2021年09月24日

『RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』試合結果

RISE 9.23 横浜 ぴあアリーナMM(レポ1/2):那須川天心、鈴木真彦に判定勝ち。原口健飛、初のダウンも逆転TKO勝ち。直樹、白鳥大珠を延長の末返り討ち。中村寛が直樹に11.14大阪での王座戦要求(バウトレビュー)
第14試合 メインイベント 55kg契約 3分3R(延長1R)
○那須川天心(TARGET/Cygames/RISE WORLD SERIES 2019 -58kgトーナメント優勝、RISE世界フェザー級(57.15kg)王者、ISKAフリースタイル世界フェザー級(57kg)王者、ISKAオリエンタル世界バンタム級(55kg)王者)
×鈴木真彦(山口道場/RISEバンタム級(55kg)王者、元WBCムエタイ日本バンタム級王者、元ホーストカップ日本バンタム級王者)
判定3-0 (長瀬30-28/大沢30-28/佐藤30-28)

第12試合 65.5kg契約 3分3R(延長1R)
○原口健飛(FASCINATE FIGHT TEAM/RISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント優勝、元RISEライト級(63kg)王者)
×タップロン・ハーデスワークアウト(タイ/ハーデスワークアウトジム/RISEスーパーライト級(65kg)4位、元WMC世界フェザー級王者)
2R 1’35” TKO (レフェリーストップ:右ストレート)

第11試合 ライト級(63kg) 3分3R(延長1R)
○直樹(BRING IT ONパラエストラAKK/RISEライト級(63kg)王者、スック・ワンキントーン・スーパーライト級王者)
×白鳥大珠(TEAM TEPPEN/RISE WORLD SERIES 2019 -61kgトーナメント優勝、RIZIN Kick One Night Tournament(61kg/2021年)優勝、元RISEライト級(63kg)王者)
4R 判定3-0 (小川10-9/大沢10-9/秋谷10-9)
3R 判定0-0 (小川30-30/大沢29-29/秋谷30-30)

第10試合 ミドル級(70kg) 3分3R(延長1R)
○“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/RISEウェルター級(67.5kg)王者、元J-NETWORK同級王者、極真会館2018全日本ウェイト制軽量級優勝)
×ねぎ魔神(ネイバーズキックボクシングジム/RISEミドル級(70kg)9位)
判定3-0 (大沢30-28/佐藤30-28/秋谷30-28)


RISE 9.23 横浜 ぴあアリーナMM(レポ2/2):無冠の風音、江幡睦・政所仁・志朗を飲み込みDoA -53kg制覇。同門の那須川天心に宣戦布告(バウトレビュー)
第6試合 準決勝(1) 3分3R(延長1R)
×滉大(及川道場/HOOST CUP日本スーパーフライ級王者)※大﨑孔稀(OISHI GYM/RISEスーパーフライ級(53kg)3位)の計量失格で変更
○志朗(BeWELLキックボクシングジム/RISEバンタム級(55kg)1位)
判定0-3 (秋谷29-30/長瀬28-30/小川28-30)

第7試合 準決勝(2) 3分3R(延長1R)
○風音(TEAM TEPPEN/RISEスーパーフライ級(53kg)4位)
×政所 仁(魁塾/RISEスーパーフライ級(53kg)1位、WBKF世界スーパーフライ級王者)
判定2-0 (小川30-29/長瀬29-29/佐藤30-29)

第13試合 セミファイナル RISE DEAD OR ALIVE -53kgトーナメント 決勝 3分3R(最大延長2R)
×志朗(BeWELLキックボクシングジム/RISEバンタム級(55kg)1位)
○風音(TEAM TEPPEN/RISEスーパーフライ級(53kg)4位)
4R 判定0-3 (佐藤9-10/長瀬9-10/小川9-10)
3R 判定0-1 (佐藤29-30/長瀬29-29/小川30-30)
※風音が優勝。記念ベルトと賞金500万円を獲得

 9月23日にぴあアリーナMMで開催された『RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』の試合結果。メインイベントは那須川天心が鈴木真彦に判定勝ち。直樹が白鳥大珠に延長ラウンドの末、判定勝ち。“ブラックパンサー”ベイノアはねぎ魔神に判定勝ちし「RIZIN査定試合」を要望しています。

 -53kgトーナメントは風音が優勝し「世界最強がジムにいるんですよ。那須川天心選手っていう。世界一なりたくて格闘技やってるんで。会長、言わせてください。那須川天心選手が認めてる志朗選手に勝ったぞ。やる権利あるんじゃないですかね?」と同門対決をアピール。

