2007年11月08日

ヒョードルの大晦日参戦消滅&ペドロ・ヒーゾ戦の計画をモンテ・コックス氏が語る



FEDOR NOT FIGHTING ON NEW YEAR'S EVE(MMAWEEKLY)
(変訳)ヒョードルは大晦日に戦いません

 以下、本文を変訳
Fedor Emelianenko – currently ranked as the No.1 fighter in both MMAWeekly.com’s top ten heavyweight fighters and Yahoo! Sports’ top ten pound-for-pound poll – has been the subject of much rumor and speculation in recent months.

His signing with the new M-1 Global mixed martial arts promotion put much of that talk to rest, but it all sparked up again when speculation about him fighting in Japan on New Year’s Eve started circulating.

That talk can now be put to rest as well.

“No. It’s not going to happen,” said M-1’s president and CEO, Monte Cox, of the proposed fight.

“There was an offer. We looked at it. We tried to see if it was possible,” he admitted. “But in the end, there just wasn’t enough time to pull it off.

“It wasn’t a bad idea. It was kind of planned to be a sort of goodbye to Pride fans for Fedor.”

Much of the speculation came about due to a letter from Emelianenko to his Japanese fans that was translated to English and posted on Mix-Fight Championship's Russian website.

The letter began, "Your wishes come true when you ask for them come New Year's Eve,” and later continued, "I contacted M-1 Global management and received their complete support in my desire to continue the tradition of fighting in Japan on New Year's Eve."

According to Tatame.com, an offer had also been extended to Ultimate Fighting Championship veteran Pedro Rizzo to oppose Emelianenko in the bout.

Although M-1 is still working on putting all the pieces in place before it announces a definitive date for its first event, Cox said that the plan currently stands for Emelianenko’s next fight to be at M-1’s U.S. debut.

“We’re tentatively thinking February (for M-1’s first event and Emelianenko’s next fight). Obviously things can change, but that’s the plan,” stated Cox.

Emelianenko is competing this week in the World Combat Sambo Championships in Prague, Czech Republic. His last mixed martial arts fight was a submission victory over Matt Lindland on April 14 in St. Petersburg, Russia.

(変訳)
 エメリヤーエンコ・ヒョードルは現在MMAWeekly.comのトップ10ヘビー級ファイターおよびYahoo!スポーツの人気投票でNo.1ファイターと評価されています – ここ数ヶ月は様々なの噂や憶測の対象でした。

 新しい総合格闘技団体M-1グローバルと契約したことで問題は決着し、彼に関する話題は沈静化しました。しかし、大晦日に日本で試合をするのではという憶測が出回ったことで、話題は再燃しました。

 しかし、その話も沈静化しそうです。

 試合の計画についてM-1グローバル代表兼CEOのモンテ・コックス氏は「ノー。そんなことは起きない」と、言いました。

「オファーはありました。我々もその件に関心を持っていました。我々は、それが実現可能かどうかについて検討しました」と、彼は認めました。「しかし、結局はそれを実行させるための時間が、十分にありませんでした」

「悪い計画ではありませんでした。ヒョードルを出場させるPRIDEファンに向けた一種の“PRIDEさよなら興行”的な計画はありました」

 この憶測は、ロシアのウェブサイトMix-Fight Championshipが、エメリヤーエンコが日本のファンに向けた手紙を英訳した文章を掲載したことにより起こりました。

 手紙にはこう書かれていました。「皆さんが大晦日の来日を求めるのなら、その願望は実現します」。さらに、「私はM-1グローバルに連絡し、大晦日に日本で戦う伝統を続けたいという希望を伝えると、彼らは全面的に支持してくれました」とも書かれていました。

 Tatame.comによると、UFCのベテランファイター ペドロ・ヒーゾにエメリヤーエンコとの対戦オファーがありました。

 コックスは、現在は旗揚げ戦の日程を正式発表する前で、それにむけて取り組んでいるところだが、アメリカ大会の次の大会でヒョードルと対戦する計画があると言いました。

「我々は、とりあえず2月のことだけを考えています。当然、変動することもありえます。あくまでも計画の段階ですから」と、コックスは言いました。

 エメリヤーエンコは、プラハ(チェコ共和国)で、今週、ワールドコンバットサンボ選手権大会に参加します。今のところ4月14日にサンクトペテルスブルグ(ロシア)で行われたマット・リンドランド戦での勝利が最後のMMAルールでの試合です。

 これにより、“PRIDE残党”が大晦日のさいたまスーパーアリーナでハッスルとの昼夜興行を断念するのか、あくまでも開催するのかは不明。ただ、佐伯氏の口調から推測すると、ハッスルに完全に譲ってしまったのかも。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索