2019年06月27日

『Bellator 222』堀口恭司 vs. ダリオン・コールドウェルを見たファイター・関係者の反応



Twitter reacts to Kyoji Horiguchi's historic title win over Darrion Caldwell at Bellator 222(MMAJunkie)

 『Bellator 222: MacDonald vs. Gracie』堀口恭司 vs. ダリオン・コールドウェルを見たファイター・関係者のツイッターでの反応続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 15:19| Comment(15) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

『Bellator 223: Daley vs. Silva』&『Bellator Europe 3: Mousasi vs. Lovato Jr.』試合結果

Bellator 223 results: Paul Daley wins wild three-round slugfest over Erick Silva(MMAJunkie)
・Paul Daley def. Erick Silva via unanimous decision (29-27, 29-27, 29-27)

・James Gallagher def Jeremiah Labiano via unanimous decision (29-28, 29-28, 29-28)

・Fabian Edwards def. Jonathan Bosuku via unanimous decision (30-27, 30-27, 30-27)

・Costello van Steenis def. Mike Shipman via knockout (punches) – Round 2, 1:34

・Charlie Ward def. Justin Moore via TKO (punches) – Round 2, 3:23


Bellator London results: Rafael Lovato Jr. stuns Gegard Mousasi, claims middleweight belt(MMAJunkie)
・Rafael Lovato Jr. def. Gegard Mousasi via majority decision to win Bellator middleweight title (47-47, 48-47, 48-47)

・Melvin Manhoef def Kent Kauppinen via unanimous decision (29-28, 29-28, 29-28)

・Aaron Chalmers def. Fred Freeman via submission (triangle choke) – Round 2, 4:05

 6月22日にイングランド・ロンドンで開催された『Bellator 223: Daley vs. Silva』&『Bellator Europe 3: Mousasi vs. Lovato Jr.』の試合結果。ゲガール・ムサシがハファエル・ロバトJr.に判定負けしミドル級王座から陥落。メルヴィン・マヌーフはケント・カウピネンに判定勝ち。ポール・デイリーはエリック・シウバに判定勝ちしています。



posted by ジーニアス at 00:19| Comment(2) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

榊原実行委員長「私は懲りずにRENAにオファーします」

『Bellator 222』RENA vs. リンジー・ヴァンザント ハイライト動画/RENA「やっぱり私MMA向いてないわ」(2019年06月15日)

 こちらの続報。




 榊原信行実行委員長がツイッターでRENAについてコメント。




 RENAがコメント。



posted by ジーニアス at 12:26| Comment(8) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

RENAが『Bellator 222』のドキュメント映像をYouTubeにアップ、ファンに感謝のメッセージ



 RENAが『Bellator 222』大会前の数日間の様子をYouTubeにアップしています。大会からそんなに経っていないのに編集が早いですね。



posted by ジーニアス at 12:14| Comment(4) | ベラトール | 更新情報をチェックする

8.24『Bellator 225』のメインイベントはマット・ミトリオン vs. セルゲイ・ハリトーノフ2



 ベラトールMMAが8月24日にコネチカット州ブリッジボードのウェブスター・アリーナで開催する『Bellator 225』のメインイベントがマット・ミトリオン vs. セルゲイ・ハリトーノフ2になることを発表。

 両者は2月15日の『Bellator 215: Mitrione vs. Kharitonov』で対戦しており、この時は開始僅か15秒でミトリオンがハリトーノフに急所蹴りをしてノーコンテストになっていました。



posted by ジーニアス at 11:47| Comment(6) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

フアン・アルチュレタ「堀口恭司と対戦できるのなら日本に行ってもいい。彼には俺以上にやる意味のある相手はいない」



 堀口恭司がインスタグラムで勝利報告しています。


「ホリグチ!俺と戦え!帰さない!」 堀口恭司、快挙30分後に衝撃KO猛者から挑戦状(THE ANSWER)
 堀口が歴史的快挙を演じたリングで30分後、衝撃が生まれた。歴戦の31歳アーチュレッタがエデュアルド・ダンタスを迎えた一戦、その2回。終了間際だ。相手のラッシュを交わすと、カウンターで右ストレートを一閃。顔面にもろに受けた相手はそのまま仰向けにリングに卒倒した。一撃失神の衝撃KO。聖地マディソン・スクエア・ガーデンが騒然とする中、アーチュレッタは動いた。

