2005年11月01日

永田克彦のDynamite!!の対戦相手ってあの人でしょ?

レスリング五輪銀メダリスト永田克彦が『Dynamite!!』参戦!(FEG OFFICIAL WEBSITE)

シドニー銀・永田が「Dynamite!!」参戦(スポーツナビ)

 今年の1・4東京ドームでは、兄・さとし・・・じゃなくて裕司さんとエキシビジョンマッチをやった克彦さん。最近は坂口道場でコーチもやっていますが、Dynamite!!に参戦することになりました。

新日本プロレス闘魂祭り「WRESTLING WORLD 2005」第4試合 レスリングエキシビションマッチ・プロアマ兄弟戦

2005/10/07 永田選手レスリング教室・一般の部(坂口道場ニュース)

 克彦さん、コンディションは良さそうです。会見で気になった部分を抜粋。

 プロ転向に伴い、今後アマでの活動が気になるところだが、「プロでやると決めた以上は、アマチュアレスリングも両方やっていこうという気持ちはないですし、そんな甘い世界でもない。北京は考えていません」と、永田は事実上のアマレス引退宣言。アマチュアで果たせなかった頂点への夢を、プロのリングで実現させていく覚悟だ。
 また、現在いっしょに練習をしているというU-FILE CAMPの上山龍紀と「TEAM Kings」を結成。所属団体を越えて、若い力で格闘技界の頂点を目指していくことを力強く誓った。

 アマ引退は年齢的に仕方ないかも。北京のころは35歳になってますからね。「TEAM Kings」ですか。なんかリングスとキングダムの掛け合わせみたいなネーミングですね(苦笑)。ということは、克彦さんはU-FILEに出稽古に行って田村さんからも技を伝授されているのかな?

 さて、対戦相手は誰になるのか? まぁ誰でも考えつくことですが、総合進出というか転向が噂されているあの人じゃないですか?

武田、総合転向はファンの声次第(スポーツナビ)
 “超合筋”武田幸三が29日、総合格闘技転向について、結論をファンの判断にゆだねる姿勢を示した。12日の「K―1MAX」で谷川プロデューサーから提言されたことに対し「ファンが望むなら」と話した。
 この日は新日本キック・大田区体育館大会で“修斗のカリスマ”佐藤ルミナとエキシビションを行いオープン・フィンガー・グローブを着用。腕ひしぎ十字、裸絞めなどを披露し、佐藤に「お世辞抜きで、強くなる」と言わしめた。武田は「違った『強さ』に興味はある。もしやるならルミナに教えてもらいたい」と前向きに話した。ただ「自分の決断だけではできない。協会、館長の許可も必要」と諸問題をクリアする必要性も強調した。

 で、大田区体育館大会でやったエキシビジョンマッチがこれ。

小野寺力引退興行「NO KICK,NO LIFE,~FINAL~」
第7試合 エキシビションマッチ

武田幸三(エキシビションのため勝敗はなし)佐藤ルミナ

 小野寺力とか佐藤ルミナとか懐かしいなぁ。それはともかく、結構コミカルな内容だったみたいですね。

 永田克彦vs武田幸三なら体重は近い方だし、打撃に難がある克彦と組技に難がある武田なら、異種格闘技戦チックな展開になりそうだしテーマもある。ていうかね、このカードで内定してると思いますよ。谷川さん、どーよ?

●他のプロレス・格闘技ブログはこちらから。
posted by ジーニアス at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) | K-1 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
永田×武田やるなら、MMAよりも異種格闘技戦ルールのほうが面白いと思います。

それはそうと、2年に一度のアニキの登場はまだ?
Posted by tn at 2005年11月01日 23:26
>tnさん

もう異種格闘技戦という時代じゃないと思うんですよねぇ。

永田兄は弟の決断を支持
http://www.daily.co.jp/ring/2005/11/01/192894.shtml

弟さんは良い反面教師を持ったと思います(苦笑)。そういえば去年の今ごろ「永田さんvsハリトーノフを実現させよう!」なんて2ちゃんねらーが騒いでいたなぁ(笑)。
Posted by ジーニアス at 2005年11月02日 02:19

この記事へのトラックバック
記事検索