2008年05月05日

前田日明に反論「格闘技を食えるようにしたのは、UWF」ではない/今さらタイソンvs.サップが実現か!?etc.

U.W.F.伝説「プロレス」と「格闘技」の間を漂流した”実験的団体”の真実
U.W.F.伝説「プロレス」と「格闘技」の間を漂流した”実験的団体”の真実

 DREAM.2の田村vs.船木の煽りVが何かと話題になっていますが、高島学氏がコラム更新。

【コラム】TARGET/高島学(Fight & Life)
メイハムやニック・ディアズの来日を喜ぶファンがいて、
そういう人たちがもっと増えてほしい、増やすために仕事を続けるわけだが、
現実問題として、彼らの登用がどれだけ、イベントへの期待度を高めるのか。
それは甚だ疑問だ。
TVコンテンツとしては、すごく疑問。
格闘技バブル以前の後楽園ホールを主流にイベントが行われてきたころなら、海外の強豪は大いに注目されていた。

だが、ビッグプロモーションではTV受けする選手がとりあえず重宝され、後楽園ホール以下の会場は、身売り率が高く、海外からの招聘選手を、観客ですら、想い入れがないと一刀両断する人もいる。

先日のDREAM2で感じたのは、老若男女、どこにターゲットを絞っているのか、どの年齢層を商売相手にしているのかが分からなかった。

船木誠勝と田村潔の一戦。U系最終決着。
今、DREAMを見ているファンに、どれだけアピールできるのか。
Uに心躍った世代のプロレス離れ、格闘技離れは、それだけ熱い時代を過ごしてきただけあって、相当の割合になると思う。
同窓生に会うと、「格闘技の記者なんや、凄いなぁ」という言葉とは裏腹に、「まだ、そんなもの追いかけているのか」という視線をいつも感じる。

また、今のUが好きな知人にしても「これまでの二人を追いかけなくて、突然、最終章と持ってこられても」と困惑の表情を浮かべていた。

あるいは、ミノワマンと金泰泳の試合で、プロレス×空手を謳い、アントニオ猪木×ウィリー・ウィリアムスの試合映像が流れていたが、Uのファンだった知人は、「あの試合のとき、生まれていなかったです」と言っていた。

また、Uの煽りに自体に、PRIDE以降のファンになった人は、「どうでもいいです」という声を発していた。

 まぁ裏を返せば世代を超えるようなスーパースターがいないってことじゃないですかね。ベン図の円が交わる部分が少なくなってるからターゲットが絞り込めない。格闘技人気が落ちている今は2万席の会場を埋めるには、あらゆるタイプのファンに来てもらわないと厳しい。

というところで、本件にはあまり関係ないし、余計なひと言など、書き記す必要などないのかもしれないけど、やっぱり書こうと思う。
あの煽り映像のなかにあった前田日明の「格闘技を食えるようにしたのは、UWF」という台詞。

自分が誰か一人、一つの組織を挙げろと言われると、それはUWFではなく、そして一人にも絞りきれない。
まだ、格闘技が食えているとは思えないし、それでも食えるようになりつつある、あるいはなりそうだったのは、やっぱりホリオン・グレイシーと石井館長のおかげじゃないかと思う。

 まぁ高島氏の言いたいことも分かりますけど、高田vs.ヒクソンを見に東京ドームに集結したのは元UWFファンが大半だったし、石井館長は正道会館とリングスが提携していたころに興行のノウハウを覚えたわけですからねぇ・・・。前田の貢献度が高いことは否定できないはず。もっとも前田は自分でそれを言わなきゃカッコイイんだけどね(苦笑)。


【その他気になったニュース】
「軽量級の面白さを見せたいと思います」山崎剛インタビュー(DREAM)
三崎君からはすぐにメールが来て、「頑張って! いっぱいサポートする!」と。すごく力になりますよね。

 セコンドに就いたりするのでしょうか。

“スポ根野郎”藤鬥嘩裟の次戦が決定! 今度の相手はムエタイだ!!(kamipro.com)
 2ヶ月足らずでもうですか。

【『第2回TIA講義会~プリンシプル~』開催決定!】初代タイガーマスク 佐山サトル(掣圏真陰流興義館総監)講義会に行こう!《真の武士道を勉強してみませんか?》[リアルジャパンプロレス]
 「真の武士道」と、「心の仕組みや普遍的無意識」について講義する予定とのこと。

タイソン対サップ実現へプロモーター動く(日刊スポーツ)
 元統一世界ヘビー級王者マイク・タイソンとボブ・サップが対戦? 欧州のプロモーターが夢のカード実現に向けて動きだしていることが3日、分かった。タイソンには1億5000万円、サップには7500万円のギャラを提示してオファーを出している。まだ日時、開催場所は明らかになっていない。