 フェンス際のカメラを見つけ、よじ登ると両手を広げて叫んだ。「ホリグチー! ホリグチー!」。なんと試合を決めたわずか5秒後、堀口の名前を絶叫し、「次はお前だ」と言わんばかりにアピールしてみせたのだ。しかし、アーチュレッタ劇場はこれで終わらない。その後に行われたリング上のインタビューで日本人王者に対する思いを微塵も隠そうとせず、思いをほとばしらせた。

 インタビュアーから試合について問われると「俺は18戦連続勝利を続けている。俺は135ポンド(バンタム級)と145ポンド(フェザー級)においてNo.1候補だ」と言い、「ホリグチー! どこにいる! 135ポンドで俺と戦え! ベルトとともに日本には帰らせないぞ!」と会場を見回して絶叫。さらに「KOについて話そう」と求められ、試合についての質問を受けても、どこ吹く風だ。

「考えていたことはホリグチのことだ! ベルトを持ってアメリカから出さないぞ! 戻ってこい!」と大興奮。「質問がある。ホリグチとフェザー級のタイトル、どちらが重要?」と問われると「俺は145ポンドでNo.1候補で、それによって155ポンドでもNo.1候補だ。135ポンドでもそうだ。3階級だ。以前4階級のタイトルを持っていた。やってやるぜ!」と最後までまくし立てた。

 ダリオン・コールドウェル vs. 堀口恭司の直後の試合でエドゥアルド・ダンタスに2R KO勝ちしたフアン・アルチュレタがこんなコメントをしています。



 試合後会見では以下のコメント。

「俺は10月にピットブル(パトリッキー・フレイレ)と同じ飛行機に乗ることになりそうだな。来やがれ、堀口。俺はここにいる。お前は俺のベルトを持っている」

「彼には他に相応しい相手が日本にいるのか? いるなら教えてくれよ。18連勝中の相手が他にいるとでもいうのか。俺は全ての試合を支配してきた。キャリアで負けたのは1度だけだ。テイクダウンされたのも1度しかない。彼とエキサイティングな試合ができる相手が他にいるのか?」




posted by ジーニアス at 13:21| Comment(24) | ベラトール | 更新情報をチェックする

『Bellator 222: MacDonald vs. Gracie』ハイライト動画/堀口恭司試合後会見動画



 『Bellator 222: MacDonald vs. Gracie』メインカードハイライト動画。




 堀口恭司試合後会見動画。後半は榊原信行実行委員長がスコット・コーカー代表にライト級GPへの選手貸出を要請→ピットブル参戦を発表するという流れですが。



posted by ジーニアス at 12:34| Comment(2) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

チェール・ソネン、引退直後なのにブラジル人へのトラッシュトークを炸裂

『Bellator 222』リョート・マチダに敗れたチェール・ソネンが引退を発表「ライアン・ベイダーとやりたかったが悔いはない」(2019年06月15日)

 こちらの続報。



 チェール・ソネンがツイッターで「彼がバスにニンジンを与えようとしていたのが今でも信じられない」とコメント。

チェール・ソネンがヴァンダレイ・シウバやノゲイラ兄弟の悪口を連発(2011年07月08日)

 8年前にソネンはこんなコメントをしていました。

「ブラジルについて話す時、俺は慎重に媒体を選んだ。そしてインターネットを使った。彼らがブラジルでパソコンを持っていたことを知ってたら俺はそうしなかっただろう。俺がラスベガスに行った時にノゲイラ兄弟はアメリカに初めて来た。近くにバスがあった。これから言う話は実話だ。バスが赤信号で止まった時にノゲイラ弟はバスにニンジンを与えようとしてノゲイラ兄は愛撫してたんだ。彼らはバスを馬と勘違いしてたんだ。本当だぞ。バスにニンジンを与えようとした連中の国にパソコンがあると思うか? 俺は知らなかったよ!」

 このネタをこの期に及んで引っ張ってくるとは思いませんでした。



posted by ジーニアス at 23:44| Comment(15) | ベラトール | 更新情報をチェックする

エメリヤーエンコ・ヒョードルが現役続行、ベラトールと新たに複数試合契約を結ぶ

スコット・コーカー「ヒョードルとの契約はベイダー戦が最後だった」「現役続行するかは彼次第だが、その必要はないと思う」(2019年01月29日)

 こちらの続報。『Bellator 214: Fedor vs. Bader』でライアン・ベイダーに1R KO負けしたエメリヤーエンコ・ヒョードルについてスコット・コーカー代表が引退を促すようなコメントをしていましたが、