 一方の那須川天心は以下のコメント。

「芸能活動だったり、恥ずかしながら唄も出して。ここで1曲歌いたい、ってのは冗談で、これからもいい試合するんで。あと2試合、相手決まってないですけど、いい試合見せられるように。うちの風音がやりたいと言っていたんですけど…、っていう感じですよね。でもストーリー的にもやっていいかなとも思うんで、これからも注目してください」

「あと2試合、相手決まってないですけど」という言葉からは、年末の実現が期待されている武尊との大一番に関しては進展が無いようにも読み取れた。

 このままやらず終いかもしれませんね。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 14:54| Comment(3) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2021年09月22日

那須川天心デビュー曲「Ready Go! 」(動画)

那須川天心が歌手デビュー/9.22リリース、9.23『RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』大会テーマソングに(2021年09月21日)

 こちらの続報。


格闘家 "那須川天心" 新たな挑戦!
Goosebumps Musicよりアーティストデビュー曲 “Ready Go! (prod. by VIGORMAN & GeG)” をリリース。
今回は変態紳士クラブのVIGORMANとGeGがプロデュースを担当し、"最大の敵は己" "負けないで前に" というポジティブなメッセージが込められた「格闘家那須川天心」にしか歌えない1曲となっている。

那須川 天心 / Ready Go! (prod. by VIGORMAN & GeG)
配信リンク: https://linkco.re/8P9sgzTa

Produced by VIGORMAN & GeG
Keyboard / 平畑徹也
Guitar / 山岸竜之介
Bass & Drum / G.B.'s
Strings / しゅうまいカルテット
Mixing & Mastering / 渡辺紀明

那須川天心
Cygames/TARGET/TEPPEN

 那須川天心デビュー曲「Ready Go! 」の動画です。

【RISE】歌手デビューの那須川天心、明日の入場曲は変わらず!「矢沢(永吉)さんには勝てません」=前日計量(イーファイト)
 記者から歌手デビューの話題が振られると「ここで言うことではない。試合が終わったら話します。協力していただいた方々には感謝していますが、まずは試合に集中したい」とピシャリ。

 芸能活動などでの批判については、「僕は格闘技が大好きですし、そのことしか考えていない。格闘技を妨げることはしたくないと思っています。でも24時間、格闘技の練習をするかといえばしないじゃないですか。時間をうまく有効に使って、芸能や歌の活動をしているだけなんで。寝る時間があれば、いろんなことができますし。今回のABEMAのキャッチフレーズにある『ガチで生きる』ではないですけど、毎日、同じ日を過ごすことは僕は嫌いですし、練習ひとつにしろ、毎日新鮮に思って取り組んでいます。だから強くなっているのかなと思いますし、芸能活動も格闘技があるから成り立っているのであって、自分の中でうまく付き合っていることができていると思います。だからこそ、勝ち続けていると思っています」

 「Ready Go! 」はあくまでも今大会のテーマ曲で入場曲が変わるわけではありません。

RISE 9.23 横浜 ぴあアリーナMM:計量クリアの那須川天心、鈴木真彦戦は「相手にいいところを出させない」。DoA -53kg、大﨑孔稀の計量失格で志朗は滉大と準決勝で再戦(バウトレビュー)

 前日計量結果、大会情報はこちらを参照。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:47| Comment(4) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

元プロレスラー&格闘家の風間ルミさんが死去


 ジャパン女子プロレス、LLPWなどで活躍した元女子プロレスラーの風間ルミさん(本名斉藤ルミエ)が死去したことが22日までに分かった。55歳だった。死因は不明。

 風間さんは1982年にキックボクサーとしてデビュー。シュートボクシングを経て、86年にジャパン女子プロレスに入団した。活躍はリングだけにとどまらず、歌手としてもデビューした。

 92年にはLLPWを旗揚げし、社長兼レスラーとして団体をけん引。2002年に引退を表明し、03年8月に格闘生活21年、レスラー生活17年のピリオドを打った。

 だが風間さんのツイッターには8月30日に「久々にジワジワきている子宮内膜症の痛み。この痛みのため、全く何も手をつけられません」と投稿され、翌31日には「痛みは薬でおさまっているけど、今回はかなりの月経過多で貧血。買い物に行こうとしたんだけど、クラクラして動けない」と体調不良だったことを明かしていた。


風間ルミ(Wikipedia)
高校生でキックボクサープロデビューを果たし、1985年、シュートボクシング(SB)のシーザー武志会長に声をかけられ同団体入り。SB初の女子試合に出場、美少女シュートボクサーとして雑誌のグラビアを飾り人気アイドルとなる。

 風間ルミさんについてはこちらを参照。近年は芸能活動、飲食店経営、講演活動、コーチ業、ユーチューバー等の活動をされていました。神取忍が参議院議員に繰り上げ当選した際には公設秘書に就任したこともあります。





