2021年03月02日

渡辺華奈、4.2『Bellator 255: Pitbull vs. Sanchez 2』でアレハンドラ・ララとの対戦が決定


 ベラトールMMAが4月2日にコネチカット州アンカスビルのモヒガン・サン・アリーナで開催する『Bellator 255: Pitbull vs. Sanchez 2』でアレハンドラ・ララ vs. 渡辺華奈の女子フライ級マッチを行うことをMMAJunkieが確認したとのこと。

 アレハンドラ・ララは現在26歳のコロンビア人で戦績9勝3敗(Bellator戦績3勝2敗)。2019年12月の『Bellator 235: Misech vs. Perez』でヴィータ・アルテアガに判定勝ちして以来1年4ヶ月ぶりの試合で現在2連勝中。

 渡辺華奈は2019年12月の『BELLATOR JAPAN』でイララ・ジョアニに3R TKO勝ちして以来1年4ヶ月ぶりの試合で1つの引き分けを挟んでデビュー以来9連勝中。『BELLATOR JAPAN』は対抗戦での出場だったので、ベラトールと正式契約してからは初戦です。

・Champion Patricio Freire vs. Emmanuel Sanchez – for Bellator featherweight title, grand prix semifinal
・Magomed Magomedov vs. Jared Scoggins
・Tyrell Fortune vs. Matt Mitrione
・Alejandra Lara vs. Kana Watanabe

 同大会は現在以上のカードが決定しています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:01| Comment(4) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2021年02月19日

ベラトールがランキング制度を導入、UFC同様メディア投票により決定


 ベラトールMMAが今年から公式ランキングを作成することを発表。4月2日の『Bellator 255: Pitbull vs. Sanchez 2』の前に1度目のランキングが発表されます。20名の記者の投票によって決定され、各階級と男女別のパウンド・フォー・パウンドのランキングが作成されます。UFCと同様のシステムになります。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:33| Comment(1) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

ベラトールMMA、2021年からアメリカでのプラットフォームがShowtimeに変更、日本での視聴環境も変更か


Bellator announces exclusive television partnership with Showtime(MMAJunkie)

 ベラトールMMAが記者会見でプレミアムケーブルネットワークのShowtimeと独占放送契約を結んだことを発表。これまではベーシックチャンネルのパラマウント(旧Spike TV)、CBSスポーツネットワーク、DAZNが放送していました。ShowtimeはかつてElite XCやStrikeforceを放送してきた歴史があり、スコット・コーカー代表とは縁があります。

【Bellator】4月よりベラトールの米国での中継はShowtimeの独占に。どうなる──日本での視聴状況??
 今も昔もShowtimeのコンバットスポーツ中継といえばボクシング、そして今回のBellatorの米国における独占ライブ大会中継決定により、MMAがShowtimeを引っ張る両輪の一つになるといえる。また、会見後のバーチャル会見でコーカーはボクシングとのクロスオーバーも、RIZINにおけるフロイド・メイウェザー✖那須川天心戦を例えに実現可能でファンが見たがっている試合を組んでいくと話している。

 CBS SNが築こうとしていた木曜夜のMMA鑑賞は、BellatorとShowtimeが結ばれたことで──再び金曜夜に戻ることに。同局での中継は4月2日(金・同)に始まり、9日、16日、そして5月7日と続くことも明らかとなっている。

 今後のスケジュールとしては、4月だけが3大会の開催で5月から月に2大会──年間25イベントがShowtimeでライブ中継されることもコーカーは明言している。その一方で日本、欧州、南米での中継に関してコーカーは「国際的な中継局に関しては近々アナウンスする」と明言は避けられた。とはいえ2018年6月より、世界各国で配信されていたDAZNについて一度も言及されなかったことからも、日本での視聴状況には変化が見られる可能性は非常に高いといえるだろう。