 結局ヒョードルと新たに契約を結んだことを発表しています。復帰時期や対戦相手は不明ですが、年内に試合をすると見られています。



posted by ジーニアス at 21:49| Comment(12) | ベラトール | 更新情報をチェックする

『Bellator 222』リョート・マチダに敗れたチェール・ソネンが引退を発表「ライアン・ベイダーとやりたかったが悔いはない」



 『Bellator 222: MacDonald vs. Gracie』でリョート・マチダに2R TKO負けしたチェール・ソネンがグローブをマットに置いて以下のコメント。

「ひとつ言えることは、これまでとても楽しかった。ここまでよくやった。スコット・コーカーは5試合契約を結んでくれたし、それを守ってくれた。レディース・アンド・ジェントルメン、俺は出て行く。思い出に感謝する。さらばだ」


Chael Sonnen explains retirement after Bellator 222: 'I feel like I used all of my toughness up'(MMAJunkie)

 試合後会見では以下のコメント。

「引退は試合前から決めてたことじゃない。ここで勝ってライアン・ベイダー戦をアピールしようと思っていた。全て思い通りに行くはずだったが、そうならなかった。だが悔いはない。ナンバー1コンテンダー決定戦で大チャンスだと思っていたが、チャンスをモノにしたのは俺じゃなかった」

「このスポーツはタフじゃないと務まらないが、全てのタフネスを使い切った感じがした。立ち技や跳び膝とか彼の得意分野でならやられても仕方がないと思っていたが、彼にトップポジションを取られてしまったし、それは予想外だった」

「スクランブルから立てると思っていた。以前の俺はもっとタフだった。欲もあったし勇気もあった。最後までやれると思っていたが、以前の俺じゃなかった。次に進む時が来た」


Chael Sonnen(Sherdog)

 チェール・ソネンは現在42歳のアメリカ人。MMA戦績30勝17敗1引き分け(UFC戦績7勝7敗、ベラトール戦績2勝3敗)。トラッシュトークやショートノーティスでの出場など記録よりも記憶に残る選手。キャリアのピークはアンデウソン・シウバとの2度に渡る対戦でしょう。




posted by ジーニアス at 21:14| Comment(4) | ベラトール | 更新情報をチェックする

『Bellator 222』堀口恭司試合後インタビュー「ヘンリー・セフードと対戦したい」(動画)



 『Bellator 222: MacDonald vs. Gracie』でダリオン・コールドウェルに判定勝ちしRIZIN&Bellatorバンタム級二冠王になった堀口恭司の試合後インタビュー動画。アリエル・ヘルワニ記者に促された部分はありますが、ヘンリー・セフードと対戦したいとコメントしています。



posted by ジーニアス at 17:05| Comment(14) | ベラトール | 更新情報をチェックする

『Bellator 222』ダリオン・コールドウェル vs. 堀口恭司ジャッジの採点/主要サイトの採点



Kyoji Horiguchi defeats Darrion Caldwell(MMA Decisions)

 『Bellator 222: MacDonald vs. Gracie』ダリオン・コールドウェル vs. 堀口恭司ジャッジの採点。Douglas CrosbyとDerek Clearyが1Rコールドウェル、2~5R堀口で49-46堀口勝利、Dave Tirelliが1~2Rコールドウェル、3~5R堀口で48-47堀口勝利でした。

 主要サイトの採点は49-46堀口支持3人、49-47堀口支持1人、48-47堀口支持7人、48-47コールドウェル支持1人、49-46コールドウェル支持1人でした。



posted by ジーニアス at 16:41| Comment(4) | ベラトール | 更新情報をチェックする

『Bellator 222』堀口恭司「最初は飛ばさずに攻めないで最後のラウンドで勝負をかけようと考えていた」







 『Bellator 222: MacDonald vs. Gracie』ダリオン・コールドウェル vs. 堀口恭司ハイライト動画。




 勝ち名乗りを受ける堀口恭司。


堀口恭司が“格闘聖地”MSGでベラトール世界王座獲得の快挙!(THE PAGE)
 ジャッジの見方によって判断が分かれるような試合だった。それでも堀口には勝利の確信があったのか。最終ラウンドに右目尻をカットしたが、判定を待つ間にも笑顔が浮かんでいた。