 追悼コメントが続々アップされています。謹んでご冥福をお祈りします。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:42| Comment(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2021年09月21日

那須川天心が歌手デビュー/9.22リリース、9.23『RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』大会テーマソングに




 2021年9月23日(木・祝)午後1時よりABEMAにて独占生中継される『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』のメインイベントに出場する那須川天心が、変態紳士クラブのVIGORMANとGeGプロデュースのもと歌手デビューが決定した。

 楽曲「Ready Go!」は、“格闘家・那須川天心”の生き方を反映させたもので、横浜大会のテーマソングに決定している。

▼那須川天心

 自分が思っていることをVIGORMANさん、GeGさんが言葉と曲にしてくれて、とても熱い気持ちで歌えることが出来ました。VIGORMANさんのMV撮影に出させてもらった時に、「こういうことが出来たらいいな」と夢を語っていたのですが、まさかこんなすぐのタイミングで出来るとは思っておらず、ことが進むのが早くてびっくりしました(笑)。

 自分は格闘家ではありますが、「Ready Go!」の歌詞は一人の人としてすべてに対して共通するような内容だと思うので、僕が歌うことによって日々の生活だったり、何かを感じてもらえたらいいなと思います。今回のチャレンジを通して、今までとはまた違う自分を見せられることを嬉しく思いますしこういった熱をどんどん生み出していけたらいいなと思っているので、引き続きご注目ください!

那須川 天心 / Ready Go! (prod. by VIGORMAN & GeG)
配信リンク: https://linkco.re/8P9sgzTa
※9月22日(水)0時に配信開始
Goosebumps Music
HP:https://goosebumps-music.jp
YouTube
Instagram
Twitter

Produce by VIGORMAN & GeG
Keyboard / 平畑徹也
Guitar / 山岸竜之介
Bass & Drum / G.B.'s
Strings / しゅうまいカルテット
Mixing & Mastering / 渡辺紀明

 格闘家がプロレスラーがレコードやCDをリリースした例はあるので、そこまで「革命的」ではないと思いますが、本人的には革命的なのでしょう。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 17:06| Comment(13) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2021年09月14日

9.26『Breaking Down 2』に朝食みるく、瓜田純士らが参戦


 朝倉未来がスペシャルアドバイザーを務める1分間ルールのアマチュア総合格闘技大会『Breaking Down』第2回が、9月26日(日)に開催される。

 今回の対戦カード第1弾では4試合が発表された。

 朝倉未来のモノマネでTikTokで人気急上昇中だという“朝食みるく”が参戦し、まいこんと対戦する。みるくは格闘技未経験、まいこんはボクシング歴7か月だ。

 そして、アウトサイダー出場経験を持ち、“アウトローのカリスマ”とも呼ばれた瓜田純士vs丸出し りょうたの試合も決定した。

▼【第17試合】ライト級 スペシャルワンマッチ 71kg以下
朝食みるく
vs
まいこん

▼【第19試合】ライト級 スペシャルワンマッチ 71kg以下
瓜田純士
vs
丸出し りょうた

▼【第21試合】ミドル級 スペシャルワンマッチ 80kg以下
岡 康平
vs
とらのこ

▼【第22試合】ライト級 スペシャルワンマッチ 71kg以下
宮島 翔
vs
みんなでいこな信利

 今大会は全25試合を予定しているそうです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 11:19| Comment(2) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2021年09月13日

元・貴源治が元・貴闘力のYouTubeチャンネルで大麻使用を謝罪



“大麻解雇” 貴源治 元貴闘力のユーチューブchで謝罪「今後は自覚を持って生きていきたい」(東スポWeb)
 大相撲の元十両貴源治が10日、元関脇貴闘力・鎌苅忠茂氏のユーチューブチャンネル「貴闘力部屋」に出演した。元貴源治は大麻使用が発覚して7月に日本相撲協会から懲戒解雇処分を受け、その後に警視庁から大麻取締法違反の疑いで書類送検された。

 元貴源治は同番組の中で「元常盤山部屋の元貴源治です。このたび、応援していただいた皆さまには申し訳ございませんでした」と謝罪して頭を下げた。まげは結わずに髪を後ろで束ね、黒のTシャツに白のズボン姿だった。

 その後、貴源治はファンに向けて「謝って許されることではないことはすごく承知しているんですが、これからまだ何をやるかは決まっていないんですが、応援してくださった方々のために自分が何ができるか、今後しっかりと考えて自覚を持って生きていきたいと思っています」と出直しを誓った。

 双子の兄(スダリオ剛)のツテで格闘技というのはさすがに厳しいと思われますが、何もしないわけにはいかないですし。鎌苅忠茂氏は「自分個人の知り合い全部を集めて、断髪式は必ずしてあげるから。それで何とか頑張ってよ」とコメントしてます。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 12:02| Comment(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2021年09月08日

