2005年09月20日

「女王の教室」と「クローズアップ現代」に見た日本の教育問題

日テレ「女王の教室」最終回視聴率25.3%(ZAKZAK)
「女王の教室」公式サイト(日本テレビ)

 見ましたよ「女王の教室」。基本的にドラマは見ないんですけど、面白いとネットで評判だったので、途中から。都合よく前半終了後、土曜の夕方に前半総集編もやってくれたんで途中からでもすんなり見れました。いやぁ、学園モノでこんなに面白かったドラマってないんじゃないの? オレ、金八先生みたいに偽善的なの大嫌いなんで余計にそう思いました。ところが、ああいう過激な展開を好ましく思ってない方が多かったようで・・・。

日テレ困惑…「女王の教室」スポンサークレーム(ZAKZAK)
女王の教室 鬼教師に反響3万5000件(読売新聞)

 なんでそうなるかなぁ。「ごくせん」みたいな勧善懲悪モノよりもよっぽど教育問題の核心突いてるじゃんよ。「子供に見せるには過激すぎる」なんて考えている親は単純すぎる。子供はそこまでバカじゃないって。

 あと、抗議があったのは阿久津真矢(天海祐希)があまりにも正論を言うことに対して都合が悪くなる連中がいたからじゃないかな。番組の随所に日教組、教育委員会、PTA批判としか思えないセリフが出てくるし、それどころか、占い師(特に細木数子)、宗教(特にオウムや創価学会)を批判するような発言もあったし。例えばかつては卒業式ソングの定番だった「仰げば尊し、我が師の恩」が、近年は「歌詞が教師への尊敬の念を強要するような内容だから」ということから歌わない傾向があるなんて初めて知ったし。ホント、そういうのって下らないと思いません? 国旗を掲揚しないとか君が代を歌わないとかもそうだけど、愛国心を無くさせて国を内部から崩そうとする輩が多すぎる。

 そう思っていたら今日(9月20日)のNHK「クローズアップ現代」ではこんな特集があった。
歴史教科書はこうして採択された

来春から中学校で使われる教科書の採択が、この夏全国で行われた。4年前の前回に続いて注目を集めたのが、韓国や中国から「過去の侵略を美化している」と批判されている扶桑社の歴史教科書。今回は、市区町村では初めて杉並区と栃木県大田原市で採択された。多数の市民が傍聴に詰めかけるなか採択が行われた杉並区では、採択を決める教育委員の意見もふたつに割れ、一回の会議で決定せずに、再協議を開くという異例の展開をたどった。番組では、杉並区の教科書採択の現場を取材。採択制度の現状と課題を見つめる。

 杉並区でどのような攻防があったかはインリン・オブ・ジョイトイがブログで反日電波発信中をご参照あれ。

 ここで扶桑社反対派に回った杉並区教育委員の安本ゆみとはこういう人物です。4年前の教科書採択の時の発言なのですが・・・。

國民新聞(平成14年10月)杉並区 拉致問題認めぬ安本ゆみ教育委
杉並区教育委員も拉致事件否定(論談:目安箱)
「北朝鮮の拉致事件のことが、この教科書は歴史も公民もそうなのですが、あたかも事実とそうでないかもしれない部分が一緒になってしまっているので、どこまで事実かどうかわからないというところがあると思うのですが、この公民の教科書でも拉致疑惑ということに関して、事実であるか、どちらともわかっていない段階で公の教科書に載せるのはいかがなものかという感想を持ちました」。

この安本発言については、さすがに他の委員から「日本政府が拉致を公認をしていることであり、事実関係はわからないというのは、ちょっと違う」と批判がでたほどで、明らかに「政府や警察庁の拉致認定という事実」を無視しています。

政府が認定していることを、なぜ教科書に載せてはいけないのですか。
「事実かどうか」は誰が判断するのですか。

要するに、北朝鮮の問題に関して安本委員は、町田の江森委員と同じように、北朝鮮にシンパシーを感じていたということでしょう。 まるで、北朝鮮を擁護することが民主的で、進歩的であるかのような時代錯誤の発言です。

 この人、本当に日本人ですか? 反日、売国奴とはまさにコイツのことです。そして、杉並区役所前で扶桑社の歴史教科書反対運動をしていた連中の正体とは・・・。

chukakuha001.jpg
(クリックすると大きく見れます)

 読売新聞と産経新聞は「中核派」「共産党」とハッキリ書いているのに、朝日と毎日は「市民団体」。うーん、分かりやす過ぎる(苦笑)。こういう反日勢力に騙されないようにくれぐれも注意したいものですな。

参考リンク
これが日教組作成の教科書採点表だ←必見!日教組は本当に狂ってる!!

【Amazonで女王の教室を検索した結果はコチラ】

●人気ブログランキングはこちらから。
posted by ジーニアス at 23:57| Comment(2) | TrackBack(2) | テレビ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「安本」という名前の在日の人を知っています。もしかしたら日本人ではないのかも知れませんね。
Posted by ミー子 at 2005年09月24日 07:03
>ミー子さん

こんにちは。

そうですね、安貞桓(アン・ジョンファン)という有名なサッカー選手もいるように、本名は「安」だけど通名を安田とか安本とか日本風にしている人もいるから、ひょっとしたらそうかも。でもまぁこれは国籍どうこうっていう問題じゃないと思います。

韓国人や中国人でも親日派の人はいくらでもいますし。ただ、「殴り殺される覚悟で書いた親日宣言」を書いたチョ・ヨンナム氏が酷い目に遭ってしまい、遂には謝罪せざるをえなくなるのが向こうの社会の現実・・・。
Posted by 管理人:ジーニアス at 2005年09月25日 02:55

この記事へのトラックバック

女王の教室
Excerpt: http://www.ntv.co.jp/jyoou/ ついに最終回。良くも悪くもはまりました。 天海祐希さん、さすがというかぴったりというか「離婚弁護士Ⅱ」とあまりにも違うキャラクターを、よくあそこ..
Weblog: ダイ・グのGNO2戦記
Tracked: 2005-09-21 18:16

女王の教室
Excerpt: 今日は「女王の教室」が最終回だった。 久々学園モノで過激だけど面白いドラマと思いながらいつも観ていた。 主人公の教師、阿久津真矢(天海祐希)は熱血教師やスパルタ教師でもない独特の厳しさがあ..
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2005-10-03 22:46
記事検索