 そもそも現在日本のDAZNは「スポーツ一覧」から「総合格闘技」が消えています。この件について最近DAZNにメールで問い合わせたことがありましたが、

 過去の大会の配信期間終了、および次回の配信予定が未定となっておりますことに伴い、現在「スポーツ一覧」で「総合格闘技」を選択いただくことが出来なくなっております。

 もし今後、配信する事が決まりましたら、「スポーツ一覧」、および「番組表」を更新いたしますのでそちらを適宜ご確認いただけますようお願い申し上げます。

 という回答でした。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 15:09| Comment(1) | ベラトール | 更新情報をチェックする

4.2『Bellator 255』でパトリシオ・“ピットブル”・フレイレ vs. エマニュエル・サンチェス、5.7『Bellator 258』でフアン・アルチュレタ vs. セルジオ・ペティス

ベラトールMMA、2021年開幕戦は4月9日か(2021年02月05日)

ベラトールがライトヘビー級GPの開催を発表/4月の1回戦でアンソニー・ジョンソンとヨエル・ロメロがいきなり対戦(2021年02月10日)

 こちらの続報。



 以前ベラトールMMAの2021年開幕戦は4月9日かとの報道がありましたが、4月2日に『Bellator 255』を開催することと、メインイベントでパトリシオ・“ピットブル”・フレイレ vs. エマニュエル・サンチェスが行われることが発表されています。この試合はピットブルのフェザー級王座防衛戦とフェザー級グランプリ準決勝を兼ねており、この試合の勝者が6月の決勝戦でA.J.マッキーと対戦予定です。

 また、5月7日に『Bellator 258』を開催することと、メインイベントがフアン・アルチュレタ vs. セルジオ・ペティスのバンタム級タイトルマッチも発表されています。この試合の勝者が堀口恭司と対戦することになるかもしれません。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 14:07| Comment(1) | ベラトール | 更新情報をチェックする

ベラトールがライトヘビー級GPの開催を発表/4月の1回戦でアンソニー・ジョンソンとヨエル・ロメロがいきなり対戦

ベラトールMMA、2021年開幕戦は4月9日か(2021年02月05日)

 こちらの続報。



Dovletdzhan Yagshimuradov(Sherdog)

 ベラトールMMAが記者会見を開きライトヘビー級グランプリを開催することを発表。4月9日にライアン・ベイダー vs. リョート・マチダ、コーリー・アンダーソン vs. ドブレジャン・ヤグシュムラドフ、4月16日にワジム・ネムコフ vs. フィル・デイビス、アンソニー・ジョンソン vs. ヨエル・ロメロが行われます。

 ドブレジャン・ヤグシュムラドフは現在31歳のトルクメニスタン人で戦績18勝5敗1引き分け。ACAライトヘビー級チャンピオンで今回がBellatorデビュー戦。ワジム・ネムコフは現ライトヘビー級チャンピオンなのでデイビス戦は防衛戦も兼ねています。

 準決勝は7月、決勝戦は10月に予定されており、優勝賞金は100万ドルです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 12:55| Comment(11) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2021年02月09日

元Bellatorフェザー級チャンピオンのダニエル・ストラウスが交際相手への加重暴行容疑で逮捕される


Daniel Straus(Sherdog)

 ダニエル・ストラウスが2月6日にフロリダ州ブロワード郡で交際相手への加重暴行容疑で逮捕されたとのこと。保釈金は10万ドルですが現在も勾留されているそうです。供述調書によるとストラウスは交際相手の女性とメールで口論となりストラウスは女性の職場に乗り込んだとのこと。駐車場でストラウスは女性を殴打し地面に叩きつけて車で去っていたそうです。さらにアパートでも刃物で腹部を刺したとのこと。女性は逃走し隣人に助けを求めて病院で治療を受けたそうです。

 ダニエル・ストラウスは現在36歳でMMA戦績26勝9敗(Bellator戦績12勝6敗)。元Bellatorフェザー級チャンピオンで最近は2019年9月の『Bellator 226: Bader vs. Kongo』に出場し、デレク・カンポスに判定負けしています。

 ストラウスは強盗罪で2004年から2007年までの懲役刑を受けており、2013年にも20グラム以上の大麻、MDMAの所持で逮捕されています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 18:33| Comment(1) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2021年02月05日

