2007年11月29日

猪木が「イチ、ニ、サン、ゴー!」。週プロのハッスル・マニアの扱いに失望etc.

サンゴ礁の冒険
サンゴ礁の冒険

猪木「イチ、ニ、サン、ゴー!」 gooがサンゴ保護プロジェクト(ITmediaニュース)

goo ホームのサンゴ礁保全企画をアントニオ猪木や田中律子らがアピール(BroadBand Watch)
「元気ですかー! 元気があればサンゴも植えられる!」とアントニオ猪木が登場。「31年前にパラオでサンゴ礁を見て感動しました」とサンゴ礁に惹かれたエピソードを語り、沖縄のサンゴ礁の減少については「諸説ありますが、中国などからくる大量の二酸化炭素が台風で巻き込まれ、酸性雨になってサンゴ礁に影響を与えるとも言われています」とコメント。「サンゴ礁を守ることが楽しみであり、また1つの仕事としてやっていこうと思っています」とサンゴ礁保全への意気込みを表わしたほか、水中に潜りサンゴ礁を植えるデモンストレーションを自ら行なっていた。

 リンク先の写真はかなりキレイ。猪木のスキューバダイビング姿もカッコイイ。「南極プロレス」も良いけど、「サンゴ礁プロレス」もやりますか!?

 その他IGF情報。

猪木IGFで“親子”戦争(スポーツ報知)
 アントニオ猪木(64)率いるIGFで“親子ゲンカ”が起こった。義理の息子、サイモン・ケリー猪木氏(33)が27日、東京・有明コロシアム大会(12月20日)に2人の米巨人選手の投入を宣言。父・猪木のブラジル巨人軍団と、全面対決することになった。IGFの米国渉外を担当するサイモン氏は「アメリカで強豪巨人を見つけてきました。猪木さんのブラジル巨人軍団以上の強さを持っていると思います。たぶん負けないでしょう」と自信満々。ブラジル巨人軍は、225センチのモンターニャ・シウバ(30)ら3人が出場予定。一方、米軍団について、関係者は「でかいとしか聞いていません」と話し、詳細不明。猪木親子の代理戦争が、IGF内の下克上に発展する可能性もある。

 アメリカvs.ブラジルが勃発ですか。

安田が帰京 充実のカンヅメ沖縄合宿(デイリー)

 痩せたかもしれない。


【その他気になったニュース】
越中詩郎選手欠場のお知らせ・対戦カード情報更新(新日本プロレス)
 残念です。

あなたが決めるシングルマッチが実現します!!【アンケート】(DDT)
 どんどん応募しよう。

自身の頭を広告塔にする、ということ。(ファミ通.com)
 鈴木みのるの髪型に挑戦。

Sports Click:週刊プロレス

 ハッスル・マニア2007の扱いがどうなってるかと思って立ち読みしたけど、酷いねこれは。表紙がドラゲーで、1ページ目が全日本。わざわざ売れない誌面作りをしているのだからおめでたい。

異色対談!“毛の商人”高須基仁VS“燃える闘魂”アントニオ猪木(内外タイムス 11月19日)
 高須 専門誌などでも猪木さんを表紙にしようとすると他団体から苦情が入るという話も聞く。

 猪木 そんな雑誌だから潰れんだよ!信念を持たないと。社会や人との係わりは大事だけど、何のために作ってんのって。本だけじゃなくプロレス団体、まあ、新日本でもいいや。何をやりたいのって。オレらは世界に打って出るという絶対的なテーマがあったし、プロレスこそ格闘技の集大成で一番強いっていう誇りを持ってやってた。

 以前紹介した記事ですけど、ホントに頭に来るよなぁ。まぁハッスル・マニアの件もそうですが佐久間編集長が●●●氏の圧力に屈したということでしょう。●●●氏は「プロ野球ありきの巨人」ではなく「巨人ありきのプロ野球」と考えているナベツネと感覚が同じなんでしょうね。「●●ありきのプロレス界」と勘違いしてるんでしょう。今思えば他団体の圧力に屈しないで当時新興団体だったUWFやパンクラスを猛プッシュしていたターザンはよくやってたということか。馬場夫妻と仲良くなりすぎてダメになったけど(笑)。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アントニオ猪木 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索