 ジャッジペーパーが読まれた。
「48-47」が1人、2人が「49-46」。ユナシマステジション(3-0判定)だと予告してからアナウンサーが「ニュー(新王者)!」という言葉を発した瞬間、堀口は両手を突き上げ「やったあ!」と日本語で叫んだ。
 堀口が格闘界の歴史を塗り替えたのである。

 リング上では腰にベラトールの世界ベルトが巻かれ、右肩には「RIZIN」のバンタム級のベルトをかけた。RIZINの榊原信行実行委員長もリングインして祝福した。リングサイドには高田延彦氏の姿もあった。日本の格闘界の威信をかけた戦いだった。

 まさに真価を問われる“聖地”MSGでのタイトル戦に勝った堀口は、リング上のインタビューで、開口一番、「すみません。つまんない試合で申し訳ない」と、膠着戦の続いた試合内容を詫びた。
 さらにインタビューアーに「徐々にコールドウェルが失速していたのがわかったのでは?」と聞かれると勝利プランを打ち明けた。
「そうです。最初からそのプラン。最初は飛ばさずに攻めないで最後のラウンドで勝負をかけようと考えていた」
 最終ラウンドで堀口は左フックからチャンスを作りかけた。足をとりにきたコールドウェルに強烈なエルボーを3発、真上から叩き込むシーンもあった。KO決着はできなかったが、最後の勝負をかけた一撃。ジャッジの2人が、1ラウンド以外のすべてで堀口を支持したのは下になりながらもパンチを出し続け、アグレッシブな姿勢をずっと維持していた部分だったのだろう。

 堀口は今後について「那須川天心とキックルールで、もう1度やりたいし、もっと日本を盛り上げてから、UFCへ再び挑戦してもいい」という話をしていた。
 「どっちが勝つかわからないような強い相手とやりたい」
 そういう格闘哲学が根本にある。
 今後は、RIZIN&ベラトールの2冠王者として、再び米国のベラトールでの防衛戦も組まれていくだろう。再び日本でのエキシビションマッチをぶちあげたボクシングの元5階級王者、フロイド・メイウェザー・ジュニア(米国)との試合がオファーされたとしても逃げるつもりはない。堀口の“これから”が面白くなってきた。

 天心との再戦とかメイウェザー戦とかはいいんじゃないですかね。



posted by ジーニアス at 14:37| Comment(13) | ベラトール | 更新情報をチェックする

『Bellator 222』RENA vs. リンジー・ヴァンザント ハイライト動画/RENA「やっぱり私MMA向いてないわ」









 『Bellator 222: MacDonald vs. Gracie』RENA vs. リンジー・ヴァンザント ハイライト動画。




 RENAの試合直後のコメント。



posted by ジーニアス at 14:16| Comment(24) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

『Bellator 222: MacDonald vs. Gracie』前日計量動画/堀口、RENA共にパス

Bellator 222 weigh-in results: Jon Fitch weighs in as main event alternate, but not needed(MMAJunkie)
MAIN CARD (DAZN, 10 p.m. ET)

・Champ Rory MacDonald (169.4) vs. Neiman Gracie (169.8) – for welterweight title; grand prix semifinal
・Lyoto Machida (204.4) vs. Chael Sonnen (205.6)
・Dillon Danis (175) vs. Max Humphrey (174)
・Ricky Bandejas (136) vs. Patrick Mix (135.6)
・Juan Archuleta (145.8) vs. Eduardo Dantas (145.6)
・Champ Darrion Caldwell (134.6) vs. Kyoji Horiguchi (134.4) – for bantamweight title

PRELIMINARY CARD (MMA Junkie, 6:30 p.m. ET)

・Adam Borics (145.4) vs. Aaron Pico (145.4)
・Heather Hardy (127.8) vs. Taylor Turner (127.8)
・Larkyn Dasch (125.8) vs. Valerie Loureda (125)
・Robson Gracie Jr. (168.6) vs. Oscar Vera (168.8)
・Mike Kimbel (136.6)* vs. Sebastian Ruiz (135.6)
・Haim Gozali (178) vs. Gustavo Wurlitzer (176)
・Rena Kubota (111.2) vs. Lindsey VanZandt (111.4)
・Phil Hawes (186) vs. Michael Wilcox (185.4)
・Marcus Surin (185.6) vs. Nekruz Mirkhojaev (154)
・Brandon Medina (124.8) vs. Brandon Polcare (126)
・Whitney Francois (163.8) vs. Kastriot Xhema (164.6)
・John Beneduce (146) vs. Kenny Rivera (155.8)