ベラトールMMA、2021年開幕戦は4月9日か


 ベラトールMMAの2021年開幕戦は4月9日にコネチカット州アンカスビルのモヒガン・サン・アリーナになることをMMAFightingが確認したとのこと。当初は2月下旬頃を予定していたそうですが、遅れる理由については不明です。対戦カードは未定ですが、ヨエル・ロメロ、アンソニー・ジョンソン、ワジム・ネムコフらの出場が期待されます。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 21:38| Comment(1) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

エメリヤーエンコ・ヒョードルが新型コロナウイルスに感染し入院

Russian MMA icon Fedor Emelianenko hospitalized by Covid-19(RT Sport)



 エメリヤーエンコ・ヒョードルが新型コロナウイルスに感染しモスクワにあるコロナ専門病院に入院したとのこと。ヒョードルはインスタグラムで「私の健康を心から心配してくださっている皆様、ありがとうございます。 私は元気ですし、現在治療中です。医師や医療スタッフのケアと努力に感謝しています」とコメント。重症化してないようで何よりです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:59| Comment(3) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

ロビン・ファン・ロスマレンが自動車事故で重傷、同乗していた妹は死去





 ロビン・ファン・ロスマレンが1月13日にオランダで自動車事故に遭い重傷、同乗していた妹のメリッサは死亡したとのこと。GLORYが追悼メッセージ、ロスマレンのマネージメントをしているパラダイム・スポーツエージェンシーもメリッサの追悼とロビンが厳しい状況であるとの声明を発表しています。

 報道によるとロスマレン兄妹は対向車と接触したことで緊急レーンに避難したものの別のトラックにはねられたとのこと。

Robin van Roosmalen - Wikipedia

 ロビン・ファン・ロスマレンは現在31歳。元GLORYフェザー級&ライト級王者。IT'S SHOWTIME Fast & Furious 70kg MAXトーナメント優勝。キックボクシング戦績51勝18敗3引き分け。MMA戦績2勝0敗。2019年にベラトールと複数試合契約を結び『Bellator 232』でクリス・レンチオーニと対戦予定でしたがフェザー級契約より9ポンドもオーバーしたことから試合が中止。その後も新型コロナウイルスの影響などにより試合が組まれませんでした。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 17:22| Comment(1) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

ヒョードル引退試合の相手としてジョシュ・バーネットとティト・オーティズがアピール

Scott Coker thinks big for Fedor Emelianenko's final fights(MMAJunkie)

 ベラトールのスコット・コーカー代表がエメリヤーエンコ・ヒョードルの引退試合についてコメント。ヒョードルは2019年12月29日の『BELLATOR JAPAN』で行われたクイントン“ランペイジ”ジャクソン戦で1R TKO勝ちして以来試合をしておらずベラトールとの契約はあと2試合残っていますが、コーカーはモスクワのスタジアムで3万人の大観衆の前で引退試合をして欲しいと考えているとのこと。新型コロナウイルスの影響で難しい状況ですが、ワクチン接種が開始されて改善されることに期待しているそうです。




 そして、その対戦相手としてジョシュ・バーネットとティト・オーティズがアピールしています。

スコット・コーカー「ヒョードルの次戦の相手はジョシュ・バーネットになるかも」(2019年12月30日)

 コーカーは『BELLATOR JAPAN』の後にもジョシュ・バーネット戦の可能性を示唆してました。2009年8月の『Affliction: Trilogy』で対戦予定だったもののバーネットに禁止薬物の陽性反応が出たことから中止されて以来の幻のカードです。ベラトールで試合をしたことはありません。最近はマルチン・ロザルスキとベアナックルマッチをして勝利しています。

 ティト・オーティズは2017年1月の『Bellator 170』でチェール・ソネンに1Rリアネイキッドチョークで勝利して以降はベラトールで試合をしていませんが、その後Golden Boy Promotionsでチャック・リデル、Combate Americasでアルベルト・デル・リオと対戦しておりどちらも勝利しています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 07:15| Comment(3) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