朝倉未来プロデュース1分大会『BREAKING DOWN』第2回大会が9月26日に開催


 朝倉未来と朝倉海、トライフォース赤坂の堀鉄平代表がアドバイザーとなって立ち上げた試合時間1分の『BREAKING DOWN』第2回大会の開催が、2021年9月26日(日)に決定した。「ABEMA PPV ONLINE LIVE」で全試合・完全生中継される。

『BREAKING DOWN』は、フルサイズの金網オクタゴンを使用した試合時間1分(延長30秒)1R、寝技時間制限10秒の変則MMA。スペシャルマッチ以外は、プロ戦3試合以下のアマチュア選手が参加可能で、時間内に決着がつかない場合は3人のジャッジにより旗判定で勝敗が決まる(2本以上で勝利)。ヒジ打ち無し。 顔面ヒザ蹴り無し。 グラウンド状態は10秒でブレイクとなる。第1回大会後に朝倉未来は、寝技で「キャッチ」した場合はさらに10秒追加の案も検討しており、第2回大会ではどうなるか?

 朝倉未来は10月2日の『RIZIN LANDMARK vol.1』の萩原京平戦、10月31日にはABEMA『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』に出場予定と忙しいですね。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 14:25| Comment(1) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2021年09月02日

10.31『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』に関根シュレック秀樹が名乗り「パンチと蹴りを封印した状態の逮捕術だけで制圧させてもらう」

ABEMAが10月31日に『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』を生配信、チャレンジャーを募集中(2021年08月17日)

 こちらの続報。


 2021年10月31日(日)「ABEMA PPV ONLINE LIVE」にて生配信されるABEMAオリジナル「1000万円シリーズ」の最新作『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』。
(中略)
 この『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』に、MMAファイター&プロレスラーとして活躍する巨漢の柔術家、関根シュレック秀樹(ボンサイブルテリア)が名乗りを上げた。

 関根は、山梨学院柔道部出身。卒業後、静岡県警で機動隊や暴力団担当の刑事を務め、ボンサイブルテリアジムでブラジリアン柔術を習得。2009年にMMAデビュー後、7連勝で2016年12月に『ONE Championship』に参戦。世界ヘビー級王者ブランドン・ベラとの試合に向け、43歳にして警察官という安定した職を捨て、プロ格闘家に転向した。柔術、グラップリングでも実績を残しながら、プロレスのリングでも活躍。全日本、ハードヒット、リアルジャパンといったリングでも人気を博している。2020年2月にはRIZINのリングにも上がった。



 体重差がとんでもないですが、「パンチと蹴りを封印した状態の逮捕術だけで路上の伝説を制圧させてもらう」というのは非常に興味深いです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 00:27| Comment(5) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2021年08月02日

9.23『RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』で那須川天心と鈴木真彦が6年ぶりに再戦


 2021年9月23日(木・祝)神奈川・ぴあアリーナMM『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』の対戦カード発表記者会見が、8月2日(月)都内にて行われた。

 参戦が発表されていたRISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)の対戦相手は、RISEバンタム級王者・鈴木真彦(山口道場)に決定した。

 鈴木は軽量級離れしたパンチ力と卓越したテクニックで、2018年11月にトーナメントを制してRISEバンタム級のベルトを獲得。2015年8月の『BLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント』で那須川天心に敗れて以降、連勝記録を重ね5年間無敗、20連勝という驚異の記録を打ち立てた。

 しかし、2020年11月の「那須川天心挑戦者決定トーナメント」準決勝で江幡塁に勝利も、決勝で志朗にダウンを奪われて約5年ぶりの黒星を喫した。2月大会で溜田蒼馬を初回KOに下して再起、7月大会では元WBA世界スーパーフライ級王者テーパリット・ジョウジムを判定で降している。

 迎え撃つ那須川は、「キックでは残すところ3試合。海外の選手が来られないという中でこのカードになったと思います。やるからには思い切っり前回同様、同じ結末となると思うので、しっかり仕上げるので期待してください。(KOは)めちゃめちゃ意識します。そこはマスト。存分に出していきたい。かと言って(鈴木は)志朗くん以外には勝っている選手で勢いはあるとは思います。油断はしていません。今回、55kgで仕上がっている姿を見せたいし、実験というか試したいこともあるので、そこの部分も見せたい」と語った。
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:59| Comment(1) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2021年07月14日

『QUINTET FIGHT NIGHT 7 in TOKYO』試合結果

QUINTET 7.13 後楽園ホール:小見川道大代表のTEAM WOLF、2度目の挑戦で初優勝。森戸新士が一人で3本勝ちの活躍(バウトレビュー)
チーム戦

1回戦(1)

