2007年12月18日

クイントン・“ランペイジ”・ジャクソンは島田裕二を恨んでいた

島田は見た!


Team Rampage on Liddell vs Silva(UFC.com)
(変訳)チームランペイジがリデルvsシウバを語る

 クイントン・“ランペイジ”・ジャクソンとコーチのファニート・イバラがインタビューに答えています。一部を変訳

Does the fact that Jackson beat Liddell twice and Silva beat Jackson twice mean that Silva beats Liddell on December 29th?

“That’s not the way it goes,” said Jackson. “I guarantee you that if I would have fought Silva both times in the UFC, I would have won.”

Because of the Octagon as opposed to the PRIDE ring?

“Not the cage, the referees,” he said. “I guarantee I would have beaten him.”

(変訳)
 ジャクソンがリデルに2度勝っており、シウバがそのジャクソンに2度勝っているということは、12月29日はシウバがリデルに勝つということになりますか?

「そんな理屈は通用しないだろう」とジャクソンは言いました。「シウバ戦が両方ともUFCで行われていれば、俺が勝ってたと保証するぜ」。

 それはPRIDEのリングとオクタゴンは違うということですか?

「金網がないこと、それとレフェリーの違いだ」と彼は言いました。「俺はヤツを倒してたと保証する」。

 これについてはMMAjunkie.comが説明しています。

Quinton Jackson: PRIDE Referees to Blame for Losses to Wanderlei Silva(MMAjunkie.com)
(変訳)クイントン・ジャクソン:ヴァンダレイ・シウバ戦の敗北でPRIDEのレフェリーを非難する

 こちらによると、2度の敗北についてこう説明されています。

PRIDE GP 2003 決勝 第8試合(スポーツナビ 2003年11月9日)
ジャクソンはシウバをマットに落とすと、何とか首を抜き、インサイドガードからパンチ! シウバが下から腕十字を狙うと、それを外したジャクソンはサイドからひざ蹴り! シウバはあわててガードポジションに戻していく。

 5分経過。上からのパンチを浴びたシウバは右目上から少量の出血。ブレークからシウバにイエローカードの後、シウバは強烈なラッシュ!

 この時ジャクソンはグラウンドで上から攻撃していたにもかかわらず、ブレイクでスタンドに戻されて、そこから劣勢に。

PRIDE.28 第9試合(スポーツナビ 2004年10月31日)
上のジャクソンはガードの足を払おうとするが、パスできず。ボディーパンチに切り替えると、下のシウバもこつこつとパンチを当てていく。

 膠着ブレークで、両者にイエローカードが提出された後、試合再開。

 ジャクソン曰く長時間膠着していたわけではないのにブレイクでイエローカード。上から攻撃していたにもかかわらずスタンドに戻された。

 写真を見る限り、この試合のレフェリーは2回とも島田裕二のようですね(苦笑)。いやぁ、島田さん恨まれてるなぁ・・・。

 もっとも、ジャクソンはシウバもリデルも全盛期を過ぎたとは思っておらず、次シウバと対戦したら3連敗する可能性もあると言っており、それなりの敬意は払っているようです。また、ファニート・イバラは「リベンジしたいのでシウバに勝って欲しい」としており、勝敗予想もシウバの勝ち。一方のジャクソンは「俺はギャンブルはしない」と言い、明確な勝敗予想は避けています。


【その他気になったニュース】
ANDRE ARLOVSKI REPRESENTATIVE REFUTES REPORT(MMAWEEKLY)
(変訳)アンドレイ・アルロフスキーの代理人は報道を論破します

 UFCとの契約の期限切れを待って他団体への移籍を視野に入れていると報道されたアンドレイ・アルロフスキーですが、代理人が否定。「UFCとは良い関係だ」とのこと。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 22:15| Comment(2) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにあの判定はおかしかったし、それがプライド・ルールの奇妙なところ。五味とヴァンダレイはそのルールをフル活用していただけでしょう。

ランペイジは正しいが、ヴァンダレイも正しい。
島田がおかしいだけだと思います。


こないだ久々にビデオをみたのですが、ドントムーブ → センターは苦笑してしまいました。
Posted by jin at 2007年12月19日 12:54
>jinさん
どういう場合にリング中央で再開させるのか、スタンドで再開させるのかという基準が曖昧なんですよね。「島田がおかしいだけ」というのはさすがに・・・(苦笑)。豊永のレフェリングもかなり怪しかったと記憶してます。
Posted by ジーニアス at 2007年12月19日 23:50
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索