2007年11月18日

レッスルキングダムII in 東京ドーム追加カード。安田忠夫、沖縄へ・・・etc.

沖縄・美ら島百景 本島・宮古島を訪ねて

 今日は新日本の公開記者会見を見るために川崎に行くつもりでしたが、都合により断念。明日のハッスル渋谷は行きたいところですが・・・。

1/4東京ドーム~追加対戦カード情報!!(新日本プロレス)

「SUPER STAR POP JAM in KAWASAKI LeFRONT」/2008年1月4日「レッスルキングダムII in 東京ドーム」公開記者会見&スペシャルトークショー(新日本プロレス)

1.4東京ドームで永田vs.アングルの3代目IWGPベルト争奪戦決定!=新日本プロレス 12.9中邑vs.真壁の勝者がドームで棚橋に挑戦 中西はTNAの怪物退治へ(スポーツナビ)
■新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM II in 東京ドーム」
1月4日(金) 東京ドーム 開場15:00 開始17:00

【決定対戦カード】

<Final Resolution~REAL vs Justice~IWGP 3rdベルト争奪試合>
永田裕志
カート・アングル

<IWGPヘビー級選手権試合>
棚橋弘至
12.9名古屋大会 中邑真輔vs.真壁刀義の勝者

<“野人覚醒”ジャパニーズ・マッスルモンスター vs. ジ・アメリカン・モンスター>
中西学
アビス

【既報対戦カード】

<IWGPタッグ選手権試合>
[第50代王者組]ジャイアント・バーナード、トラヴィス・トムコ
[挑戦者組]リック・スタイナー、スコット・スタイナー

 永田さんvs.アングルと棚橋vs.中邑(多分)が目玉になるのか。現状では精一杯のカードでしょう。アングルは12.20IGFと続けて見れる。

中西「このアビスは、横幅が結構あるから、どういうことをしてくるのか楽しみやな。でも、なんか風呂に入ってなさそうやね(会場大爆笑)。俺と対戦する前に、アカを落としてほしいよ。東京ドームには、“ラクーア”っちゅう、サウナ付きの凄くいい天然温泉があるから。そこでしっかりアカを落としてから俺と闘ってくれ。野人と怪物の対決と言われるかもしれんけど、俺も怪物やから。どっちが凄いかっちゅうのを見せたるわ」

 ワロタw

ハチミツ「この間の(11/11)両国の試合(後藤洋央紀戦)は素晴らしかったですね。僕の中では、新日の(試合で)“平成のナンバーワン”です!」
金澤「新時代のプロレスを観たという感じですよね。しかし、あれ(後藤選手に回転エビ固めを切り返され、首に大ダメージを負った)は驚きましたよ。僕は選手生命が終わったなと」
棚橋「ところがドッコイ、生きています。俺は不死身ですから(キッパリ)」
金澤「でも、『愛していま~す』が出なかったですね。僕らが期待していた」
棚橋「期待していたんですか?」
金澤「『愛していま~す』は、10年はつづけてほしいですよ。地方でも言っているの?」
棚橋「地方のキャバクラでよく言っています(笑)」
ハチミツ「結婚発表したからって、そういうことを言ってよくなったわけじゃないですよ(笑)」

 「愛していま~す」は即刻止めてほしいと思っていたが、継続は力なりってことで。「地方のキャバクラ」ネタは個人的にはGJ。両国でも黄色い声援はほとんど無くなっていたし、嫌われ者路線を邁進してほしい。


【その他気になったニュース】
みちプロで、“レッスルMr.カラスコ”開催!(livedoorスポーツ)
 12月1日宮城球場。いかにも寒そうだ。

センダイガールズが小学校訪問 痛みや思いやりの心伝授(サンスポ)
 「痛みを感じてほしかった。痛みが分かれば、友達に痛いことをしないと思います」

ニック・ボックウィンクルが奇跡の生還! ダーレン夫人が明言(ファイト!ミルホンネット)
 良かった。

【動画NEWS】埼玉デスマッチ!(大日本プロレス)
 埼玉プロレスは関係ありません。

ブッカーT は来日できるらしい(ブラックアイ2)
 良かった良かった。

安田忠夫選手、沖縄へ出発(IGF)
11月19日(月)安田忠夫選手がトレーニングの為、沖縄へ出発いたします。
空港にて囲み取材を行う予定ですので、お忙しいとは存じますが、
お集まりいただきますようお願い申し上げます。

安田忠夫選手沖縄出発
日 時:11月19日(水)15:00
場 所:第二ターミナル出発ロビー(2階)時計台3番前
出発便:ANA131便  15:50発

 マスコミにファックスで知らせるべきネタだと思うのだが・・・。まぁこれでファンが羽田に殺到するってことはないだろうが(笑)。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 新日本プロレス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索