×TEAM TRI-FORCE(平田直樹 澤田伸大 石毛大蔵 中島康輔 鈴木和宏)
○TEAM WOLF(内柴正人 伊藤盛一郎 森戸新士 小見川道大 グラント・ボグダノフ)

(1) △平田直樹(時間切れ)内柴正人△
(2) △澤田伸大(時間切れ)伊藤盛一郎△
(3) ×石毛大蔵(2’06” 三角絞め)森戸新士○
(4) ×中島康輔(2’45” 裸絞め)森戸新士○
(5) △鈴木和宏(時間切れ)森戸新士△

1回戦(2)

×TEAM BRAVE GYM(寒河江寿泰 今成正和 竿本樹生 山田崇太郎 宮田和幸)
○TEAM THE BODY RIDE(八隅孝平 世羅智茂 中村大介 出花崇太郎 小谷直之)
総指導数5-4

(1) △寒河江寿泰(時間切れ)八隅孝平△
(2) △今成正和(時間切れ)世羅智茂△
(3) △竿本樹生(時間切れ)中村大介△
(4) △山田崇太郎(時間切れ)出花崇太郎△
(5) △宮田和幸(時間切れ)小谷直之△

決勝

○TEAM WOLF(グラント・ボグダノフ 小見川道大 伊藤盛一郎 内柴正人 森戸新士)
×TEAM THE BODY RIDE(八隅孝平 世羅智茂 出花崇太郎 小谷直之 中村大介)

(1) △ボグダノフ(時間切れ)八隅孝平△
(2) △小見川道大(時間切れ)世羅智茂△
(3) △伊藤盛一郎(時間切れ)出花崇太郎△
(4) △内柴正人(時間切れ)小谷直之△
(5) ○森戸新士(1’52” 腕ひしぎ十字固め)中村大介×

シングルマッチ

Special Iron Man Match(エキシビションマッチ) 5分
―SAKU Jr.&桜庭和志(サクラバファミリア)
―ガリットチュウ福島善成(吉本興業)
勝敗無し

64kg契約 8分
○石黒翔也(CARPE DIEM)
×高橋“SUBMISSION”雄己(和術慧舟會HEARTS/今成柔術)
レフェリー判定3-0

オープニングマッチ 73kg契約 8分
○岡崎孝哉(CARPE DIEM)
×萩原一貴(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)
7’23” 腕ひしぎ十字固め

 7月13日に後楽園ホールで開催された『QUINTET FIGHT NIGHT 7 in TOKYO』の試合結果。トーナメントは小見川道大率いるTEAM WOLFが優勝。森戸新士の活躍に尽きますが、内柴正人や他のメンバーも動きは良かったです。

 ガリットチュウ福島の対戦相手XはSAKU Jr.でしたが、SAKU Jr.が2度タップを取った後に父親・桜庭和志が「俺に代われ」と言って交代し一本取ると福島も相方の熊谷と交代、タップしては交代を繰り返して5分間終了しています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 13:21| Comment(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2021年07月11日

7.13『QUINTET FIGHT NIGHT 7 in TOKYO』の全対戦カードが出揃う





一回戦第1試合
TEAM TRI-FORCE 澤田伸大 鈴木和宏 石毛大蔵 平田直樹 中島康輔
TEAM WOLF 小見川道大 内柴正人 伊藤盛一郎 森戸新士 グラント・ボグダノフ

一回戦第2試合
TEAM BRAVE GYM 宮田和幸 山田崇太郎 竿本樹生 今成正和 寒河江寿泰
TEAM THE BODY RIDE 中村大介 出花崇太郎 世羅智茂 小谷直之 八隅孝平

※選手の一回戦の出場順は大会前日の12日に発表
※1日で決勝戦も実施

【シングルマッチ】

64kg契約
石黒翔也(CARPE DIEM)
高橋“SUBMISSION”雄己(和術慧舟會HEARTS/今成柔術)

オープニングマッチ 73kg契約
岡崎孝哉(CARPE DIEM)
萩原一貴(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)

Special Iron Man Match(エキシビションマッチ)
未定
ガリットチュウ福島(吉本興業)

 7月13日に後楽園ホールで開催する『QUINTET FIGHT NIGHT 7 in TOKYO』の全対戦カードです。


 当日券の販売もあります。UFC Fight Passでも生中継されます。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 06:59| Comment(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2021年07月07日

7.4『Breaking Down』フルファイト動画



 7月4日にトライフォース赤坂で開催された『Breaking Down』のフルファイト動画です。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:29| Comment(5) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2021年07月05日