 『Bellator 222: MacDonald vs. Gracie』前日計量結果。前座でマイク・キンベルが136.6ポンドと0.6ポンドオーバーした以外は全員パスしています。堀口恭司は134.4ポンド、RENAは111.2ポンドでした。




 前日計量動画。




 ダリオン・コールドウェルと堀口恭司のフェイスオフは共にベルトを持つ豪華なものに。




 RENAは減量がスムーズにいったことを報告しています。


Bellator 222 predictions: Will Neiman Gracie take Rory MacDonald's title in New York?(MMAJunkie)

 MMAJunkieスタッフによるメインカード勝敗予想。

・ローリー・マクドナルド vs. ネイマン・グレイシーはマクドナルド支持7人、ネイマン支持6人。

・チェール・ソネン vs. リョート・マチダはソネン支持2人、マチダ支持11人。

・ディロン・ダニス vs. マックス・ハンフリーは13人全員ダニス支持。

・リッキー・バンデハス vs. パトリック・ミックスは13人全員バンデハス支持。

・エドゥアルド・ダンタス vs. フアン・アルチュレタはダンタス支持1人、アルチュレタ支持12人。

・ダリオン・コールドウェル vs. 堀口恭司はコールドウェル支持5人、堀口支持8人。



posted by ジーニアス at 03:49| Comment(4) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

『Bellator 222: MacDonald vs. Gracie』フェイスオフ動画/堀口恭司インタビュー



 『Bellator 222: MacDonald vs. Gracie』フェイスオフ動画。


【Bellator】堀口恭司がRIZINグローブで公開練習「違う選手だと思って自分も戦います」(ゴング格闘技)

 堀口恭司インタビュー。







posted by ジーニアス at 20:29| Comment(0) | ベラトール | 更新情報をチェックする

『Bellator 222: MacDonald vs. Gracie』RENAインタビュー動画



 『Bellator 222: MacDonald vs. Gracie』でリンジー・ヴァンザントと対戦するRENAのインタビュー動画。全て日本語です。









【Bellator】RENAに援軍が到着、RIZIN王者・浜崎朱加らが現地入りして対策練習(ゴング格闘技)

【Bellator】RENAと堀口恭司が合流、現地メディアからは「なぜRENAではなくKUBOTAなのか?」(ゴング格闘技)

 その他『Bellator 222: MacDonald vs. Gracie』情報。浜崎朱加がニューヨークでリンジー・ヴァンザント対策を伝授しています。



posted by ジーニアス at 20:15| Comment(0) | ベラトール | 更新情報をチェックする

『Bellator 222』ダリオン・コールドウェル、チェール・ソネン公開練習動画



 『Bellator 222: MacDonald vs. Gracie』ダリオン・コールドウェル公開練習動画。




 同大会でリョート・マチダと対戦するチェール・ソネンの公開練習動画。



posted by ジーニアス at 19:49| Comment(0) | ベラトール | 更新情報をチェックする

6月26日26時50分~フジテレビが『Bellator 222』堀口恭司、RENAの試合を放送



RIZINの魅力を様々な角度からお伝えしている格闘技情報番組『FUJIYAMA FIGHT CLUB』で、RIZINバンタム級王者の堀口恭司と、日本の女子格闘技を牽引するRENAが出場するアメリカの総合格闘技団体「Bellator222」大会の模様が、フジテレビ(関東ローカル)にて6月26日(水)深夜26時50分から放送されることが決定!

6月14日(日本時間15日)に“格闘技の聖地”であるアメリカのマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)で開催されるこの大会で、堀口はダリオン・コールドウェルが持つBellatorバンタム級王座に挑む。RENAは、日本人女性初のMSGでの試合となり、アメリカ出身のリンジー・ヴァンザントと対戦。番組では共にNY初上陸となる堀口・RENA選手に密着し、MSGでの初めての試合とその舞台裏に迫る。RIZINファンはもちろん、全格闘技ファンが見逃せない濃密な1時間にご期待いただきたい。

番組名
『FUJIYAMA FIGHT CLUB SP 〜格闘技新時代 NYの陣〜』

放送日時
6月26日(水)深夜 26時50分~27時50分

放送
フジテレビ(関東ローカル)

出演者
堀口恭司、RENA 他




posted by ジーニアス at 19:36| Comment(4) | ベラトール | 更新情報をチェックする
記事検索