2008年04月27日

DREAMの全米放送が正式決定(現地CM付)/Afflictionの大会名が決定&新たな参戦選手の噂

アメリカ横断ウルトラクイズ
アメリカ横断ウルトラクイズ

HDNet Fights announces groundbreaking partnership with DREAM on Inside MMA(HDNet Fights)

 以下、本文の一部を変訳

As part of this exclusive broadcast agreement, HDNet will air DREAM 1 and DREAM 2 on May 2 and May 3 respectively, truly making the first weekend in May a "DREAM Weekend" for MMA fans. Both broadcasts will begin at 10:30 ET.

HDNet and HDNet Fights will also bring the next four DREAM events - DREAM 3 on May 11, DREAM 4 on June 15, DREAM 5 on July 21 and DREAM 6 on September 23 - to American and Canadian audiences.

(変訳)
 この独占的放送契約の一環で、HDNetは5月2日と5月3日にDREAM.1とDREAM.2をそれぞれ放送します。そして、5月の最初の週末にMMAファンに“DREAM Weekend(夢の週末)”をお届けします。両放送は、東部時間の10:30に開始します。

 HDNetとHDNet Fightsは、今後4つのDREAMの大会を放送します。5月11日のDREAM.3、6月15日のDREAM.4、7月21日のDREAM.5と9月23日のDREAM.6 - アメリカでカナダのオーディエンスに。

 というわけで、ようやく放送が正式決定。これで今後はフランク・トリッグも来てくれるってか?(苦笑)。2つ前のミルコvs.バンナの記事で、GRACIEMAGはDREAM.4を「6月16日(月曜日)」と書いてましたが、どうやら6月15日(日曜日)が正解のようですね。

 Bloody Elbow経由で北米でのCMも紹介。



 今は大会名と違って「夢のまた夢」かもしれませんが、これを足がかりにアメリカ進出なるか?


STRIKEFORCE ANNOUNCES MELENDEZ VS. THOMSON(MMAWeekly)

 6.27 Strikeforceでギルバート・メレンデスvs.ジョシュ・トムソンが決定。元々は3月に対戦予定でしたが、トムソンの肩の負傷により流れていました。


HUGHES VS ALVES TO MAIN EVENT UFC 85 IN LONDON(MMAWeekly)

 チャック・リデル欠場でピンチだったUFC 85ですが、急遽マット・ヒューズに声が掛かり、チアゴ・アウベスとメインイベントで対戦することになることのこと。これで、噂されていたノゲイラvs.ミアは消えたか。

BISPING VS. LEBEN ADDED TO UFC 85 IN LONDON(MMAWeekly)

 マイケル・ビスピングvs.クリス・レーベンも決定。これによりUFC 85のカードは以下の通りに。

UFC 85 Bouts (officially announced):
-Matt Hughes vs. Thiago Alves
-Michael Bisping vs. Chris Leben
-Marcus Davis vs. Mike Swick
-Rashad Evans vs. James Irvin
-Fabricio Werdum vs. Brandon Vera
-Martin Kampmann vs. Jorge Rivera
-Thiago Tavares vs. Matt Wiman
-Nate Marquardt vs. Thales Leites
-Luis Arthur Cane vs. Jason Lambert
-Neil Wain vs. Antoni Hardonk

UFC 85 Bouts (unannounced):
-Ryo Chonan vs. Roan Carneiro
-Jess Liaudin vs. Paul Taylor

 長南亮vs.ホアン・カルネイロはまだ噂の段階ですが、間もなく発表されるのでは。


Terry Martin: "I was not released by the UFC."(FightLine)

 6.14 Adrenaline MMAで高瀬大樹との対戦が噂されているテリー・マーチンですが、自身のMyspaceで「俺はUFCを自由契約されたわけじゃない」とコメント。MMAファイターのスキルを上げるためにボクシングマッチを数試合、UFC以外のMMAマッチを数試合してから、いずれはUFCに戻るとのこと。ミルコのような特別待遇ですか!? Adrenaline出場はその一環!? よく分かりません。


Official Name Announced for July 19th "Affliction" Event(411mania.com)
(変訳)7月19日の“Affliction”イベントの大会名が発表されました

It was announced on Friday's "Inside MMA" that the upcoming debut of the Affliction Brand fight promotion will be named "Banned". The title appears to be a tongue-in-cheek jab at the UFC based on the company's recent ban on the popular brand being worn by fighters at UFC events.

"Affliction: Banned" is scheduled to take place on July 19th in Dallas, TX with a main event featuring former UFC Champion Tim Sylvia taking on the world's top Heavyweight Fedor Emelianenko. In addition, Matt Lindland has confirmed his participation on the show, a card also rumored to involve names like Josh Barnett, Renato "Babalu" Sobral, Ben Rothwell, and Andrei Arlovski.

(変訳)
 金曜日の「Inside MMA」で、Afflictionブランドの来るべき旗揚げ戦の名称が「Banned」と発表されました。タイトルは、UFCの大会でファイターが着ていた人気ブランドの着用が最近ban(禁止)されたことから、UFCに対して半分ジャブをかましているように見えます。

 「Affliction: Banned」は、7月19日にテキサス州ダラスで開催され、メインイベントに世界一のヘビー級ファイター エメリヤーエンコ・ヒョードルvs.元UFC王者ティム・シルビアを予定しています。また、マット・リンドランドの出場が確認されており、その他にもジョシュ・バーネット、レナート・ババル、ベン・ロズウェルとアンドレイ・アルロフスキーの出場も噂されています。

 レナート・ババルの名前は初めて出てきたかも。ジョシュは『戦極』出場を6月ではなく5月にしたのも、7月のこの大会を万全な状態で出たいからかもしれません。となると、6月のIGFなんて出てる場合じゃない?(苦笑)。
posted by ジーニアス at 01:58| Comment(3) | TrackBack(0) | DREAM | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>放送が正式決定
放映権料は大したことがないかもしれませんが、アメリカへの宣伝になるし、アメリカのスポンサーがつく可能性だってないことはない。まあ、久々にDREAMにとってはいい情報ですね。
Posted by 特命 at 2008年04月27日 11:29
UFC85リデルの負傷代打にヒューズ出陣なら十分ですが相手がアウベスとはまた厳しいですね。ヒューズもUFCで一時代を築いたわけですし新天地に移って頑張ってほしいんですが…。
Posted by はっするまにあ at 2008年04月27日 16:21
>特命さん
HDNetは世界中の全てのMMA大会を放送するのが目標のようです。

>はっするまにあさん
上り調子の選手vs.ベテランという感じですよね。
Posted by ジーニアス at 2008年04月28日 01:20
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索