『BREAKING DOWN』試合結果/菊野克紀、シバターが勝利

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術


【BREAKING DOWN】菊野克紀が残り1秒TKO勝ち! シバターがみなみかわを失神させる一本勝ち(ゴング格闘技)
▼第20試合 スーパーヘビー級 スペシャルワンマッチ 120kg超
〇菊野克紀
[1R 0分59秒 TKO] ※パウンド
×野尻和暉

▼第19試合 ヘビー級スペシャルワンマッチ -120kg
〇シバター
[1R 0分50秒 ギロチンチョーク]
×みなみかわ

▼第18試合 ウェルター級 スペシャルワンマッチ -75kg
〇ゲンキ
[判定3-0]
×山下裕太郎

▼第17試合 ヘビー級 ワンマッチ -99kg
〇よね(爆食いトレーニー)
[判定2-1]
×マジ牛・條太朗

▼第16試合 フェザー級 ワンマッチ -66kg
×ガンちゃん
[判定0-3]
〇渡部一紀

▼第15試合 フェザー級 ワンマッチ -63kg
〇笹野翔太
[判定2-1]
×堺 龍平

▼第14試合 ウェルター級 ワンマッチ -77kg
〇安井飛馬
[判定3-0]
×大黒力斗

▼第13試合 フェザー級 ワンマッチ -66kg
×Taichi.N
[判定0-3]
〇大滝裕太

▼第12試合 ライト級 ワンマッチ -71kg
×荒井政穂
[判定0-3]
〇朝比奈龍希

▼第11試合 ウェルター級 ワンマッチ -77kg
×誠一郎
[判定0-3]
〇オメガ

▼第10試合 ミドル級 ワンマッチ -84kg
×茂木慧太
[判定0-3]
〇古賀輝哉

▼第9試合 バンタム級 ワンマッチ -61kg
〇本間 椋
[判定3-0]
×タッキー

▼第8試合 ウェルター級 オーバーエイジワンマッチ -77kg
〇永戸竜也
[判定3-0]
×中吉繁幸

▼第7試合 ウェルター級 オーバーエイジワンマッチ -77kg
〇石井一也
[判定3-0]
×ジャック大塚

▼第6試合 ミドル級 オーバーエイジワンマッチ -84kg
×渡辺直由
[判定0-3]
〇板東吾空

▼第5試合 フェザー級 オーバーエイジワンマッチ -66kg
〇フランク・ペリー
[判定3-0]
×大田浩司

▼第4試合 ライト級 オーバーエイジワンマッチ -71kg
〇田中“エーヤンダー”やんぶ
[1R 0分23秒 TKO] ※左ストレート
×長倉秀一

▼第3試合 ウェルター級 ワンマッチ -77kg
×銭谷優太郎
[判定0-3]
〇HIRO

▼第2試合 ミドル級 ワンマッチ -84kg
〇川島悠汰
[1R 0分12秒 TKO] ※パウンド
×相原慎太朗

▼第1試合 ヘビー級 ワンマッチ -120kg
〇キョウスケ
[判定3-0]
×ギャン朝倉

 7月4日にトライフォース赤坂で開催された1分MMA『BREAKING DOWN』の試合結果。やはり判定決着が多いですが、菊野克紀、シバターは時間内でフィニッシュ勝利しています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 09:19| Comment(1) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2021年07月02日

7.4『Breaking Down』菊野克紀の対戦相手はスーパーヘビー級の野尻和暉に決定



 対戦相手は朝倉未来のYouTubeメンバーの佐々木大に決定していたが、ケガによる欠場となり、新たに主催者が対戦相手を募集した結果、元力士で現在はヘビー級キックボクサーの野尻和暉と[スーパーヘビー級 スペシャルワンマッチ 120kg超契約]で対戦することとなった。

 これまでに菊野にとって最も体重差のある対戦は、2017年5月の巌流島で対戦したジミー・アンブリッツとの一戦でこの時は57kgもあったという。試合では、菊野の右ローがアンブリッツのヒザ辺りに当たり、菊野のスネが割れて流血が激しく試合続行不可能で無効試合となった。

 今回のカード決定の発表を受けて菊野は「無差別での戦いは僕にとっては尚更いいですね。相手は100kg以上あって僕は今80kg。大ケガする可能性もありますが、そういう試合を組んでもらえるのがありがたい。いざという戦いに体重を合わせることはないので、そういう相手から身を守れるという“稽古”をしたいと思っています」と体重差のある戦いは望むところだという。
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 08:14| Comment(1) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2021年06月30日

7.13『QUINTET FIGHT NIGHT 7 in TOKYO』にガリットチュウ福島善成が参戦


 7月13日(火)、後楽園ホールで行う QUINTET FIGHT NIGHT 7 inTOKYO において、吉本興業所属のお笑いコンビ「ガリットチュウ」の福島善成がエキシビションマッチに出場することが決定した。

