラスべガス大会でやらせて欲しい」とコメント。


柔術世界4連覇の湯浅麗歌子がついにQUINTET登場【QUINTET FIGHT NIGHT2】(TOKYO HEADLINE)
「QUINTET FIGHT NIGHT2 in TOKYO-Japan Open Team Championship 2019-」(2月3日、東京・アリーナ立川立飛)
◆第1試合
「TEAM NEO JUDO」
先鋒・出花崇太郎、次鋒・吉田善行、中堅・松本光史、副将・小澤幸康、大将・小見川道大
vs
「TEAM U-JAPAN」
先鋒・ミノワマン、次鋒・所英男、中堅・高阪剛、副将・中村大介、大将・横井宏考

◆第2試合
「TEAM CARPE DIEM」
先鋒・レダ・メブトゥシュ、次鋒・デヴィッド・ガルモ、中堅・ハイサム・リダ、副将・山田崇太郎、大将・トーマス・ミッツ
vs
「TEAM SOLDIER」
先鋒・セルジオ・リオス・ダ・シルバ、次鋒・関根“シュレック”秀樹、中堅・デクラン・ムーディー、副将・イゴール“ファットニンジャ”タナベ、大将・中村勇太

◆第3試合 Exhibition match/4分
桜庭和志vsTBA

◆第4試合 Special Single match/8分
湯浅麗歌子vs石黒遥希

◆第5試合
第1試合の勝者vs第2試合の勝者

 全対戦カード。

 今大会はUFCファイトパスで英語実況をライブ配信。こちらには現在RIZINで活躍している山本美憂がゲスト解説で登場する。またUFCの日本語ウェブサイトでは日本語実況解説が無料ライブ配信される。

 無料視聴できるようです。開始時刻は午後3時からなので、『UFC Fight Night 144: Assuncao vs. Moraes 2』の後になります。



posted by ジーニアス at 21:33| Comment(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

「平成最強だと思う日本人格闘家は誰?/重量級編」アンケート結果



 平成も終わりが近づいている。平成に活躍した格闘家では、いったい誰が「一番強かった」と記憶されるのか?これを決めるのは簡単ではない。だが編集部は思った。「階級別なら答えが出せるかもしれない……」。

 そんなわけで今回は、過去にK-1、総合格闘技の試合に出場経験のある日本人選手のみに限定し、「誰が強かったと思うか」のアンケートを実施(回答は30歳~50歳の男性100名)。ランキング形式で、まずは重量級編からお届けする。

1位 息子も強い。小川直也

2位 相撲パワーで格闘界を盛り上げた曙太郎

3位 誰もが認める男。桜庭和志

4位 引退後も活躍中の高田延彦

5位 名選手との死闘。吉田秀彦

 納得できない方も多いでしょうが、調査方法は「アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです」とのことなので、格闘技ファンではない回答者も多かったのでしょう。今のところ軽量級編はまだ発表されていません。



posted by ジーニアス at 23:16| Comment(39) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

3.17『PANCRASE 303』に田中路教が参戦





 田中は現在LFAと交渉中であることから、この1試合のみの契約とのこと。2017年10月の『GRANDSLAM 6 -Way of the Cage-』でホジェリオ・ボントリンに3Rリアネイキッドチョークで勝利して以来、実に1年5ヶ月ぶりの試合となります。昨年はロシアのACBと契約したものの、大会中止やらビザの不備で入国できず中止やらがあり0試合に終わっています。

Vladimir Leontiev(Sherdog)

Vladimir Leontyev(Tapology)

 ウラジミール・レオンティブの戦績はSherdogでは1勝1敗、Tapologyでは2勝1敗となっています。



posted by ジーニアス at 21:35| Comment(9) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする
記事検索