スコット・コーカーが一度は断ったヨエル・ロメロと契約した理由についてコメント

ヨエル・ロメロ、1度は断られたBellatorと契約で合意、ライトヘビー級に転向(2020年12月15日)

ヨエル・ロメロが同時期にベラトールと契約したアンソニー・ジョンソンに宣戦布告(2020年12月26日)

 こちらの続報。


Scott Coker explains why he changed his mind, signed Yoel Romero to Bellator(MMAJunkie)

 スコット・コーカー代表が一度は断ったヨエル・ロメロと契約した理由について以下のコメント。

「ヨエルとはStrikeforce時代からの付き合いだった。彼を欲しいのと欲しくないのとで意見が割れた。アンソニー・ジョンソンと契約した後にヨエルと契約するチャンスがあったが我々はパスした。正直なところ、我々のドアやソーシャルチャンネルを通じて彼を応援する声の多さには驚いた。誰もがヨエル・ロメロ vs. アンソニー・ジョンソンを見たがっていた。私はチームで集まった」

「この状況でみんなが気付いてないことがひとつある。パスしたと言っても、我々は常にエージェントたちと話し合っていた。ヨエルの名前は常に挙がっていた。最終的に私は『やってみよう、彼をここに入れよう』と言った」

「ヨエルは素晴らしい才能を持ってるし、とても危険な男だ。間違いなくまだまだやれる。彼を入れることが出来て嬉しい。彼とは少し話をした。ナイスガイだし大人だ。来年彼を205ポンドで戦わせることを楽しみにしている」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 03:29| Comment(0) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2020年12月29日

スコット・コーカーがBellatorライトヘビー級GPの可能性を示唆「朝倉海 vs. 堀口恭司の勝者を呼んでバンタム級GPもやりたかった」

ヨエル・ロメロが同時期にベラトールと契約したアンソニー・ジョンソンに宣戦布告(2020年12月26日)

 こちらの続報。

Scott Coker says Anthony Johnson vs. Yoel Romero 'has a lot of heat,' discusses 205-pound grand prix(MMAJunkie)

 スコット・コーカー代表がアンソニー・ジョンソン vs. ヨエル・ロメロの可能性について以下のコメント。

「仮設の話がいろいろ出ているが、それに我々は直面しないといけない。そしてそれはファンが見たい試合だ。私の哲学は組める試合はいつであろうと組むということだ。半年後や1年後にやれる保証はないからね。とてもヒートアップしているし、絶対やるとは言えないが、真剣な交渉をすることは間違いない」

「ライトヘビー級グランプリを検討しているし、実現すればかなり面白いトーナメントになるだろう。当初はマゴメド・マゴメドフやフアン・アルチュレータを参加させるバンタム級グランプリを考えていた。日本で行われる朝倉海 vs. 堀口恭司の勝者も招待するつもりだった。女子のグランプリも検討した。素晴らしい才能が揃っているからね。そして現在検討されているのはライトヘビー級だ。まだ決定したわけではないが、20日以内に解決させて準備を整えたい」

 朝倉海 vs. 堀口恭司の勝者がベラトールに出場するのは新型コロナウイルスの問題もあるので難しいところです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 00:35| Comment(1) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2020年12月26日

ヨエル・ロメロが同時期にベラトールと契約したアンソニー・ジョンソンに宣戦布告

ヨエル・ロメロ、1度は断られたBellatorと契約で合意、ライトヘビー級に転向(2020年12月15日)

 こちらの続報。


Yoel Romero says 'there's a 90 percent chance' he fights Anthony Johnson in Bellator debut(MMAJunkie)

 ベラトールと契約したヨエル・ロメロが同時期に同団体と契約したアンソニー・ジョンソンについて以下のコメント。

「今は話せないことがたくさんあるのでここで彼の名前を出すのはあくまで仮の話になるが、(対戦する)可能性は大いにあるだろう。デビュー戦の相手が彼になる可能性は90%だ。多くの人たちに喜んでもらえる試合になるだろう」

