2008年06月01日

ゲイリー・ショー、EliteXCにマイク・タイソン担ぎ出しを宣言

Ringside: The Best of Mike Tyson (2pc)
Ringside: The Best of Mike Tyson (2pc)

Exclusive Interview: Part II With EliteXC President Gary Shaw(FightLine.com)
(変訳)独占インタビュー:EliteXC代表ゲイリー・ショーPart2

 一部を変訳

Fightline.com: Thanks. Speaking of psychology and therapy, there's been a lot of talk recently of a possible match up between Mike Tyson and your fighter, Kimbo Slice. Slice calls Tyson one of his hero's and a guy he'd love to fight. Any chance this thing actually gets done?

Gary Shaw: Absolutely. If Mike wants to fight in a cage, I'll put him in a cage and we'll do a Tyson fight...if Mike really wants to fight. I've represented Mike before; he knows how to find me.

Fightline.com: What about a straight boxing match between the two?

Gary Shaw: Straight boxing match? Yes.

Fightline.com: Really?

Gary Shaw: Yes. I'm a big time promoter. I would back Kimbo against anybody in the world, including the Klitschko's. He would knock any of those guys out.

Fightline.com: Wow. Any of those fights would be very interesting and likely draw very well.

Gary Shaw: Yep. Absolutely.

(変訳)
Fightline.com:ありがとうございます。心理学と治療についての話から話題を変えて、最近マイク・タイソンとキンボ・スライスの対戦が前向きに進められているという話を数多く耳にしました。スライスは、タイソンは自分にとってヒーローの一人なので是非対戦したいと言ってます。この試合が実際に実現する可能性はありますか?

ゲイリー・ショー:その通りだ。マイクが金網で戦いたいなら、私はそうするし、我々はタイソン戦を実現させる・・・マイクが本気なら。私は、以前マイクの試合をプロモートしたこともあるし、彼は私の連絡先も知っているからね。

Fightline.com:続けてボクシングマッチをやるというのはどうですか?

ゲイリー・ショー:2戦目はボクシングマッチ? イエス。

Fightline.com:本当ですか?

ゲイリー・ショー:イエス。私は最高レベルのプロモーターだよ。私はキンボが世界中の誰と対戦しても彼に賭けるけどね。たとえクリチコ兄弟であっても。彼は誰であろうとKOするから。

Fightline.com:おお、誰と対戦しても面白い組み合わせになりそうですね。

ゲイリー・ショー:ああ、その通りだよ。

 ちなみにゲイリー・ショーはレノックス・ルイスvs.マイク・タイソンを実現させた実績があります。元々ボクシングのプロモーターだったので、ダナ・ホワイトに「アイツはMMAのことが好きじゃない」と言われるという(笑)。ダナのジャイアンぶりばかりが目立ちますが、なにげにゲイリー・ショーもジャイアンですね(笑)。罵り合うのも当然か。

 その他のコメントを要約。

・息子がYouTubeでキンボを見てみろと言うので見た。それで彼と契約することにした。

・おそらくジーナ・カラノやキンボがいなかったらCBSは興味を示さなかっただろう。

・キンボとチャック・リデルの舌戦については気分が悪くなるのであまり見ないようにしている。

・ストリートで唯一キンボに勝ったと言われているショーン・ギャノンとの対戦も実現させたい。

・バタービーンが私にキンボと対戦したいと言ってきた。アントニオ・シウバとの対戦も是非実現させたい。

・ダナ・ホワイトはペットショップを経営してるようなものだ。選手を小さな檻の中に閉じ込めている。一方、私はジャングルを運営している。だからニック・ディアスやエディ・アルバレスをDREAMに送り込むこともするし、Strikeforceと共同開催もする。私はニューフェイスを投入しMMA業界に刺激を与えているが、ダナ・ホワイトはリサイクル事業しかしていない。

 えーっ、ちなみに独占インタビューPart1の方は既報ネタとダナ・ホワイトの悪口しか載ってなかったので訳すのを見送りました(苦笑)。
posted by ジーニアス at 07:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ダナホワイトのインタビューを読むと
「全くその通り」と思うし、こうやって
エリートXCの社長のインタビューを読むと
これまた100%同意してしまう凡人の私。
Posted by ワイス at 2008年06月02日 00:37
>ワイスさん
それだけ両者とも口が上手いということでしょう。さすがトップに立ってるだけのことありますよ。
Posted by ジーニアス at 2008年06月03日 01:32
>私はジャングルを運営している
>DREAMに送り込む
>Strikeforceと共同開催もする
ゲイリー・ショーのこの発言は項羽の逆のことをしなさいという進言を思い出したなぁ。
Posted by 特命 at 2008年06月03日 21:34
>特命さん
中国の歴史にたとえるのがお好きですね。
Posted by ジーニアス at 2008年06月04日 00:45
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索