 福島は柔道二段。怪力としても知られ、テレビ番組ではフライパン曲げや雑誌破り、パイナップル潰しなども披露し話題となった。現在は柔術にハマり、週6で練習に通うという芸人離れした本格的トレーニングを積んでいる。

 今回、福島の「QUINTETの舞台に立ちたい」というたっての希望を桜庭和志ゼネラルプロデューサーが受け入れ、エキシビションマッチへの参戦が実現した。

 対戦相手は現在調整中で、当日発表となる。試合形式はSpecial Iron Man Match(Exhibition match) として行われ、試合時間内は双方いずれかが一本を取っても、改めて中央から試合を再開するルールだ。

 柔術を始めたのは昨年12月とのこと。

7.13QUINTET FN7、まさかのサプライズ人事!? 桜庭チームに小谷直之、八隅孝平が参戦!(QUINTET)

 その他QUINTET情報。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:18| Comment(1) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2021年06月29日

7月4日開催の1分格闘技大会『BREAKING DOWN』でシバターがシステマ芸人みなみかわと対戦


 2021年7月4日(日)、朝倉未来(トライフォース赤坂)がスペシャルアドバイザーを務める試合時間1分の総合格闘技大会『BREAKING DOWN』が、トライフォース赤坂にて開催される。

 その、第19試合に「ヘビー級スペシャルワンマッチ -120kg」として、シバターの参戦が決定。“システマ芸人”みなみかわと対戦することを朝倉未来がSNSで発表した。

 対戦相手は「ロシアの軍隊格闘術システマを操る」というお笑い芸人・みなみかわと発表されている。

 システマは“痛みをコントロールする”実戦格闘術として知られている。恐怖を感じたときにかかる「テンション」を上げないように、『呼吸』『リラクゼーション』『姿勢』『動き続けること』を応用し、相手の攻撃に対処。痛みを分散させるのだという。

 みなみかわは、システマ東京代表の北川貴英氏を師匠に持ち、事後承諾で『ウチのガヤがすみません!』等に出演。相手の攻撃を受けながらも特別な呼吸法により「全然痛くないです」の言葉で人気を博している。




ピーマンズスタンダード(Wikipedia)
南川 聡史(みなみかわ さとし、1982年9月28日(38歳) - )

・大阪府出身、血液型AB型、身長181cm。浪速高等学校、関西大学出身。既婚。
・ピン芸人小森園ひろしは高校の同級生で、アメリカンフットボールをやっていた。
・R-1ぐらんぷり2008 準決勝進出。2009年は2回戦敗退。
・ロシア武術、システマを習っている。呼吸法をすることにより総合格闘技、ブラジリアン柔術経験者の吉田にどんなにパンチ、キックをされても痛くないという芸を「ざっくりハイタッチ」で披露している。

 みなみかわさんのプロフィールはこちらを参照。ピーマンズスタンダードは2019年2月に解散しており、現在はピン芸人になっています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:18| Comment(2) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2021年06月24日

7.4『BREAKING DOWN』佐々木大負傷欠場により菊野克紀の対戦相手を募集

【BREAKING DOWN】朝倉未来チームの佐々木大が欠場。元UFC菊野克紀の対戦相手を緊急募集「名前を売るチャンス」(ゴング格闘技)
 2021年7月4日に朝倉未来がスペシャルアドバイザーを務める大会『BREAKING DOWN』(トライフォース赤坂)で、元UFCファイターの菊野克紀(誰ツヨDOJOy)と、朝倉未来のチームでYouTubeチャンネルで編集を務める佐々木大(トライフォース赤坂)の対戦が決定していたが、佐々木が怪我により欠場。

 朝倉未来がツイートで「佐々木くんが練習中の怪我で欠場することが決まりました。そこで菊野選手の対戦相手を募集します。菊野選手はどんな相手でも、体重差があっても大丈夫だと男気ある返答をいただいています。試合はAbema TVで生放送になります」「格闘家にとっては名前を売るチャンス」と、ファイターに挑戦を呼び掛けた。


 大会まで時間がない状況ですが、1分間菊野克紀と対戦できるのは誰になるのか。ある程度知名度がある人が名乗り出てくれれば面白いのですが。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 10:15| Comment(3) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2021年06月11日

朝倉未来プロデュース1分MMA『Breaking Down』、延期となってた第1回大会が7月4日開催。ABEMA PPVでライブ配信


 朝倉未来がスペシャルアドバイザーを務める、1分間ルールの第1回アマチュア総合格闘技大会『Breaking Down』が7月4日(日)に開催されることが分かった。同日にABEMAが生中継すると11日に発表した。
 元々は5月9日(日)トライフォース赤坂にて開催予定だったが、緊急事態宣言で延期を発表していた。