「205ポンドはハイクオリティな選手がたくさんいると思う。マネージャーたちと一緒に試合は見ているがベラトールの205ポンドはレベルが高い。ロシア人チャンピオン(ワジム・ネムコフ)以外では4~5人のトップファイターがいるし、UFC王者だったリョート・マチダもいる。パウンド・フォー・パウンドのジョン・ジョーンズがチャンピオンだった時にトップ5にランクインしていた選手もいる」

「UFCをリリースされる前から1月に戦うつもりでトレーニングをしてきたので、すぐにでも試合は出来る。今も同じペースでトレーニングしているから2月にはやれる。ビッグファイトが待ち受けているから嬉しいよ。大きなものを手にするためにはハングリーかつハッピーじゃないとな。205ポンドのファイター全員がトップを目指している」


Anthony Johnson responds to calls for Yoel Romero fight, gives timeline for Bellator debut(MMAJunkie)

 アンソニー・ジョンソンは以下のコメント。

「今は230ポンドぐらいだし、そんなに太ってない。復帰について話していたときは280ポンドぐらいだったが、今は230ポンド以下かもしれない。彼らがやって欲しいならヘビー級でやってもいい」

「いずれはヨエル・ロメロとやることになるだろう。多分2、3試合目じゃないかな。彼が90%と言ったことには驚いた。彼が何を言われたのかは知らないし、彼の意図も分からない。盛り上げようとしているのは分かるが、90%という数字がどこから出てきたのかは分からない。正直言って俺はまだ何も聞いてない。大砲を持っているファイター同士だし、彼のことをリスペクトしている。ベストを願っている。俺はエンジョイするつもりだし、このシチュエーションを最大限に活かしたい」

「彼らがトーナメントをやるというのなら間違いなく受け入れるよ」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 17:41| Comment(4) | ベラトール | 更新情報をチェックする

アンソニー・ジョンソンがUFCとの交渉決裂、Bellator参戦の経緯についてコメント「ビジネス的にはスマートな判断だった」

デイナ・ホワイトがアンソニー・ジョンソンのUFC交渉決裂、Bellator参戦についてコメント(2020年12月16日)

 こちらの続報。


Anthony Johnson explains move from UFC to Bellator: 'Business-wise it's just smart for me'(MMAJunkie)

 ベラトールと契約したアンソニー・ジョンソンが以下のコメント。

「UFCとの交渉決裂はベラトールとの契約が発表される1ヶ月ほど前のことだったが、俺は沈黙していた。敵意はないし遺恨もない。互いに決めたことだ。わだかまりもネガティブなこともない。それが互いにとってベストなことだった」

「ビジネス的にはスマートな判断だった。俺はMMA以外の分野にも手を出している。それが俺に多少なりとも余裕を与えてくれている。正直なところ、UFCのようなとても厳格な会社ではおそらくやりたいことも出来なくなってくるだろう。ルールがある以上はそれに従わないといけない。俺はルールを破るつもりはない。だから俺は自分のことをやっていくし、互いに愛情とリスペクトを示した。そういうことだよ」

「ベラトールと自分のビジネスを並行してやっていく。UFCは自分たちのストラテジーを持ってるし、誰もがそれを知っている。そしてそれを尊重しないといけない。俺はそれらを尊重するし、彼らも俺を尊重してくれた。お互いに自分のことをしてみんな幸せならそれでいい」

「ずっとホームだったのでUFCから離れることは少しタフだった。俺はUFCでのし上がり、多くの連中をノックアウトしてきた。UFCファイターになることは大きな意味があった。だがその旅も終わりを迎え、今度は新しい旅に出る。ベラトールの連中をノックアウトするのも同じくらいに楽しみだよ」

 アンソニー・ジョンソンはMMA休業中にCompetitive Body DevelopmentというCDB(カンナビジオール=大麻の抽出成分で合法的)オイルのビジネスを始めており、これがUFCとの契約で問題になったようです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 02:23| Comment(1) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2020年12月18日

Bellatorと契約したアンソニー・ジョンソンがライアン・ベイダーとグラップリングマッチで対戦

Anthony Johnson vs. Ryan Bader rematch set – as grappling bout – for SUG 19(MMAJunkie)



