2005年10月16日

我闘姑娘でデビューする早乙女未来って誰ですか?

 自分の文章読み返してみたら、ここ数日、MEGUMIのことを「ネズミ女」とか、「松中死ね」とかヒドイことばかり書いてる・・・。深く反省し、書き直しました。あと昨日の「飛龍十番勝負」ネタもオチを直しました。スイマセン、以後気をつけます。

アイドル早乙女未来がレスラーデビュー(日刊スポーツ)
 高校生、中学生、さらに10歳の小学生をデビューさせ、世間を驚かせてきた女子プロレス団体・我闘姑娘(がとうくーにゃん)から、今度は現役アイドルのプロレスラーが誕生する。グラビアやテレビ、CM、舞台、さらにはイラストレーターとしても活躍する早乙女未来(19)だ。「本当に運動音痴で、スポーツ経験は舞台の役作りで通ったボクシングの4カ月だけ」という早乙女だが、入団から4カ月間、スケジュールの合間を縫って厳しい練習に耐えてきた。そして30日、旗揚げ1周年記念大会(板橋グリーンホール)で初のリングに臨む。「今までになかった経験だから不安や緊張、怖さはある。でも、一生懸命に練習をしたので、出せる力を出し切りたい」と意気込んだ。

 早乙女の所属するユニット舞組の組長・市井舞(25)は「がんばっているけど、まだデビューは早いんじゃないかな」と厳しいが、「1度しかないデビュー戦だから悔いの残らないように。情けない試合をしたらわかってるよね?」とエールも送った。団体広報も兼務する春日萌花(21)は「プロレスもできるアイドルとして、我闘姑娘が世間に認知されて、みんなで上がっていければ」と期待した。

 小学生レスラーの写真は雑誌「サイゾー」にたまたま載っていたので見たけど、正直引いた・・・会場にはロリ好きのキモヲタが集結してたのでしょうか? 確かオレ、以前に「女子プロレスが落ち込んだのは選手の高齢化が原因。オバサンの試合なんか観たくない」と書いたけど、若いにも限度が・・・。

 で、早乙女未来って誰? まぁ収容人員約200名の板橋グリーンホールでデビューするわけだから、そんなに有名じゃないのでしょう。これがもし女子プロレスに昔のような活気があって、オレでも知ってるアイドルがデビューだというのなら、両国や武道館、横アリあたりでやれただろうなぁ。

Yahoo! JAPAN - 早乙女未来のプロフィール

早乙女未来応援サイト 乙女の祈り

 なんか「乙女の祈り」さんの「WORKS」見ると、2001年に「トゥナイト2」に出演しているらしいんですけど、現在公称19歳なんでしょ? 15歳で「トゥナイト2」に出たんかい(苦笑)。

nikkansports Broadcasting(日刊スポーツ)

 ↑上記リンクで早乙女未来、市井舞、春日萌花のプロモ動画が見れます。初代ハッスルイメージガールの元木あき(20)と伊藤あい(23)も見れますよ。

 ところで、彼女のファンサイトである、「Miku World」というサイトを見つけたんですが・・・。
早乙女未来さんファンサイト「Miku World」は閉鎖致しました。

 あら、残念。で、彼女の所属事務所である株式会社アクタープロのサイトを見てみたら・・・。
ホームページ休止のお知らせ

アクタープロのホームページは都合により休止しております。
再開までしばらくお待ちください。
 
株式会社アクタープロ

 ・・・('A`)。大丈夫かよ?早乙女未来。彼女の公式ブログもあった。

早乙女未来のデザイン始めました♪(livedoorBlog)
リングコスチューム(10月15日)

ほぼ完成したぞ~い(^O^)ほんのちょこっとお見せしま~す(o^o^o)

 本人はやる気まんまんのようですね。月並みですが頑張って下さい。

早乙女未来 SWEET MEMORIES-淡い記憶-
早乙女未来 SWEET MEMORIES-淡い記憶-


 こんなDVD出してるんですね・・・。

参考リンク
ようこそ!「ねっとでくにゃん」へ(我闘姑娘公式サイト)

●他のプロレス・格闘技ブログはこちらから。
posted by ジーニアス at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
記事検索