 なお、本大会は「ABEMA PPV ONLINE LIVE」にて、ABEMAコイン1,000コイン(1,200円相当)でチケットを購入し、視聴することができる。6月11日(金)5時00分よりチケット販売を開始し、オンラインライブ配信。見逃し配信は大会終了後から7月11日(日)23:59まで。

【放送概要】
大会名:第1回『Breaking Down』
配信日時:2021年7月4日(日) 14:30~17:00予定 (14:00 開場予定)
※イベントは約2時間30分を予定。
見逃し配信:7月11日(日)23:59分まで
配信ページ:https://abema-ppv-onlinelive.abema.tv/posts/17034097

 菊野克紀 vs. 佐々木大が行われることでも話題になっていたものの延期になっていましたが開催決定です。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 14:09| Comment(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2021年05月16日

7月13日、後楽園ホールで『QUINTET FIGHT NIGHT 7 in TOKYO』の開催が決定


7月13日 (火)、後楽園ホールで「QUINTET FIGHT NIGHT 7 in TOKYO」の開催が発表された。今大会は5人の合計体重360kgの軽量級カテゴリーで行われ、TEAM SAKURABA(仮)、TEAM WOLF、TEAM BRAVE GYM、TEAM TRI-FORCEの4チームの出場が決定した。

TEAM SAKURABA(仮)
中村大介
出花崇太郎
世羅智茂

桜庭ゼネラルプロデューサーのコメント
「軽量級の大会なので僕は出場できませんが、僕のお気に入りの選手を集めて優勝を狙いたいと思いまず3人決めました。3選手(中村、出花、世羅)ともに常に一本を積極的に狙ってくれる僕が望むスタイルを体現してくれる選手たちなので、とても楽しみです。腕十字でバンバン一本勝ちを築いて優勝して欲しいです! 残り2選手も選定中で、希望のどおりの選手が決まってくれるといいなと思っています。よろしくお願いします」

TEAM WOLF
小見川道大
内柴正人
伊藤盛一郎
森戸新士
グラント・ボグダノフ

小見川道大のコメント
「TEAM WOLFは前回やり残した事があります。そして前回と同じ最高のメンバーで挑みます。今大会こそ勝利の遠吠えで優勝を分かち合います。応援よろしくお願いします!」

TEAM BRAVE GYM
宮田和幸

宮田和幸のコメント
「2回目になりますが今回はBRAVE GYMとして参戦します! 優勝はもちろん、良い試合をしてグラップリングの楽しさを伝えたいです!」

TEAM TRI-FORCE
澤田伸大
鈴木和宏

早川光由トライフォース総代表のコメント
「トライフォースの次世代のエースであり、ノーギ柔術世界王者でもある澤田伸大をリーダーとして、今回チームとして参戦致します。レジェンドのみなさんの胸をお借りします!」



 残りの出場選手は後日発表されます。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 09:58| Comment(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2021年04月04日

大道塾・東孝塾長が逝去


【訃報】大道塾塾長 東 孝 逝去のお知らせ(Daidojuku)
 2021年4月3日(土)、全日本空道連盟・大道塾の東孝塾長が逝去。大道塾が公式HPにて発表した。

 東塾長は昨夏より末期胃がんの診断となり根治を目指し闘病していたが、2021年4月3日14時35分に永眠。71歳だった。

 1949年5月22日、宮城県仙台市出身。柔道を学び、陸上自衛隊を経て早稲田大学在学中に極真会館に入門。早稲田大学極真空手部を創設し、初代主将となる。1973年の第5回全日本空手道選手権大会に初出場すると、翌年には準優勝。第8回3位、1977年の第9回では初優勝を果たす。1975年の第1回全世界空手道選手権大会では6位入賞、1979年の第2回では4位入賞と優れた成績を残す。“人間機関車”と称され、パワフルな下段廻し蹴りで極真空手の黄金期を築いた一人。

 極真会館を退会すると、1981年2月に大道塾を設立。頭部に防具を着用して顔面攻撃を可能にし、投げや関節技も認める“格闘空手”を創始。総合武道『空道』としてロシアを中心に世界へ広めた。

 なお、葬儀などの今後の日程についてはコロナ禍のため後日決定するとのこと。


大道塾空道(Wikipedia)

東孝(Wikipedia)

 総合格闘技黎明期はセーム・シュルトが出ていた北斗旗を観戦しに代々木第二体育館に行ったこともあり、『THE WARS』を観戦しに後楽園ホールに行ったこともありました。1994年11月の『UFC 2』に市原海樹を派遣しホイス・グレイシーと対戦したこともあり、積極的に他流試合をしていました。謹んでご冥福をお祈りします。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 10:16| Comment(3) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする
記事検索