 12月20日に開催されるグラップリング大会『SUG 19』(Submission Underground 19)でライアン・ベイダー vs. アンソニー・ジョンソンが行われるとのこと。当初ベイダーはデリック・ルイスと、ジョンソンはファブリシオ・ヴェウドゥムと対戦予定でしたが変更されています。両者は2016年1月の『UFC on FOX 18: Johnson vs. Bader』で対戦しており、この時はジョンソンが1R KO勝ちしています。ジョンソンは最近ベラトールと契約したばかりで、いずれベイダーと再戦することが期待されていますが、グラップリングでの前哨戦となりました。



Submission Underground 19(Tapology)
Mason Fowler vs. Satoshi Ishii
Amanda Loewen vs. Felicia Spencer
Rafael dos Anjos vs. Donald Cerrone
Gabriel Checco vs. Kevin Casey
Brent Primus vs. Craig Jones
Cris Lencioni vs. Andrew Alexander
Philip Schwartz vs. Alex Larmey
Charles Gilpin vs. Paul Kaufman
David Garmo vs. Denny Prokopos
Ryan Bader vs. Anthony Johnson

 同大会のメインイベントは石井慧 vs. メイソン・フォーラ-。ハファエル・ドス・アンジョス vs. ドナルド・セラーニも行われます。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:01| Comment(0) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2020年12月16日

Bellatorが240kgの男性にTKO勝ちした女性と契約

ロシアの格闘技大会で63kgの女性が240kgの男性にTKO勝ち(動画)(2020年12月02日)

 こちらの続報。



Darina Mazdyuk(Tapology)

 ベラトールがダリナ・マザイユクと複数試合契約したことをMMAJunkieが確認したとのこと。ダリナ・マザイユクは現在28歳のロシア人でプロMMA戦績3勝1敗。11月26日にロシアで開催された『Our Business』という大会で行われたグリゴリー・クリスチャコフという529ポンド(240kg)の男性に1R TKO勝ちしたことで世界的に有名になりました。この試合はエキシビション扱いなのでプロ戦績には含まれていません。ベラトールでのデビュー戦がいつになるかは未定。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 18:17| Comment(4) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2020年12月15日

スコット・コーカー「アンソニー・ジョンソンが来てくれてBellatorのライトヘビー級は世界一になる」

アンソニー・ジョンソンがBellatorで復帰、UFCとは交渉決裂(2020年12月09日)

 こちらの続報。

Scott Coker lays out Bellator's plan for newly signed Anthony 'Rumble' Johnson(MMAJunkie)

 ベラトールのスコット・コーカー代表がアンソニー・ジョンソンに以下のコメント。

「彼を迎え入れることができて本当にエキサイトしている。彼は常に期待させる男だ。退屈な試合を見たことがない。最後に試合をしてから2~3年経つかな? 生まれ変わったA.J.を見ることになるだろうが、彼のファイトスタイルはリスペクトしてるし、本当に楽しんでいる」

「彼のようなハイクオリティで多くの利点を持つファイターが205ポンドに来てくれたら、ここが世界一のライトヘビー級になるだろう。彼はこの階級に多くのグレートファイトをもたらしてくれる。今から楽しみだよ」

「彼の最近の写真を見る限りでは205ポンドが一番快適なのだと思う。ヘビー級でやりたいのならそういう機会を与えるが、205ポンドにはグレートマッチアップが控えている。是非とも大暴れしてもらいたい」

「彼もしばらく戦ってないからすぐにでも何試合かしたいと思っているだろう。我々としても何試合かさせてみて、そこから先は可能性はいくらでもあると思う」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 17:20| Comment(4) | ベラトール | 更新情報をチェックする

ヨエル・ロメロ、1度は断られたBellatorと契約で合意、ライトヘビー級に転向

スコット・コーカーがヨエル・ロメロ獲得に動かなかった理由についてコメント(2020年12月13日)