 だいぶ前にK-1で舌戦したことあったけど、今さらだよなぁ・・・。

格闘技イベントで「こいつは腫れやすいんだよ!」発言(アメーバニュース)
 5月3日の修斗でのエピソード。

東原亜希「さげまんとか言われ慣れた」 夫婦生活を語る(MSN産経ネット)
 言われ慣れましたか(苦笑)。本当は気にしてるでしょうね。

辰吉が再びリングへ!タイで8月にも復帰戦(スポーツナビ)
 5年ぶりに試合するそうで。

デラホーヤ判定勝ちで再起戦飾る(スポニチ)
 これ生中継見てましたけど、いかにも前哨戦という感じでした。

「くいだおれ太郎」にデートのお誘い急増中(デイリー)
 太郎をモデルにした「くいしんぼう仮面」という所属レスラーもいる地元密着型のプロレス団体「大阪プロレス」。阪上雄司会長は「大阪を盛り上げるため、一緒にイベントができないかと持ち掛けている。一度見に来て」とラブコール。

 レンタル料はいくら?

川田、負けたら歌封印! 崔との歌合戦がついに完全決着へ=5.13ハッスル・ハウス(スポーツナビ)
 川田はラストステージになってしまうのか?
posted by ジーニアス at 07:23| Comment(11) | TrackBack(0) | DREAM | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デラホーヤ×フォーブス見ましたが仮想メイウェザーを本当に想定してましたね前回の反省のせいかジャブをしかも出してましたもんね。賭け率の20:1には仰天しましたが…。
Posted by はっするまにあ at 2008年05月05日 10:28
>はっするまにあさん
体格差にも驚きました(苦笑)。
Posted by ジーニアス at 2008年05月05日 11:54
喰える喰えない以前に、そもそもUWFは格闘技ではないのでは?
Posted by クリアMAX at 2008年05月05日 18:23
>クリアMAXさん
そういうことを言ってるわけではないでしょ。
昔は柔道やレスリングで実績のある選手がプロで食っていくにはプロレスしか道がなかったわけです。そして、プロレスからMMAへ進化する流れの過程にUWFがあったわけで、ガチンコで食えるキッカケを作った中にUWFが入っているのは間違いないわけです。現在MMAを見ているファンの中にも元プロレスファンは大勢いるわけですからね。プロレスファンが格闘技の見方や面白さを覚える教育にもUWFは貢献しています。新しいファンには分からないでしょうけどね。
Posted by ジーニアス at 2008年05月05日 20:30
格通が週プロの増刊であった事。ゴン格にプロレス記事が多く載っていた事。初期のK1やPRIDEがプロレスファン頼りだった事など格闘技版平成のデルフィン君達は知らないし興味も無いのでしょう。でも久しぶりに良い事言ったよアイアン!まだプロレス愛が残っていたのね。
Posted by チーズちくわ at 2008年05月05日 23:42
学ちゃんが言っているのは、現在の格闘技界への貢献度が石井館長(K-1)>UWFであるということだけだと思います。別にUWF・前田の貢献度が低いとは言ってないですから。
Posted by やはり at 2008年05月06日 00:20
まあ高島氏も歴史上UWFの果たした役割くらいは当然理解しているでしょうし
その業績に対してリスペクトもしていると思いますよ
でもこのコラムの内容ではプロレス蔑視なのかと誤解されますよね
それだけ前田の一言にカチンと来たということでしょうか
なんとも迷惑な人です、前田恐るべし
Posted by 町人 at 2008年05月06日 00:49
>チーズちくわさん
「アイアン」って、私はゴルフクラブですか(笑)。プロレスは今でも好きですよ。でも今のプロレス界は一部団体を除いて全然面白いと思わないので・・・。

>やはりさん
格闘技マスコミで石井館長を悪く言う人はまずいません。特に古株の人は随分と良い思いさせてもらってますから。一方前田は敵を作りやすい性格であることも考慮すべきですね。あと、高島氏のような格闘原理主義的な人はプロレスの貢献度を認めたがらない部分もあるのではないかと。

>町人さん
前田の言い方にも問題があったかもしれません。あれだとまるでUWFだけの手柄のように誤解されかねないので。
Posted by ジーニアス at 2008年05月06日 02:47
いやー、前田は本気でUWFだけの手柄だと思ってるんじゃないですかね。
Posted by やはり at 2008年05月06日 09:15
まあ、高島氏はUWFに「騙された」という恨みがある男だし、天敵前田の発言だし(苦笑)。
Posted by 特命 at 2008年05月06日 10:01
>やはりさん
その可能性は否定しませんが、記事にも書いたように前田は余計なことを言わなければ良いのになと思います。

>特命さん
そうですね。
Posted by ジーニアス at 2008年05月07日 07:59
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索