 こちらの続報。UFCをリリースされたヨエル・ロメロについてスコット・コーカー代表はとりあえず断ったものの「対話のドアは常に開いている」とコメントしていましたが、



 ベラトールとヨエル・ロメロが契約に合意したことをESPNのアリエル・ヘルワニ記者が確認したとのこと。間もなくサインする予定だそうです。階級はライトヘビー級になり、デビュー戦のスケジュールや相手は未定。当初ベラトールは断ったものの先週交渉を続けた結果、合意することが出来たそうです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 13:04| Comment(9) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2020年12月13日

スコット・コーカーがヨエル・ロメロ獲得に動かなかった理由についてコメント

BellatorとPFLはヨエル・ロメロ獲得に興味を示さず/Bare Knuckle FCが興味を示す(2020年12月09日)

 こちらの続報。


Scott Coker explains why Bellator passed on signing Yoel Romero for now(MMAJunkie)

 ベラトールのスコット・コーカー代表がヨエル・ロメロ獲得に動かなかった件について以下のコメント。

「ヨエル・ロメロのエージェントから連絡があったが、我々はとりあえずパスすることにした。契約選手の人数や今後の試合数、テレビマッチの数を考えた。我々はベテランと契約することから少し脱しつつある。A.J.マッキーやイリマレイ・マクファーレンといったメインイベントファイターも育ってきたしね」

「我々は基本的にはボトムアップでやってきた。ここ4~5年の間に優秀なファイターたちが出てきた。我々の方向性は変わってきているし、それに満足している」

「対話のドアは常に開いている。このスポーツでは流れが急に変わることもあるのでどうなるかは分からないが、とりあえず私はみんなと話し合ってパスした方が良いと思ったということだ」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 00:39| Comment(3) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2020年12月11日

『Bellator 254: Macfarlane vs. Velasquez』試合結果/フルファイト動画

Bellator 254 results: Juliana Velasquez decisions Ilima-Lei Macfarlane, claims flyweight title(MMAJunkie)
・Juliana Velasquez def. Ilima-Lei Macfarlane via unanimous decision (48-47, 49-46, 48-47) — wins Bellator women’s flyweight title
・Magomed Magomedov def. Matheus Mattos via unanimous decision (30-26, 30-27, 30-27)
・Linton Vassell def. Ronny Markes via TKO (punches) — Round 2, 3:37
・Romero Cotton def. Justin Sumter via submission (rear-naked choke) — Round 1, 3:36
・Shamil Nikaev def. Kemran Lachinov via unanimous decision (29-28, 29-28, 29-28)
・Grant Neal def. Maurice Jackson via submission (rear-naked choke) — Round 2, 3:59
・Cody Law def. Kenny Champion via TKO (punches and elbows) — Round 3, 4:44
・Billy Goff def. Robson Gracie Jr. via TKO (punches and elbows) — Round 2, 1:46


【Bellator254】ホビソン・グレイシーJr、寝技に持ち込めずゴフのエルボーの連打でスタンディングTKO負け(MMAPLANET)

【Bellator254】初め猛攻、中ガスアウト。最後は魂の殴り合いで、ニカエフがラチノフから逃げ切り勝利(MMAPLANET)

【Bellator254】リントン・ヴァッセルがテイクダウン狙いを潰して上を取り、マウントパンチでマルクス下す(MMAPLANET)

【Bellator254】マゴメド・マゴメドフ、抜群のテイクダウン&コントロールでマトスを寄せ付けず完勝(MMAPLANET)

【Bellator254】動かざること山のごとし。挑戦者でも横綱相撲、ヴェラスケスが新女子フライ級世界王者に(MMAPLANET)

 12月10日にコネチカット州アンカスビルのモヒガン・サン・アリーナで開催された『Bellator 254: Macfarlane vs. Velasquez』の試合結果。メインイベントの女子フライ級タイトルマッチはジュリアナ・ヴェラスケスがイリマレイ・マクファーレンに判定勝ちし新チャンピオンに。セミファイナルはマゴメド・マゴメドフがマテウス・マトスに判定勝ち。リントン・ヴァッセルはホニー・マルケスに2R TKO勝ちしています。




 大会フルファイト動画。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 22:58| Comment(1) | ベラトール | 更新情報をチェックする
記事検索